タグ別アーカイブ: 洗脳・悪堕ち

剣と魔法とMC物 ~箱庭冒険者~ 体験版感想・レビュー

剣と魔法とMC物 ~箱庭冒険者~
Segment-R  RPG  1,700円(税抜)
【基本情報】♂主人公(戦慄のショタ) ツクールVXAce製 バランス型 難易度:やり応え
【体験版評価】7.8/10点 (面白さ8 システム7 没入感8 エロス8)

国公認の施設「冒険者養成所」内を舞台に、主人公のエリックと幼馴染のナタリー、
王族の姫・クレスが「冒険者養成カリキュラム」に則り冒険するVXAce製RPG。
クレスは冒険者の資格を得る為、エリックとナタリーは1年前に養成所へ入ったはずの
義理の姉・セレニアに会う為に。MC物と冠する割に全然それっぽい描写がない?
導入から序盤にかけてはそんな風に思ったが、いいえ、本作はまごうことなき
催眠・洗脳モノです。
続きを読む


ダークアミュレット 体験版感想・レビュー

ダークアミュレット
びすます  SRPG  2,600円(税抜)
【基本情報】♀主人公 SRPG Studio製 バランス型 難易度:普通
【体験版評価】7.5/10点 (面白さ8 システム7 没入感8 エロス7)
【ゲーム情報】FEベースシステム こじんまりとした各マップ
メッセスキップなし セーブはいつでも(各ターン頭で可)
UI独創性:普通 バトル独創性:やや高い

能力値がガンガンあがるSRPG続編 3ルート全52マップ

SRPG studio製のFEライクな長編SRPG。男達を金の像に変えてしまうロリーン帝国を
成敗するのが目的だが、当初はマチルダ率いる隣国と戦う。
前作「シャイニングアミュレット」の外伝にあたる作品で、前作も王子セリムが
ロリーンと戦うストーリーだった。セリム編を「光サイド」とするなら本作の
王女シルヴィア編は「闇サイド」と言えるだろうか。シルヴィアはゲーム開始当初から
「シャイニングアミュレット」の対の剣であろう「ダークアミュレット」で戦う。
本人は殺生を嫌う優しい娘だが、武器の影響で「魔」の体質になっている。

FE聖戦の系譜でいうところの神器と言えるソレは、攻撃力以外にHPや防御等に補正、
おかげでシルヴィアはアタッカーとしても壁としても最初からかなり強い。
敏捷がちょいとあがれば再攻撃で無双。序盤の4マップ迄は妹のロール(魔法系)と
2人のみで戦うことになる故、お荷物にならん様にまずはロール育成が急務。
参謀のメイガスも一緒に行動するが、彼女はアドバイザーで参戦しない。
続きを読む


淫魔化すごろく 体験版感想・レビュー

淫魔化すごろく
コラプト 双六ゲーム 1,500円(税抜)
【基本情報】♂・♀主人公 ウディタ製 バランス型 難易度:普通
【体験版評価】7.8/10点 (面白さ8 システム7 没入感8 エロス8)
【ゲーム情報】NPCプレイヤーありの双六ゲーム
メッセスキップあり 双六中は毎ターンセーブ可能 インターバルでは
UIオリジナリティ:やや高い

桃鉄風の妨害し合いで皆淫魔化してまえ→淫魔「捗るわぁ❤」

ウディタ製の双六ゲーム。プレイヤーは8人のキャラクターから1人を選択し、
淫魔が主催する双六大会に出場する。敵は選択しなかった7人、8人それぞれのキャラに
優勝を目指す理由がある辺り格ゲーっぽいノリ。

これまでの同人双六ゲーと異なり、同じ双六マップ上に主人公を含め最大4人
(敵は7人からランダムで選ばれる)が参戦、各キャラ固有のスキルやアイテム、
妨害マスに止まるなどでお互いを邪魔し合いながら進める桃鉄タイプで、
運の要素がありつつも戦略的な観点も若干求められる。
続きを読む


堕落乙女異聞―堕ちたる勇者と真実の魔剣― 体験版感想・レビュー

堕落乙女異聞―堕ちたる勇者と真実の魔剣―
サークル・エクセルガ  ドットアニメ非戦闘RPG  1,200円(税抜)
【基本情報】♀主人公 ツクールVXAce製 エロ重視 難易度:易しい
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ7 システム7 没入感9 エロス9)
【ゲーム情報】Shiftダッシュ メッセスキップなし セーブはいつでも
自動イベントが大半

勇者エリスティアが魔物娘化する姿をドットアニメで堪能

探索パート→エロドットアニメシーンの繰返しで進む一本道の作品である。
各エロドットアニメは必ず「主人公が魔物娘化→お供♂を逆レイプ」という流れで
BADエンドになる。それを見た後に再トライすると次のストーリーに進むのだ。
製品版での主人公はストーリーを進める毎に様々な魔物娘化BADエンドを迎える。
続きを読む


WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~ 体験版感想・レビュー

WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~
ゴールデンフィーバー SRPG 1,800円(税抜)
【基本情報】♂主人公 SRPG Studio製 ゲーム性重視 難易度:4段階
【体験版評価】8.8/10点 (面白さ9 システム9 没入感9 エロス8)
【ゲーム情報】全14章+外伝マップ9章
ベースはFEでターン制 ベルウィックサーガ要素をミックス
1章=1マップ 1マップクリアは大体15~20ターン前後 幕間のイベントが多め
クラスチェンジあり バトルアニメーションオリジナリティ高 セーブは難易度次第
UIオリジナリティ:高め バトルオリジナリティ:高め

山賊一味が公国相手に転戦するピカレスク長編SRPG!

