エロRPG「セラと女神の闘技場」 彼は誰時

セラと女神の闘技場 体験版感想・レビュー

新米冒険者セラが奴隷剣闘士として戦うMV製RPG。自由になるためのお金を稼ぐのが目的だ。旅の途中、海難事故に遭った彼女が目を覚ますと、女神エルシュケルナに仕える「司祭長」にその身を買われ「祭儀奴隷」にされていた。司祭長が提示する金額を稼ぐことで自由の身になれると。

多くの剣闘士モノエロRPGがそうであるように、割とこじんまりとしたエリアで構成される街が舞台となる。お金を稼ぐ手段は剣闘士として戦う以外にも多数用意されている。その辺を歩けばいくらでもキラキラポイントで「10G」を拾える(手間さえかければこれだけでクリアは可能)し、地下道ではレベリングを兼ねてお金稼ぎ、また夜の商業エリアは売春フェスティバルの様相だ。

エロに関しては剣闘士バトルでの戦闘エロ・敗北エロ、売春や「淫落値」を条件としたNPCイベントなど。異種姦が多いかな、陵辱シチュもあるがすぐ順応する快楽系でその意味ではライト。

【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム8 没入感8 エロス8)


▲ゲームを開始して数クリックで海難事故に


▲気づけば知らない天井。そこに現れる女性。海に落ちた記憶から「助かったんだ私…!」と喜ぶも


▲「司祭長」と名乗る女性は奴隷商から主人公を買ったらしい。教会が堂々と「奴隷」を所持するとか珍しい世界観だ


▲教会所属の「祭儀奴隷」として稼ぎなさい、と


▲どうやらこの「城塞都市エルメナシュ」における闘技場は資金源である以外に、住民のガス抜きとなっている様だ

ちなみに体験版で司祭長に提示される額は

なんだが。ぶっちゃけ10000程度、体験版範囲でも稼げる。そして10000を司祭長に渡すと普通にクリアできてしまう。


▲司祭長に10000マナを渡すといつでも自由の身に(クリア)。オープニング当初はヒドイヤツだ!と思った司祭長、実はとてもいい人っぽく、しかも彼女自身、昔、祭儀奴隷だったらしい…

ただこれは体験版限定のクリア条件らしく、製品版ではもっと高額設定らしい。おそらくだが、単純にお金を貯めてクリア、はごくごくノーマルなENDになるよ、ということではなかろうか。


▲10000マナ貯めてのEND。「俺たちの戦いはこれからだ!」的な短いEND

司祭長は悪い人ではない、なにかしら理由があって主人公を祭儀奴隷にしたのだろう。まあ事故に遭い気付けば奴隷にされていた主人公の身としてはたまったものではないが。その辺の事情を探っていきつつお金を稼いでいく、トゥルーENDはそんな設計かと。

舞台となる都市の案内 コンパクトで覚えやすい


▲セラの部屋。いつでもベッドで休むことができる

本作では昼・夕・夜の3つの時間帯があり、剣闘士として戦う(昼・夕のみ可)、イベントに遭遇するなどで時間帯が進むのだが、ベッドで仮眠をとることで時間帯を進めることもできる。エロを含むNPCイベントは特定の時間帯しか発生しないものも多く(条件は回想部屋で確認できる)、時間帯調節は結構頻繁に行うことになるだろう。


▲各所へのファストトラベルは最初から完備。まぁファストトラベルを使わなくても不便に感じない程度にコンパクトなマップだがあるに越したことはないか。「秘密の部屋」は回想部屋だ


▲風呂にも任意で入れる。エロシーンなどで立ち絵がぶっかけ状態になったのを洗い落とせる。ぶっかけ状態によるデメリットは特にないけども


▲風呂に入ると、立ち絵がトコトコと中央に歩いていき(この演出は他イベントでも結構使われている)


▲一枚ずつ、全裸まで脱ぐ演出。なお入浴中のシーンはない


▲メニュー画面。必要な情報はここで全て確認できるため便利。エロ含めたイベントのフラグとしては画面上部の「名声(剣闘士として勝つたびに上昇する)」と下部のエロステ「淫落値」が絡んでくる


▲部屋を出ると食堂的な休憩室。この都市にいる剣闘士は2種類、彼のような自らの意思で戦う剣闘士と、主人公・セラのように教会の「祭儀奴隷剣闘士」として戦う者。まぁ奴隷剣闘士は今現在主人公だけなんだが


