同人かわら版No183 掲載同人ゲーム11本

撫子「今週の新作は64 65 53 56 57 93 87、んーーっと …465本!…でしょ?」
惜しい、475本だ。最初は筆算だったのに暗算でここまでくればもうちょいだな。
撫子「にゃぁぁ 一桁違いか~;」
夢子「アンタいつまでこのネタ引っ張ってんの、もう1ヵ月位経ってるわよ」
撫子「うるせ~!知らね~~!FINALF ANTSY」
それはもう古い。個人的には「やばたにえん」が好きだったんだが、すっかり廃れてしまったな…
夢子「クッパ姫もキングテレサ姫ももう過去の人です。流行り廃りの移り変わりが早いですね」
撫子「まさに『今は昔、先年のスマホ』だね~」
…なんだそれは。
撫子「何って、故事成語じゃん」
夢子「聞いたことないわよ」
撫子「オリジナルだかんね」

■INDEX

■ゲーム作品ショートレビュー

今週のゲーム作品は先週に引き続きやや少なめだが、月の水企画さんの「ナイトメアガールズ」がリリース、メチャクチャ売れ筋だ。他はでじかごさんの「Mai Nai」も人気だな。

【人気Lv】→→ 英雄召喚RELOAD 7センチ RPG 1,200円

英雄召喚RELOAD
戦乱の最中にある国を、発明家とその仲間達が統一していくMV製ゲーム。全体マップ画面とかまさに地域制圧型SLGなのにRPG?と思いつつプレイしてみると、確かにこれはSLGのプレイ感覚ではないな。かといってRPGかというとそうでもない様な。基本は自勢力に隣接しているエリアに侵攻、エリア内にはいくつかのダンジョン的なマップがありそれらを順に制圧することでエリアを自勢力下として占領する。エリア制圧による永続的なリソース増などのSLG的な要素はなく、単純にひらめきPやイベントポイント、戦果ポイントを得られるだけ。ダンジョン的なマップもマスをクリックしてイベントを見る、前述の各種ポイントを得る、戦闘、など非常に簡単で、最奥のマスをクリックすれば占領だ。戦闘マスでは自軍VS敵軍の1VS1、突撃・待ち構え・遠距離攻撃の三竦みなんだが、敵のスタンスは常に変わらない為、優位な行動をとればいいだけ。加えてメニューコマンド→発明イベント→英雄召喚でひらめきポイントを消費し、サークルさんの過去作ゲームに登場したキャラを仲間にすることができる。仲間にした英雄たちは1戦闘に1度サポート攻撃を行うことが可能、英雄によって効果や強さは様々だが、普通に攻撃するよりは強い故、仲間が多い程戦闘で有利になる仕様。故にまずは英雄召喚である程度仲間を増やすと楽に攻略できる。仲間になった英雄やヒロイン達とはイベントポイント消費してイベントをイベントを見ていくことでエロに発展する。ちなみに主人公はあくなきエロへの情熱を発明に注ぐ変態発明家だが、同サークルさんの「ERODEシリーズ」の主人公・ドレイクに根本的なところが似ている。英雄召喚でそのドレイクを召喚してみたら、この2人存外馬が合う様で(笑 ゲーム的には英雄召喚や自軍能力を育成(各キャラとのイベントを見たり発明品等でアップ)、割と簡単かつクリックしていくだけのお手軽ゲーム。英雄召喚するほど仲間が増えて各キャラとのイベントも増え、会話イベント&エロイベントがメインの、サークルさん過去作オールスター的ファンならニヤニヤしちゃうゲーム。最初はちょっと仕様がわかり辛いが、わかるとサクサク且つコミカルイベントたんまりで楽しめた。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ7 システム7 没入感7 エロス7)

【人気Lv】→ 【ゲーム】通い妻、お貸しします。 yatsureCreate SLG 400円

【ゲーム】通い妻、お貸しします。
店長として5人の女の子を雇い「通い妻」として派遣。稼いでもらって更に高ランクの受注を受けていく店経営っぽいツクールMV製SLG。女の子達とのエロも可能な様だが、基本は顔グラとテキストのみだ。MV製ということもあって他ツール製のSLGの様な複雑なことはできなさそうだが、体験版が無し故詳細は不明。

