エロARPG「シェリル~金色の竜と遺跡の島~」  ぱっくりパラダイス

シェリル~金色の竜と遺跡の島~ 体験版感想・レビュー

高飛びした先輩錬金術師・デボラに代わり工房を立て直すべく、主人公の錬金術師・シェリルが未踏のダンジョンを探索・採取してギルドやNPCの依頼をこなしていくツクールVXAce製のARPG。探索のメイン舞台となる「古代遺跡の大穴」はメイドインア〇スのような、各階層に多様な生物がいて文化や世界を形成している場所だ。第一階層はゴブリンやエルフが棲む森の世界となっており、最奥にはエルフの集落がある。いにしえのゲームで例えるなら「魔界塔士SA・GA」っぽくもあり。主人公は最上層の街に錬金工房を構えており、そこを拠点として大穴に潜っていく感じだ。

操作キーはやや多め、まぁARPGだしな。

Z…武器で物理攻撃・決定
X…メニュー・キャンセル
D…スキル発動
Q…スキルチェンジ(メニューからでもおけ)
S…アイテム使用(メニューからでもおけ)
Shift…メッセージウィンド消去

【体験版評価】8.9/10点 (面白さ9 システム9 没入感9 エロス8.5)


▲こんな感じの独特なキャラチップアニメ多し


▲主要キャラ登場時、このような専用CGあり


▲工房の主であり先輩錬金術師のデボラ


▲デボラが仕事をせず借金をこさえ赤字続きの工房。デボラと主人公の師匠であるルーカスが直々に訪れ、「猶予期間内に経営を立て直すことができなければ錬金工房認可の取り消す」と。ちなみにデボラは左のタルのところに隠れている


▲飲み屋などでツケを繰り返し支払いをせまられるデボラは高飛びする。借金と工房はお前にまかせたー!おまえならできるー!


▲こういう先輩でした


▲要するに先輩が高飛びし主人公だけになった錬金工房を5つ星の工房にするべく「古代遺跡の大穴」に潜り素材を集め、依頼を達成しつつより深く潜っていくARPG。最初の段階、一つ星になるためには名声20,所持金1万といくつかの錬金アイテムが必要となる。満たした状態で「錬金ギルド」にてルーカスと話すと一つ星工房(体験版ではここまで)になるぞ


▲前作「リズベル」のメニュー背景を継承、メニューを開くだけで「うわ、これエロいゲームやん!」と直感的にわかる仕様

遊んでみて印象的だったことは2つ、まずARPGとしてかなり楽しめるシステム・仕様になっていること。ツクール製なのに斜め移動はもちろん斜め方向攻撃も可能で、また当たり判定もツクール独特な「マス仕様」でなく見た目通りに当たる。いや、通常攻撃であるZ攻撃(物理)は見た目以上に当たるし攻撃範囲も広く、敵出現数が結構大量な場面も多く爽快。反面被ダメは結構大きめのため(装備やレベルにもよるが)、ザコ戦では先手必勝、かなぁと。まぁ弓や投石、魔法など遠距離攻撃してくる輩も多く、最初に魔法をガンガン撃ってくる妖精(速度の速い雷魔法)と戦闘になった際は「なんだこいつら―!」と敗北。一度見れば回避行動がとりやすいため、次は楽勝でしたがね。こんな感じでボスを含め「初見の敵」との遭遇は常に緊張感があっておもしろかったなぁと。ついでにいえばレベルも上がりやすく、レベリングを意識すればサクッと強くなれるし、錬金で装備を作っていくことでも強くなれる。


▲Zで武器による物理攻撃、Dでセットしているスキル発動(Qで切り替え)、Sでセットアイテム使用。Zでの攻撃はTPを消費、序盤は杖による3連撃(弓など他の種類の武器もある模様)。TPはスグに自然回復するため、TP切れになることはない(強力な武器ほど減るのかね)


▲武器種類にもよるが、デフォの杖でも前方2マス×左右の攻撃範囲(マスの概念はないけど)で結構広範囲で攻撃可能。且つ与ダメがデカめな反面、被ダメもデカめで緊張感がありつつ爽快感も高いシステム。地味にいいのが「攻撃ごとに1マス前方に進む」仕様、これによりノックバックする敵にゴンゴン追撃が入る。ダメージも取得EXPとお金もポップアップ、とてもわかりやすい。CHAIN数が伸びるほどなにかしらのボーナスが入る…?っぽい


▲初見の敵は大体強い。レベルのこともあるが未知の攻撃を行ってくるからだ。ピクシーは雷撃魔法を使い、まぁ慣れれば回避も可能かな、という。回復魔法をセットしておいた方がいいかも(ただ回復魔法は発動までちょっと時間がかかるという弱点もある)


▲エルフの村で騎士・ギルノールとの一騎打ち(イベント戦)


▲炎の魔法が役立った。まぁ近接戦でも楽勝だったけど


▲体験版ラストのボス、ゴブリンキング。エルフの娘を肉の盾に使うため、側面か後方からしかダメを与えられない。こういう強大なボスが各階層最後に登場するようだ

前作「Lizbel-リズベル-」はRPGだったが、本作はARPGとなりぶっちゃけ大正解だと思う。このテンポのいいARPGシステムとダンジョンでの素材採取は親和性が高いのだ。まぁその辺は本家の方でも証明されているわけだが、エロ同人ゲーとしてここまでシステムを作り込んでいることが素晴らしい、と思う。