▲食堂を出るとこんなマップ。各マップの随所にあるキラキラポイントでは10マナ拾える。しかもマップチェンジのたび復活するため、実質これを1000回繰り返すだけでも体験版クリア条件を満たせる。最初の内はお金がないゆえ、こまめに拾うことで買い物に役立つぞ


▲渡り廊下から礼拝堂前へ


▲礼拝堂 夜は司祭長がおり、お金を渡すと前述のクリアとなる


▲こんな感じ。時間帯は画面左上の☆欄の色で判別できる。青は昼、オレンジは夕、紫は夜だ


▲礼拝堂では「祈る(無料で回復)」の他、魔法を購入することもできる


▲炎・氷・土・雷・回復の5種の系統があり、それぞれでいくつか種類がある。ファイアなら習得に1000マナ必要。剣闘士バトルではスライムなど物理に強い相手もいるため魔法はあった方がいい(アイテムで代用もできるが)。特にファイアとヒールは序盤重宝するかな


▲礼拝堂前から闘技場中央へ。ここは観戦客の受付がある。ここでチケットをとると主人公は客として観戦することになるが、観戦以前に人混みの中痴漢される。要するに痴漢シチュ段階エロイベント用だ


▲50マナの席のチケットを買う。てかそれしか買えんし


▲50マナの席は立ち見席、客がごった返す中、ケツやらなんやらを触られる痴漢イベント。本作のエロは基本的に段階エロだぞ。10000マナの席ではどうなるんだ…


▲闘技場中央マップ右上から行ける娯楽施設(カジノ)。夕方以降に入れる。カジノ的なミニゲームはないがいろいろ情報が聞けるぞ


▲闘技場中央から南に向かうと商業エリア。ここでしか買えないアイテム、装備品も多数ある。本作で購入する装備品は腕輪や指輪などのアクセ類、武器や鎧などは体験版では固定だった


▲こんな感じでな


▲闘技場中央の下り階段を降りると剣闘受付へ。剣闘士として試合する場合、この騎士に話しかけることで戦う相手を選んでGO!↑は初回会話でいろいろ情報を教えてくれている、コイツはいいやつだ


▲剣闘受付左上から行ける訓練場。ここで100マナ支払うことでとあるステータスがアップする。試合前の調整に使ったり使わなかったり


▲訓練所を通り抜けた奥の階段を降りると留置所。ここで結構エロイベントがあるぞ


▲例えばこの老魔法使いは「パンツを盗む魔法」で捕まっており、話しかけるとノーパンになってしまう

本作のマップはこんな感じ、ほぼすべて紹介したと思う。多そうに見えるかもしれんが、大体どのエリアも1~2画面程度でコンパクト、構造もシンプルなためすぐ覚えるだろう。


▲主人公の前に祭儀奴隷だったダークエルフ。1年前は奴隷剣闘士として戦っていて、自由の身となっても剣闘士をしているとか。なんで?と問うと「安全にお金を稼げる」「気持ちいいこと好きだから」と


▲礼拝堂から見える「創生樹」には女神が宿っており、この都市の教会、司祭長はその女神に仕えている

闘技場で剣闘士として戦う 戦闘エロいっぱい

本作では自由との身となるべくお金稼ぎが基本であり、剣闘士としての戦いを強制されるワケではない。前述のとおり、昼・夕・夜の時間帯それぞれで行動してお金を稼いだりエロをみたり、レべリングしたり。

とはいえ、闘技場で戦うことはレベリング、お金稼ぎ、更には名声稼ぎも兼ねており、本作のメイン要素。これを主軸とし、NPCエロイベントなどをサブとして行動を組み立てていく感じになる。


▲当初は下級試合で。てか体験版ではそれしか選べない


▲どいつと戦うかを選択すると戦闘へ。この4択は日によってある程度ランダムで「おばけきのこLv9」など、それなりに変化がある。自分以上のレベルの相手を選ぶとエロ攻撃を受けやすいぞ(TPが貯まりにくいため)。まぁ当初の主人公はLv5、誰を選んでもエロられずに進めるのはちょっと難しいかも

闘技場での戦闘は主人公と敵のレベルによるが、同レベルなら結構それなりに手ごたえある戦い、相手の方がレベルが高いなら手強い印象だった。なにしろ毎ターン被ダメ+エロ拘束攻撃を行ってきて、レベルがこちらの方が高い場合はエロ拘束回避率は高くなるが、同等か相手が上だとかなりの確率で受けてしまう(厳密にいえば貯まったTPの値が多い程回避率が高くなる)。


