エロRPG「アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~」 AQ organization

アニエスの工房 ~ 流され少女の工房日誌 ~ 体験版感想・レビュー

とある町で錬金術師のはしくれとして生計を立てているアニエスが主人公のMV製RPG。ある日何者かに追われている錬金術の師匠・ベルと再会、自宅に招き宿と飯を提供する代わりに、一緒に住んでいる妹のルファの奇病を治せる薬「エリクシル」の錬金する方法を仰ぐことに。しかしそのためにはアニエス自身がどんな素材も自前で調達できる冒険者としての強さが必要、冒険者ギルドに登録しダンジョン探索・依頼をこなしつつ強くなりながら、冒険者ランクが上がるごとに新たな錬金レシピを解禁していくことになる。

一方師匠のベルは隣の帝国で借金をこさえており、借金のことはアニエスも承知しているが、まさかその返済をアニエス自身の身体で支払っていくことになるとは思いもしなかったのである(こういうと師匠のベルが悪人みたいだが、実際悪人だけども段階を踏まえてのエロとなる)。

【体験版評価】7.8/10点 (面白さ7 システム8 没入感8 エロス8)


▲師匠と7年ぶりの再会。師匠は借金を踏み倒し帝国に追われていた(なんだこの師匠


▲エリクシルを錬金できれば妹の病気をなおせるかもしれない。私、冒険者になります!


▲妹のルファは一日の半分以上寝てしまう奇病にかかっているのだ(車輪の国~にそれっぽいヒロインいたな、サチだったか?

まぁなんにせよ師匠に利用されることには違いないが、妹・ルファの病気を治したいという願いはアニエスの最もたるものであり、そのためなら身体を売ることも厭わないであろうな、というヒロインではある。


▲自宅外の井戸では1日1回、綺麗な水を採取できる(TP消費なし)。この他にも、町ではTP消費なしで1日1回採取可能な場所が複数ある。忘れずに採取していくことで積もれば山となる


▲自宅敷地から出てすぐ右が冒険者ギルド


▲まずはよくある冒険者になるための試験を受ける。悠久の森のエリア3にある石像を調べればクリアだ。余裕余裕


▲ハート付きNPCにはもれなくエロあり。まぁ町にいるやつはソフトだけども


▲パンツイベント。へへっ、そんなんじゃ我輩の息子は微動だにしないぜ(ピクッピクッ


▲基本は採取。採取していろんな素材を得ていくべし。戦闘や採取をするごとに画面右上の「TP」が減少していく

ゲームとしての基本は冒険者ランクで解放されるダンジョンを探索→素材採取+合成(自宅で可)でクエスト達成・ボス撃破等で「実績」を積むことで冒険者ランクアップ、新たなダンジョンやクエストが解放されていく。その繰り返しで冒険者ランクを上げていくことで最終的にエリクシルの素材を集め錬金、という流れである。つまりエロは直接的な攻略には必要ない設計となっており処女クリアも可能だろう。

ただエロすることで有益なアイテムを入手したり錬金レシピを得られるため、エロした方が要所で楽に攻略できる。我輩はエロありきで体験版をプレイしたが、ぶっちゃけエロありきでのプレイでもやり応えがバッチリ(レベリングや装備品の充実など)、エロなしでも要所で楽になるだけでそこまで難易度は変わらんゆえ、どちらで進めるかはプレイヤー次第じゃなかろうか。

特徴としては「TP」の役割だ。本作のTPは「体力(疲労度)」という意味で、朝起きた時点でTPはMAX値の100、ダンジョンではマップチェンジ、採取、戦闘(逃げると消費大)などで減少していく。TPが30を切ると採取不可となり、ダンジョン内のエリアを結ぶファストトラベルも不可となる(アイテムでの町帰還は可)ためTP管理が重要。ダンジョン内でTPがゼロになってしまうと救助隊に自宅に送り届けられるものの「実績値マイナス」、TP30以下で睡眠したことによるバッドステ「疲労度蓄積(全能力-10%)」が付いてしまう。ただTPはパンやおにぎりなどの食べ物系を使うことで回復できるため、それらをある程度錬金なり購入なりでそろえておくことでスムーズに探索を進められる。事前準備が大事だ。

また本作で使用可能なスキルは購入・装備して使える魔法(MP消費)の他、レベルアップで覚える固有スキルがある。固有スキルは強力なものが多いがTPを消費するため、ザコ戦で連発してしまうと探索が困難になるなどTP管理が面白く練られたバランスでもある。魔法書はとりあえずヒールを購入しておくとポーションの節約になるぞ。ポーションやその錬成に必要なハーブはクエストでも納品で必要であるしなぁ。

そのクエストは「採取」「錬成」「討伐」の3種、採取と錬成に関しては素材さえ持っていればいくらでも一度に達成可能なため実績値を稼ぎやすい。ダンジョンではとにかくTP回復用食べ物をしこたま持っていき可能な限り採取、ダンジョンから戻ってきたら持ちうる素材で錬成したりでクエストを一気に消化できるのが気持ちいいな。討伐に関してはザコも多く含まれているが、受けてからカウントされるためダンジョンに向かう前にチェックして受けておこう。

最後にエロに関して。エロありのNPCにはハートアイコンがついており、本作のエロはそれがすべて。町にいるハート付きNPCのエロは割とソフトであることが多いが、ダンジョン内のハート付きNPC(大体ろくでもない冒険者)では結構ハードなエロを迫ってくるものの、結果として有用なものを得られるためエロを見たい・できるだけ楽に攻略したい紳士は積極的に見ていこう。TPマイナスなどの若干のリスクはあるけども。

メインのエロは自宅にいる師匠の依頼だ。師匠からの依頼は全てエロに通じる(アニエスとエッチしたい野郎と師匠がグルになり、師匠は特定のアイテムをアニエスに錬金させることで野郎がアニエスをエロる流れ)。大体各ダンジョンのボス撃破すると必要アイテムが入手でき、夜の自宅で師匠に話すとエロイベント開始、本作のメインエロはこれらしいぞ。ハードエロしたくないなら夜のハートアイコン付き師匠と話さなければいいだけだ。まぁエロした方が役立つレシピが入手できるわけだが。

夢子「お取り扱いサイト様です」
1,300円(税抜)

コメント