3DARPG「淫魔界2: カムラン」 淡泊室

淫魔界2: カムラン 体験版感想・レビュー

伝説の王の最後の戦場「カムラン」を舞台とし、騎士風の女主人公が奔走するUnity製のリアルタイム3DARPGである。前作「淫魔界~アヴァロン~」がかなりシンプルな操作性とゲーム仕様だったのに対し、本作ではロックオンシステムやアイテム錬成、トラップ設置など新たな要素が追加されかなり遊び応えある、懐の深い内容になっている。

その分操作性が複雑化、また序盤のザコ敵ですら手ごわく全体的に難易度がかなり上昇している。割と誰でもとっつきやすかった前作と比べると、こちらは間違いなく紳士を選ぶ。それでもレベルアップによる強化を重ね、腕が上達するにつれじわじわと面白くなってくるのも確かで、そうなるまで放り出さずに辛抱強く遊べる紳士、じっくり腰を据えて遊びたい紳士向けかなぁと。

【体験版評価】8.1/10点 (面白さ8.5 システム7.5 没入感8.5 エロス8)

まず、オプションでマシンスペックに合わせて解像度を選択しよう(本編中のメニューからでも選択可)。ちなみに我輩の第四世代Core i-5(オンボードグラフィック)では1280*720くらいまでスムーズに動き、それより上だとFPSがかなり落ちる感じ。これだけのグラフィックのリアルタイム3D、それがオンボードPCでもちゃんと動く、前作同様この点だけでも素晴らしいと思う。ウィンドウでプレイしたい場合はAlt+Enterで切り替えよう。


▲彼女が本作の主人公。地下を通って要塞内に侵入したがそこは牢屋だった。来た道は崩れ戻れそうにない、まずは牢から出る方法を探す


▲前作もグラが美麗だったが本作はPS2→PS3位に進化してるかと


▲これだけのアップにも耐えうる


▲梁の上に仕掛けアリ。ジャンプで木箱に乗り、梁上へ


▲調べる・アイテムを拾うなどはFキー。近くにくるとコマンドが出る


▲開きましたな。Eキーでアイテム欄を開く(使うキーは多いが大体WASDの移動キー周りのため操作しづらくはない)


▲ここ(要塞地下)に敵はいない、大した広さではないがじっくり探索して操作を覚えよう


▲Tabキーでメニューを開く。↑は現在地カンボグラナ要塞マップ


▲こちらが全体マップ。左下が現在地の要塞、現段階でそれ以外に5カ所ほどダンジョンが目視でき、相当なボリュームだなぁと。製品版は8GBもあるし


▲ここを調べると門が開き、地上へと出る


▲一歩外へ出ると敵がうじゃうじゃ湧く。しかも手ごわいorz じっくり1体ずつ倒して慣れていこう。道は左手、右手に分かれている


▲本作では出現場所に近づくと敵が湧くタイプ、Rキーを押すと抜刀して戦闘モードに。左クリックで攻撃


▲1VS1ならまぁ負けないだろう

操作は左手をWSADに添えて「移動」「抜刀などの各種アクション」、右手のマウスで「画面アングル操作」「攻撃」が基本。抜刀後の戦闘モード中は左クリック連打で連続攻撃可。


▲どっかから攻撃されてる…!?と探したら岩場の上からスリングショットで攻撃するゴブリンを発見。遠距離の敵ほんといやらしいぞぉ

本作の戦闘立ち回りで重要なのがステップによる「回避」である。Rキーで抜刀、戦闘モード中にAltキーで素早くバックステップ、WASD+Altでその方向に素早くステップする。ステップ自体に若干(?)無敵判定があるためこれを使いこなせるかどうかで攻略難度は大きく変わる。

ステップをうまく使いこなすには、相手を常に前方画面中央に捉え続ける「ロックオン(Qキー)」が必須になる。ただしQキーだけではロックオンは不完全、そのあと「Ctrlキー」を押す必要がある。正直Qキーだけで済むようにしてほしかったがそれはおいておき(※バージョンアップにより、オプションを弄ることでQキーのみで完全ロックオン可能になった)。

敵と相対したらRで抜刀(オプションで自動抜刀ONにしておくと省ける)→Qキーでロックオン→攻撃orAltで回避からのカウンター、こんな流れになる。この操作に慣れるまでがまず大変、ロックオンなしでも戦えるようになるには相当な熟練が必要だ。


▲ロックオンなしで戦うと、攻撃するごとに移動で少しずつ画面アングルが変わるため、WASDキーで方向を調整しつつ当て続けるのが難しいのだ。ステップも思った方向に直感的に飛べない

でだ、冒頭で「序盤のザコ敵ですら手ごわい」と書いたが、その理由は「敵もロックオン・ステップ回避を使う」からである。それも適当に使ってくるわけではなく結構うまく使ってくる、なんなら我輩より使い方が華麗、上手い!クソガァァ!

