エロRPG「魔法闘姫リルスティア」 ShiBoo!

魔法闘姫リルスティア 体験版感想・レビュー

突如現れ夜な夜な女性ばかりをさらう「悪の軍団ハメルダー」、彼奴ら殲滅するべく「魔法闘姫」たちが戦う、MV製変身ヒロインRPGである。このサークルさんはIxy氏が運営しており、絵のクオリティは見ての通り大変高い。制作には「魔法少女ノーブル・ローズ」や「念動少女セーラースプレンダー」といった変身ヒロインRPGを制作されたNo Futureさんの端音乱希氏が関わっており、構成としては実際それらと似通った部分がある。更に変身ヒロインピンチからの陵辱という点でも共通しているため、Ixy氏のファンはもちろん、No Futureさん作品ラブな紳士に刺さる内容になっている。
【体験版評価】8.3/10点 (面白さ8 システム8 没入感8 エロス9)


▲夜道はハメルダーが出没する時間帯、しかし図書委員の仕事で帰りが遅くなってしまった主人公・姫里凛。まんまとハメルダーにロックオンされてしまう


▲戦闘員に囲まれ連れ去られそうなところで魔法闘姫フロスティアが現れ(パンチラ)


▲トゥッ!と戦闘員を蹴散らし助けてくれる


▲フロスティアは同じ学校先輩・桧山菫(ひやますみれ)だったと偶然知った主人公。彼女は帯同する猫(精霊)のミーの力により魔法闘姫になったと。ミーによると主人公も先輩同様にエナジーを貯める「器」が大きく魔法闘姫の素質があるようだ(おっぱいもデカいし)


▲その日の夜、自宅にて。突如頭の中に直接響くミーからのメッセージ。フロスティアがピンチだと


▲多勢に無勢でバリアを剥がされてしまったフロスティア。後述するが、魔法闘姫が強い理由は「バリア」によるところも大きい


▲フロスティアは強がるが、実際のところバリアが剥がされた状態で更に隊長まで出張っていてピンチ状態だ


▲主人公がかけつけるもフロスティアはダウン、ハメルダーのアジトに連れていかれてしまう


▲残った戦闘員に連れ去られそうになる主人公にお約束展開w


▲いつの間にか左フトモモに装着されたバンドが光り


▲変身アニメーショーン!


▲キラーン!「魔法闘姫リルスティア、参上!」 やはり変身ヒロインモノは変身シーン演出があってこそ、以降出撃ごとに演出あり


▲初戦闘はチュートリアルを兼ねて。まぁ楽勝ですわ


▲本編。自宅の自室を拠点としつつ、アジトに連れていかれてしまったフロスティアを救出すべくアジトを探すことに。敗北する、またはダンジョンから脱出(ボス直前からも脱出可)すると拠点に戻る。拠点では回復、回想やヘルプ閲覧可


▲一方フロスティアこと桧山菫はなんとか脱獄、アジト内の物置に身を潜め、エナジーを回復しての起死回生を狙っていた…

ここまでがオープニング、以降物語は1チャプターにつき複数のダンジョン攻略的な感じで進んでいく。


▲最初に向かうことになるダンジョンは「夜の街」。ダンジョンではランダムエンカウント(エンカ率は体感で20~30歩に1回程度)に加え、要所で戦闘員と強制戦闘に


▲アジトの場所を聞き出すべく隊長を追うも、都度戦闘員をけしかけてきてなかなか戦おうとしない


▲ダンジョン内はそれなりに寄り道部分もあり、キラキラポイントや宝箱を逃さないようにしっかり探索すべし。各ダンジョンで得られるアイテムを全てゲットすると「探索完了の称号」を得られてわかりやすい。メニュー→アイテム→称号で確認できる


▲逃げていく隊長を追っていくとこんな場面も。まっすぐ隊長を追うか、周囲の戦闘員を倒してから行くべきか


▲探索するとやはり潜んでいた戦闘員。見つけると戦闘に入らずに


▲滅殺完了。経験値やお金も得られる。本作は「無駄な戦闘は省くよ!サクサク進んでね」という配慮と演出が随所に見られる。サクサク進行に更に一歩踏み込んでいるなぁと

本作の見どころである戦闘(戦闘エロ)

この画面が戦闘突入時の状態だ。名前の右に表示されている「10」のアイコン、これは主人公の「バリア」の状態を示し、被ダメごとに1減少する。0になるとバリアがなくなり被ダメが5倍程度に増加、更に転倒や拘束される確率が上昇する。つまりバリアを維持して勝利するのが理想であり、バリアがきれそうだったら「スティア」→「スティアフィールド」を行うことで張り替え可能。スティアはいわゆるスキルのようなものでEPを消費する。


▲戦闘は必ずバリア状態10、EP100、MP0から開始となる。序盤戦闘員相手ならカウンターだけで十分。「フィールド解除」は自爆技みたいなものだ

戦闘ではスティアを使うことでMPが徐々に上昇する。MPをためて100になると


▲リールトルネードを選択


▲スクショゆえ演出を省くが本来はもっと凝った演出だぞ(旅団の誰かがこんな技使ってたなw)

魔法・リールトルネードを放つことができる。この魔法は他の魔法やスティアに比べ、桁違いのダメージ(20000前後)を与えることができる主人公の必殺技だ。ボスでさえ一撃、この魔法を放つことができれば勝利はほぼ確定といえるだろう。そもそも序盤のザコ戦はMPをためる以前にカウンターで十分であるし、ボス戦でもたまったMPに応じて他の魔法を使う方がいいこともある。ともかく戦闘での勝ち筋的にはスティアでMPを貯めてリールトルネードでトドメ、「約束された勝利の剣」みたいなものだ。そのうえで。

