魔法少女オパール 感想・レビュー

RPG

魔法少女オパール(萌工房) 体験版感想・攻略

女子校生の斎藤光こと魔法少女・オパールが主人公、いくつもの世界を侵略してきた悪の組織・シンシアと戦うMZ製のRPG。危ないところを救ってくれた魔法少女・アクアマリンはシンシアに捕らわれてしまい、彼女のパートナーだった妖精ララの力で主人公は魔法少女となった。世界とアクアマリンを救うためララと共にきゃつらとの戦いに身を投じていく。
※書きかけの記事です
【体験版評価】8.3/10点 (面白さ8 システム8.5 没入感8 エロス8.5)


▲悪の組織シンシアの首領・ヴォルフの襲撃に遭い、魔法少女アクアマリンは主人公(一番右)を逃すため身を呈して戦いきゃつらに捕らわれてしまう


▲自宅。アクアマリンの献身により逃げ延び、妖精ララの力で魔法少女・オパールとなってシンシアと戦うことを誓う

ゲームとしては戦闘難易度的にそこそこやり応えのあるシンボルエンカ・ターン制コマンドバトルRPGだが、特徴は戦闘が一瞬で終わること。初めての戦闘ではコマンドを入力し終えた0.1秒後に戦闘リザルト画面が表示されあっけにとられた。どういうことかというと


▲初戦闘。攻撃を選択したら


▲0.1秒後にはこのリザルト画面に。(`・ω・´)ンンン?となった

ということだ。2コマ漫画みたいだが要するにおそろしく戦闘処理が早いのだ。


▲次の戦闘では、いったい何が起きてたのかを確認するべくスクショを連射撮影したら戦闘処理画面が撮れた。実際の戦闘では↑の処理が0.1秒程度で行われる

1Tで倒せない場合は↑の処理が入ってターン継続するわけだが。とにかく戦闘処理が早い=戦闘テンポがめちゃくちゃいいRPGとなっている。ついでにいえば各敵のレベルより一定レベル上回ると戦闘に入らず接触するだけで一方的に倒せるようになる。

主人公の移動速度はデフォから早く、マップ間移動もメニュー→「移動」から任意でファストトラベル可能など、戦闘含め全体的にかなりテンポよく遊べるRPGに仕上がっている。テンポはいいが前述の通り難易度はそこそこ高いゆえカジュアルRPGのようにサクッと進めるわけではない、というのがミソで遊び応えあり。


▲メニュー画面


▲メニュー→移動画面

本作で唯一GAMEOVERとなるのが「侵略度」というパラメータがMAX100になること。ダンジョンで敵を倒すことで下げることができるが日を跨ぐと10上昇する。「行動力」がゼロになる、またはダンジョンから出ると強制的に自宅で就寝し次の日になるため、敵が強いダンジョンを攻略しようとするとすぐ自宅に戻ることになり無為に日数が経過してしまう。弱い敵でじっくりレベリングするのが攻略的には有効、テンポの良さはここで活きてくる。


▲侵略度が100になるとシンシア首領のヴォルフが自宅に攻め入ってくる。体験版では拝見できないがこのあと陵辱されてGAMEOVER

エロに関して。エロは戦闘エロと敗北エロ、ダンジョン内イベントエロ、街でのNPCエロと多彩。基本CG112枚、シーン数153種とボリューム大、またエロシーンは全編フルボイス。

戦闘エロはザコ敵完備、ボスのみ無いというちょっと変わった仕様だ。効率よく戦っているとあまり見る機会はないかもしれない。


▲最初のダンジョン、下水道。ここではスライム、触手、戦闘員の3種のザコとボスが。シンボル後方から接触すれば先制


▲戦闘開始時、主人公は結界を展開

結界展開中は被ダメ減、「転倒」しない。結界の耐久力は主人公のHP・MPの上に表示されている黄色アイコン「10」。被弾するごとに1ずつ減りゼロになると結界がなくなり、敵から転倒攻撃を受けるようになる。スキル「腰を抜かす」は結界耐久力を強制的にゼロにできるゆえエロ目的なら使おう。


▲転倒させられた


▲転倒状態になると服を破かれ


▲戦闘エロをしてくるように


▲戦闘エロられ中は「立ち上がる」で脱出できるが、「隙を伺う」を使うと脱出確率上昇。「諦める」で敗北


▲戦闘エロ状態のまま数ターン経過すると射精される。敵の数が多いほど射精までの時間が短くなる


▲「立ち上がる」に成功しても敵の数が多いとすぐにまた転倒させられることも。ちなみにこれらの一連の戦闘処理も一瞬だ


▲転倒状態が回復すれば結界を再展開も可能


▲同ダンジョン内のザコ、VS「触手」の戦闘エロ

戦闘エロ中のテキストウィンドウは任意で進めることができちゃんと拝見できるが、立ち上がる、転倒等については戦闘処理が速すぎてなにがどうなったのか当初はわかりにくい。こと戦闘エロに関しては戦闘テンポが早すぎるのが悪影響かなぁと。まぁエロさに変わりはないんだけども。

次に敗北エロ。ボス含め全敵にあり、尺長め。


▲スライム敗北エロ。HPゼロで敗北(諦める、またはスキル「屈服の表明」で即敗北)、敗北エロへ


▲敗北エロシーン後は基本的に敵の仔を孕んで(体験版では孕まない)、経験値を得て直前の状態・場所から復帰


▲ザコ戦闘員の敗北エロ


▲こちらは中ボス戦闘員敗北エロ


▲スキル「屈服の表明」を使うとこのように裸土下座で敵に謝罪後に敗北エロへ。「諦める」でも敗北できるがこっちの方がお得感(笑 これを嚙ませることで屈辱感が増すなぁ、いいアイデア


▲ボス敗北エロ。上半身丸呑み種付け

次、ダンジョン内エロイベント。ダンジョン内で「H EVENT」と表示されている場所で拝見できる。見るかどうかは任意だ。


▲落とし穴にハマってしまい、ウゾウゾ気持ち悪かったのでララに感覚遮断魔法をかけてもらう。なんとか穴から出ようと小一時間試行錯誤するも出られない。じゃあもう転移魔法使うから感覚遮断解除するね、となって…


▲予定調和

異種姦、対人、妊娠出産、流行りの感覚遮断から丸呑みまで完備の豊富なエロラインナップだ。


▲ボス触手を倒すと、その奥では誘拐された女性たちが苗床にされていた…


▲下水ダンジョンの次は学校の裏山ダンジョン。シンシアのせい(?)で発情しまくった猿がたくさん


▲猿の敵グラにはフイタ。が、ちゃんと戦闘エロも敗北エロもある


▲メニュー→エロステ。右ページは出産関連のエロステになっている

最後に街や学校内などでのNPCエロに関してだが、体験版では残念ながら拝見できなかった。


▲製品版では洗脳や催眠、全裸徘徊など更にいろエロある模様

エロについてはこれで一通り。


▲回想部屋完備。タイトルから行ける


▲クセつよな敵幹部の面々


▲敵幹部にご奉仕する女。元魔法少女…?

という作品。遊び応えある難易度のゲーム部分をテンポよく、エロバリエーションも幅広く詰め込まれている。製品版では更に更に。家畜収容ルート、悪堕ちなんかもあるとか。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 2,700円(税抜)

コメント