エロRPG「神殿と娼婦」 LIMIT CYCLE

神殿と娼婦 体験版感想・レビュー

思うところがあって旅に出たベテラン冒険者、それがあなただ。旅路の末、路銀も尽きてきたころ「男への奉仕を教義とする神殿」のうわさを耳にしたあなたは興味を抱き、神殿を目指すことにした。今あなたが立っているのは村の入り口、目的の場所は村と森を超えた先にあるようだ。

そんな導入から始まる、ゲームブック風ADVRPG第二弾である。体験版をプレイした率直な感想としては、前作「ダンジョンと娼婦」で特によかった「レトロアナログ感とリアルファンタジーな世界観」がいちだんとパワーアップ、物語への没入感とロールプレイ感が更に高まっているなぁと。戦闘などのゲーム性をあえて簡易化・削ぎ落したことで作業感が薄れ(戦闘回数は明らかに減った)、「次は何が起きるんだろう」というゲームブック特有のドキワクが詰まっている。

エロ要素に関してはダイレクトなエロ描写というより雰囲気重視(もちろんCGはエロいけども)、没入の深さからくる臨場感の高さがウリかな。

【体験版評価】8.3/10点 (面白さ8 システム8 没入感9 エロス8)


▲体験版では物語序盤(神殿入り口まで)をプレイでき、おまけとして製品版範囲でのエロシーンを2つほど


▲本作では主人公が駒化、この駒を動かす(マウス・キーボード両対応)ことでマスを移動していく。ゲームブック風なだけでなくボードゲーム感もある。いやーレトロな雰囲気いいなぁ、弾むような駒の動きにも拘りを感じる


▲各マス上でZキーを押すと情報が表示されたりイベントが発生するぞ


▲さぁどうする?こんな選択肢の連続で物語が紡がれていく


▲ふむ、もうちょっと散策してみよう、森へ続くせせらぎの小道、ここで「はい」を選ぶと


▲初戦闘に

戦闘はプレイヤー・敵それぞれ「2D6(6面ダイス2個振る)+技術点」の値が高い方が勝利、これは前作と同じだ。ただ前作では敗北しても「体力点が減る」だけで済んだが、本作では「体力点」の要素はなくなっている。ほな敗北したらどうなんの…?GAMEOVERである。そして前作と同じくオートセーブ仕様ゆえやり直しはきかない。思いを込めてダイスを振れ…!

というだけなら運ゲーになってしまうが、幸運点を消費して技術点を補正する「祈り」システムを活用しよう。これも前作と同じ仕様なんだが序盤をプレイした感じ、前作より幸運点が入手しやすくなっているような?ゆえに前作より気軽に「祈り」を使用できるかと(あとベテランというだけあって始めから技術点が高い)。いやあまりにカジュアルに使い過ぎて詰んでも文句は受け付けないが。


▲まぁこの戦闘に限っては、敵のダイスロールが必ず最低の出目でどうやっても負けない配慮がしてあるけども(勝っても特に何も得られない、戦うだけ無駄)


▲森の入り口。森に進むことももちろん可能。進んだ場合一度だけ技術点とダイスロールによる判定があり、成功すれば翌朝神殿に辿り着く


▲まぁでも宿で一泊が無難だろう。折角だからお酒も頂きますか、出会いがあるぞ


▲宿の酒場を切り盛りする娘さん。例の神殿の話は1年で今の時期「祭り」の期間だけなのだという。めっちゃタイミングよかったんだな

例の話について詳しく聞くと、祭りの時期は神殿の巫女たちだけでなく地元の女性も神殿に上がり、コイン数枚で売春しているらしい。素泊まりするだけコイン10枚の土地で、だ。それだけに祭りへ参加する男性は年々増え、職業売春婦の女性も出張ってきているようだ。

