大センカ トラクトリ

ACT

大センカ(トラクトリ) 体験版感想・レビュー

5人のヒロインから1人選択して敵の大群を無双していく、「Vampire Survivors」ライクなトップビュードットACTゲーである。ただ本作では単純に~ライクゲーにとどまらず、タワーディフェンス要素も加味されており、とにかく火力を高めればいいというだけではないのが面白く、よく考えられたUnity製の作品である。

画面後方(左)に敵を撃ち漏らしてしまうと拠点のHPが減り、主人公のHPまたは拠点のHPがゼロになると敗北、基本的に次回プレイに引き継がれる要素は無い。またタワーディフェンス要素として設置型ユニットもあって、敵を効率よく殲滅するには主人公自身のスキルと設置型ユニットの相性を考えたり、設置する場所も重要(主人公自身で押すことで配置を変えることもできる)だったりと、本家よりも更に奥深いゲーム性を備えていて驚き。

エロに関しては敗北でのドットアニメーション(大)、各ヒロインで1種ずつのようで要するにやや薄め。ただそれぞれのドットアニメは起承転結が表現されていてかなり捗る部類。体験版では姫騎士(?)のククルだけ遊べるぞ。

【体験版評価】8.5/10点 (面白さ9 システム8.5 没入感9 エロス7.5)

元となっている「Vampire Survivors」の仕様を(知らない紳士向けに)ざっと説明すると、
・主人公の攻撃(スキル)は一定間隔ごとに自動発動、その点を考慮して立ち回る
・レベルアップすると3種のスキルを表示、1つ選んでスキルを増やしたりスキルLvを上げて強化
・時間が経過するほど強い敵が出現、効率よくレベルアップしないと物量で押し込まれる
・次回プレイ時は基本的にまた最初から(引き継げる要素があったりなかったり)

エロ同人界隈でも最近「Vampire Survivors」ライクゲーが出始め、本作の以前にも「宇宙の秘宝」という作品がリリースされている。そちらの記事では結構長めなプレイ動画をアップしているゆえ、~ライクの仕様がイマイチわからん!という紳士は一度動画を見てみて欲しい。あくまで別作品の動画だけども。

ARPG「宇宙の秘宝」 モンスター研
連邦の特殊部隊がγ惑星で戦うローグライトARPG。基本操作は移動のみ、攻撃はオートで武器やスキルをレベルアップしていくほど火力アップ、時間経過で敵の強さ・出現数がアップ。プレイアブルキャラ4人、プレイ動画あり

では本作についての紹介と感想をば。

大センカ キャラ選択画面
▲キャラ選択画面。製品版ではどうやらお金でキャラを解放していけるようだ(体験版ではお金はプレイごとにリセットされる)。ククルでプレイしてみよう

体験版で唯一選択できるククルは、姫騎士(?)でデフォ武器の攻撃範囲がそこそこ、バランスがいい能力値だと思う。能力値で面白いのが「プッシュパワー」という項目、これは敵や設置ユニットなどを「物理的に押す」力で、ザコに対しては正面からぶつかることである程度押し込める(当然接触中は被ダメを受ける)のだが、時間経過で定期的に現れるボスなどはこの力がとても強く移動を妨げることができない=拠点に突貫され敗北となりやすい。ボスに関しては拠点に到達する前に必ず撃破しよう。足の速いザコなんかも要注意だ。プッシュパワーに関しては装備「キノコ」で巨大化することで増大できたりもする。

各キャラの「武器数」「装備数」「設計図数」も重要。武器数は同時に使える攻撃スキル数、装備数はバフスキルなどの同時使用数、設計図数は同時に使える設置ユニットスキル数だ。まぁ文字での説明ばかりじゃわからんよな、スクショで説明していこう。