▲ギルド、または直接NPCから依頼を受けてダンジョンで素材を採取


▲素材を入手しても「レシピ」を習得していないと錬金(調合)はできない。レシピはお店で買えることも多いため入手しておこう。入手したレシピは工房で読めるぞ


▲錬金(調合)画面。レシピがあるアイテムが表示され、素材が全部集まっているものは白字表示。武器や防具も作れるぞ


▲複数のアイテムを一度の調合で作成できる(調合演出が1回で済む)


▲冒険者ギルドにも「等級」があり、昇級試験(特定の素材を納品したり)でランクアップしていく

あとは、全てにおいてめちゃめちゃ作り込まれてるなぁと感じたこと。主要な人物との初遭遇では専用の立ち絵表示、錬金や掃除などちょっとした行動時にドットキャラチップが専用アニメする&ワンポイントCVあり、VXAce製とは思えないほどマップが美麗だったり。まぁ手が込んでるなぁと感じる場面は多々ある。


▲特に「ここまでやる?」と思ったのはメニュー、HPのところに「元気いっぱい」、MPのところに「魔力充分」、また各身体パーツにもコメントがある。これらのコメントは数値により段階的に変化、冒頭の序盤メニュー画面と比べてみてほしい


▲本作では細かく様々な「実績」が搭載されており、解放してくことで「実績ポイント」が貯まっていく


▲実績ポイントはスキルツリーでスキルを習得したり


▲拠点の工房で能力値を底上げが可能。エロ含めいろいろなことを経験していこう


▲ちなみに工房では寝る、錬金以外にシャワーを浴びたり風呂に入ったり(なんちゅーポーズで風呂に入っとるんや)


▲トイレでおしっこしたり。シャワー、風呂、トイレにイベントが仕込まれている作品は芸が細かい


▲しかもおしっこすら素材としてゲットできる錬金ダマシイ!(愛液や髪の毛も素材)

サークルさん特有のブラックジョークもふんだんに仕込まれており、例えばトラム(各階層間でのファストトラベル装置となる電車)で最初の街から移動すると、自動で進むトラムの線路上にいるNPCが轢き〇される&その際「謎の肉」をゲット(素材)、1回層終盤のイベントでは燃えた森跡地に「焦げた肉」が多数落ちている(素材)、「お姉ちゃん大好き!今度ボール遊びしようね!」と約束したエルフの少女がゴブリンに蹴られて死亡する場面に遭遇し「〇〇ちゃん自身がボールになっちゃうなんてあんまりだよ…」とつぶいてからゴブリンと戦闘になったり(ちょっと怖さを感じだなw)。


▲駅からトラムを使いファストトラベル可(ちなみにナビ、という看板からは工房やギルドなどに自動移動可能)


▲こんな感じで


▲トラムが線路を疾走するわけだが、線路上にNPCががが!


▲えっその肉なに… ちゃんと素材として使えるorz

「神は細部に宿る」というが、本作はその言葉がふさわしい、と思った。

エロに関しては基本的に敗北エロとNPCエロの2種がメイン。ただ敗北エロはザコ含めすべての敵にあり、ザコ敗北の場合はそれなりに大きめのドットアニメ+テキスト(フィニッシュまであり)、ボス戦ではCG+テキストの濃いやつ。敗北した場合は工房からのリスタートとなる。NPCエロは基本的にハートマークがついており、主人公の「名声」と「淫乱度」がフラグとなっているかと。またダンジョン内でもNPCハートマークイベントがあることもあり、ドットアニメやCG+テキストのこともあり、要するにドットアニメとCGシーンがあるよ、と。立ち絵のあるサブヒロインのエロも多数。


▲敗北ドットアニメ


▲20種以上あるでよ


▲わずかお金10で宿泊できる馬小屋。HPとMP20%回復。まぁ工房で無料で全回復できるのだが、エロイベントはこういう場所に泊まることでも発生するものもある。エロイベント多数のスラムもあるでよ


▲NPCエロは段階エロ、最初は主人公を見てこういうエロをしたい、という妄想シーンが多く、その後妄想を達成、みたいな


▲銭湯を覗いているエロジジイに話しかけると


▲こんな娘が銭湯の混浴に入ってたら…とジジイの妄想劇場が始まり


▲こんなことになっちゃうじゃろ!


▲今はあくまで妄想だがそのうち実際そうなる!というフラグでもある。もっとハードな妄想もある


▲衛兵詰所での変態衛兵の妄想


▲王城への階段にはつむじ風が…


▲つむじ風にふれるとスカートがぶわーっ!となるわけだが、その際「ぱんつはいてたよね?」と選択肢が出て


▲履き忘れた、を選択するとこんなかんじ

気になった点としては、VXAce製なのにたまに処理落ちする(そこまで気になるラグではないが)こと、これに関しては「おま環」なんだろうか?さすがにVXAce製のRPGで処理落ちしたことはないのだがなぁ。達成した依頼(クエスト)を拝見できないのもちょっと気になった。あとは前述のブラックジョークが紳士によってはあわない(割とシリアスなシーンでもある)かもしれん。まぁこの完成度を前にしては些事なんだけども。

体験版ではできなかったが、製品版である程度話を進めるとほぼ全NPCから「盗む」が可能で、盗むを含む悪事をはたらくと「わるい子ポイント」が貯まり、そちら方面のエロもありそうだ。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 2,500円(税抜)

コメント