【人気Lv】→→ ろりっこ探偵団 ~幽霊が集うサキュバスホーム~ まにあっ倶楽部 非戦闘?RPG 1,300円→1,105円

ろりっこ探偵団 ~幽霊が集うサキュバスホーム~
主人公・ほのかの兄を探すべく、ほのか他ロリ5人が幽霊蔓延る館に潜入するMV製RPG。我輩のPCではデフォ状態で移動がコマ送りになるほど重いが、オプションをいじりスタート地点で変更できる視野範囲を狭く(雰囲気は出るが敵を避け辛いなど難易度は上がる)することでなんとかプレイできた。アバドーンと同じスウィートホームのオマージュRPGで、基本は5人のロリを3人PTと2人PTに分け、PTを切り替えながら進める。各キャラにはアイテム合成、ピッキング、回復など固有スキルがあり、組み合わせ次第で探索や戦闘難易度が変わるなどまさにスウィートホームライクなのだが、チュートリアルなりその説明が一切なかった故、スウィートホームオマージュだと最初気付けず、PTを組めることすらよくわからなかった。まぁ気付けばどうということはないのだが。シンボルエンカウント戦闘ではHPゼロ、または恐怖値(被ダメ毎に上昇、個人差がある)MAXで戦闘不能(気絶)となり、全滅するととある部屋(回想部屋を兼ねる)で犯されしまう。原作は死んだら生き返らない厳しいペナルティを「犯される」に置き換えたシステム。エロ以外実質的なペナルティは特に無い?ただ気絶回数はカウントされる故、気絶を重ねるとなんらかのペナルティがあるかもしれない。穴が空いている床を入手した板を使い渡るなどスウィートホームオマージュ感は高いのだが、敵を倒すメリットが無い(レベルアップ無し、ドロップも無し)故、敵シンボルは基本避けて行くことになる。またキャラにより著しく戦闘能力に差がある為、適当にPTを組むとあっさり負ける。恐怖値は回復機会が少ない為、攻略法としては戦闘特化キャラPTを作り少ない手数で敵を撃破(=恐怖値上昇を最低限に抑える)、その後をもうひとつのPTが付いていくのがいいのかなぁと。ただこの辺も含めやはりチュートリアルがないのはちょっと不親切かなぁと。ロリ娘達も皆可愛くエロもよかったし我輩は結構楽しめたが、わかり辛いのイヤーなプレイヤーを惹きこむレベルデザインとユーザビリティにちょっと難ありか。あと最近のMV製としては重すぎるなぁ。
【体験版評価】6.8/10点 (面白さ7 システム6 没入感7 エロス7)

【人気Lv】→ 【本格エロリョナ2Dアクション】星の淀ちゃん~YODO:Chaos Star Children.~ ああっいいよねっ淀ちゃんっ ACT 1,600円

【本格エロリョナ2Dアクション】星の淀ちゃん~YODO:Chaos Star Children.~
アクツクMV製ACTということで非常に期待して遊んだのだが…期待し過ぎたとか以前のレベル。連続ジャンプで空中移動が可能で、滞空中+近接攻撃で敵を倒せる仕様はとてもいいと思う。ただモーション、当たり判定、アクションDEエロ、カタカナ長文表示で読みにくいテキスト。詳細は書かんが良作溢れる昨今でこれは厳しい。

【人気Lv】→ おしおき!妖夢ちゃん!2 shimeji777 エッチSLG 400円

おしおき!妖夢ちゃん!2
東方の幽々子が妖夢へスパンキングするだけのUnity製ゲーム。全3シーンでゲームパート前後にADVシーンあり、内容としては毎回粗相をしてしまう妖夢の生尻をスパンキングして、反省させるという。思ったよりスパキングが爽快でしばらく小一時間遊んでしまった。操作はマウス、叩けるのは尻のみ故、マウスカーソルを尻(叩ける範囲は結構広い)の部分の叩きたい場所に持っていき左クリックで打つべし。打つと幽々子の体力ゲージ減少、妖夢のお仕置きゲージ上昇。左クリック長押しで力加減を調節可能で、MAXで打つとスパーン!とかなり気持ちいい。先にHPが尽きそうになったら画面右下のアイコンで適宜「撫でる」を行いHPを回復しよう。この繰返しでお仕置きゲージをMAXにすることでお仕置き成功となるが、妖夢は常に吹きだしセリフでリアクション、ぺチンペチンと弱で叩くと「もっと強く叩いてください」とのたまい、コイツ…楽しんでやがる!と。お仕置きしてるのに叩かれて気持ち良くなり、しかも催促してきてこの主従関係どうなってんだwと楽しめた。我輩はスパンキング守備範囲外だが、叩くほどに赤く手形状に腫れる尻の質感、叩く際の演出などよく出来ている故、スパンキングスキーならお試すべき作品かと。スパンキング以外のエロ要素はないぞ。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ6 システム7 没入感8 エロス7)