▲ステージは3つ。体験版では遊べるの最初の1ステージのみ


▲スタート。画面←が拠点、敵は画面右端からワラワラと現れ、主人公目指して群がってくる。まだまだ敵の数は少ない方だ。この最序盤では被ダメを気にせず、敵を右へ右へと押し込みつつ5秒間隔くらいで繰り出される剣攻撃で敵を倒していこう。画面左上の赤マスが攻撃スキル、青が装備スキル、黄色が設置ユニットスキル。画面上部の赤ゲージが経験値、MAXでレベルアップ


▲レベルアップすると3つのスキルがランダムで表示され1つ選んで習得できる。我ながら初回に渋すぎるスキルが出たなぁ。気に入らなければ「リロール」で課金して再抽選も可、お金が続く限りいけるがリロールのたびに課金額が上昇


▲櫓を選択したものの初回プレイで設置の仕方がよくわからず、あれよあれよと画面左端まで後退してしまう。画面左端の影のような部分、ここまで敵が到達すると拠点HPがどんどん減っていく。ちなみに画面左端から右端までは3画面分くらいかね。画面右の立ち絵はアニメーション、ナイスパンチラ


▲よくわからんまま敗北してもうた


▲リザルト画面&ドットアニメシーン


▲ピストンが早くなり、中出しされると


▲キーを押さない限り、このループがずっと続く。1ループ20秒位かね

特にチュートリアルはなく、遊び方はプレイして覚えてね、というスタイル。レベルアップごとに表示される3種のスキルも簡易説明だけ、どういう使い勝手でスキルレベルが上がるとどう強くなっていくかはわからず、それもプレイして覚えるのだ。これは本家と共通した要素で「ローグライト」と言われるゆえんでもある。

我輩も、そうだなぁ、1ステージクリアまで10回近くプレイしたと思う。まったく飽きない、遊ぶ毎に新しい発見があり、「今度はこのスキルを使って育ててみよう」というのが楽しい。そりゃそうだ、本家もそれが楽しいのに、本作には攻撃スキルだけでなく設置ユニットスキルまで用意されており「如何にプレイヤーが想定した防衛ラインを突破させない火力を維持できるか、ボスなどのイレギュラーにどう対処するか」が、常に緊張感を持たせてくる。本質的にはタワーディフェンスに近いのかも。


▲今回はイケる!と思ったらWave10で出現し始めるこの黒い騎士たちが固いわ攻撃力あるわで敗北。今回のプレイ時間は9:21、1プレイの時間が短めなのも魅力で何度もプレイしたくなる。このご時世でこんなこと言う意味もないが、アーケードゲーに向いてるよなぁコレ。あ、被ダメでアーマーブレイクしてくぞ

ではここから、我輩がステージ1クリアに至ったプレイをダイジェストで紹介してみよう。

操作方法について簡単に説明(パッド対応)。

・方向キーまたはWASDで移動
・Zで決定、Xキーでキャンセル
・Cキーで設置ユニットを設置(ゲーム内では建築という)
・スペースキーで一定距離ダッシュ(クールタイムあり)
・Fキー+移動で方向を固定して移動


▲最初に選んだスキルは攻撃スキルの「サンファイアケープ」、主人公の周囲に触れた敵にダメージを与えるフィールドを張る。これの有用なところは、多くの攻撃スキルが「一定間隔で発動」に対し、常時発動なところだ。レベルがあがると範囲も威力もどんどん上がる


▲次に取ったのがフェロモン香という装備スキル。敵の出現数が増える=火力が十分であればレベルアップ機会が増える。余裕がある序盤にとっておくと後が楽になる。逆に取り過ぎてスキルレベルを上げ過ぎてもアカンやつ


▲次はこれ。攻撃スキル「アニビアンソウル」


▲最初の効果範囲はこんなに小さくクソの役にも立たない。しかしスキルレベルをアップしていくと化けるんだこれ


▲一定時間ごとに敵全体の動きを止める設置ユニット「時計塔」。結構賛否わかれそう、火力が十分ならいらんしな。個人的にはイレギュラーの保険のために


▲最初のボスが出現。ボスはこちらに見向きもせず一直線に拠点へ、到達すると一発で敗北だ。必ず倒すべし


▲動きはそれほど早くない、先回りして攻撃攻撃!


