エロ非戦闘RPG「えんこーど 」 ごーるでんぽっと

戦闘なし

えんこーど 体験版感想・レビュー

精液を1日に何度も出さないと体調が悪くなる「絶倫病」であるオタク主人公が、クラスカースト上位のギャル・ねねな相手に売春…というか円光?していくMV製非戦闘RPGである。ねねなはチャラ男彼氏持ちなギャルだが、主人公にも普通に話しかけてくれる「オタクに優しいギャル」、つまりイイ女(個人の感想です

そんな彼女は彼ピッピの誕プレを買う(ブランド物の財布らしい)ためにお金が必要で。「おたっち、絶倫病なんだ… じゃあさ、おたっちー?あーしから提案があるんだけど。あーしのこと買っちゃわない?」と。期間は2週間、週末は端折られるため実質10日間だ。

ゲームとしては彼女にお金を援助するほどエッチなことをさせてもらえるように(最初はセクハラ程度だけども)なり、お金はバイトで稼ぐ。しかし10日間ではまずクリアは無理で、周回プレイ時に主人公の能力等を引き継げる「周回プレイ」タイプ。

主人公には「体力」「性欲」「行動力」が設定されており、体力と行動力はバイトやオナニーなど「行動」すると消費、ただ「性欲」が高いとバイトの成功率が低くなるため、自宅オナニーでできるだけ性欲を下げてからバイトしたい。性欲は毎日上昇するだけでなく、序盤のねねなとのソフトエッチ(セクハラ)でも上昇するため、序盤はとにかく性欲処理に体力と行動力がもっていかれて、しかもオナニー回数が少ないと就寝での回復量も低くなりキツイ。しかしバイトすればするほど体力と行動力が上昇してくため、周回プレイを重ねるほどどんどん楽になっていく設計でそれが気持ちエェ要素かも。体験版でもある程度周回プレイは可能だ。

そして、「オタクにも優しいギャル」をチャラ男から寝取る、というシチュはなかなか刺さるものがあり。あと、ぱっと見ゲーム性全然なさそうに見えて「Anthesis アンテシス」「GARDEN]などのように、かなりゲーム性の濃い目の非戦闘エロRPGだなぁと。

【体験版評価】8.1/10点 (面白さ8 システム8 没入感8.5 エロス8)


▲絶倫病により学園でも何度もオナニーする必要がある主人公は、トイレが使えなかったため使われていない教室(部室)へ来るが、そこにはパンツ姿のねねなが…


▲主人公の事情を聞いたねねな、はこんな提案をしてくる


▲という感じで始まります。Win-Winな関係でね。普通にいい娘なのよ


▲メニュー画面


▲学校でねねなに話しかけるといつでも援助(エロ)可能

本作では自宅で就寝すると次の日になり、学校に行くと放課後へ。学校内のマップはこの使われていない教室(部室)だけ、ここにはいつでもねねなが待機していてお金と体力があれば援助してエッチ可能だ。彼女に援助すればするほど可能なエッチがエスカレートしていき、またここ以外でも援助エロが可能になるため、まぁ要するに彼女にお金を援助するほどゲーム攻略が進む。


▲300円援助すると可能なセクハラ、スカートめくり


▲こんなリアクション。まぁそこそこ遊んでるギャル相応な感じ


▲学校がから出ると町(コンパクト)へ。町マップから自宅やバイトに行ったり、デート中のねねなに会ってイベントが起きたり


▲もっとも体力消費が少なく難易度が低い「銭湯」でのバイトがまずはおすすめ


▲「2倍働く」は体力消費2倍で報酬が2倍になる


▲バイトは自動成否判定。銭湯でのバイトは成否判定が4回あり、成功の回数×100円を入手できる。成功率は働いた回数と性欲、運による


▲4回全部成功するとボーナスで100円追加、500円もらえる。ただこれはほんと運で、たしかにバイト回数を重ねるほど成功率はあがる(内部数値)し性欲値が低い方が成功がするが、失敗する時は失敗する


