エロRPG「魔法少女ルナの災難」  なますて工房

RPG


※発売日未定の作品です

魔法少女ルナの災難 体験版感想・レビュー

幼き頃に魔法使いのソールに拾われ魔法使いとして育てられたが、何故かやや物理寄りの「魔法少女」として育ってしまった「ルナ」が主人公の、章仕立てのMZ製RPG。危険な魔法使いに狙われながらも、立派な魔法使い(魔法少女?)になるべく数多の敵を蹴散らしていく冒険譚である。主人公にとってソールは育ての親であり師匠でもある。

エロRPGとしては思ったよりやり応えがあり、それなりにレベリングが必要となる。本作の特徴は、エロ要素の全てが戦闘エロ+敗北エロに集約されていること。それ以外のエロはない。また戦闘エロに関してはセクロスというより「段階的な拘束を経て徐々に行動が封じられる→行動不可になるとなすがまま、なぶられたり魔力を吸収される(リョナ含む)」という。ザコ戦でも段階拘束はあるものの描写は割とソフト、中ボスや章最後のボス戦では敗北エロもあったりと濃厚なエロシチュが用意されている。

更に特定条件を満たしていると(特定のアイテムを装備していたり)ボス戦で敗北一直線などのギミックも用意されていて、いちいちそれを試してみたくなりなかなかストーリーが進まず(無視すればいいんだけども)、体験版終了までに5時間以上を要した。まぁ敗北後は直前からやり直しなんだが、エロのすべてが段階拘束からの戦闘エロと敗北エロ前提の設計になっているため、全て見るのは結構時間がかかる、その分ボリューミーとも言える。ボスだけでなくザコ全員に段階拘束(立ち絵)が用意されているのだから、イチイチ全部見たいじゃないか。クリアで回想全解放されるかどうかは今の時点ではちょっとわからん。

体験版では全5章中、2章最後まで遊べる。1章序盤あたりでは何も考えてなさそうな猪突猛進型の主人公と厳しめの師匠の他愛のないやりとりが微笑ましい割と「のほほん」とした展開なのだが、1章最後でこの世界には災害レベルのヤバイ魔女が何人もいるとわかり、その内一番ヤバそうな「闇檻」に主人公が付け狙われるようになり。そのせいで他の魔女も主人公に興味を持ち始めたり。そして師匠もかつて魔女最強と呼ばれていたなど様々な事実が判明し、一気に物語に動き始める。可愛い絵とマニアックな戦闘エロだけだろ?と思っていたところにこれは効いた。

【体験版評価】8.8/10点 (面白さ9 システム8.5 没入感9 エロス8.5(紳士による))

オープニング


▲ゲーム開始直後、まずは難易度選択。ちなみに体験版最後あたりで我輩Lv16だったゆえ、お気軽モードのLv15スタートは相当カジュアルだと思うぞ。1章はほぼチュートリアルとはいえ「通常モード(ST2から)」(2章から)は序盤結構ハードだな


