エロADVRPG「孕辱ヒロインズ 」 想見茶屋


※1/21か1/22発売予定の作品です

孕辱ヒロインズ 体験版感想・レビュー

「式神」としてこの世界に召喚された男主人公・九十九が、ちんまい魔法少女達と一緒に秘密結社の怪人達の魔の手から街を守るMV製のADVRPG。まず最初に本作について言っておくべきことは、本作のヒロインはロリ度がかなり高く、竿役の大半が市民のクソ中年男性、次いで異種姦っぽいの、シチュは可哀想系の陵辱や輪姦がほとんどで主人公による和姦はごくわずかということ。更にエロすると結構な頻度で孕んでボテ腹化、CGはないがテキストによる出産シーンもあるなどやや紳士を選ぶ作品だ。

ただ各ヒロインが酷い陵辱をされるかどうかはプレイヤーの「とある選択」によりけりで、その選択をしなければ各ヒロインともに本番をされることはない(ソフトエロはある)。そんなプレイングをする紳士はいないと思うけども一応。

ゲームとしては「主人公フェーズ」「女の子フェーズ」「街フェーズ」を経ると1ターン経過して次の日へ。戦闘が発生する行動では基本的にヒロインから1人を選ぶことになり、どのヒロインを重点的に育成するかはプレイヤーの任意。怪人は定期的に現れるゆえ、迅速にきゃつらを倒し次の怪人に備える行動をしたり、怪人が強い場合ターンを経て弱体化させる行動をとるという戦略をとったりもできる。エスカレ〇ヤーなどのSLGっぽい要素もある作品。

【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム7.5 没入感8 エロス8.5)

オープニング


▲ゲーム開始後まずこの設定を選ぶ。こういうゲームですw 後から任意で変更可


▲意識がはっきりしないまどろみの中、聞こえてくる声。ちなみにこの選択で一番最初に登場するヒロインが変化し好感度が若干あがるっぽい


▲見知らぬ場所で目覚め記憶もない主人公。ここは…神社の境内か?


▲こっちもちんまい巫女少女、ナユタ。彼女が主人公を召喚したのだがどうも今は緊急事態らしい。一も二もなく彼女達についていくと


▲秘密結社PBCの怪人(犬)が戦闘員と共に街で暴れている


▲ロリっ子は捕らえ苗床!それ以外はちくわ工場で強制労働らしい。「この世界ではロリを孕ませてナンボ」という感じかね


▲そこに魔法少女的なヒロイン、浄化天使ユスティ―アが登・場。勝気な表情がかわええ


▲颯爽と登場したはいいものの、ステッキのビームが暴走して止められない。ところに冷静にツッコむ妹、こちらも魔法少女っぽいツキカゲ


▲なんじゃいおまんらぁ!とオコな怪犬と戦闘に。戦闘ごとにどちらと一緒に戦うか選ぶ(主人公との絆が上昇)。実際は主人公が戦闘のおまけでメインは魔法少女なんだけども。物語が進むと先に登場した巫女・ナユタも選択できるようになるっぽく、メインヒロイン3人というところ


▲本作の戦闘では画面左下の「戦意」の値が攻撃力などに影響、スキルなどの使用に必要なMPは「巫力」という数値で各ヒロイン共通


▲ステッキあたっく!


▲式神援護スキルが主人公のアクション。ターン消費なしで即発動する。使用可能なスキルはヒロイン達との「絆」を上げたり学習していくことで増えていく


▲「2」は使用可能回数。この戦闘では2回が限度で1回使うとクールタイムが発生する。基本的に一度の探索を通しての使用回数になるゆえご利用は計画的に


▲ヒロインの戦闘スキル。強力だが使用には巫力(MP)を消費。巫力の回復は基本的に1日ごと且つ回復量は一定(工夫次第で増やせる)なため、回復量を鑑みつつスキルを使う感じになる


▲勝利してユスティ―アとの絆がアップ


▲こんな風に市民たちには感謝されるも、ロリコンどもはヒロイン達を狙っている


▲神社の境内に戻るとナユタが出迎えてくれ


▲ユスティ―ア、ツキカゲはナユタの力で魔法少女っぽいのに変身、変身を解くとごく普通、年相応の姉妹。妹の方はIQ高そうだけどもどっちもつるぺたですよ、〇学生の下の方じゃないですかね


▲二人が仲良く家路についたあと、召喚主のナユタと話す


▲どっちを選んでも主人公は九十九という名前になる

基本の流れ


▲主人公は神社裏のボロ小屋を拠点とし、1日の初めはこの「主人公フェーズ」から始まる


▲このフェーズで「編成・記録」を選ぶとメニュー画面っぽい「編成画面」が開く。装備の変更、セーブなどはここで


▲「交流」を選択すると


▲ヒロインを選択して「会話」または「プレゼント」で絆Lvを上昇できる。どちらも1日1回のみで、複数のヒロインに会話を行うことはできないし、プレゼントは専用アイテムが必要(購入したり)


