魔王と守護騎士 体験版感想・レビュー

魔王と守護騎士
瀧音MELO  非戦闘RPG  1,500円(税抜)
【基本情報】♀主人公(TS) ツクールMV製 エロ重視 難易度:普通
【体験版評価】7.8/10点 (面白さ7 システム8 没入感7 エロス9)

お手軽に美麗で高リビドーシーンを拝める若干ACT寄りMV製非戦闘RPG。
主人公は勇者に倒され200年の封印から甦った魔王。しかし無理矢理封印を
解いたせいか女体化してしまっていた!というTS設定も効いている。

魔王と守護騎士001

女体魔王は勇者(魔王曰く当時の勇者の力をこの時代でも感じるらしい)を倒すべく、
力の源である「コアジュエル」を集めるのだが、それらは7つの重要拠点を守護する
「守護騎士♀」が所持しており、マップからそれぞれの拠点に向かう。

魔王と守護騎士002
魔王と守護騎士003
左が魔王・ラーヴァ、右が守護騎士・モルガ

守護騎士との戦いはADVシーンでの会話による描写で、魔王の魔力量が守護騎士を
上回っていれば「お互い必殺の一撃を繰り出すシーン」後に魔王が勝利、
そうでなければ魔王が敗北する。勝敗は魔王の「魔力量」で決するのだ。

魔王と守護騎士004
敗北。このあと魔力「1」の状態で逃げることに…(ほぼ捕まってエロ

デフォでの魔王の魔力量は「3」、最初の守護騎士を倒すには「7」必要、
どうやって魔力を上げるのかと言えば、拠点の人間NPCから「吸魂」することで
増やしていける。守護騎士の拠点(サイドビューでベルトスクロール的な若干の
奥行きがあるフィールド)では、右方向最奥まで行くと守護騎士との戦いになるが、
それまでに複数のNPCがいる。そいつらから吸魂するのだが、NPCによって奪える魔力量が
異なり「2」奪えるNPCもいれば「ほとんど魔力を奪えない(0)」NPCもいる。

魔王と守護騎士005
NPCが持つ魔力量は外見とは関係ない 警戒レベル=吸魂回数
兵士から吸魂すると一気に3に上がる

じゃあ吸魂しまくればいいじゃない、となるが「吸魂を3回行うとウロウロ
していただけの兵士が魔王を捕えにくる」というルールもあり、一旦外に出れば
警戒レベルがリセットものの避ける為の奥行きが狭いマップを逃げ切ることは難しい。
接触される度に魔力が減り、ゼロになるとエロシーンを経て「プライド」が減る。
守護騎士に敗北した場合も魔力1で兵が追いかけてくる故、ほぼエロシーン確定だ。
プライドを消費して魔力量を上げる様なイベント、プライドが下がると発生する
イベントもある様だ。

基本的にはどのNPCからどれくらい魔力を奪えるのか2回吸魂→外に出てリセット、
を繰り返すことで安全に進めるかと。NPCの人数も多くない故面倒とは感じない。
守護騎士に勝利できる魔力を奪ったら、いざ!

魔王と守護騎士006
勝利!聖闘士聖矢的お約束「何ぃい!?」 この後滅茶苦茶に輪姦される

守護騎士を倒しコアジュエルを奪うと魔力量の基本値が1上昇、次の拠点は魔力量「4」
から始められる。ちなみに体験版で最初に攻略する拠点では3回吸魂する必要がある
ものの、最後に吸魂するNPCの位置が守護騎士に近い為なんとか行けた。
かと思ったら、次の拠点ではNPCが二人しかおらず、吸魂してそのまま守護騎士戦に
行けば勝てるという、緩急ある設計になっていた。

魔王と守護騎士007

エロは魔王敗北で魔王がNPC達に輪姦される、勝利で守護騎士が輪姦される。
守護騎士はその絶対的な力故に男達からすれば高根の華だったりジャイアン的な存在
だったりで、彼女達のエロいが手を出せなかった身体に男達は群がる。
彼女らにしても魔王にしてもほどよい筋肉質でありながらオーバーグラマラスで
かなりエロく、エロシーンの差分も多めで使うのに申し分なし!(何に

魔王と守護騎士008
守護騎士に敗北、逃げるフェーズで捕まったシーン 芸術はバクハツ

このサークルさんはプロ絵師(スクエニからの発注経歴あり)だけに言うことなし。
魔王敗北時のコスチュームのはだけ具合が魔力量で変化するという(低すぎるとほぼ
まっぱになる)細かい芸も仕込まれている。おそらく守護騎士側も同じでは?勝利した
拠点も再戦できるしな。
一応TS設定の主人公ではあるが、元の姿は描写されず、中身が「男男しい」感じも
そんなにない故、TSモノというよりはTSフレーバー的な内容だ。

ドリンクバーメイド-自由なる咆哮-
本作の様にサクッとタイプではないが、設定も戦闘も変り種な前作も面エロいぞ。
ドリンクバー原液娘達のRPG。■体験版感想記事

夢子「お取扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *