供物の淫洞 -巫女フィッダとエロダンジョン- 感想・レビュー

供物の淫洞 -巫女フィッダとエロダンジョン-
吉井テック社

供物の淫洞 -巫女フィッダとエロダンジョン- 体験版感想・レビュー ずっとエロい避けゲー

流浪の巫女・フィッダが主人公。とある村の村長から依頼で祈祷のため訪れた神殿、そこで「淫紋の呪い」をかけられてしまったうえに、どことも知れないダンジョンに転移させられてしまう。淫紋のせいで発情状態のモンスターが蔓延る中脱出を目指す、というMV製非戦闘RPGだ。

淫紋の呪い

数は多いが行き来するだけ
▲敵は同じルートを行き来するタイプとこちらに寄ってくるタイプ、視界に入ると動き出すタイプなど。↑は数は多いが行き来するだけゆえ避けやすい。後者の2タイプの方が厄介だ

本作の特徴はモンスターに接触するたびに「でっかいヌルヌルアニメ」が表示されることだ。アニメは3秒程なんだがちゃんと射精まである(というかおま〇こもち〇ぽも常に白濁まみれ)ため、捗りゅのぉぉぉ!体験版範囲でも結構な種類があった。

でっかいヌルヌルアニメ

突き込んだ状態
▲数回ピストン→突き込んだ状態でヒロインセリフ→自動で脱出。敵シンボルは消える

ゲームとしてはとにかく避けていくのみ。エロされるごとにHP減少、OR(快感値)上昇、ORがMAXになるとエロで追加ダメージを受けてしまう。HP減少での立ち絵変化あり。HPゼロで数クリックのテキスト後にGAMEOVERとなる。

GAMEOVER

ゲームとしてはシンプルなのだが、これ見よがしに怪しいトラップ、イヤらしい作りのマップなどもあり、なかなか気を抜けないデザインになっている。

穴があれば落ちてみたく
▲穴があれば落ちてみたくなるだろう?

輪姦部屋
▲なん…だ、と?輪姦部屋!?ここのモンスターはエロされても消えず、HPゼロまで延々とエロられる!ここはエロかった!

延々とエロられる ORがMAX
▲ORがMAXになると反応も変化

後背位 アナル
▲後背位 アナルまであるとは思わなかったな

出口は下の5つ
▲出口は下の5つのどれか、なマップ。間違うとマップの最初に戻される

途中が見えない
▲途中が見えないマップ。触手床を踏んでしまうと

触手に犯される
▲もちろん触手に犯される

本作はステージクリア型で、各ステージはコンパクトなマップの集合体になっている。ステージ最後にはボスっぽいの(避けるだけだけど)。セーブはステージごと、イヤらしいトラップが多めなだけにもうちょっとこまめにセーブさせてくれるとテンポよく進められたかなぁと。まぁ、自らトラップにハマりにいくのが悪いのであるし、エロいからまぁいっか!となるけども。

また、それを補う、というわけでもないが本作は「ランダムステージ制」となっており、一度GAMEOVERになってから最初から挑みなおしたら↑の触手ギミックありの別ステージになった。そのため、同じステージに挑み続けることによるマンネリ化はなさそうだ。エロも変化するぞ。

体験版をヤリ終えた時、どこかから声がした。
「こういうのでいいんだよ」

最後にちょっとイラっとしたが、フフッとなったやつ。

フフッとなったやつ

夢子「お取り扱いサイト様です」
供物の淫洞 -巫女フィッダとエロダンジョン- DLsite 800円(税抜)
供物の淫洞 -巫女フィッダとエロダンジョン- FANZA 800円(税抜)

コメント