先手必勝でこちらが連続攻撃を当て相手よろけ状態、このまま倒し切ってやる!とひたすら連打しているとヒョイッとサイドにステップ、我輩が明後日の方向に剣を振り続けているところに連続攻撃を決められるとか。おいそのプレイ我輩がやりたいやぁつ!みたいなorz


▲地下から左手に進んだ建物内。ゴブリン戦士と戦っていると後方から遠距離ゴブリンがチクチク攻撃してきてこちらの攻撃を邪魔される。このシンプルな連携攻撃が地味にキツイ


▲ヤバくなったら一度敵が出現しない地下マップまで逃げ込んで態勢を立て直すのもあり。形勢不利のままアイテムを使って回復してもそのままヤラれることも多い


▲敵が湧く瞬間。黒赤の炎が立ったあと敵が出現する


▲ミノタウロスとゴブリン戦士。ミノタウロスはかなりの強敵、余程腕に自信がなければ戦わない方がイイ


▲序盤だと2撃で死ねる(ちなみに被ダメでコスチュームが徐々に破れる)


▲地下から正面・右手に進むと要塞出口へと向かうが敵が滅茶苦茶多い。ミノタウロスほどではないがこのオーク兵もかなり強い。できれば索敵範囲外を通り避けたい


▲敵が複数の場合、なるべく1体ずつおびき出して1VS1の形にすべし。複数同時相手はある程度の強さと腕がないと厳しい


▲慎重に敵を1体ずつ処理し、もうちょっとで要塞敷地から出られそうだ!というところで


▲現れたオーク兵に敗れるorz ちくしょうコイツつえぇわぁぁ!今思えば相手は1体、戦闘モードを解除して避けて進むのもありだったかも…

1体でも手ごわいのに3体同時とか出現する場所もあるし、遠距離攻撃で動きを邪魔してくるやつとか、最初からだいぶ難易度が高い。オーク兵などのデカい系の敵はこちらの攻撃中でも割り込んでくるし、1撃のダメージがデカいしであまり相手にしたくない、索敵範囲に入らないように迂回して移動してみたり。


▲レベルップで強化ポイントをもらえる。筋力・体幹などのステに振り分けるとそれぞれに対応した能力値が上昇する。難しいと感じたらとにかくレベリングしてみるといいかも(前作と比べてUIも随分使いやすくなっている)

なんだか文句ばっかりになってしまったが、それは我輩がまだまだヘタクソだからであって上手くなる余地や遊びこみたくなる要素はバッチリ揃っている。なかなか上達しないならじっくりレベリングして能力値を上げればいいし、我輩は上手く使えなかったがトラップを設置して上手く立ち回ることもできるだろう。回復アイテムは宝箱か敵ドロップ、ただ確率は高くないゆえあまりジャブジャブ使わない方がいいだろう。

エロに関しては3Dアニメよるアクションエロだ。敵の攻撃でダウン、連打に失敗すると発生する。


▲敵の攻撃でダウン(確率?)すると


▲このように敵がじりじりと近づいてくる演出。A・Dキー連打で抜け出せる(連打力はほどほどでおけ)


▲これくらいまでアップになると


▲3Dアクションエロに突入


▲マウスでアングルを変えたりズームしたり、着脱衣、フィニッシュも任意で選択できる。アクションエロ中は攻略に関するリスクは特にないため、じっくり拝見できる


▲個人的にこのシーンは微妙だが、敵ごとに異なるエロあるゆえ好みのシーンもきっとあるかと。アニメに関しては↓のサンプル動画を参考にしてほしい。回想については敵がまれに回想アイテムをドロップ、集めることで回想が埋まっていく

うぅむ、難しい。難しいけど面白いわぁ。明らかにゲーマー向けのエロゲであり、こういうのが好きな紳士なら是非どっぷり浸かってほしい作品。

最後にアドバイス、本作ではロードするとそれまでに倒した敵が全復活する(逆に言えばロードしない限り敵は復活しない)。ゆえに少しずつ敵を倒し陣中深くまで進み、そこでセーブすると。そのデータをロードした際、周囲が敵だらけ!ということになる。下手をすると詰む可能性もあるゆえ、セーブはできるだけ安全地帯(序盤の地下とか)でするようにしよう。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 2,600円(税抜)

FANZA 2,600円(税抜)

淫魔界2: カムラン

サークルさんCi-en

淡泊室プロフィール - Ci-en(シエン)
淡泊室のプロフィールです。モンスターに粗末に扱われる女の子の冒険譚を描く、えっちなアクションゲームを作っています!|最新の記事は「「淫魔界2: カムラン」v1.0.9アップデート、新マップ進捗」です。 - Ci-en(シエン)

前作「淫魔界~アヴァロン~」

淫魔界~アヴァロン~ 体験版感想・レビュー
リアルタイムフル3DARPGだけどWin7ノートでも快適に動くっ!もちろんエロだって3Dアニメだっ!

コメント