サラと浄化の魔法陣 体験版感想・レビュー

サラと浄化の魔法陣
ランドカット  非戦闘NTRRPG  1,000円(税抜)
【基本情報】♀主人公 ツクールVXAce製 エロ重視 難易度:普通
【体験版評価】7.3/10点 (面白さ6 システム8 没入感7 エロス8)

サラと浄化の魔法陣001
最初の村 右下のちびっこ達もイベントあり
サラと浄化の魔法陣002
メニュー画面(スカート無しローブ)

恋人のカールが受けてしまった呪いを解くため、各地にある4つの魔法陣を探しサラとカール、ワレリーの3人で旅をする非戦闘NTRRPG。サラが魔法陣に魔力を込め発生した光をカールが浴びることで解呪する為、カールの移動補助役として魔物と戦える村唯一の男・ワレリーが付き添う。

NTRRPGだけに当然ワレリーは善意で付き添うのではなく「協力してほしければ言うことを聞け」というスタンス、サラは「男に情欲を向けられると魔力量が増大する」という体質故に、行く先々の魔力が必要になるシーンでワレリーにエロいことをされて魔力を貯めることになる。特に魔法陣に辿りついた際は魔力増幅の為必ずエロになり、増長したワレリーのエロ要求は留まることを知らない。

当初ワレリーが善意で付き合ってくれていると思っていたカールも流石にそうではないこと、サラがカールを救う為に我慢していることに気付くが、わかったところでどうしようもないというシチュ。まだエッチもしていないプラトニックな関係のサラとカールのカップル、サラはカールを救う為ワレリーのエロに耐える。都度2人はカールの目の届かないところで行為に及ぶ故、カール自身「具体的にナニをされているか」はわからんあたりが良いフレーバー。まぁプレイヤーはバッチリ見るワケだが。

サラと浄化の魔法陣

最初にワレリーが本性を現した際、サラは「他の人に頼むからいい!」と一度ワレリーを拒否、プレイヤーが操作して村中の男性に声をかけるものの魔物に襲われるリスクのある旅に付いてきてくれる男はいない。結局ワレリーに頼むハメになり「ほらみろ、俺しかいねーだろ?」という演出は、ワレリーに対するサラの立場が「服従」であことが強調されて良かった。こういうちょっとした演出でNTRモノでの感情移入は変わるなぁと。

サラと浄化の魔法陣

寝取り男はワレリーだけでなく、物語が進むと彼らの村や旅先の街などでサラ寝取られイベント発生。サラ自身、序盤から「これチ〇ポの形に似てるね」と言われた木でオナニーしちゃうとか淫乱気質で、どんどん快楽に呑まれていく。メインストーリーの合間にサブイベントを進めよう。

サラと浄化の魔法陣003

ゲームとしては避けゲー、ダンジョンは小さなエリアの連続で構造はシンプルだが敵シンボル多めでなかなか避け辛い。接触の度に画面左上に表示されるMPが1減少、ゼロになると村に戻されてしまう。ワレリーに命令されて着ることになる「露出ローブ(冒頭のスカート無しローブなど)」に着替えるとMPMAX値上昇、NPCの反応も変化しそういう意味では露出要素もある。ダンジョン途中にMP全快の休憩スポットあり(withワレリーエロ)。

サラと浄化の魔法陣

避けゲー+NTRというのはあまり無いのでは?何気に敵に接触された際の処理(炎の魔法で倒してMP-1)が軽く、MPがゼロにならない程度に突貫して倒すのも気持ちいい。王道寝取られ展開をサクッとゲームパートで進めるNTRRPGだ。

撫子「言うまでもないけどこんな紳士におすすめ~」
彼氏同伴で寝取られ 快楽堕ち 魔法使い 幼馴染

夢子「お取扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *