エロRPG「露出系魔法女子大生クリスティア」 4H

露出系魔法女子大生クリスティア 体験版感想・レビュー 魔法少女に「仲間」と公認されるのはいつの日か

大人しい性格でコミュ障の透華(とうか)は、年下幼馴染の心羽(ここは)から遊びと称した「性的調教」をうけて育った。彼女の言いなりになるのがイヤで大学進学を機に上京、「人間らしく生きるんだ!」とオシャレを学び大学デビューに成功する。…外見だけは。キャンパスの男たちの目を惹きよくナンパされるくらいには、地味な見た目から成りあがった彼女だが、元来のコミュ障は治らず2年に進学した現在もぼっち生活を送っている。
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム7 没入感8 エロス9)


▲清楚系容姿で飲み会などもほとんど断っているため、男性受けはかなりいい。(暖色系に白テキストが若干見づらい)


▲そんな、男からは高嶺の花っぽく見える透華(CV:陽向葵ゅか嬢)だが


▲毎日オナニーしているむっつりオナニーマスターです。この度遂に極太ディルド(吸盤設置型)に手を出す


▲オカズは妄想、今回は「佐山急便のガッチリ配達員に荷物が極太ディルドだとバレ、自宅に上がりこまれてレイープされる」というドM妄想


▲しかも姿見の前で、というマゾ豚っぷり。夢中になりすぎて不可解な映り込みになかなか気づかない

そんな折、アパートでいつものオナニー中、心羽(CV:秋野かえで嬢)が現れる。「私、魔法少女になったんだ。でも魔法を使うための『Sエナジー』を作り出せないから、透華ちゃん私のSエナジー袋になってよ^^」要約するとそんなことを言い渡される。


▲左がシャイン(マスコット的ではあるがクソドライなキャラ)、その右が変身した心羽こと「魔法少女ティアハート」

「魔法少女が戦うためのSエナジーは魔法少女が性的快楽や羞恥心を感じないと作り出せないのですよ。心羽さんはいくら辱めを受けても羞恥も快楽も感じない完全マグロ、しかし戦闘力は極めて高いのです。Sエナジー供給役として羞恥にも快楽にも高い順応性がある透華さんが魔法少女…魔法女子大生になってくれたら、二人は最強のタッグになります」と、シャインに説明されるが。


▲透華の過去回想。地元にいた頃の、心羽から受けた数々の調教プレイが… そりゃドMオナニーマスターにもなるわ

彼女の呪縛から解き放たれたくて上京したのに絶対イヤー!と断固として拒否する透華。しかし魔法少女となったドS心羽はなんでもアリ、あっさりと透華を「人生オワタ」まで追い詰め透華自身から「ごめんなさいごめんなさい、魔法女子大生にならせてください!」と懇願させるに至る。


▲魔法少女の力を使い、大学の講義にまで現れた心羽が昨日のオナニー映像を流す。イヤァァァ!ドS!しかし透華はそれでも拒否し…心羽のドSっぷりはまだまだこんなものではないっ(続きは是非体験版で

かくして戦闘に秀でる心羽のSエナジーを貯めるべく、魔法女子大生となった透華は、様々な辱めを受けてSエナジーを献上し、魔法少女の宿敵「リビドー」を撃破していくことになる。

ちなみにここまでがオープニングでじっくり読んで1時間くらいだった。セーブは右クリックでいつでもできる。

ゲームとしてはマウス操作だけで遊べるADVRPG、「出撃」して各マップ(マウスでマスをクリックして移動)のボス・リビドーを倒すことで物語が進行していく。ただ心羽はボス戦でのみ登場、しかも気まぐれでしか攻撃してくれない(操作は不可で低確率で攻撃、いざ攻撃するとボスを一撃で沈めるほど強い)。


▲透華の変身後「魔法女子大生・クリスティア」 変態的コスチュームを採用することで「移動するだけで恥ずかしい=Sエナジーを得る」ことに成功、もちろん心羽様のご厚意である


▲マウスカーソルをマップに合わせるとマスが表示され、1マスずつ進むことになる

「マップ0」はチュートリアルステージみたいなものでマップ自体が狭いが、移動時は↑のような画面が表示され、移動先のマスの特徴を表示。「人通りが多い」「敵が潜んでいそう」などなど。1マス進むごとに敵に遭遇(戦闘)や人に遭遇(羞恥イベント)などのイベントが確率で発生する。


▲最初の羞恥イベント。奇異の目を向ける人たちに「魔法少女です」と説明するも「こんな魔法少女がいるか!」と信じてもらえないだけでなく、撮影されトイートされバズってしまう。おまけに本家魔法少女・ティアハート(心羽)からも「草」とリトイートされる(イヤァァァ!ドS!


▲ボス「リビドー」に到達。ティアハートが彼らに恐れられる真の理由がとうとうと語られる


▲しかしクリスティアへの興味は ばつぐんだ…!


