エロRPG「忘却のイグドラシル」 黒電車

忘却のイグドラシル 体験版感想・レビュー シンプル戦闘なのにハクスラに没頭する

記憶を失った少女・メイが、両腕が無い魔導士・ジルと彼が使役するドロンをサポート役として、「神の塔」の天辺を目指すウディタ製RPGである。様々なお宝が眠るとされる神の塔は「ゴーツク一族」によって管理され、中に入るには10000Gという大金を支払って登録せねばならない。戦闘不能者や登録番号をもたない者は警備兵によって排除される仕組みだ。

ゲームとしてはとにかく塔を上へ上へと昇っていき、敵シンボル周囲に入るとシームレスでRTBを展開。戦闘中の唯一の回復手段である「回復薬」を使用すると一定確率でフェロモンにより敵が発情、エロられてしまうが、敵は武器を失い戦闘能力が大幅に下がる。

敵を倒すと武器をドロップ、攻撃回数含む能力値は短剣、剣、斧など6タイプの武器により異なり、レア度が高い武器ほどパッシブスキルが多く付与されているため武器集めに夢中になってしまう。また「スタイルチェンジ」でメイの見た目とレベルアップでの成長値が変化するが、本作は「武器による攻撃」に特化しておりアクティブスキルが一切ない。などなどいろいろ特徴的な要素により一風変わったプレイ感覚のハクスラRPGとなっている。もちろんエロも抜かりなく。
【体験版評価】8.5/10点 (面白さ8 システム8 没入感9 エロス9)

オープニング


▲倒れている男を警備兵が排除しようとしているところにメイが遭遇、「なんとか助けてあげなくちゃ」


▲ご奉仕で見逃してやるという警備兵


▲この塔で目覚めた以前の記憶がないメイ、フェラで愛液ダラダラ。そういう娘が主人公だぞ

しかし結局二人とも登録番号を言えなかったため外に放り出される。塔の入口には塔内に入りたい者たちが列を作っている。


▲一緒に放り出された男は両腕が無い魔導士だった。あれ、ピンピンしてる?

魔導士のジルと名乗った彼は塔の頂を目指していると。「俺は両腕がないため戦えない、おまえが戦え」「ひえぇ!?」という流れで、まずは塔への秘密の侵入口を目指すことに。ちなみに「ひえぇ」はメイの口癖で道中何度も聞くことになる(CV:緑野らいむ嬢)。

チュートリアルを兼ねた最序盤 シームレスRTB


▲ジルの使役するドローンゴーレムのドロン。主人には忠実だが「デカ乳女」などメイへの当たりは強い

ドロンから3種の武器を入手。基本的には攻撃回数が2~3と多くAGIにボーナスが付きやすいナイフ系がオススメかな。戦闘がRTBだけにAGIは重要な要素。剣はモノによるが短剣ほどではないにしろ攻撃回数は多め。メイス系は一撃の攻撃力に秀でているが、斧には劣る。斧は同時にDEFが強化されやすく、大剣もその部類だが両手武器は盾を装備できない。

盾の使い方によっては被ダメをかなり抑えることができるため、そういった要素と後述の「スタイル」の組み合わせで装備品を考慮、ゆえによりよい武器を求めハクスラしたくなってしまう魅力がある。


▲RTB戦闘はかなりスピーディ

戦闘。敵シンボルの周囲一マスに入るとその場でシームレスに戦闘開始。青ゲージがいっぱいになるとコマンド入力可能だ。Zで攻撃、Xで逃走(100%)、Shiftで回復薬使用と非常にシンプルで操作しやすい。回復薬はTPが20貯まるまでは使用できない。TPは基本的に0スタートで持越し不可、与ダメ・被ダメで上昇するが、装備武器によっては最初からTP20スタートや持越しできたりもする。


▲LvアップでHP全回復。メイのキャラチップモーション差分が多く可愛い

ちなみにこの敵は武器を装備していなかったためこちらがLv1、相手がLv4でも簡単に倒せたが、それなりの性能の武器を持つ敵は攻撃力が高く強い。同じ種類の敵でも敵Lvと装備している武器で強さは全く変わるため、「コイツさっき簡単に倒したから楽勝~」と挑むと苦戦したり。

例えばコイツ。レギオンは剣や短剣を好んで使うため攻撃回数が多め。ここでは「ピローソード」という初出の武器を装備しており、攻撃力もそこそこ高いうえに攻撃回数×2で他に比べて強い。塔内部に入るまではチュートリアルを兼ねた序盤ということで強力な武器を装備していたりLvの高い敵はいないが、戦ってみれば同じ敵でも強さが全然違うことを肌で感じとれるだろう。

特にレア度が高い武器を装備している敵は要注意。しかし回復薬を使い戦闘エロに持ち込めば敵は武器を失い弱体化させられるし、倒せばその武器をゲットできるのが本作のミソ。


▲TP20消費する回復薬(HPの50%回復)を使うと確率で


▲敵が発情してドットアニメ開始。Zキーで射精させるまで延々とエロいログが流れていく


▲延々と。ただここでいくらエロられてもエロステ上昇値は同じ。オカズタイム。さっさと終わるならZキー


▲任意Zキーでフィニッシュ

エロ完了した時点で敵の武器を入手できる=敵は素手状態になり戦闘能力低下。まぁエロステも上がっちゃうのだけども、強敵相手にはエロが大変有効だ。エロせずとも敵を倒せば必ず敵の武器を入手できるゆえ、無理にエロする必要もない。しかしエロで得られる「スケベEXP」はメイの強化に使える。

メニュー画面で→キーで拝見できるエロステ画面。エロを経験するほどに各項目が上昇し、「スケベEXP」が上昇しやすくなるのだ。スケベEXPのゲージがMAXになると「スケベPts.」が1加算され、レベルアップとは別にHPやATK、DEF、AGIなどの能力値を上昇できる。レベルアップと武器集めだけでも十分強くなれるけども、エロするほどに更に強くなれるぞ。

エロでの能力値強化はボーナス的な要素だが、能動的にエロするモチベーションになる設計は流石であるなぁと。人気サークルさんはありきたりな敗北エロではなく、攻略にも役立つエロ設計を作ることに長けている。

盾とタクティカルアタック

戦闘についてもう二つほど。まずは「盾装備」。

片手武器装備であれば盾を装備することができる。盾は本作唯一の防具で武器の様にレア度はないが、上手く使えば被ダメを激減できる。

盾を装備していると敵の攻撃時に↑の様な「ガードQTE」が発生する。入力時間内に表示された方向キーを入力することでガード成功、盾に設定された「Dカット率」分のダメージを軽減。最初に入手できる「ラウンドシールド」でもDカット率50%と、あると無いとでは雲泥の差だ。

「入力時間」も盾ごとに設定されており、短・普・長などいくつかある。ただ入力キーは必ず方向キー1つのため「短」であっても難しくはない。ゆえに重要なのは「Dカット率」、体験版でも70%の盾を入手でき、ガード成否で被ダメが大きく変化する。

あとはTP100%時の「タクティカルアタック」について。

TPが100%になると攻撃コマンドが「タクティカルアタック」に変化する。

タクティカルアタックを選択するとこのような画面に、画面上方から落ちてくる赤い歯車をタイミングよく中央で止めると。

次の攻撃のダメージ倍率が上がる。「パーフェクト」で400%、「グレイト」で200%、「バッド」で80%など。


▲この様なカットインも入る

ただ序盤ではTPは戦闘ごとに持越しができず長期戦にもなり辛いため、発生するのは各所にある休憩所で休んだ直後(回復と共にTP100%になる)の戦闘で発生するくらいだ。レア装備を入手すると「TP持越し」が可能となる装備もあるため、発生しやすくなるだろう。

こんな感じで盾によるガードとタクティカルアタックはごくごく簡単なQTE要素となっている。簡単ゆえに「QTEキライ」な紳士もアレルギーが出ないかと。


▲最初に入手できるレア武器はSRのカッツバルゲル。ここはまだ塔内ではないため宝箱から出るアイテムは固定。塔内の宝箱は中身がランダム且つ休憩するごとに復活する


▲現時点ではめちゃくちゃ強い。どれくらい強いかというとこの辺のザコであればほとんど一撃。一撃で倒してしまうとTPを貯めて回復薬でのエロができない、結局ブロンズダガーのまま進めた

戦闘エロの発生確率は任意で変更可

進む先で割と頻繁にあるキャンプでは休憩の他、ジルに話しかけることで「回復薬を使用した場合の戦闘エロ発生率」を任意で変更できる。

デフォでは50%、0・25・50・75・100と25%刻みで変更可。戦闘エロをバリバリ発生させたい場合は100%、TPを持ち越して戦闘に集中したいなら0%がいい。デフォの50%くらいがエロRPGとしてはいい塩梅かな。

本作ではごんごん武器が入手できるがメイが所持できるのは20個まで、以降入手した武器はキャンプの倉庫に送られる。ただこの倉庫、出すことはできるが、手持ちを預け入れることができない仕様。「たぶんもう装備しないけどとっておきたいなー」という武器ばかりになると手持ちが溢れてしまう。入手した武器は装備画面からいつでも売却できるため、使わない武器はガンガン売ろう。武器は図鑑に登録されるし、合成要素もないゆえ使わないなら取っておく必要もないか。

再び塔内へ レア武器が出始める

秘密の出入り口から神の塔1Fに。さぁここからが本番だ。体験版では5Fまで。

2Fで宝箱を発見。しかし宝箱だー!と何の警戒もしないで開けると

敵が出てくることもあるし

ミミックにエロられることも。しかしジルさんよ、上手いこと言うじゃねーか!(ゲラゲラ


▲見守られながらイグッ! こういう主人公と仲間たちだぞ


▲塔内には10000G払って探索している人間も多数。しかしなぜ襲ってくる…?


▲もちろん回復薬を使えばエロもあり

人間タイプの敵は必ず武器を装備しており、レア度が高い武器だった場合は強敵(3回攻撃ナイフ系とかでガードに失敗すると1撃で半分以上もっていかれたり)となるため、やはりエロは有効だ。

塔内ではレア度の高い武器もドロップで入手しやすくなる。レア度はN・R・SR・URの4段階あり、基本的にNランク武器にはパッシブスキル付与はない。レアランクが1つ上がるごとにパッシブスキル1つ付与、Rで1つ、URで3つ付与される。

どんなパッシブが付くかはランダムだが、接頭語が付いている場合は必ず1つは決まったパッシブが付く。例えば「撃滅の~」にはクリティカル20%、「連戦の~」にはTP持越しが必ず付与される。

付与パッシブはかなりの種類があるためはっきり言って武器集めはかなり楽しい。本作はアクティブスキル要素がないため武器の強さの影響が大きいしな。ただ単純な攻撃力や攻撃回数だけでなく、シーンにあわせたパッシブが付いた武器も便利、TP持越しが付いていれば継戦能力に優れ、たくさんエロられたい場合はTP20スタート付与の武器を装備すれば1T目から回復薬を使える。

そうそう、キャンプでドロンに話しかけるとレアドロップ率も変更できたが、体験版専用っぽいか。

エロにも関わるスタイルチェンジ

4Fに到達しボス戦の直前、スタイルチェンジが可能になる。

エクスプローラーは万能型、これまでメイが戦ってきたスタイル。この他ファイター、スカウト、プリーストの内の1つをここで解放できる。

攻撃回数が多いナイフ系が強いとおもったゆえスカウトを選択、解放。

3回攻撃のリングダガーを装備してボス戦。うむ、やはり強い。1Tで半分近く削って楽勝。ちなみにこのボスには回復薬でのエロがなかった。あ、今思えば敗北したらエロがあったのかも…orz

この後5Fに到達すると、集落のような「探掘キャンプ」に出る。以降はエレベーターも使用可能となり、拠点のような場所だ。

ここは記憶を失ったメイがキャルに助けられしばらく滞在していた場所。キャルはメニュー画面でのみ使用できる回復アイテムなどを売る商人。

メイが借りていたテントが拠点となる。キャンプ同様の機能があり、今後はスタイルチェンジ、休憩で「夜まで休む」を選択できるように。

スタイルチェンジについて、おそらく製品版では1つずつ解放していくことになると思うが、体験版特典として他も開放、チェンジ可能となっている。


▲ファイター エロい


▲プリースト エロい。本作でのプリーストは防御タイプだ


▲メニューなどの立ち絵も


▲キャラチップも


▲回復薬での戦闘エログラも変化

前述したが、各スタイルの違いはメイの見た目とレベルアップ時に上昇する能力の違い、それと「得意武器」だ。どのスタイルでも全ての武器を装備できるが、得意武器を装備すると与ダメが1.5倍になる。スカウトであればナイフ系、ファイターは剣、プリーストはメイス。スタイルに武器をあわせるか、今持ちうる最強の武器にスタイルを合わせるかなど、スタイルと武器の選択はシーンに合わせて臨機応変にすると効率がいい。好みのビジュアルのスタイルで貫くのもいいな。

休憩で「夜まで休む」を選択すると、メイが売春しているところをジル視点で覗くことができるのだ。メイはジルと知り合うまでここで売春して生計を立てており、ゆえにこれまでのエロでも「お”ほぉぉぉ”!」とかいっちゃうくらい快楽に従順だった。

この「覗き売春」はスタイルごとにエロがあり、体験版ではファイタータイプのみ拝見できた。


▲エロいプリーストも見たかった…

ゲームが進むと「上級クラススタイル(3種)」も開放されるそうだ。(サークルさんCi-en記事参照)

という感じのシームレスRTB&ハクスラ、戦闘ドットエロ+CGエロな良質RPG。お気に入り数12000オーバーの期待値通りの作品だ。

夢子「お取り扱いサイト様です」
 DLsite 2,000円→1,700円(15%OFF 4/09迄)

コメント