【人気Lv】↑↑↑ ナイトメアガールズ 月の水企画 RPG 1,300円

ナイトメアガールズ
普通じゃない女子校生達が異界に潜り「メア」と戦う現代モノのVXAce製RPG。月の水企画さんらしい百合カップルPT、ユルくコミカルなノリ、そしてコンプできるのか!?という程のエロボリュームと作り込まれたゲーム性。死角なし。
■体験版感想記事へ

【人気Lv】→→ 呪いの淫形~アナタの思いのママ~ 思案日― 3Dアニメ+RPG 400円

呪いの淫形~アナタの思いのママ~
国家プロジェクトにも勧誘されるほど頭脳明晰な研究者・成美(♀)がひょんなことからサキュバスと接触していまい、夢の中でサキュバスの妨害を受けながらも自身のトラウマと戦うMV製RPG。夢の中で成美は♂になっており、各ステージで制限時間内にゴールまで辿りつく、QTE、戦闘などなどで失敗すると3Dアニメーション(カメラワークは自動でかなり軽い)、基本6シーン、体位は13シーン?ある様だ。ゲーム部分もなかなか工夫されているし急展開なストーリーにもひきつけられ、この価格帯で3Dアニメはなかなか。また元女性がチ〇ポしごかれまくるTSエロシチュも新鮮、3Dモデリングは若干アレだが体験版を遊んでみる価値は十分ある。なんか紹介画像で損してるな;
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ6 システム7 没入感8 エロス7)

【人気Lv】→→ JK3人娘のエッチな活動記録 ~学校の怪談は猥談!?~ ダブルメロン 非戦闘RPG 1,400円

JK3人娘のエッチな活動記録 ~学校の怪談は猥談!?~
放課後の学園を舞台に、オカルト研究部の3人がオカルトっぽい噂の真相を解明していく非戦闘RPG。ダブルメロンさんといえば近年は露出RPGの印象が強いが、今作は陵辱チックなシチュや羞恥にスカ系(主にトイレでの排泄)などなど露出は少な目。ゲームの流れとしては、学園内を探索し、噂れているオカルトネタを仕入れると部室のホワイトボードに「調査案件」として書きこまれる。そこから任意で選択して調査を開始、こちらもあ探索してフラグを立てていき真相を究明する。オカルトネタの仕入れに関しては、文乃、紫音、雪子3人それぞれで仕入れられるネタが異なる。学園内でネタを持っているNPCには「EVENT]マークが付いているが、適したキャラでないと「×」が付き話しかけてもネタを話してくれないのだ。また、調査に関しても3人の内誰で調査をするかで拝見できるエロイベントが変わり、全部コンプするには周回が必要?っぽい。ただこれらは難易度「じっくりモード」を選択した場合の話で、「さくさくモード」ならほぼ探索不要でエロイベすいすーいらしいぞ。またエロは3人だけでなく他女子生徒のエロも結構あるっぽく、トイレでは1日1回「放尿」また「う〇ち」シーンを拝見できる。ペンギンズ似の不良っぽい男子生徒など小ネタもしこんであったり、学園が結構広く探索し甲斐があるものの各所の公衆電話でファストトラベル、じっくりモードでもメニューから「攻略のヒント(というか手引き)」をいつでも拝見できたりとちゃんとしたエロゲ。陰毛描写が特徴的だよなぁ。FANZAでもリリース。
【体験版評価】7.5/10点 (面白さ7 システム8 没入感7 エロス8)

【人気Lv】↑ Mai Nai でじかご RPG 1,500円

Mai Nai
海に潜り海底ダンジョンを探索するという、珍しいUW(アンダーウォーター)系のウディタ製RPG。AP(エアーポイント)という概念があり、AP消費を気にしつつ探索をするという以外、エロ等は割とオーソドックスなRPGだそうだ。体験版がなかった故スルーしようかと思ったが、土曜になって体験版がアップされた様だ。遊んでみたい気もするが、うーむ。