敵の転倒攻撃で転倒してしまうことがある。バリアを展開していれば確率は低くなるが転倒しないワケではないし、バリアがない状態では結構な確率で転倒してしまう。この状態では攻撃など通常行動不可、「起き上がる」を実行する必要がある。これの成功率はHPやEP(レベルもか?)の状態で成功確率が変化する。「隙をうかがう」を選択すると次のターンでの起き上がる成功率が上昇。ただその間に追撃を受けると…


▲確率で敵は「のしかかって」くる。これの回避成否もHPとEPの状態によるかと

この様に押し倒されてしまうともうエロまっしぐら、直前だ。

この状態では「押し退ける」が成功すれば転倒状態に戻る。「隙をうかがう」で次ターンの押し退ける確率をアップできる。EPを消費して「スティアバースト」を使えば強制的に押し退けることもできるぞ。

▲押し退けるに失敗するとごんごんエロ攻撃される。このステージの戦闘員はまず指マン(アニメ)を仕掛けてくる。エロられるたびにEPが減少してしまう


▲指マンを2回受けるとチ〇コこすり付け(アニメ)


▲挿入(アニメ)


▲挿入後2Tほどで射精されてしまう。射精されると脱出は更に絶望的となる

エロられてから(指マン時から)はコマンドに「諦める」が出現、選択することで敗北エロに移行する。EPは毎ターン5回復するためEPがゼロになることはなく、隙をうかがうをずっと選択していれば戦闘エロを延々を拝見できたりも。その他敗北条件はHPがゼロなることだ。


▲射精された後も諦める選択肢あり

体験版はチャプター1のみで、戦闘員による↑の戦闘エロと敗北エロ、ボス敗北エロだ。各チャプターごとに戦闘員による戦闘エロと敗北エロ、ボス敗北エロが用意されているのだろうな。


▲隊長を追い入ったビル最上階では副隊長とのボス戦。2Tごとに戦闘員を呼び手数で押してくるため、戦い方とバリアの管理をしっかり考えないとあっという間にバリアを剥がされ敗北してしまうぞ。ここまでのザコ戦が楽勝だっただけに面食らったなぁ


▲バリアを剥がされた!そのうえでボス戦での戦闘員はこれまでと違う「拘束攻撃」をしかけてくる!拘束されると次ターンから即エロられてしまう


▲戦闘員ベロチューでEPを奪われる


▲ちなみにエロられると名前の横に快楽アイコン(10%)が付き、エロられるほどに上昇していく。これも脱出率に影響してるかも、してるだろうな


▲バリアが剥がれた状態では被ダメがかなりデカくなる。ボス戦でバリアが剥がれるとかなりヤバい。そもそもバリアを剥がす多段攻撃がヤバいゆえ、このボス戦では被ダメうんぬんよりとにかく数を減らすべし


▲おっぱい攻撃もあるぞ~。これもザコ戦では使ってこなかったが、次のチャプターの戦闘員が使ってきそうな


▲HPゼロで敗北


▲ボス敗北エロはCG1枚絵シーン


▲カットインが多く使われている。普段クールな副隊長はキレるとヤバいやつ。頭掴まれて床にガンガンされたり結構ヒドイ(ビクンビクン)


▲中出しをキメられ


▲戦闘員に払い下げで輪姦。ちなみにザコ戦闘員に敗北した場合同じもこのCGとなるがテキストは別ものだ


▲散々犯されたのちゴミ捨て場に放られる主人公。ヒドイ… この後は回復して自室からリスタートだ


▲3回ほど敗北してみた主人公のエロステ。永続バッドステ要素はないみたいだな


▲副隊長を倒した後の一方その頃… 見つからないように逃げ回ってはいるものの思うようにエナジーが回復できない先輩。この後の展開はどうなるのか!

主人公の強化はレベルアップと装備品強化で

主人公の能力値効果は↑の通り。何をどう上げるかで攻略幅はやや変わってくる。

主人公の装備品は宝箱やミーから買える「マジックフェザー」とお金(EC)で能力値アップが可能。どの装備のどの要素を開放していくかで主人公の強さはかなり変わるぞ。防御や回避重視か、攻撃重視かなど。新たなスキルをゲットできることもある。

また、戦闘に入った際にいきなり大技(本来はMP20を消費して使う魔法)を放つことがある。デフォでは体感的に30%くらいの確率で発動、ザコ程度なら確実に倒す威力がある。これも前述の無駄な戦闘省きの一環で発動すると戦闘があっという間に終わるしかなり気持ちいい。装備品の能力アップで発動確率を上げる要素もある。

という感じで「魔法少女ノーブル・ローズ」に似たRPGだろうか。戦闘でのエロはこちらの方が凝っているとは思うし、絵もいい。ただ単純にRPGとしてみた場合、何かもうひと捻り欲しかった気もする。普通に面白いんだけども。

ちょっと前までただの巨乳女子校生だった主人公が陵辱されるさまや涙を流して悔しがる描写はグッとくる。特に陵辱スキーには響くのでは。フルボイスではないものの、リルスティアのCVは沢野ぽぷら嬢、エロなど要所で盛り上げてくれるぞ。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 1,300円(税抜)

コメント