▲師匠・ソールからの講義中、ZZZ…な主人公


▲うそつけ


▲はぁ… という師匠のメッセ内の顔グラ。芸が細かい


▲主人公に、というよりプレイヤーに向けたチュートリアルだな


▲これらはマジで重要。本作のキモともいえる要素で、手を拘束されると物理攻撃不可になり、口を塞がれると魔法が使えなくなる。特に後者はヤバイ


▲まだまだ井の中の蛙といった感じの主人公で


▲じゃあ修行のついでにお宝探しにいってきまーす^^と、ダッシュで離脱する主人公


▲なるほどなるほど。物理も強い魔法使いですな


▲師匠と主人公の出会いのシーン回想


▲「どこから来たのですか?」「わからない…」「両親は…?」「いない…」「名前は…?」「るな…」「…! これも運命かもしれませんね」


▲という経緯で主人公は厳しくも優しい師匠に育てられ大きくなった

1章序盤


▲というオープニングを経て1章へ。まぁ1章もチュートリアルみたいなものだけども


▲まずはこんな感じのイベントがあるが割愛する。簡単に言うと騎士エマは人間を攫うダークエルフ姉妹を討伐しに来たが返り討ちにあう。ダークエルフは1章のボスだ


▲一方その頃、修行がてらお宝探しに来た主人公はそのダンジョンに挑もうとしていた


▲ここから自由行動。メニュー


▲体験版範囲では「装飾品」を入れ替えていく感じだった。製品版では「身体装備」も他にありそうか。武器はおそらく固定じゃないかね

おわかり頂けただろうか。本作はこのように様々なオブジェクトにテキストが仕込まれている。またテキストだけでなく、アイテムも仕込まれていてしかも2度調べないと発見できないものもあり、ダンジョンだけでなく屋内など、探索はとても忙しい。FF4や5あたり並みにだ。まぁやらなくてもいいのだけども、やった方が確実に攻略が捗る、やり応えある本作おいてアイテム探しのアドバンテージは大きい。あとハツラツとした主人公のテキストはなんか良き。


▲自称天才魔法使いのリコと出会い頭、戦闘に


▲「おまえ魔法使いだな?(ニヤリ」と、リコの先制サイレンスで沈黙にされてしまう主人公。あれだけ師匠に言われてたのになぁ!


▲あれだよな、ロリキャラの「わーはっはっ!」は無条件に可愛いよな


▲しかし主人公は「殴れる魔法使い=魔法少女」であり


▲まぁ通常攻撃でもいいんだが


▲ぶん殴るか。ちなみに物理スキルはTP、魔法スキルはMPを消費。TPは与ダメや被ダメで上昇。ゆえに、TPで殴るのが基本というか、攻略的にはラクかと


▲という捨て台詞を吐いて逃げる


▲戦闘中、敵の情報を拝見することもできる。倒すと弱点、耐性なども判明、一度エンカウントするといつでもザコ含めた敵の情報をメニューからも拝見できるぞ


▲岩とか穴とか、他RPGではまぁ調べないところも調べるべし。そのうち「ここはありそう」となんかとなくわかるようになる


▲宝箱はもちろん漁るべし


▲こういう、あそこどうやっていくのかなぁ的なギミック多数。まぁここではすぐ行けるようになるけども


▲進んでいくと知らないお姉さんが「ここは危ないからこれ持って行って」と


▲不思議なチョーカーをくれる(装飾品)


▲おお、防御力と魔法力が10あがる結構いい装飾品だ!ぜひ装備しておこう。不思議な模様…?


▲この辺から敵シンボルが出現するように


▲岩や穴を調べるとよく虫を見つけるが、アイテムではなくただのフレーバーテキスト(わんぱく

戦闘の基本と拘束攻撃

本作の醍醐味である戦闘について、ざっくりと説明する。いわゆるターン制コマンドバトルなんだが、冒頭で述べた通りザコ含めたすべての敵が「拘束攻撃」をしてくる。それも段階的で、途中で抜け出す手段はいくつか用意されているが、最終段階まで拘束されると「なすがまま」しか選択できなくなり敗北一直線だ。敗北後の敗北エロはボス、また中ボスの一部に用意されておりその他の敵には無い。敗北後は直前から再スタートとなる。

拘束攻撃について、まずは最弱のフェアリーを例に。


▲敵は攻撃とは別に拘束攻撃をそれなりの確率で行ってきて


▲必ずこの三択になる。バックステップでの回避が最も確率が高く、反撃は成功すると相手にダメージを与える。様子を見るは何もせず拘束攻撃を受ける


▲反撃かバクステを選択するとダイスロール(敵によっては1D6、1D20などもあり)、この場合は3以下の出目で成功となるが、↑で既に結果が「4」となっているため失敗。このように条件と結果が同時に表示される


▲失敗したため、両腕を拘束されてしまった!


