同人かわら版No178 今週のエロ同人ゲームレビュー

今週のDLsiteの新作は66 60 71 54 64 94 95=504本。エロゲ多いぞ、もう少ない方が珍しいかもしれない。

■INDEX

エロ同人ゲームショートレビュー

【人気Lv】→ 委員長脱出せよ!! ワールドワンコ RPG 700円

委員長脱出せよ!!
委員長脱出せよ!!感想
友達と一緒に豪華客船に乗っていた委員長(正確には元委員長)、突然大きく揺れてブラックアウト、目覚めるとそこはどこかもわからない島?だった。あたりを探索してみると人はおらず、しかし人がいた形跡がちらほらと。先人たちが残したサバイバル知識や調理場などを利用しつつ島を探索、脱出方法を探るサバイバルVXAce製RPG。基本的には探索でキラキラポイントや怪しい場所を調べアイテムをひたすら採取、拠点ではニワトリから卵を得たり調理場で料理したり、寝れば全回復。このテのゲームの定番である満腹度等といった要素が一切ない為管理すべきは体力と精神力のみ、体力は敵シンボルと接触しての戦闘で攻撃する度に減少するが被ダメも小さく全般的に難易度低め。採取ポイントはすぐ復活、最初に目覚めた砂浜では頻繁に食糧が打ち上げられているし、料理で作ったアイテムは回復アイテムとしてどんどん貯まる。

更に敵には弱点があり、例えば序盤多いクモは殺虫スプレー(恒久アイテム)で一撃など、サクサクと探索範囲を広げていける。一方でたまにある宝箱は古びたコインを一定数集めないと開けられず、そのコインは割と見つけにくいところにある故、気を配る必要もある。また弓を見つけても矢をクラフトしないと使えない。エロに関しては…製品版で拝見できるっぽいエロが体験版仕様で1シーン拝見できただけで、よくわからなかった。同じく島に漂着したおっさんに犯される?のだろうか。委員長要素はオープニングだけだな(笑)
【体験版評価】6.8/10点 (面白さ7 システム7 没入感7 エロス6)

【人気Lv】↑↑ むっち無知 カンちがいなか生活 愚痴ヲタ畑 非戦闘RPG 1,300円

むっち無知 カンちがいなか生活
クソ〇キ・ゆたかが遊撃に成長し、無知エロを繰り広げる前作「むっち無知 修学旅行」シリーズ続編。主人公は姉の「けーこ」、彼女がまだ地味~な〇学生だった頃のお話だ。話としては前作より前、過去作を遊んでいなくとも楽しめるが、過去作プレイ済みならより楽しめるカンちがいムチエロゲーだ。
むっち無知 カンちがいなか生活の感想記事