▲会話イベントを選択すると段階的にイベントが発生する(毎回ではない)


▲次のフェーズへ移るとイベントが発生。ユスティ―アとツキカゲ、ナユタをサポ―トしている大人たち3人が現れる。女医、指令のオッサン、猫神

 
▲お前らはこのサイズで十分だ。ストーリーに絡んでくるゆかいな仲間たち的なサブキャラ、女医に比べると登場頻度は低い

このようにストーリー進行によってフェーズ間にイベントが発生することもある。


▲主人公フェーズ→女の子フェーズへ。女の子フェーズではヒロイン達にお勉強(教養や魔法系の能力を上げる)や特訓(物理系の能力を上げる)、休憩して健康や精神を回復するなど、ヒロインの能力値に関する行動を選択できる。毎ターン1回しか選択できないゆえ、どのヒロインを選択して何をさせるか、毎日の積み重ねがあとあと響いてきそうだ。勉強・特訓を行うと健康が少し減る


▲ちなみに健康・精神・教養・調教の数値はこのフェーズでしか確認できない

健康・精神は探索やエロでも減り、これらが低いと探索や戦闘に支障をきたすためできるだけ高い状態を維持したい。そのためには、健康や精神の数値を見つつ、各ヒロインをローテーションで特訓やお勉強を行うといいだろう。教養はスキル習得に影響し、調教はヒロインがエロの影響を受けやすくなる。


▲2ターン目の女の子のフェーズを終えると幕間にイベントが発生、街に怪人が現れる

▲女の子フェーズ→街フェーズへ

街フェーズでは怪人が現れたエリアで探索・戦闘を行うほか、各エリアにアイテムを設置して巫力(MP)の上限をアップしたり、毎ターンの巫力回復力を上げたりなど戦闘が有利になるような行動も可能。理想としては怪人が現れたらできるだけ早く討伐、次の怪人が現れるまでに「アイテム設置」「りゅう脈開放」などで巫力をゴリゴリ上げたい。怪人が強い場合は怪人のいるエリアを「治安を守る(ターン消費)」するほどに怪人を弱体化できる。まぁ体験版で使わなかったけど。


▲住宅街と学校・公園区に同時に怪人が出現。退治せずに放っておくと汚染率が上がり、100を超えると無法地帯になってしまう。無法地帯になるとどうなるかは試してないがGAMEOVERになりそうな?

ちなみに本作の敗北エッチは怪人ごとにあるものの、敗北エッチがあるヒロインは限られていて↑の怪人「スラてん」はアイコンが示す通り、ユスティーアで挑んで敗北しないと敗北エッチが拝見できない。ツキカゲやナユタで挑んで敗北しても無駄無駄無駄!エロはないからな。

更に。敗北エッチを拝見する前提として「ヒロインが処女を失っている」という条件もある。処女だと敗北エロが発生しないのだ。また敗北エロだけでなく戦闘エロや探索中のエロでも処女だと本番がない(ソフトエロや本番以外はある)。処女を失うには冒頭で書いた「プレイヤーのとある選択」が必要。これに関しては後ほど。


▲怪人に挑む、一緒に戦う魔法少女を選択


▲怪人に挑むと即怪人と戦闘になるのではなく、きゃつらが結界内に捕らえた市民たちを救助するべく結界迷宮に挑むことになる


▲「探査開始」を選ぶとランダムで1~6の数字カードを引き、それに対応したイベントが発生。↑の場合だと1でランダムイベント、2でエッチなトラップ、3でエッチなNPCイベント、4で何もおきない、5で巫力回復、6でHP回復


▲3のエッチなNPCイベントはこんな感じ(特にステータス変化はない)


▲イベントをこなすとダンジョンを進む。画面上部の「目的まで」の数値が7→6になっている。この画面での2と3はザコ戦闘。いわゆるランダム(イベント)ダンジョンとはいえ戦闘が発生することも多く、準備はしっかりしておこう

▲アイテム・とくぎを選択すると主人公のアクションを使える。一番重要なのは応援で戦意を上げることかね。次いでアーマーブレイクを直す衣服修繕、式神召喚を使うとトラップなどの次のランダムイベントでのダメージなどを無効化できる


▲戦闘で「応援」を使う。主人公は顔なしかと思いきや、ダンジョンや戦闘でのスキル使用時にこのような顔カットインが入る。こんな顔なのか~かっけぇじゃん


▲NPCエロイベント発展系


▲こうなる。抵抗するで確率で抜け出す、式神召喚で確実に脱出(回数制限がある)。諦めるを選んだ場合どうなるのか試してなかったな… 多分だが前述のとおり処女だと本番エロイベントにはならないんじゃないかね。処女を失っていれば立ち絵エロで本番されちゃいそうだな


▲出た数字でのイベントが嫌なら巫力を消費して数字を引き直すこともできる(巫力大事だろぉ)