【人気Lv】→ 盗賊アーシャー~性奴隷からの脱出~ 永遠の17歳 RPG 1,300円→910円(11/13迄)

盗賊アーシャー~性奴隷からの脱出~
CGサークルさんの初ゲーム作品。巷で有名な盗賊娘・アーシャがとある組織のアジトに侵入するもとっ捕まってしまい、機械姦で快楽堕ち→性奴隷化されそうになるがスキを見て逃れここから脱出することになるMV製RPG。基本的には謎解き&避けゲー、全6ステージを攻略する様だ、体験版では2ステージクリアまで、序盤ということもあってかクリアに10分程度だった。トラップ(と呼べるかは微妙だが)や敵シンボル接触でエロシーン→即BADENDのシンプルゲーであり、エロCGも基本10枚と、割引中とはいえ定価1,300円はうーん… ただこの先のステージでは制限時間ステージや敵との戦闘もある様で、体験版ステージで遊べるステージ1・2が薄いだけなのかもしれない。ステージ1の謎解きは正直後味が微妙だった;
【体験版評価】6.3/10点 (面白さ6 システム6 没入感6 エロス7)

【人気Lv】→ リン輪リング テイルシュリンプ RPG 700円

リン輪リング
エルフの姫様と姫様の護衛であるエルフの女騎士は旅行中、人間の盗賊団に目を付けられ抵抗虚しく捕われてしまう。姫様も女騎士も盗賊団に輪姦されまくり処女を奪われ白濁に、女騎士は最下層の牢に放り込まれる。女騎士・リンはここから姫様を連れて脱出することができるのか?というVXAce製RPG。オープニングは倒しても倒してもザコが湧く戦闘、囚われた後の最初のシーンでは選択肢を「調べる」「使う」ことでリンを牢から脱出させるADVタイプ、いざ牢から脱出し次の階では簡単なミニゲーム、かと思えば次の階ではわらわらいる敵シンボルをなるべく避けて(倒すこともできるが得られるものは無く消耗するだけ)進むなど、なかなかトリッキーな内容となっている。ザコ戦闘ではTPを消費してスキル攻撃やSP・APの回復が可能、敵の攻撃ではエロ(恥辱を煽る精神攻撃含む)攻撃でSP減少、コスへの攻撃でAPが減少。APが500(MAX1000)を切るとコス半壊でSPへの被ダメ上昇、デバフを受ける様に。AP0で更に被ダメ増加と、APを管理しつつ、SP(ゼロになれば敗北)も気にするバトルだ。いわゆる戦闘DEエロはなく、敗北エロがメインかと。輪姦エロがコンセプトの短編RPGだが、各階ごとどんな仕様なのか予想できない展開はいいな。棒きれ一本で大立ち回りするリンの描写もグッときた。絵に関しては好みがわかれるか。FANZAでもリリース。
【体験版評価】6.8/10点 (面白さ7 システム7 没入感7 エロス6)

【人気Lv】→→ ラスト・ストライク AMBER OWL ACT 700円→490円(10/22迄)

ラスト・ストライク
R18同人ゲーではまだみことがない、スマブラオマージュなアクションゲーム。アクションのデキやぶっ飛ばしてリングアウトさせる気持ち良さはかなりのレベルだ。
■体験版感想記事

【人気Lv】→ 勇者たかし sweet princess RPG 1,300円→910円(11/10迄)

勇者たかし
夏休み、暇を持て余した大学生・たかしは新作MMORPGクローズドβテストに参加、なんとゲーム内で1人しか選出されない勇者に。他参加者がスライムにもてこずる中、たかしは順調に王城に辿りつく。途中、リアル世界でのセフレ・みさきを仲間にし、体験版ではみさきが勇者の証である性剣をヌくべく本気オナニーして性剣を射精させるところまで。ネタゲーかといえば、サイドビュー戦闘でのザコ戦はそれなりにバランス良くレベルも上がりやすくサクッと進める。宝箱がいたるところにあったり、ダンジョンにも地上マップにも扉があって条件を満たさないと扉があかないのが特徴か。ダンジョンでは敵を倒す、地上ではフラグを立てると扉が開く。青い宝箱は後々にならないと開けられなかったり、小さなメダル要素もある。敵の弱点等の情報はターン経過無しに見られる故、初見から弱点を突いた攻撃も可能。などなど、遊びやすいRPGなんだが、際立った特徴は無く、エロはストーリー上発生する感じ、戦闘DEエロもなさそうでごく普通かな。あ、みさきはアバターを獣人選択した故、語尾「ニャー」なケモミミモンクだ。
【体験版評価】6.5/10点 (面白さ6 システム7 没入感6 エロス7)