【人気Lv】↑ 洗隷の艦 コラプト トップビューACT 1,500円

洗隷の艦
洗隷の艦感想
インパクトの強い「淫魔化すごろく(→感想記事)」のコラプトさんが、小川 小さんという絵師?さんとの共同開発で制作されたMV製トップビューACT。帝国の軍人ヴィトニル(♀)は、たった3人の部下と試作段階の戦艦のみを与えられ戦略的価値が低い「タカマガハラ」の侵略を命じられる。左腕を失うまでは将として前線で剣を振るい、その後も部下達と研究・開発した「洗脳」技術で帝国の版図拡大に貢献したが、帝国が強国になるにつれ武力制圧が容易となり彼女達の扱いはぞんざいに。今回の任務も左遷の様なものだ。しかし戦略的価値が低いとされていたタカマガハラ各地を治める「妖怪」の武力は非常に高く、ヴィトニルはその武力と洗脳技術を以ってタカマガハラを支配していく。
洗隷の艦
ゲームの流れとしては戦艦を拠点とし、タカマガハラ各地の領主の妖怪ヒロイン4人を攻略していく。本作ではいわゆる「メニュー画面」が存在せず、セーブや能力強化は拠点でのみ。各ヒロインごとに複数ステージの全12ステージ、ボスステージ以外の攻略は立ちふさがるザコ敵を倒しつつ結界石(パッと見ただの岩)をすべて壊し、社の大結界石を壊してクリア。敵を倒しての成長要素は無い故、邪魔な敵だけ倒していけばいい。各地を治めるボス妖怪を倒すと戦艦に連れ帰り洗脳エロシーン。この部分はじっくり描かれ、ゲーム内設定で数日かけて徐々に洗脳、洗脳後は下腹部に淫紋が刻まれ充実な部下となる。主人公はふたなりで、拠点でCPを消費して仲間にしたキャラとエロすることで仲間を強化できる。
洗隷の艦
部下となった彼女達はACTパートでヴィトニルと任意で切り替えることができ、それぞれで攻撃範囲や必殺技などの特徴が異なる。また彼女らから1人を秘書に任命することで異なるバフ効果を得られる。ACTのシステムとしてはいろいろ工夫されているとは感じるものの、想定されるツクール製ACTの範疇を超えるものではなく、しんどかったのが各アクションのキー配置。WASD(or方向キー)移動+マウス(左クリックで攻撃、右クリックでキャラ切り替え)が基本っぽいが、何故ツクール製でWASD+マウス操作が必要?それ以外だと、WASDor方向キーで移動、Jで攻撃、Kでキャラ切り替え、Hで必殺技(我輩はこれで遊んだ)などキーボードオンリーでも遊べるがキー配置が特殊。拠点シーンではZで決定とかできるのに、ACTシーンではZやXキーが死にキーなのだ。移動は方向キー、攻撃はZ、キャラ切り替えはX、必殺技はCとか、MV製ならできそうだがなぁ。パッド対応もしてないが検討はされている様だ。

総じてボス戦は必殺技を上手く使うなど工夫が必要でやり応えと面白味があるが、操作性云々は別としても結界石を破壊していくザコ戦ステージは作業になりがち。ただ妖怪ボスをエロ洗脳して忠実な部下にしていく描写はじっくりで洗脳モノとしては期待を裏切らない内容、平和なタカマガハラを支配していくシナリオが痛快な作品だ。
【体験版評価】7.3/10点 (面白さ7 システム6 没入感8 エロス8(紳士による))

【人気Lv】→ 母子家庭内痴漢ゲーム Sistny マウスACT 200円

母子家庭内痴漢ゲーム
CF2.5製のマウスACTゲーム。いくつかのステージを経て息子がママンをやっちゃうストーリー、基本は画面内を飛び交う無数の「罪」と書かれた青い玉をマウス操作で避けつつ(接触で体力減)、たまに現れる❤(体力回復)やピンクの変なアイコン(何を表現しているのかわからなかった;)をゲットしていく。体験版で遊べるステージ1では変なアイコンをゲットする毎に背景のママンドット絵のパジャマがはだけていき、4つか5つほどゲットでボイーンと胸が完全にはだける。制限時間30秒以内にこの段階にできれば次のステージに進める…だけかと思いきや。

おっぱいがはだけると今度はおっぱいアイコンなどが出る様になり、ゲットすると「おっぱいをなめる」「胸を揉む」などのドットアニメーションを拝めるのだ。アニメ中はゲームが中断されるが2秒ほどで再開、もっとじっくり見せてくれよ!(笑 たくさん見たいなら早めにむねをはだけ残り時間おっぱいアイコンをとるべしとるべし。しかしがっつき過ぎると被弾しまくり。おそらくステージが進む毎に新たなドットエロアニメが拝見できそうだ。全ステージのドットアニメが拝見できる「ボーナス部屋」用意されている。手軽に遊べて手軽にエロ拝見できるカジュアルゲーム。FANZAでもリリース。
【体験版評価】6.5/10点 (面白さ6 システム6 没入感7 エロス6)

