穢れ姫 四畳半ファクトリー

穢れ姫
四畳半ファクトリー

穢れ姫 体験版感想・レビュー 愛ゆえになんとも酷な結末を繰り返し…

最初からラスボスに挑めるが、ラスボスはクソ強いためダンジョンに挑み強くなろう、ただダンジョンに挑む回数が少ないほどグッドENDに近づくよ、設計だけでいえばこんな感じのMV製ローグライクライクRPGである。味付け(設定)がなかなかにグッとくるものがある作品だ。

その村では10年に一度、村の女性の中から付近の森に現れる「ケガレ」を祓う「穢れ祓いの巫女」が選ばれる。今回は主人公(名前任意)の幼馴染・ククリ(ツンツンデレ)が巫女に選ばれた。「巫女と護衛の戦士はケガレを祓ったのち都で幸せに暮らせる」らしい。


▲主人公はよくわからないまま巻き込まれるが、彼女を想って護衛の戦士となることを承諾


▲その夜、彼女は「巻き込んでごめん。やっぱりひとりでいくね」と伝えにくる


▲思いを伝えあった二人。普段ツンツンのエロデレはいいものだ(Fa〇eのとお〇かルートを彷彿

主人公は幼馴染で恋人となったばかりのククリと共に「ケガレ」退治のために森に向かうものの、村では隠されてきた真実を知り、過酷な運命(遊戯)に身を投じることになる。体験版で明らかになることだがキモである話ゆえ詳細ここでは省くが、ルールを説明すると、だ。

ククリは「術」を使えばラスボス・穢れ姫を1撃で倒すことができる。ただしラスボスを倒した時点でククリが1回でも術を使っていると攻略失敗となる。つまりククリの術に頼らず穢れ姫を倒さねばENDにはたどり着けない。ゆえに主人公はククリと共に何度もダンジョンにトライし、精液(本作におけるお金要素)で仲間になる神獣を含め成長させていく、という設計。


▲赤いシンボルはザコ、青は↑の様なボスクラス。ラスボスを倒せる算段が付くまではククリを犠牲にする覚悟で彼女の強力な術をここぞで使う、という設計orz

1階層クリアごとに登場する水先案内人はお店や合成担当、いつでもラスボスがいるマップにも連れて行ってくれる。またダンジョン半ばで倒れた場合も強制的にラスボス戦に突入、どうあってもその周回の最後はラスボス戦で終わる。ラスボスに敗北、またはラスボス戦含めてその周回で一度でもククリが術を使っていると攻略失敗、主人公自身の手でククリの首をはねることでダンジョン入り口に到達した時間まで巻き戻る(次の周回プレイへ)、という残酷なルール。紹介画像に書かれている通りだ。「君を救うために君を殺す」


▲ラスボス戦 ククリの術を使えば1撃で倒せるが、術を使った場合攻略失敗、敗北しても攻略失敗


▲その後主人公自身の手で彼女の首をはねる。そうしなければ時間を巻き戻す(周回)ことができない。ツンデレヒロインを手にかける心の痛さ… しかし何度も遭遇するうちに慣れてくる自分もいて…


▲ククリの首をはねるごとに攻撃力を増す剣…

ちなみに周回ごとにほぼすべての要素を引き継げるが、唯一引き継げないのは精液。前述したがお金的な要素で、探索での宝箱やキラキラ、ザコを倒す、もしくは水先案内人に不要アイテムを売ることで入手できる。引き継げないゆえに、各周回ではデフォ200をできるだけ使い、アイテム売却は必要な精液分のみにとどめるのがキモかなぁと。神獣(♀)を1体召喚するごとに200使うゆえ、当初は育てる意味でも周回初めに6体の神獣のうち1体を召喚していく感じでいいだろう。神獣たちのレベルも引き継ぐしな。

神獣たちには好感度があり、好感度をあげるにはメニューからエッチ(精液500必要)しないと上がらない。ククリの前で他の女とまぐわうという背徳感がいい。ククリも「…仕方ない」と容認してはいるものの。


▲1時間ほど遊んで万全でラスボスに挑んでみた結果。レベル(段)7位だったかな、まぁ一撃で負けるが、被ダメの感じからするとそんなに遠くはないような。神獣と装備品を強くしていこう

ククリの首をはねた後、時間を巻き戻すにはククリの死体を横に???と毎回エッチすることになる。エッチ関連でいえば、錬石から装備品を作る際もククリとエッチが必要。本作ではなにかと精液が必要で、精液サーバーが主人公しかいないのだw 酷なシナリオなもののハーレム感でバランスをとっている(?)


▲錬石から装備品を作る際のエッチ(エッチはスキップ設定あり)

ダンジョン深くに潜るほど(3階層ごと)に敵は強くなり、得られる錬石や装備品、アイテムの品質も上がっていく。戦闘バランス的には割とDQに近いかな。できるだけ周回数(=ククリの首をはねた回数)を少な目でクリアすればより良いENDを迎えられる。何度も何度も愛する人の首をはねる、はねられる二人の精神はどこまでもつのだろうか。そのシーンに慣れ、ルーティンが如く彼女の首をはねる我輩自身が怖くなったりもした。慣れ、っていやだな… ホラーだった前作よりある意味こわい。

若干の不満点としては、そこそこ長いオープニングでセーブが全くできないことかな。あとは、エロシーンで差分CGが全くないこと。ただ背徳感が強いエロが多く個人的には結構キタ。ククリをこの負の螺旋から解放するには彼女を裏切る行為となる他の女性とのエロをしなければならない…!というジレンマ、紳士によっては快感かも。

夢子「お取り扱いサイト様です」
穢れ姫 DLsite 1,200円(税抜)

穢れ姫 FANZA 1,200円→960円(20%OFF)(税抜)

ホラーだった前作

深淵からの呼び声 感想・レビュー
四畳半ファクトリー 男主人公 ツクールMV製 やや易しい バランス型 深淵からの呼び声 体験版感想・レビュー レトロホラーライクなエロ同人RPG FCのス〇ィートホームなどレトロホラーRPGライクなMV製RPG。欧米の片田舎っぽい街に探偵のアリスとその後輩で助手の主人公が訪れる。「娘を探して欲しい」という依頼を受け、聞き込みをするとどうやら、入った者達がことごとく行方不明になっている「ピックマンの館」に向かった様で、二人はピック...

コメント