▲本作の戦闘はRTB。画面上部のゲージ上の顔が中央の剣アイコンに到達すると行動可、ティアハートは自動行動


▲気まぐれでほとんど攻撃してくれない


▲彼女を当てにせず戦おう

ということで心羽は強いが、主人公の透華も強くならねばならない。強化するためにはSエナジーが必要だが、出撃して稼いだSエナジーはその半分を心羽にピンハネされ、さらに一定量をシャインが属する組織に税金がごとく差し引かれ、残ったわずかなSエナジーが透華の取り分となる。


▲1/3ほどしか透華にまわってこないorz 獲得Sエナジーが少ないとマイナスになることすらある

ヤ〇ザと闇〇融にダブルで徴収されたようなSエナジーしか残らない。その範疇で様々なスキルにSエナジーを振り分け成長させていくのだ。ただピンハネされるのは「出撃」の場合のみ、他イベントで得たSエナジーはそのまま透華のものになる。


▲拠点となる自宅アパート、当然のように居座る心羽。一定期間ごとにSエナジー徴収ノルマもある… 透華の立ち絵はおさわりできるぞぉ

「Se回収」では様々な羞恥イベントを拝見してSエナジーを獲得、「アルバイト」はアフィリエイト(心羽が作成したクリスティア痴態画像まとめサイト)と家庭教師でお金を稼ぐのがメイン、育成はSエナジーを消費してスキル習得と能力値上昇。


▲「Se回収」の「制服デート」イベント。制服を着せられ街へ、男子学生をナンパさせられ4人でプリクラの図。大量のSエナジーを獲得できる、メンタルもゴリっと削れるが。Se回収イベントでは新たなコス(↑では女子校生制服)をゲット、50種以上あり(条件が整えば全裸で出撃も可)

「出撃」で新たなマップに出撃、羞恥系イベントでSエナジー稼ぎも可能だが、出撃で獲得したSエナジーは前述のようにピンハネされるため結局得られるSエナジー少ない。出撃するならSe回収やアルバイトで稼いで準備し、ボスを倒す目的で出撃した方が効率がいいかな。

ひとつ留意したいのが「メンタル値(ハート)」の存在。透華が恥ずかしい思いをするほどSエナジーを獲得するが、同時にメンタル値が減る。変身姿で出撃中は移動だけでメンタル値が減り、ゼロになると強制帰還となってしまうのだ。対応策としては、変身前の姿で出撃してボス手前で変身(変身・解除はマップ・戦闘中いつでも可)という手があるものの、敵に遭遇した場合当然厳しい。

また透華は変身に19分もかかってしまうため、マップで変身中は人に見つかる可能性がある。(ちなみに心羽は高速変身スキル持ち)


▲テレビ取材班に見つかったぁぁぁ!まぁこんなのは全然マシな方だがね。このポーズのまま動けない全裸女性を目にしたのがゲスイ男なら… もっと人通りの多い場所だったら…

戦闘中に変身した場合は2T何も行動できないペナルティ。まぁこの場合もいろエロされるわな。拠点で変身していくか、途中で変身するにしても「いつ」するかなど、メンタル値の管理がなかなか深い要素になっていつつ捗ります。


▲以降のリビドー戦で敗北すると「いうこと聞く(敗北エロと似て非なる)」ことになり、これは大学で露出自撮りしてこい、の図。自爆コマンド完備

更に、「Se回収」含めた羞恥イベントごとにメンタルMAX値が減る=探索時間が減るため、Sエナジーを投入してMAX値を上げることも必要。物語が進むごとにゴリゴリすり減っていく透華のメンタルを実にうまく表現している。頑張れ透華!負けるな透華!強くなればピンハネ率が下がるぞ!リビドーをすべて倒し契約満了となれば、それまで晒した痴態はすべてなかったことになるんだ!(シリーズ伝統

最後に前作との比較。システム面では前作を踏襲しつつ更に遊び甲斐にプラス。エロも露出含めた羞恥系エロバリエーションが豊富でグッド!心羽のドSっぷりも恐ろしいwちょっとだけ惜しいと思ったのは、前作で割りとメインだった「長い変身時間中にリビドーに好き勝手される」シチュが、本作ではエロの一環になったこと。あとは「インストール必須」で若干ハードルがあがってしまったかな。

とはいえ、恥ずかしめられまくりエロられまくりのヒロインという意味では、ドSのパートナー、ドMの主人公の相乗効果でとても良き作品。

夢子「お取り扱いサイト様です」
 DLsite 2,000円(税抜)

露出系魔法女子大生クリスティア FANZA 2,100円(税抜)

前作(時系列的には最も過去)

初代露出系魔法少女 ルナリィ☆リリィ 体験版感想・レビュー
4H ADVRPG 1,500円(税抜) CV:沢野ぽぷら 【基本情報】女主人公 LiveMaker製 エロ重視 難易度:普通 【体験版評価】7.5/10点 (面白さ7 システム7 没入感8 エロス8) 【ゲーム情報】イベント戦メイン ターン制コマンドバトル 1vs1 逃走なし メッセスキップあり セーブはいつでも UIオリジナリティ:やや高 バトルオリジナリティ:普通 初代露出系魔法少女 ルナリィ☆リリィ 元天才子...

コメント