▲腕を拘束されると物理攻撃が不可になる


▲必殺技のぶん殴りなども使えない。「もがく」でダイスロール、成功で抜け出すが確率は低め


▲フェアリーはこれ以上の拘束攻撃をしてこないが、この状態になると「魅惑の囁き」で敗北を促してくる。この選択肢を間違うと即GAMEOVER(間違わんけど

腕を拘束されると通常攻撃やぶん殴るなどの物理技が不能に、足を拘束されると回避率などが落ち、口を塞がれると魔法の詠唱ができなくなる。基本的には腕、足、口の順に拘束されていき全部受けると「なすがまま」になるため、その前に「もがく」なり「イノセンス(拘束解除魔法)」で対処する必要がある。

特に後者は拘束解除の切り札で、これが使えなくなるともうほぼ詰みである。いつでも使えるように強敵戦ではTP100を維持しつつ、口を塞がれる前に対処するのが肝要だ。


▲固有魔法はその名の通り魔女それぞれ固有の魔法、主人公のそれは口さえ塞がれなければ全ての拘束を吹き飛ばす強力な魔法だ


▲ただイノセンスの発動は最遅のため、敵の行動の一手先で選択しないと手遅れになる。よく考えられているなぁと

最初の中ボス戦


▲ボス手前には必ず回復クリスタルがある。セーブしておこう


▲中ボス含めたボス戦では、Warning!と表示されサイレンが。中ボス戦のため「Mid-BOSS」だ


▲人間を玩具としか思ってない物騒なフェアリー戦


▲もちろん彼女たちも拘束攻撃を行ってきて


▲通常のフェアリーと違い手の拘束縄を杭で地面に打ち付けてくる!


▲更に足まで縄と杭で拘束されてしまう(足拘束、ここまで同ターン内。敵が複数だと拘束段階が進みやすいっぽい)


▲さぁどうする。これはかなりまずい。が、まぁまだ魔法が使えるゆえ、魔法攻撃もありなのだよな


▲イノセンス使うにはまだ早いかね、一回もがいてみますか


▲失敗してもうた。もがく、バックステップ、反撃の確率はおそらくレベル?依存だと思う


▲あ!?仕上げ…!?


▲首まで…?


▲ぐうぉお!ちっこいフェアリーたちに強固な拘束をされてしまった。しかし口が塞げてないな、ツメが甘い


▲しかし敵が複数いるため、同ターン内で更にピンクローター装着までされてしまう


▲HPとMPにダメージを受ける


▲イノセンスを使えば一気に拘束を解除できるが、ここは敢えて「もがく」を選択。すると1D50(50面ダイスを1回振る)で、2以下で成功とか無茶なことになっておるw つまりここまでくるともう「もがく」では実質拘束からの脱出は不可、これがピンクフェアリーたちの拘束攻撃の完成形ということだ


▲イノセンスを使わずにいるとその後も首をしめられたりローターでダメージ、数ターン続くと「強制絶頂」させられHPが1になってしまうが


▲すぐ壊れたら面白くない!とヒールで回復される


▲まだまだ続く…


▲主人公「誰か助けて…」 フェードアウトしていき


▲敗北後は師匠によるボス指南(F〇teのタ〇ガー道場的な)を聞けて、直前から再スタートだ

どうだろう。段階拘束からの敗北のクダリがかなりエロドラマチックな展開じゃなかろうか。段階拘束に関してはすべてのザコにもあり、中ボスには拘束最終段階からのエロ攻撃あり、そして一部中ボスと章最後のボス戦では敗北後のエロもあり。最初の中ボス戦ということで口までは拘束されなかったが、以降のボス戦戦では口まで拘束されるようになり、そうなればもう詰みだ。あとは「なすがまま」見るだけとなる、リョナ攻撃もあるぞ。

エロにも注力されているが、本作での最大の見どころは、やはり各敵それぞれの「段階拘束」の描写にあるといえるだろう。新たな敵に出会うたび「こいつはどんな拘束技を使い、どんな段階を踏むのだろう」と興味をそそられる。段階拘束ゆえターン数がかかり正直面倒だ。面倒だがその過程を、最終的にどんな拘束をされるのか見たくなる魅力があるのだ。この天真爛漫な主人公のせいでもあるか。なにか性癖語りになっている気もするな。


▲再戦。危なくなったらイノセンス!ローターで強制絶頂させられ前にな


▲あとはブリザードなり、ぶん殴るなりで楽勝。イノセンスはTP100必要ゆえ、使ったあとは迅速にきゃつらを倒さないと再度拘束されて危なくなる→イノセンスまだ使えねぇ!となるかも


▲レベルアップ!