主人公の「おかしら」を慕う山賊一味が、平和な公国で戦火を広げていくSRPGである。
貴族の屋敷に押し入り手に入れたお宝「聖紋」を巡り、公国はなんとしても取り返そうと
騎士団を派遣、山賊一味を追いつめる。しかし我ら一味のおかしらは最初から
クラス「英雄」な上に参謀レベルの頭のキレを見せ、公国を手玉にとっていく展開は
痛快!FEでは青ユニットが味方、赤ユニットは敵というのが通例だが、
本作では「赤ユニットが味方」で「正義の集団に相対する敵集団」の感覚が
新鮮である。敵ヒロインは倒し、犯し、洗脳して味方につけろ!
続きを読む


7GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~ 体験版感想・レビュー

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
スタジオドビー RPG 1,800円(予価)(税抜) ※2018年12月下旬予定
【基本情報】♂主人公 ツクールVXAce製 バランス型 難易度:普通
【体験版評価】8.5/10点 (面白さ8 システム8 没入感9 エロス9)
【ゲーム情報】シンボルエンカウント(背後から一撃で倒せる) ターン制コマンドバトル
複数vs複数 逃走コマンドなし タルやタンスアイテムあり Shiftダッシュ
メッセスキップあり セーブはいつでも
UIオリジナリティ:普通 バトルオリジナリティ:普通

ワークス体制ならではの大作王道RPG 徐々に高まるwktk感

2014年から数人、ひょっとすれば数十人体制で制作されているであろう大作RPG。
予期せぬトラブルにより一度は頓挫しかけた作品が、やっと陽の目を見ることに
なりそうだ。ということで遅ればせながら体験版をプレイ。
体験版だけでも2時間程度はプレイ可能で、エロシーンも9と多い。
続きを読む


セントシールド~淫洛のムーラ神~ 体験版感想・レビュー

セントシールド~淫洛のムーラ神~
くんかくんか帝国  SRPG  1,300円(税抜)
【基本情報】♀主人公 SRPG Studio製 ゲーム性重視
【体験版評価】7.3/10点(面白さ8 システム7 没入感6 エロス8)
【ゲーム情報】
初代FEオマージュ マルス、ドーガやゴードンが女体化 ♂ユニットもいる
攻撃力-防御力がダメージ 速度で5以上勝っていれば2回攻撃 レベルアップステ上昇はランダム
難易度易しい メッセスキップあり セーブは攻略開始時、章クリア時と出撃画面時のみ

期待の新SRPG制作ツールで制作した第1作目 FEやん(笑

本作はFE(ファイアーエムブレム)ライクなSRPGである。むしろFEオマージュが過ぎる作品といっていい。が、その前にまず語らねばならぬことがある(←メンドクサイ人 本作は以前当編集部で紹介した「SRPG Studio」というSRPG制作ツールを利用して制作されている作品なのである。SRPG StudioはDLsite.comでリリースされ、今後の同人ジャンルSRPGブレイクが期待されているツール。なにしろツクール系よりも簡単にFEライクSRPGが作成できるというツールだ。そもそもSRPG制作ツールそのものが少なかったという事情もあり。その発売から2か月余りで遂にSRPG Studio使用のゲームが出てきた!という。

サークルさんとしては一番乗り!実際それなりの売り上げを見せている。ただ他サークルさんにとっては「SRPG Studioはエロ同人ゲーム制作ツールとしてスタンダードになりえるのか?」な動向を見守る面もあり、目の肥えたユーザーにとっても「戦闘システムやその他UIまわり、ゲームのベースは面白味を感じられるのか?」という、サークルさんの意図はともかく同人にとってある種試金石的な作品になっている。…ちょっと大袈裟か?

しかして。初代FEを遊び倒した我輩的には面白い。ベタに初代FEのオマージュというのも良かったし、敵に敗北したユニットは悪堕してラストマップで敵ユニットとして登場するという、R18同人SRPGならではの寝取られ洗脳悪堕ちの図。まぁ体験版では味わえんが、わざと♀ユニットを敗北させてラストマップでどんな風に登場するんやろ!?とwktkしながら楽しめるSRPGでもあるということだ。いいモデルケースになったんじゃなかろうか。そんな視点とFEとの比較で本作を紹介している記事だ。
続きを読む