▲一番弱いゴブリンLv5を選択


▲闘技場での戦いでは、相手から攻撃される度に


▲同時にエロ(組みつき)攻撃を行ってくる。敵の攻撃は全てエロ攻撃を兼ねている、という。抵抗する、を選ぶも


▲脱出確率は低く失敗。取りつかれたまま次のターンへ(行動制限は特にない)


▲組みつかれた状態で2T経過すると、組み敷かれ。「身を捩る」にも失敗すると


▲こんな状態になってしまう。エロ決定~


▲挿入された


▲フィニッシュまで確定。尺はそこそこある

要するに、本番エロされたくなければ、組付き状態での2Tの間に振り払う必要がある。まぁそれは確率で、主人公が相手のレベルより高ければかなり楽に脱出できる。


▲犯された後は「あきらめる」で更なる敗北エロへ、「あきらめない」で戦闘復帰


▲「あきらめる」を選択 HPが尽きるまで被ダメ、戦闘エロ(立ち絵エロ)が継続


▲同じ敵でも立ち絵エロはいくつかバリエーションがあり


▲ゴブリンだとこの3種かな。もちろん敵ごとに戦闘エロは異なる


▲スライム戦での戦闘エロ


▲HPがゼロになるとこんな感じでエロステ上昇、自室に戻る。勝てば結構まとまったお金と経験値がもらえる。闘技場で戦うだけでも十分強くなれるが


▲初回敗北時は「膣洗浄」イベントが自動で発生、以降商業エリアの「治療院」にいくと膣洗浄イベントを進められる


▲時間経過無しで気ままにレベリングしたい!という紳士は夜の時間帯のみ解放される地下道を利用しよう。ここの敵も闘技場ほどではないが結構強い、ヒールや傷薬など戦闘以外で使える回復手段がほしいところ。結構奥まで続いている様だ


▲主人公はデフォで「女神の加護」という強力な回復スキル(TP消費)をもっているのだが戦闘中のみしか使えない。闘技場での戦いなど連戦しない戦いでは便利だが、地下道のように探索・連戦する場合ヒールや傷薬があった方が楽。また地下道でのキラキラポイントは100マナ!お金稼ぎとレベリングにもってこい。ちなみに戦闘エロや敗北エロはなし

夜の商業エリアは売春フェスティバル


▲昼は健全な商業エリア、夜は売春エリアと化す。お金を稼ぐ、エロコンプするならここもハズせない


▲淫落値が低いうちは「本番なし」のポリシーのもと稼ぐことに。こいつは「オナニー見てて」男、ぶっかけられる


▲手コキで500マナ。悪くはない(簡易GIFアニメ的な簡易アニメあり)


▲こちらも手コキだが構図が違う(簡易アニメ)


▲ドエムな男、これで1000マナはいい仕事、主人公も若干悦に浸ってるし

一晩で相手できるNPCは5人、それぞれ段階エロあり。売春フェスティバルは毎晩ここで開催されているゆえ、別に闘技場で戦わなくてもここだけでも相当稼げる。


▲エロステもゴンゴンあがる


▲回想部屋。クリスタルは通常エロイベント、戦闘エロ。下の方のNPC群は立ち絵やカットイン(アニメもあり)的な短めのエロNPC(売春が多い)。体験版だけでもこんなにたくさんのエロがある


▲6日目にしてすでに10000マナ達成。装備品もそれなりに充実、魔法もいくつか習得したうえでだ。昼と夕は闘技場で戦い、夜は売春と地下道レベリング、がルーティンかな


▲ショタ精通手コキなどNPCエロもかなりの数があるぞ

という感じの剣闘士RPGだ。スクショを見て感じたかもしれないが1画面内のNPC数がかなり多く、それぞれがどうでもいい情報(ほぼこっち)、役立つ情報などをもっておりNPCと話しているだけでも結構時間が経過するが個人的には「NPCたくさん派」ゆえ楽しかった。またMV製なのにキャラチップが独特(ツクールっぽくない)、闘技場、地下道含め戦闘に結構緊張感があるバランスでこちらも個人的にいいなぁと。気になる点としては、ヒロインの作画にややムラがあることだがエロさは十分、捗る。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 1,500円→1,275円(15%OFF 7/05迄)(税抜)

コメント