▲また、レベルアップボーナスを1つ選んで能力上昇可能。種類は固定だが。上昇値は毎回ランダム(?)っぽく。HPよりは物理、または魔法の内上昇値が大きい方を選ぶ方が無難かと

ちなみに我輩、本作において殴る有用性が高いと踏んで当初は物理ばかり選んでいたが、確かにザコ戦はらくになるものの、ボス戦では魔法攻撃が重要な場面もあるゆえ、魔法もそれなりに上げた方がいいぞ、たぶん。


▲先へ進む。動かない敵シンボルはいいフェアリー、欲しがっているアイテムを渡すといいアイテムをくれたり


▲水辺をジャンプして進むステージ


▲草原の廃墟3からは草原の廃墟2のこの場所へ行けて、エリクサーを入手できる


▲ザコ敵・スライムの拘束攻撃。4段階くらい進むとこんな感じでべとべとが固まってきて…


▲6段階くらいでこの状態に。次で口を塞がれたら詰みだ。まぁここまで拘束が進む方が難しいんだけどもw


▲ちなみにアイテム「失敗作品」を使えば任意で敗北できる。が、本作の醍醐味は敗北エロだけでなく、段階拘束も含まれるため、ちょっと面倒を感じることもあるだろう。まぁ個人的には段階拘束を少しずつ見ていくのが楽しかったが


▲次の中ボス・オンディーナ


▲彼女の拘束攻撃は発動まで数ターンかかるが、発動すると1撃でこのありさま。次で口を塞がれれば詰み


▲主人公を的にした水鉄砲(遊び)でダメージを与えてくる。この間にイノセンスを使うべし


▲水柱状態になるとイノセンスも使えなくなるが


▲「撥水コート」を所持(前述のいいフェアリーからもらえる)していると、もがくの成功確率が非常に高くなり、イノセンスを使うまでもなかったりする


▲更に「ビリビリ玉」を使うと数ターン行動を阻止でき楽勝。水属性の敵に効果大、コイツは大して強くないしとっておいた方がいいかもな


▲敵を倒してもこの感じ。ユルい世界観だと思うよなぁ


▲宝箱等で能力値アップアイテムは結構頻繁に入手できる。入手したらサッサと使うのが吉


▲遺跡らしき建物に入ると、何か生活感が… 誰か住んでる?


▲牢屋…!?そこにはエマと名乗る騎士を始め、たくさんの人が囚われていて。ダークエルフに対抗するには「エルフの指輪」が必要だと。既に前述のいいフェアリーからもらっている


▲エマがダークエルフに連れていかれてしまった


▲ダンジョンを進もう


▲ここのザコは「ゴロツキ」。ドロップ品の赤い鍵はゴロツキに拘束された際に役立つ


▲口までは塞がれないが、手、足を拘束し、首に「不思議なチョーカー」を付けてくる。その後はスタンガンで攻撃されるぞ


▲ダークエルフ姉妹の妹との中ボス戦。ここが一つの山場というか見せ場というか


▲ここで「不思議なチョーカー」を装備していると


▲これな。おねーさんにもらったやつ、あのおねーさんはこのダークエルフ。あと、ゴロツキの拘束攻撃を受けると勝手に装備させられていたりもする


▲不思議なチョーカーは「隷属の首輪」だった


▲隷属の首輪を嵌めた者に発動の呪文を唱えると、絶対服従状態になってしまう。詰みだ


▲隷属状態のため、切り札のイノセンスも使えない


▲「なすがまま」しか選べない。このように完全拘束や罠に掛かった場合はもう何もできないのだ。不思議なチョーカーはボス戦前に外しておくべき、ヒントはここまでにいくつかある。まぁ装備品のテキストもヒントだしな