そして驚くことにこの娘さんも明日から参加する、と。


▲別席で酒盛りしている農夫たちは既に参加し今日帰ってきたらしい


▲神殿では知り合いだろうが関係なく奉仕する、ただそれは神殿の中だけの話でそれ以外での売春は一切しないらしい


▲翌朝、宿の娘の馬車で一緒に神殿に向かうことに


▲神殿に近づくにつれ昨晩見せた顔とは全く違う顔になっていく。うむぅ神殿探索が楽しみ、しかし同時に得体のしれない蠢きを感じるような


▲さぁ着いたぞ。娘と別れ、神殿へは参道を徒歩で昇っていく。たったこれだけのマップだが多くのイベントが発生するぞ

神殿は元々古城だった建造物で領主が教団に寄進したもの。ゆえに険しい場所にある。その領主の娘も巫女として神殿に仕えているとか。


▲茶屋で一服していると…助ける?


▲颯爽と現れた娘さんが老婆を魔法で治療する。育ちの良さそうなこの娘はもしや…


▲御朱印とお金を得る

この御朱印、様々なイベントでもらえる(買春でももらえたり)。売れば結構お金になるものの、「神殿の巫女さんたち」にご奉仕してもらうのに必要らしい。集めよう。


▲石段を上り切り山門をくぐると石段エリアには戻れない、一方通行だ


▲早速エロいことしてるやん


▲別に陵辱されているわけではない、彼女が求めるプレイなのだ。ここはそんな非日常が当たり前の場所


▲山門広場を抜けると屋台エリア


▲屋台を覗くと怪しい教団アイテムが売られている。どちらも幸運点があがるため買っておくが吉


▲裏道を抜けると奇妙な雰囲気の店が現れる


▲水薬を買うとイベント、ダイスロール


▲強力な媚薬まがいのヤバい薬だったようだ…


▲エロシーンに突入


▲エロシーンを拝見できたうえに技術点+1!うぇーい!ちなみに先ほどのダイスロール判定で失敗するとエロは拝見できないが技術点+6。後悔はしていない


▲屋台エリアではスリイベントも発生


▲このマスは「闘技場」だ。魔物と戦士が1VS1で戦う。賭けることもできるし戦士側として参加することもできる


▲賭けに勝てばもちろん所持金が増える


▲なんと戦士は女戦士…?


▲戦士として参加した場合は戦闘に


▲勝てばかなりの額をもらえる。命の対価としては大安売りだけども


▲鐘楼。ここであの娘と会える


▲この判定で成功すると


▲宿の娘発見!たった1コイン、誘わざるをえない!


▲若干プレイヤーのエロテクを求められる選択肢


▲娘さんを満足させるならエロでも技術点と幸運点は必要だ


▲あの純朴でハツラツイメージの宿の娘がこんな…うっ(発作


▲娘さんが意識を失うまで満足させたことで御朱印ゲット。神殿入り口に辿り着くと体験版終了だ

という感じで、雰囲気バツグンな作品。ゲームブックやTRPG、ボドゲで遊んだことのある紳士であればあの没入感の高さが本作でも感じられのでは。なんかあれだな、エロ同人の枠を超えてアナログゲ―スキーにもこの手触りの良さが届くといいんだがなぁ。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 1,800円→1,440円(20%OFF 4/07 16時迄)

前作「ダンジョンと娼婦」

ダンジョンと娼婦 LIMIT CYCLE アナログ感を大事にしたエロRPG
LIMIT CYCLE 男主人公 Unity製 バランス型 難易度:ダイスロール ダンジョンと娼婦 レビュー その日暮らし的にダンジョンに潜り食い扶持を稼ぐ冒険者家業の男が主人公の、Unity製ゲームブック風ノンフィールドADVRPG。魔王を倒すとか大仰な目的はないし、日銭を稼ぐ目的ではあるが本作にはお金要素もなかったりする。ビジュアル、UIやシステム、テキストで表現されるゲーム進行や演出と挿絵的なCGは落ち着いた雰囲気で、非常...

コメント