▲その場合レアを引くこともあって、↑の場合は5・6のイベントを任意で選べるという


▲その結果、5のレアな宝箱か6のNPC会話を選択できた。巫力は重要ゆえぽんぽんとこの選択はできないが、ここぞで引き直すのも結構大事かなぁと


▲結界ダンジョンを踏破!(目的地まで、がゼロに到達)


▲怪人との戦闘に。まぁダンジョン最奥のボス、みたいな感じだな。ボス戦でもヒロインの戦意を上げる応援はとても有効、できれば常にMAXの150にしておきたい(マジで与ダメに大きく影響する)


▲主人公の回復スキルもなかなかいい効果。敗北エロを手っ取り早く見たいなら自爆ちゃんを使おう。まぁ彼女はまだ処女だから敗北しても敗北エロは無いけども


▲怪人(スライム)を倒し次のターン(翌日)へ


▲女医の提案で姉妹を家に送り届けるイベント。本作ではこういう幕間の選択肢が多く各ヒロインの好感度に影響する

各ヒロインの破瓜イベントを経てエロが本格化

ターンを進めていくと、中立の立場だけどもヒロイン達を貶めて発生する「SP」が欲しいから協力してくれない?という「魔女」が現れる。彼女とはもちつもたれつな関係になる。


▲SPを消費して魔女(ちんまい)からアイテムを入手できる。商品拡張チケットを購入するとラインナップが増えていく。ちなみに彼女の身体をクリックしまくって触ることもでき、SPを消費して脱衣なども可能

彼女はSPが欲しい、主人公にヒロイン達をエロに誘導してほしいと。要するに、ヒロイン達をエロい目に合わせるほどSPを入手して攻略が楽になる寸法だ。

また、3ターン目の主人公フェーズを終えると


▲魔女はヒロイン達をザコちゃんと呼ぶ(彼女自身もヒロインの1人、少なくともサブヒロインだと思うが)


▲3人のヒロイン達にはこれから過酷な運命が待っているらしく、だからそれで得たSPを使ってアイテム買ってよねw ってことらしい。そしてこのイベント後から

▲女の子フェーズで各ヒロインの「孕辱」を選べるようになる。これを選択することで各ヒロインが破瓜、ダンジョン探索で本番されるようになり、敗北エロも発生するようになる。冒頭で言った「プレイヤーのとある選択」はこれだ。これを選ばなければエロが発展することはない。例えばナユタでこれを選択すると…


▲ナユタの可愛さに多くの野郎共が神社にお金を落としてきたが、主人公と一緒に親しげにしているところを見た野郎が思い込み嫉妬クソ野郎にジョブチェンジ


▲レイープされてわからされてしまう。ドイヒーな描写だ


▲翌日イベント発生。犯されたことを隠したいナユタ


▲本作ではヒロインがエロられることでSPを獲得する


▲と当時に調教が上昇、健康や精神は下がる


▲更にターンを経過するとナユタ妊娠イベントが発生(わかりづらいがボテ腹になっている)。このあと「女の子ターン」で「休憩」を選ぶことで出産が可能となる

ちなみにNPCや敵などに陵辱されるごとにバッドステが付く。また「孕辱」イベントは段階的に進行し、どんどんひどくなる。段階を進めるかもプレイヤーの任意。


▲痛いのはイヤじゃLvMAX。このイベントは初回の次がMAXで2段階イベント、ゲームを進めるほど孕辱イベントは増えていくのだろうな。また孕辱イベントを発生させるほどに右下の特記事項(バッドステ)が付いていく


▲痛いのはイヤじゃイベントのLvMAXは輪姦。更にヒドイorz 可哀想すぎるけど我輩はイケる。他2人のヒロインにもナユタ同様にヒドイ破瓜イベント、からの段階イベントあり


▲破瓜するとダンジョン探索でのトラップ等でのエロでも本番に発展することも


▲これはツキカゲのボス敗北イベント。こちらも破瓜を経ると発生(破瓜してないとイベントなしで逃走)

こんな感じのちんまい魔法少女とちんまい魔女、男主人公の物語。各フェーズで何を選択するかが攻略に大きく影響するSLGライクなRPGかな。

ひとつだけ、女の子フェーズでのみ拝見できる数値(健康・精神など)も編成画面でまとめて確認できるように、且つどのフェーズでも編成画面を開けるようにしてほしかった。各数値や状態を各フェーズでしか確認できないのは不便、行動選択時にあらためて数値を確認したいシーンが多々あったし。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite

サークルさんの過去作

素晴らしき世界の為に!! 体験版感想・レビュー
素晴らしき世界の為に!! 想見茶屋 SLG 1,200円(税抜) 【基本情報】♂主人公 ツクールVXAce製 バランス型 難易度:普通 【体験版評価】7.8/10点 (面白さ7 システム8 没入感8 エロス8) 【ゲーム情報】ターン経過ありの地域侵略型SLG エリア侵略時はスゴロクゲー ターン制コマンドバトル 1(団)vs複数 逃走コマンドなし メッセスキップなし セーブはスゴロク中か拠点で UIオリジナリティ:高...

コメント