▲銭湯のバイトをこなすたびに、就寝時の体力回復量がアップする

バイトは↑の銭湯の他、「コンビニ」と「荷物運び」があり、コンビニは体力200消費、成功判定1回×200円をゲットできるが銭湯より成功率が低い。「荷物運び」は体力400消費、6回の成否判定があり成功判定×300円をゲット、しかしコンビニよりも更に成功率が低い。ただコンビニでバイトすると必ず「行動力上限」が上昇、荷物運びは「体力上限」が上昇するため、この二つも積極的にこなして能力値の底上げを図りたい。その二つが高いほどオナニーで性欲値を下げてバイト成功率をアップできるからだ。


▲バイトの成功率を上げるならできるだけ自宅オナニーで性欲を下げよう

▲学園のすぐ下が自宅


▲自宅オナニーでも体力と行動力を消費し性欲を下げる=バイト成功率アップ

通常状態でのオナニーは体力消費50、性欲10下がる。しかし事前にねねなに援助してセクハラしておくと、体力消費25、性欲は15下がり効率がアップする。その効果はオナニー1回分のみだがオナニーするならばできればセクハラしておきたい、しかしお金も必要であるし、そもそもセクハラすると性欲が10上昇していしまうというジレンマもあり。ただ援助金が増えるほどエロ内容はエスカレートしていくため、そのうち彼女に性処理してもらえるようになるはず。

このあたりの各種リソースのバランスデザインが優秀で、ゆえに序盤がキツイ、そして周回するほど楽になっていく設計に繋がっている。エロゲなんだから最初から楽に攻略させろよ!という声もわかるが、序盤がしんどいからこそ「どうすれば楽になるのか?」を考えるし、我輩はそこがおもしろかったのだよな。

ただまぁ、学校でセクハラ→自宅に移動してオナニーのコンボは基本ゆえ、この移動時間は確実に作業でめんどい。教室の隅っこなり、トイレなりでオナニーできるとよりよかったかな。
追記:この点はVerUPで解消されたようだ。


▲町マップではねねながそこら中にいる。一度話しかけると彼女は別の場所に移動、各場所で異なるイベントが起き、話すたびにループする感じ


▲チャラ男な彼氏は当然主人公を見下している


▲主人公に絡む彼氏に文句をいい、その場から去るねねな。彼氏も彼女を追って去る


▲このようにねねなは話しかける度に移動する。学校外、公園、コンビニ内、などなど。それぞれの場所でイベント、彼女への援助額が増えるほど各所でのイベントもエロくなっていくぞぉぉ


▲援助金の合計がこれくらいになると


▲がっつりセクハラ!まぁ援助金が増えればまだまだこんなものではないと思うぞ


▲セクハラというかもはや前戯の域に入っているな。このあとは自宅でオナニーして性欲を下げるべし!


▲援助金が増えればコンビニで買い物している彼女にこんなことができるようになったり


▲後ろにいたショタっ子に見られてしまう。ショタ「どきどき」


▲銭湯の女湯にいるねねな、番台の女将さんが寝たスキに!


▲公園にいるねねな、どうやらトイレ中の彼氏を待っているらしいが


▲こういう寝取り側のニアミスイベントも徐々に発生していくぞぉ


▲2週間が経過するとエンディングへ


▲10日間しかないからな、1週目はまぁこのENDになるだろう


▲周回プレイにあたり、主人公の能力のみ引き継ぐか


▲それにプラスして所持金、ねねなへの援助金なども引き継ぐか。だいたいの紳士はこちらを選ぶのでは

まぁ本作は実質、体力と行動力が無双状態になればいくらでもバイトしてお金を稼げるワケで。体力も自販機のジュースで回復できるし。じっくり進めたいなら「ふつうに」を選んでもいいだろう。


▲行動力がこれくらいになってくると1日の活動範囲の幅が広くなるかと


▲ねねなのリアクションもだんだんなんとく親密になっていく。えーじゃないか

という感じの非戦闘RPG。エロは基本立ち絵っぽいエロの様だが個人的には全然問題ない。ギャルを寝取るシチュ、イイ。擬音や書き文字もいい具合に機能していてグッド。VerUPでちょっとしたわずらわしさも解消されたし、あとコスパもいいのだよなぁ。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 700円(税抜)

コメント