■今週予告開始されたゲームピックアップ

期待度の高い作品予告が多かった。どれも一目置くべき作品じゃなかろうか。

彼女が奴隷になった理由-女盗賊シルフィと眠らない島- みるきーうぇい RPG 1,300円 2019/10月下旬
妹の治療費の為盗賊稼業を稼ぐシルフィが主人公のRPG。「深淵のオーブ」というお宝がディーゼルという島国にあるという噂を聞き、精霊祭という祭りで警備が手薄になっているとも。そんな導入でディーゼル国を舞台にお宝探しをする様だ。クエスト中やダンジョン探索中は1分単位で時間が経過する時間システム、貢献度、段階エロの他、エロで淫乱ポイントを貯め恩恵を受けるシステム、グラフで表示されるエロステなど独特なシステムあり。エロに関しては勿論本番もあるが、露出・羞恥系シチュも多いとか。まだ完成の見通しが立っていない故、予告時点で選べる最長の2019年10月下旬となっているが、前倒しも十分あり得るそうだ。体験版あり。

Lizbel-リズベル-~イベント追加&中ボス追加&イージーパッチ~ ぱっくりパラダイス 追加パッチ 100円 10月下旬
大ヒットした「Lizbel-リズベル-」にエロシーン約10シーン、新規中ボス3体、難易度「イージー」を追加する100円パッチ。全イベント開放データも同梱している。本編クリア済みならパッチ追加分のエロ開放スイッチON/OFFも可能だそうだ。このボリュームで100円はお安いなぁ。パッチ適用には「Lizbel-リズベル-」Ver1.2が必要故、アップデートしておこう。

Ambrosia アンブロシア しもばしら工房 RPG 価格未定 2019/1月下旬
こちらも大ヒットした非戦闘RPG「Anthesis アンテシス」のサークルさん・しもばしら工房さんの作品第二弾。今作は割とオーソドックなRPGっぽい。売春に戦闘DEエロ、敗北陵辱、段階エロを含めエロシーンは100以上だそうだ。体験版あり。

ドすけべチャットレディ千里ちゃん happypink 非戦闘RPG 価格未定 12月上旬
Ci-enで進捗を拝見しているhappypinkさんの新作。「エクソシスト~クリスと呪われた街~」など戦闘ありのRPGではなくどちらかというと「なんでも調査少女RPG」寄りの非戦闘系なんだが、「スケベライブ配信で稼ぐ」というコンプセプトが新しく、それに伴うシステムも斬新。町中を探索しヒロインがエロアイデアを閃いたら(という体のイベントポイント)その場で配信開始、閲覧者のチャットで反応し投げ銭してもらえるとか。ライブチャット配信画面がリアルでよく出来てるのだよなぁ。やり過ぎるとクラスメートに身バレし脅迫されたりも。サークルさんの変態力光るアイデアエロシチュもグレイト。なんでもAlteredさん(Ci-en)のまきな氏がストーリー原案とチャット配信時用選択肢スクリプトに関わっているそうだ。氏は「二重らせん~獣孕の贄~」等のシナリオライターで、自身もRPGを制作中だ。

Succumate -サキュメイト- ドージンオトメ SLG 1,400円
「精液を集めてる」というサキュバス・リリムと出会うも直後発覚する連続殺人事件。主人公は事件の犯人が彼女なのか、別にいるのかを推理していくストーリーを軸に、盗撮でお金を稼いだりNPCとエロしたり結構自由度が高そうな、サイドビュータイプのSLG。先日の「円交Life(感想記事)」とか「裏のなんでも屋(感想記事)」の様なスメルが。

少女勇者 はっぴーすとろべりー RPG 1,500円 10/26(金)予定
未熟な勇者が魔物から精液を吸収して強くなっていくはっぴーすとろべりーさん製のRPG。クエスト受注タイプ、サイドビュー戦闘に淫乱度、割とオーソドックスなエロRPGだろうか。MV製でCVもあり。もう来週の発売であるな、気付かなかった我輩ウカツ。

