エロRPG「隷属調教 不良男子校の餌食になるエリート女子校生徒会」  No Future

RPG

隷属調教 不良男子校の餌食になるエリート女子校生徒会 体験版感想・レビュー

「栄智女子学園」の生徒会メンバー3人が主人公、彼女たちが不良ばかりの学校「安久道」に乗り込んで成敗するも、油断したところに卑怯な手を使われて陵辱調教されていく、MV製作品である。一応RPGという体(てい)ではあるものの、RPGパートは主人公達が安久道に乗り込んで武力で制圧する1話のみ、2話以降も多少のRPGパートはあるものの、ほぼ自動エロイベントを見ていく感じかね。

ゆえにサークルさんの十八番であるヒロピンRPGを期待している紳士は留意、戦闘エロも敗北エロもないぞ。一度は倒した相手に卑怯な手で主人公達ヒロインが捕まっていき、陵辱調教されていく様を見ていくのがメインの作品だ。RPGパートはメインディッシュを引き立たせるオードブル的な役割。本作は元々デジタルノベル的な形式でリリース予定だったが、強い主人公ヒロイン達を1話のRPGパートで表現するためにMVで制作したらしい。

【体験版評価】8.3/10点 (面白さ8 システム8 没入感8.5 エロス8.5)


▲タイトル画面


▲栄智女子学園の生徒会室。生徒会長の鈴乃、3人の主人公中ではもっとも主人公らしいキャラかね


▲鈴乃の妹で生徒会・会計の玲奈。この街にはこの女学園と不良だらけの男子校・安久道があり、安久道の輩に絡まれる女子生徒も少なくないが、ここのところエスカレートしてきているようだ


▲普段から生徒会役員で街を巡回して、絡まれている女生徒を助けて(安久道の輩をボコる)はいるが、それだけでは手が回らなくなってきたと


▲安久道のトップにナシをつける(旧い言い方)、わからんようならぶっ飛ばす。彼女たち生徒会の3人はそれくらい武力にも優れている。なんで生徒会役員が強いのか、エロゲでは定石ですぞ


▲そこにもう一人の生徒会役員が街の巡回から帰ってくる


▲きゃつら、うちの生徒だけでなくOLさんにも手を出して見境なくなってきてるよ!ま、ボコボコにしたけど。志保は生徒会副会長


▲はい、こんな感じで安久道に直接乗り込むことに。今から! 話早すぎない…?


▲ここから自由行動に。鈴乃と志保は最初から物理アタッカーとして強い、玲奈は火力は低めの状態異常付与タイプで打たれ弱い


▲アイテム欄には回復アイテムの他、3人の夢があり拝見できる


▲鈴乃は卒業後、海外の学校へ行き経営を学ぶ予定、帰国後は家のために尽力したい。彼女はこんな感じでお堅いお嬢様だ


▲玲奈の夢は、まずは姉・鈴乃が卒業後もこの学園をちゃんと守れるところを見せたい、そしてゆくゆくは姉の仕事を手伝いたい


▲もっとも火力が高い志保の夢は以外にも。特にやりたいことはないができれば服飾関係に進んで、幸せな結婚したい

賢明な紳士諸君であればお気づきだろう、これらはフレーバーだ。これらを読んでおけば、2話以降彼女たちの身に降りかかる不幸が蜜の味に。


▲ステータスで立ち絵を拝見できる


▲生徒会室を出ると全体マップへ。街へ向かおう


▲まずは安久道の生徒を見つけて締め上げてトップの居場所を吐かせる、という作戦


▲押忍押忍っ


▲SHOPに入ってみる


▲今思えばここで所持金1万使い切っても良かった。なぜならRPGとしては1話が山場(1話はイベント戦や中ボス戦が続き、ラストのボス戦は結構しんどい難易度)で、2話以降は主人公達が罠にハメられていく展開でまともな戦闘はない(強制敗北)だからだ。HPを全快するハンバーガーあたりを中心に買っておくとかなり1話RPGパートが楽になるかと