▲ボスを倒すと必ず宝箱をドロップ、開けると派手な演出(パチやスロットの演出みたいな)があり、運がよければ複数のスキルをゲットしたり。まぁガチャ要素だな


▲個人的に一番使えると思ったスキルが「火薬」。倒した敵が爆発し周囲の敵にダメージを与える。最初は視覚的にも良くわからなかったが、これを入手すると火力が飛躍的に上がる。なんなら最初にとってもいいスキルじゃないかね

その後、設置ユニット「クリーピングボム(画面上)」「毒間欠泉(画面下)」「アシッドフラワー(画面左上)」を取り、各スキルレベルを満遍なくアップしていく。


▲10分経過、Wave11攻略中。クリーピングボムと毒間欠泉で上下の敵を攻撃しつつ、ヤバいくらいに育ったサンファイアケープとアニビアンソウルがメイン火力。アシッドフラワーは火力は低めだが範囲が超広く、防衛ラインを超えた敵をじわじわ攻撃してくれるのだ。更に時計塔の効果もあり

なんか主人公のキャラチップ、大きくなってね?その通り、装備スキル「キノコ」で大型化、プッシュパワーも強くなっている。その分移動速度は落ちちゃうんだけども。


▲敵が現れた瞬間殲滅していく火力、キモティイィィ!地味に「火薬」がすごく効いている


▲Wave17、ボス来た!コイツ、ペガサス乗ってる?速い、追従して倒さねば!


▲まぁちょっと追ったら倒せたけど。時計塔とアシッドフラワーも地味に効いた。なんかもはやスーパーサ〇ヤ人みたいになっとるな


▲ドロップした宝箱でレアっぽい演出キター


▲スキル8種ゲットー!全部我輩が使っているスキル、それぞれスキルレベルが上がるというワケだ


▲画面上の忍者っぽい敵は拠点に素早く突貫する。序盤では騎兵なども注意すべき。そういう敵が画面外で出現すると「Front line」というマーカーがお知らせしてくれる


▲wave19のボスドロップ宝箱からなにやらすごそうな剣が。これは…?


▲なんかカットインまで入ったぞ。やはりすごい剣のようだ


▲おそらく剣攻撃がパワーアップしてると思うんだが、もはやすべてのスキルがMAXレベルで出現した敵から溶けていく状態で何がなにやら(カ・イ・カ・ン)。気付けばLastWaveだ!


▲Wave20終了、ステージ1クリアだ。すべてのステージがそうなのかはわからんが、1ステージを最後までプレイしても20分。アタックしやすい


▲ステージ1クリアリザルト。画面右がエロアニメではなくハッピーな感じに。どのスキルがどれだけの戦果を上げたか一目瞭然、火薬が100万超で桁違いだ。ただサンファイアケープ(上から2つ目)の数値はおかしい、あれだけ役立って181なわけない

敗北してもクリアしてもこれでタイトル画面に戻る。製品版では得たお金で他のステージ、プレイアブルキャラを解放していくワケだな。全5人、各キャラ3ステージか。


▲タイトルにギャラリーもありんす

という感じの作品。↑のクリア例はあくまでも本作の全スキルのうちのほんの一部を使っただけで

体験版範囲だけでも↑のようにものっそい数のスキルが用意されている。製品版ではいわずもがな。それぞれのスキルを育てていくとどう進化していくのか、試さずにはおれん作品だ。ちなみにスキルは完全にランダムというより、なんとなく出現する順番が決まっていてプレイするほど新たなスキルが出現する、と感じた。

今後もVampire~ライク作品は増えそうだが、本作はその中でもきっと「すごいデキ」と評されるだろうと思う作品。開発メンバーがスゴイしなぁ。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 1,900円(税抜)

コメント