▲あとは見てるだけー


▲自慰する、しか選べなくなる


▲自慰しなさいと命令されつつ、絶頂禁止の命令。寸止め状態


▲寸止めからの絶頂命令


▲この後フェードアウトで戦闘エロ終了。結構端折っているが、ここまで結構尺は長い


▲メラン戦は敗北エロもあり


▲何時間も絶頂禁止自慰(放置)をさせられ、たまに意識を戻されて絶頂させられる地獄。ここの尺もそこそこ長いぞ


▲敗北後のタ〇ガー道場もとい反省会。このあとは直前から再スタート


▲不思議なチョーカーを外して戦闘に入ると、ゴロツキを常に1体以上呼び出しつつ、左腕→右腕→足…と順番に拘束リングを使って拘束してきて


▲最終的にやはり「隷属の首輪」を付けてくる。この次のターンで呪文を唱えられると先ほどと同じく詰み。ゆえに、首を付けられる前にイノセンスで拘束から脱出するべし(イノセンスの発動は最遅)


▲ブリザードを使っていくもよし、物理攻撃に自信があるならきゃつを集中的に殴っていくも良し。そこまで強くない

ここまできてやっと次が1章最後のボス戦だ。長ぇ…


▲ダークエルフ姉妹の姉、スキア戦。1章最後のボスだ


▲卑怯にも騎士・エマを奴隷として召喚。スキアへのダメージは全てエマが肩代わりするという


▲「エルフの加護」というスキルを使うと一時的にエマの奴隷契約を切ることができる。この間にスキアに攻撃だぁ!なんかこういうギミック、SFCのFFを思い出すなぁ


▲なんだ楽勝じゃん、と思っていたら、スキアは追いつめられると大技「ダークネス」を使ってきて


▲この時点でHPが半分以下になっていると


▲エマと同じ、強力な枷を付けられてしまい、この時点で詰みだ。反省会で「HPは常に半分以上を保ちましょう」と言われるがそんなんわかるかぁ!という初見殺しも厭わない構えだぞこの作品(いいぞもっとやれ! 個人的にはこういうのスキ


▲だいぶ端折っているが、エマと感覚を同期させられ、開発されたエマがバイブで責められその快感が主人公に伝わるエロをごんごんやられる


▲奴隷刻印を施され奴隷化した主人公は、エマと共に放置プレイされる(敗北


▲敗北エロシーン。エマと感覚共有されたまま感度100倍にされてお互い絶頂ループ


▲再戦。この戦いに限ったことではないが強敵戦ではリジェネが非常に有用。5T有効で、1Tの回復量が結構デカいのだ


▲ダークエルフ姉妹を倒すと、謎の女性が現れる。主人公は瞬間「このひと、悪い魔女だ…」と感じ取る


▲ちょっと味見させて♪と戦闘になる。が、開始早々、目と口を塞がれ何もできない。MPをドレインされ…


▲「美味しい!気に入ったから持ち帰っちゃお!」となんかヤバい固有魔法を使ってくる


▲ギャーン!


▲なんじゃそりゃぁ!


▲絶体絶命


▲グワォオ!


▲し、師匠ーー!!登場。師匠は「炎獄」と呼ばれる


▲あの時…?炎獄、闇檻の魔女、なんだかいろいろ物語が動き始めた様だ。少年漫画のテンプレのような展開だが良き。良き!


▲師匠の警告もなんのその、主人公はどうやらやべぇ魔女に目を付けられてしまったようだ。闇檻の魔女はかつて都市を消滅(文字通りすべてを消した)させたことがある

とまぁ、脳筋魔法少女の修行冒険譚に世界観と「厄災の魔女」設定が加わって、俄然シナリオが面白くなる。2章からは闇檻の魔女が気に入った魔法少女とやらはどんなものなの?と他の魔女たちも主人公にちょっかいをかけてくるように。

むむむ、まだ1章だけだというのにちょっと長くなり過ぎたな。2章に関してはダイジェストというか、主要な敵の戦闘エロと敗北エロに絞ってサックリと。

2章 ボスはクソ強いぞ


▲「最近この周辺で『闇檻』が確認された。しかも複数の魔女と徒党を組んでいるようだ」と情報をくれるのは魔法協会の部隊長・レイス。彼女自身も魔女、師匠は協会の元エースだった