▲この奥にきゃつらがいそうだ


▲強制イベントに入る箇所には「EVENT」と表示されているゆえ、セーブしておくといいぞ


▲きゃつらをこちらに引き付けている間に女子生徒を逃がした。あとはぶっ飛ばして情報を聞き出すだけ


▲スキルを使えばこいつらのようなザコは大体1撃で倒せるがWPが勿体ない

が、1話のボスまでの強制戦闘回数がかなり多いゆえ(シンボルエンカはなくすべて強制戦闘)、ザコ相手はWPを消費するスキルはできるだけ温存した方がいい。通常攻撃を効率よく行いつつ回復は玲奈のスキルや回復アイテムで。ナイフを持った敵が最も攻撃力が高い故、鈴乃と志保で真っ先に倒すといいだろう。


▲ぶっ飛ばしてきゃつらから情報を聞くと、安久道のリーダーは生徒会長の金城だと


▲生徒会長の金城は、不良たちに対し「好きにやれ、全部もみ消してやる」と。それが本当ならとんでもない権力者の御曹司か…?


▲全体マップから安久道へ!ここに入ったらもう後戻りはできんゆえ、回復アイテムはしこたま買いこんでおくべし。我輩は全然買わんかった故めっちゃシンドイ攻略になった


▲なんとなくDT熱血物語の冷峰学園に乗り込む感じを思い出した。童貞ちゃうぞ、ダウンタウンや


▲女子3人でカチコミじゃー!


▲うるせー!しらねー! こんな感じのザコ強制戦闘がかなり多く金城まではまだまだ遠いゆえ、継戦力を考えて効率よく戦え。まぁ回復アイテムをしこたま買ってあるならしんどくはないだろう


▲金城の居場所は2階の生徒会室らしい。あっさりリーダーの居場所を吐くあたり仁義など皆無か、と思ったら


▲どうも金城以外にも、親衛隊の工藤兄弟とやらがかなり強いらしく「お前らじゃ勝てるわけない」と。兄弟とかますます熱血物語を彷彿とさせるなー


▲いくぞオラー!


▲昇降口に侵入。ちょいちょい木箱があるゆえ見逃さんように


▲先に進もうとしたり、特定の場所を通るとこのようにザコが湧いて強制戦闘になる

 


▲ザコは大体この3人セット。攻撃力はナイフ>素手>木刀の順に高いゆえ、ナイフ→素手の順に倒していくと被ダメが少なく済む


▲安久道校内はほぼ一本道で探索要素はほぼない


▲進むとどんどんザコが湧き強制戦闘になる。2連戦などもザラゆえ、ザコ戦の被ダメは大したことはないとはいえ油断は禁物、HP半分以上はキープした方がいいかね


▲ここでも戦闘


▲更に進んでここでも戦闘。とにかくザコ戦が多い!


▲やっとこさ2階への階段を見つけるも、工藤兄弟の弟の方が。ああん?いてまうぞオラァ!


▲工藤弟は流石に左右のザコと比べて火力もHPも高い。まずは玲奈のスキル「フラッシュライト(全体)」を使い「暗闇」にしよう。高確率で暗闇にできて、暗闇は戦闘中回復しないゆえ被ダメがかなり減る


▲まぁそれでも当たるときは当たるけども。ザコはさっさと倒すべし


▲通常攻撃でTPを貯め


▲TPスキルを放て!


▲WP技もそれなりに強いが、ボス戦では威力が高いTP技が主力。WPに余裕があればWP技でダメを与えつつTPを貯めるのもいい


▲志保のTP技、疾風五連撃。この程度のダメージ×5


▲玲奈のTP技。強ダメージを与えつつ、暗闇や睡眠をランダムで与える。主人公達の強みはTPが貯まれば超強力なTPスキルが使えることだな


▲ボスはHPがザコに比べてかなり高い。強力なTP技で削るのが定石で、つまり通常攻撃等でTPが貯まるまで敵の攻撃をしのぐ、HPを回復するタイミングなどが重要になる。ちなみに1話の戦闘はザコ戦もボス戦も敗北すると即GAMEOVERで敗北エロはなし。戦闘エロもない


▲レベルアップもしますぜ。ただ前述のとおりシンボルエンカではなく全て強制イベント戦闘ゆえ、任意のレベリングは不可


▲流石中ボスなだけあって結構消耗してしまった。回復アイテムをしこたま購入してくればよかったんだが、RPGパートが1話で終わる作品だと知らず普通RPGとしてプレイしてたゆえお金温存してしまったorz 結構シンドイ攻略になったなぁ


▲校舎2階へ


▲2階ではよりザコとの戦闘が多くなる。おまえら戦闘員か!


▲ある程度進むと、敗北して逃げた工藤弟と


▲工藤兄が!


▲工藤兄とザコ2人との戦闘に。弟の方は参加しない

工藤兄戦の攻略は工藤弟戦と同じ。弟より攻撃力が高く(攻撃力バフ行動)、玲奈なんかはHP半分程度を持っていかれることもありリスキーなものの、早めに玲奈のフラッシュライトによる暗闇が効けば被弾が減る。とはいえ当たった時のダメはデカい、それなりのHPを維持すべし。


▲さっさと脇のザコを倒してボスに集中したい時こそ、鈴乃の抜刀一閃が役立つ。↑は初手抜刀一閃、HPゲージの減り具合からボスのHPの多さがわかるだろう。工藤兄はHP1万以上あるわ


▲このダメージ。玲奈ならもっと被ダメがデカく、油断すると戦闘不能になるぞ


▲ぐおう、兄強いわ!かなり消耗してしまった。こんな調子でボスの金城倒せるのかぁ?と


▲まぁそれはそれとして。お前の負けだァ!


▲シナリオ上は「プークスクス」だけども。我輩としては「いやもう次のボス戦キツイ」という心情


▲金城のいる生徒会長室まではもうすぐだ


▲道中拾ったアイテムでそこそこ回復しつつ


▲生徒会長室目前でまたザコ連戦


▲やっとこさ金城に辿り着く。傍らには工藤兄弟

「欲しいものは力で奪い取れ」というのが生徒会長の金城のポリシーで、この学校の生徒はそれに従っているだけらしい。どこの世紀末だよ!主人公達の様なエリート層への反逆と言う意味もあるみたいだが。いよいよ生徒会長の金城との対決、工藤兄弟も参戦しての3VS3!RPGパートクライマックスだ。回復アイテムを購入してないとかなりしんどいぞ!


▲いざ!


▲工藤兄弟は先ほどとほぼ同じ強さ(若干弱体化してるか)、金城は更にHPも攻撃力も高い。要するにボス3体を相手にする感覚だ。ここまでの消耗度や所持回復アイテム次第では詰む可能性もある

工藤兄弟には玲奈のフラッシュライト(暗闇)などの状態異常が効くゆえ開幕必須。ただ金城にはあらゆる状態異常が効かん、火力も高いしまずは金城から狩るのがおすすめかな。HPもクソ高いけども。


▲暗闇にしておけば工藤兄弟の火力は半減、MPに余裕があれば睡眠音波(効きにくいけども)で兄弟が寝ればかなり楽になるかも。まぁ玲奈と志保のMPは回復スキルにも必要だが


▲金城の火力はかなり高い状態異常が効く兄弟より先にヤるのが得策だと思う


▲道中で拾った癒しの果実がかなり役立つ。玲奈はHPMAXでも1TでHP0になることもあるし


▲金城は全体攻撃も使う


▲金城のHPは1万以上あると思うorz もう少しだ


▲金城を倒せば山場は超えたといえるが油断は禁物、暗闇が効いているとはいえ工藤兄弟の火力も侮れない、こちらもかなり消耗している


▲もうちょっとだ


▲勝利!ちなみにこの戦闘でも敗北してのエロは無し、即GAMEOVERだ


▲なんだかんだで結構レベルあがったな、初期は13だった。この戦いを経て3人ともさらに強くなった


▲欲しければ力で奪え、おまえらのルールで戦い勝った、よもや文句あるまいな!?


▲金城「ぐぐ… わかった。約束は守る…」


▲ということでめでたしめでたし!玲奈「あの人たち約束守るかな?」鈴乃「さぁな。約束を違えばまた乗り込むまで」


▲一方その頃… 金城は激おこ


▲工藤兄弟「悔しいっすよ!リベンジしましょう!」に対し、金城は「まともに戦っても勝てない、しばらくは大人しくして油断させるんだ…!」と。まぁ世紀末みたいな輩だしな


▲第2話へ。RPGパートもあるが、ここからは何をどうしても主人公達が負けて捕まっていく流れになる。そういう主旨の作品である


▲あれ以降、安久道の生徒達はめっきり大人しくなり、栄智女子学園の生徒達も安心して街を歩けるようになったため、街の巡回も必要なくなった。志保は部活に勤しんでいる。生徒会の仕事が終わった玲奈は帰るついでに街に買い物へ


▲玲奈一人での行動に。お金が1万そのまんま残っている、1話で回復アイテムを購入しとけばもっと楽に攻略できただろうなぁ。ついでにいうと玲奈のレベルがあの連戦で1話当初の10から15になっている


▲街へ


▲「EVENT」があるな


▲鈴乃や志保と違い、武闘派ではない玲奈では工藤兄弟に太刀打ちできない。まんまと油断して一人になったところを狙われた


▲ヒャッハー!


▲戦闘になる。今まで効いていた「フラッシュライト」が全く効かない時点で「あ、強制敗北戦闘か」と悟る


▲睡眠音波も効かない


▲回復したりして


▲TPスキルを使ってみるも焼け石に水で


▲こらアカンですわ。そもそも玲奈は防御力が低すぎる


▲玲奈が拉致られてしまう。こうなってしまうと、その後の展開はいわずもがな


▲おまえの妹は俺たちが確保した


▲鈴乃1人で行動。妹を人質にされた時点でもういくしかないし、どれだけ強くてもむりぃ


▲全体マップから廃ビルへ


▲一人で廃ビルに向かうも、玲奈はここにはおらず


▲安久道の生徒会室で金城に囚われていた


▲工藤兄弟と戦闘に。鈴乃一人でも勝てそうな気配が漂ったその時


▲武器を捨て無抵抗になるざるをえない


▲無抵抗なところをボコられ戦闘不能に


▲ここからは工藤兄弟による鈴乃陵辱ショーに(かなりの長尺)


▲媚薬を塗り込まれてしまう


▲この後もう一度クンニでイカされてしまう


▲だがまだ終わらんよ


▲名家の令嬢の処女がこんなところで失われてしまう


▲その後兄だけでなく弟にまで中田氏され屈辱に塗れる鈴乃の姿。長いし使えるなぁ(何に


▲その女を拷問室に運んでおけ、徹底的に調教してやる


▲姉の陵辱現場を見せられた玲奈


▲何も知らない志保


▲拷問室に囚われた鈴乃。金城が調教するかと思いきや


▲鈴乃を調教すべく現れたのは得体の知れない触手の化け物だった


▲と言うところで体験版終了~


▲回想ルーム完備。シーンは13種かね

冒頭でも書いた通り、以降はおそらくRPGというよりADVが如くひたすらエロストーリーを見ていく感じになるかと。各ヒロインほぼフルボイス、序盤のRPGパートで主人公ヒロイン達に感情移入→クソ野郎どもになすすべなく犯されて屈辱に塗れるヒロインを楽しめるぞ。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 1,200円(税抜)

FANZA 1,200円(税抜)

隷属調教 不良男子校の餌食になるエリート女子校生徒会

DLsite Android版 1,200円(税抜)

HBOX.JP(Android版/Ios版) 1,200円(税抜)
隷属調教 不良男子校の餌食になるエリート女子校生徒会

コメント