魂魄妖夢と淫妖の洞窟 第N本舗 ACT 1,900円 11月上旬
東方専科サークル・第N本舗さんの作品。前作「東方少女綺想譚」は全年齢作品ながら大ヒット、スーパーマリオRPGライクなシステムが受けた様だ。今度は東方の妖夢が主人公のR18サイドビューACT、期待せざるを得ない。前作より前は東方CG集オンリーだったが、これからはゲーム作品にシフトするのだろうか。→サークルさんブログにスクショがいくつか掲載されている。

→発売予告作品リストを見る

■今週の同人界隈の動き

→今週の同人巡回帳を見る

■同人よもやま DLsite「お気に入り登録数」表示に関する考察

・DLsite「お気に入り登録数」表示に関する考察

今週DLsiteの各作品ページに「お気に入り登録数」が表示されるようになった。これまでDL数が表示されていた場所に表示され、DL数はその左に表示される仕様変更、いつもの調子で作品ページを見るとDL数めっちゃ多い!と思ったらお気に入り数だった、という現象にちょっと悩まされている。まぁ慣れるしかないか;

そもそもお気に入り数表示したDLsiteの意図は?とちょっと考えてみる。そもそもお気に入り数はこれまで「予告~発売」までの人気指数だった。それが発売後も表示されるようになって一つ気付いたのが「発売直後もお気に入り数が伸びる」ということ。

先日リリースの「ナイトメアガールズ」は我輩が見る限り発売後に2000~2500弱お気に入り数が増えている。「セックス&ヴァーデンリッテ」なんかもかなりお気に入り数が増えたと思う。まだ割引をしていない新作に関しては「お気に入り数>DL数」であることが多い。

お気に入りに登録するということは、その作品が気になっている、ということ。全てがそうだとは言わないが「お気に入りとDL数との差」は概ね「機会があれば買いたいと思っているユーザー」の数。では機会とは何か。お金に余裕が出たら、とか、休みが取れたら、とかいろいろあると思うが、ちょっと乱暴ないい方をすると「定価では買いたくないけど安くなったら買いたい」ユーザーが大半ではなかろうか。

一年の半分近く割引セールが実施される時代である。新作をタイムリーで遊びたい紳士も多いが、「買い時」を待ち買う紳士も多い。そして最近は「積極的に割引に参加するサークル」と、割引が物珍しかった当初は参加していたが最近の割引セール当たり前の風潮に迎合しない「なるべく割引はしない様にしよう」サークルさんの二極化が進んでいる。

つまりDLsiteはお気に入り数を見せることで「機会があればこの作品を買いたい潜在ユーザー、これ位いるよ?」と明示しているのではないか。すなわち…

しかしそれならサークルさん側に開示するだけでいい気もするが、ユーザーとしてもDL数の次にお気に入り数が作品人気度の指標になるワケで「ほう、それならお気に入りにいれておこう」という気にもなる。DLsiteはお気に入り作品の割引開始を通知する機能をすでに実装している。今年の夏セールちょっと前位だったか。ユーザーがお気に入り機能を積極的に使うことを促進する狙いもあるか。

ちょいと強引な論法かもしれんが我輩的にはこんな考察になる。まぁあくまで個人の邪推だ。たたイチユーザーとしての意見を言うと、DLsiteを閲覧する度に画面上の「お気に入り☆」アイコンに通知が来てるのはちょっとウザい。せめてマイページを見た際に通知される位にしてくれないか、と。最近はいろいろとマイナーチェンジを重ねているDLsite、それはユーザーの使いやすさとサークルさんの収益にマッチングしているのか否か。

同人ゲーム セール・割引作品まとめを覗いてみる
同人かわら版バックナンバー
前号(No182)を見る
Twitterではゲーム簡易感想などを呟いてます。


同人かわら版No183 掲載同人ゲーム11本」への4件のフィードバック

  1. 匿名

    盗賊アーシャーの最初の部屋のパスコード教えてください
    総当たりは負けた気になるんで…

  2. 白黒編集長 投稿作成者

    ストレートに回答してしまうとアレなのでヒントだけ書きます。
    マップの「注目すべきタイル全体」を見ると「ある数字」に「見えないこともない」です。
    感想で「後味が微妙」と述べたのは、その数字タイル構成が「雑」でそう見えないこともない、というところです;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *