エロACT「ベルヘイムの迷い猫」 C-Laboratory

ACT


※プレイ動画あり

ベルヘイムの迷い猫 体験版感想・レビュー

森に向かった姉・ディアを追い、妹のミアがナイフ術と体術で奮闘するサイドビューACT。彼女らは森の集落に住むエミューンというケモミミ種族の姉妹、必要な分だけ狩りをして慎ましく暮らしていたが、突如強力な魔物の気配が確認され警戒していたその夜、姉のディアがふらふらと森に向かったことに気付いた主人公・ミアが「お姉ちゃんどこにいくの!森は危ないよ!」と。

ゲームとしては簡単操作でビシバシと連続技が決まってしまうベリー爽快アクション系。Zキー、Xキーで攻撃を行うのだが、どちらを連打しても連続技が繋がる。Zキーはナイフによる連続技、Xキーは体術による連続技という特徴があり、それぞれを組み合わせることで連続技をより強力にすることができる。序盤のおすすめはZキー×2からのXキー攻撃で敵を浮かせて、そのままXキー連打で空中コンボを叩きむ連続技か。

また画面が2画面程度と狭いこともあり、連続技を決めると敵が画面端に叩きつけられて、こちらにバウンドしてくる。そこにタイミングを合わせ更なる連続技を決めることができるのが本作の醍醐味じゃなかろうか。ステージクリアタイプではあるが、↑の通り各ステージは2画面分程度かなり狭く、ステージを踏破していくのではなく湧いてくる敵を倒していくWave制に近い。ある程度敵を倒すと星が出現、星を3つ取得するとステージクリアとなる。

エロに関しては特定の敵からのアクションエロとオナニー、各ステージごとのGAMEOVER1枚絵アニメエロだ。

このサークルさんはこれまでとにかく簡単操作で爽快アクション!に注力されていたが、今作もで簡単操作で面白く爽快という意欲作。ぶっちゃけてしまうと「エリスディスノミア」に似たフィーリングだと言えるが、こちらはこちらでかなり洗練されており面白い。

【体験版評価】8.4/10点 (面白さ8.5 システム9 没入感8 エロス8)


▲タイトル画面


▲コンフィグで画面サイズや難易度を変更できる。本記事ではノーマルで遊んだ


▲タイトル→トレーニングでは、各ゲーにありがちな動かないゴブリン相手にトレーニング可


▲ゲーム開始後のオープニング。スキップ可


▲姉・ディアの弓で傷を負ったイノシシを主人公のナイフでトドメを刺す。彼女たちはこうして暮らしてきた


▲彼女たちはエミューンというケモミミ種族、なんとなくエルフっぽい気もする


▲獲物を携えて集落に戻ると、長老が「森に魔物の気配を感じる、油断するな」と


▲家に帰るとエロシーン。エミューンはある程度の齢になると定期的に発情期を迎え、本来は自分で慰めて治めるのだが。主人公は姉にしてもらうのが好きでこんな感じ、というレズシーン。といっても姉が妹を弄るだけのシーンでお互い気持ちよくなる感じではないな


▲一度では満足できない主人公、姉はペ二バンで貫いて満足させる(結構な尺アリ


▲深夜、寝ていた姉が起きて森へと向かう。主人公はそれに気づき追って森に入るが。ヤバイ雰囲気がビンビンと


▲これはなんかヤバい?と村に戻ろうとしても森から出られず。ならば姉を追って行こう!


▲そしてそれを遠くから見ていた何者か


▲オープニング終了後、インターバル画面へ。ここが本作の基本画面。左下のTIPSは時間経過で次々切り替わっていく

↑のインターバル画面を見てわかる通り、本作はA~Dの4つのエンディングが用意されている。体験版では右上ルートのみ進むことができて、Aエンドまで拝見できる。まぁ姉を見つけることができず主人公が変な空間に呑み込まれてしまうBADエンドだけども。

製品版ではおそらくどこのステージからも順に挑むことができると思うが、要するに各エンドに向けて異なるステージが用意されており、更にエンド手前で2つのステージに分岐している。各ステージごとに出現する敵も違うであろうし、敵が違えばエロも異なる。

「ゲームスタート」で各ステージに挑むことができる。ではステージ「2-1」のプレイ動画をどうぞ。
※音が出ますよ

▲すげー華麗な連続技決めてると思うかもしれんが、これ、ほぼZとXキー連打してるだけなのだよな

Zキースタートの連続技は敵が無防備な場合、Xキースタートは敵がガードしている場合と使い分けるといいだろう。このステージでのメインザコはゴブリンとスライムで、ゴブリンがたまに両腕でガードする。Zキー攻撃を叩きこんでもガードされダメージが通らないが、Xキースタート技の「掴み攻撃」から連続技に繋がる。初撃が入って以降は、Z連打、Xキー連打でも連続技になるゆえ、X→Z→Z…やZ→X→Z…なども可能で、その辺の連続技の派生は是非体験版を遊んでみて体感して欲しい。前述したが3撃目をXキー攻撃にすると敵を浮かせそこから連打で連続技につなげるのが簡単で強力。↓+Xなども浮かせ攻撃。

浮かせ技以外にも、画面端で跳ね返ってきた(バウンド)敵を拾う技術、というほど難しくないけども、ややコツがいる。連打しているだけでは拾えない、ちゃんとタイミングを見て技を放つべし。↑の動画もで何度か失敗しているのがわかるはずだ。体験版でのコツはこれくらいかね。

※動画の補足
鎌を持った敵はエロ要員、マンドラコラは主人公ピヨらせ要員、グレーのスライムははぐれメタル的な要員

製品版では各ステージをクリアするごとに経験値的なものを入手して主人公の「ランク」が上がっていく。ランクが上がるほど新たな技や便利要素が開放されていくぞ。ステージクリア時にも「クリアランク」があり、それが高い程経験値を多く取得できる。クリアタイムやChain数、与ダメや被ダメあたりがクリアランクに影響していると思われる。


▲体験版でもランク7までは上がり、便利要素としては3つの要素が開放される。「エッチ技ワンボタン脱出」は、アクションエロからZキー1回押しただけで脱出、「EP増加しない」はその名の通りEP(快楽値)が増加しない。あ、行ってなかったが本作ではHPゼロ、またはEP(HP下のピンクの%表示)100%でGAMEOVERだ。「攻撃力1.5倍」はそのまま意味。ON/OFFはプレイヤーの任意


▲パッシブの「蹴り落とし」はこういう新たな技が追加される。ランクが上がるほど便利要素と新たな技が開放されていくワケだ


▲EPが100%になりGAMEOVERになった図

でだ、敵からのアクションエロで上昇したEPは、セーフティゾーンでオナニーすることで減らすことができるのだ。↑の動画で、ステージ画面端から更に奥に入ってオナニーするシーンがあっただろう。


▲こういうな

セーフティゾーンにはいつでも入れるわけではなく、敵が画面上にいない時(ステージ上にはいてもいい)だけ、左右の画面から入ることができる。敵は倒せば倒しただけどんどん湧いてくるが、複数を同時に倒した時などが狙い目かな。

「ゆっくりオナニー」でEPと同時にHPも回復、激しくオナニーでEPと同時にSPも回復する。まだ開放されてないオナニーもあるが、一度のオナニーでどれか一つしか選べないぞ。まぁまたセーフティゾーンに入ればいいのだが。

SPは必殺技を使うためのゲージ、↑動画でたまに「ピキーン」と効果音が鳴ってからナイフラッシュをしているだろう、あれが必殺技だ。Zキー連打の連続技の3撃目に組み込まれているため、SPが貯まっていれば勝手に出る。貯まっていなければ劣化版のナイフラッシュが出る。単体で出したい場合はVキー、…そうだ、忘れてたがCキーで華麗なバックステップ回避も可能だ。あんまり使わなかったけども、ステージは進むと必要になってくるだろう。


▲体験版範囲でのステージで敗北後はすべてゴブリン輪姦陵辱アニメ


▲アクションエロは基本的にフィニッシュがない(主人公の絶頂表現はあるけども)ゆえ、フィニッシュが欲しい紳士はこちらの方が捗るだろう

体験版で迎えることができる唯一のAエンドはこんな感じ。


▲姉を追ってここまできたが、最後は突如現れた空間の裂け目に呑まれて終了。その後は


▲スタート地点からの再開となる

という、ひたすら敵を倒すのが楽しいサイドビューACTゲーだ。とにかく簡単に連続技を繋げることができて爽快、コツをつかむと更に強力な連続技をキメてもっと爽快。HPやEPがピンチになったらセーフティゾーンに逃げ込んでオナニー!アクションエロもGAMEOVERエロも使える作品だ。

最後に、これもしかして開発エンジンMMFなんか…? CF2.5ですらなく…? なんかすご過ぎて謎なサークルさんだよなぁ。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 1,400円(税抜)

冒頭で引き合いに出した「エリスディスノミア」のレビュー記事

エロACT「エリスディスノミア」 ダメージ床の上で
主人公・エリスがおっさんや変態生物相手に頑張って戦う横スクアクション。Zキー連打してるだけでガンガン派手なコンボが繋がりめちゃくちゃ爽快、だがそれだけでない懐の深さもあり。エロられるとエロバッドステを習得、勝手にオナニーしだしたり。

サークルさんの過去作レビュー記事

ララと奇妙なダンジョン 感想・レビュー
C-Laboratory 女主人公 その他製 バランス型 【体験版評価】8.8/10点 (面白さ8 システム10 没入感8 エロス9) ララと奇妙なダンジョン 体験版感想・レビュー マウスのみで爽快アクション・グレイトなアクションエロ 王都の騎士学校に通うシエラ(愛称ララ)が、実地試験先の洞窟で底の見えない奈落に転落。外を目指し、次々現れる魔物を切り伏せ先に進むサイドビューアクションである。探索要素はなくアクション戦闘とアクシ...

コメント