▲主人公は懲りずにまたお宝と求めて次のダンジョンに向かう。そして早速、主人公に興味を持った「侵蝕の魔女」が現れるが、たまたま滞在していた歴戦の戦士に助けてもらう


▲しかし戦士は魔女に囚われてしまう


▲隠し通路なんかも登場し始める


▲ザコ・アラクネ。手足→腹→胸→口の順で拘束してくる


▲塞ぎきれてないから魔法で倒せる。炎が効くぞぉ


▲2章最初の中ボス・ドリュアス戦。数ターンかけて根っこで拘束してくるぞ


▲敗北。HPが残っていてもMPが尽きると敗北だ。敗北エロはなし

この後は侵蝕の魔女を倒すべく彼女の館へ乗り込む。


▲所変わればザコも変わる


▲各マップでザコは大体2種出現する


▲侵蝕の魔女・リスティの部下、風魔法使いのリザ。中ボスだ。こいつは敏捷がかなり高く、この前のマップでたくさん拾える(アラクネがドロップ)「ネバネバ蜘蛛糸」を使わないと厳しい(攻撃があたらん)


▲他の戦いでもそうだが口まで拘束されるとほぼ詰み


▲声を出したり汁を垂らしたらシバかれる調教をHPがゼロになるまで延々と施される。途中何度も選択肢がでて、諦めて服従するとでも敗北に。敗北エロは無し

魔女のところに行く鍵を求めて館の裏にある森へ。


▲その森は蜂達のテリトリー、ザコの蜂を倒すと「フェロモン」を吹きかけられてしまい(バッドステ)、以降の蜂戦で出現数が増える。蜂の女王・アピス戦でも通常ならザコ2体登場のところ4体現れる。フェロモン状態は水場で水浴びすると解除される


▲なにぃ!?固有魔法だとぉ。拘束が完成すると固有魔法を使ってきて


▲魔法?というか、女王の唾液が特殊な魔力を帯びており、それをだらだらと流し込まれる。こうなると詰み。あとは敗北一直線だ


▲こうなりまーす


▲敗北エロシーンあり


▲魔女のところに向かう途中で、先刻助けてくれた戦士・クレアが囚われている。いろいろされて「くっ殺」状態だが、魔女を倒してくるから待ってて!と


▲2章最後のボス戦直前。敵のドロップ品「黒いお守り」は魔力が上昇する装飾品。ぶっちゃけ1章のアレと似たような罠だ。どうするかはプレイヤー次第


▲侵蝕の魔女・リスティ戦へ


▲彼女の侵蝕魔法は触れた者をあっという間に侵蝕する。物理攻撃は全て侵蝕拘束のカウンターを受ける。つまり魔法攻撃で倒さねばならん。物理一辺倒で育ててきた場合、苦労するかも


▲ここぞでイノセンスを使え。侵蝕の魔女もびっくりだ


▲追い詰めると「ラバー塊」を複数召喚してくる


▲敗北すると恥辱の調教を施される敗北エロを経て反省会へ


▲勝てば戻り、戦士・クレアは礼を言って去っていった


▲大冒険の後、家に帰ってきた。こうして主人公の冒険は続いていく


▲「自ら選んだ道で生きると決断したあの日から、その道が自分にとって誇れる道となるよう努力してきました。当時の私では夢で見ることも叶わない、遠い夢物語。こんな日が、いつまでも続くなら、私は多くを望みません。」師匠の想い?それとも主人公の…?というところで体験版は終了。体験版専用の回想から拘束エロを拝見できるように

という作品。とにもかくにも、戦闘での各敵の段階拘束が多種多様(少なくとも体験版ではすべて異なる)で、完全拘束からのエロ、そこからの一部中ボスでの敗北エロと。拘束はもちろんソフトリョナや恥辱、レズ等の戦闘エロが刺さる紳士には垂涎の作品になっていると思う。

アホっぽいルナも可愛いし、この記事では端折ってしまったが、2章でまるっと一緒に行動するリコ(1章の最初に戦った魔法使い)もいい味であるし、

また体験版のボリュームがかなり大、結果この記事がめっちゃ長くなったことをお詫びしつつ、最後まで読了ありがとう!

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite

コメント