【人気Lv】→ うぃっちスマッシュ! Closet ACT 700円

うぃっちスマッシュ!
難易度高めのレトロテイストなCF2.5製横スクACT。操作性もレトロな感覚。わらわらと現れる敵を蹴散らしながら→に向かってひたすら進むのだが、結構速めの児童スクロールとなっており、そのスクロールにあわせて前進していかねばならない。もし障害物に引っ掛かってスクロールに追いつかれると画面後ろと障害物に挟まれて強制GAMEOVERだ。故にジャンプで地形を進んでいくことに集中しがちになり敵への対処がおざなりになりがち。その敵も結構イヤラシイ動きで的確にこちらを捉えてくる。敵に接触されるとスクロールが一旦止まるもののHPがごんごん減少、レバガチャで振りほどかねばならん。複数の敵に捕まるとレバガチャが更に必要になる。そんな感じで慣れない内は敵に接触されまくり、敵への対処を重視するとスクロールへの対処が甘くなるなど、かなり忙しい内容だ。

Zで近接攻撃、↑+ZでMPを消費して遠距離魔法。魔法は宝箱から現れる魔法をとることで逐一切り替わる魔界村タイプ。ゴールまで達すればクリアだが、チェックポイント(リトライポイント)に区切られたエリアが(おそらく)10エリア、それぞれにエロシーンが鑑賞可能な「ユメノカケラ」がある故、それをゲットしつつゴールを目指す。進む程に地形も複雑になり一瞬の迷いがGAMEOVERをもたらす、我輩の様なヌルゲーマーにはしんどい難易度だ。まぁリトライはチェックポイントからいくらでもイケる故、いつかはクリアできるだろう。エロはドットCGが10枚(差分込み40枚)。
【体験版評価】6.5/10点 (面白さ7 システム6 没入感7 エロス6)

【人気Lv】→→ レジネッタの冒険 Cエンドアフター ~勇者とお姫様と小さな物語~ あなざー☆すたいる KINOKO-ex RPG 500円

レジネッタの冒険 Cエンドアフター ~勇者とお姫様と小さな物語~ あなざー☆すたいる
レジネッタの冒険 Cエンドアフター(感想記事へ)」のボン・キュッ・ボンッバージョン。異なる点はレジネッタの容姿と一部セリフのみで、ほぼノーマルロリバージョンと同じ、内容に関しては↑のノーマル版感想記事をどうぞ。ちなみにもしロリバージョンを所持しているなら、アナザースタイルを300円で追加できる「コンボパックパッチ」をBOOTHで販売している。詳細はサークルさんCi-enにて。両方を800円で購入できる(単体で買うより200円お得)コンボパックも販売している様だ。…ボインボインのレジネッタもええなぁ。ちなみにサークルさん的各作品のレジネッタ設定比較(Ci-en記事)なんかもござる。

【人気Lv】↑ NoTearsSchool~アル姉ぇと学園生活~ NoTears RPG 1,500円

NoTearsSchool~アル姉ぇと学園生活~
NoTearsSchool~アル姉ぇと学園生活~感想
5人のヒロインに囲まれてベタベタ充実生活(一昔前のイチャラブコメディ商業エロADVをRPG形式にした様な)を送る♂学生が主人公のMV製RPG。この作品、予告開始当時は↑の様な陵辱色の強い画像ではなく、学園コメディっぽい画像だったのだ。が、今週始め(我輩が認識した日)にはこの画像に切り替わっており、おそらくサークルさんのニクイ演出かと思われる。まぁ余程本作を頻繁にチェックしていないと気付かないと思うが。…ということを今週のよもやまで書こうか、と思っていたら早々に販売されてしまった。体験版では前半のコテコテラブコメディ部分、その半分程度まで。

メインヒロインで主人公の姉のアルネ(ほんわか)、妹のクーデリカ(主人公をにーと呼ぶ)、主人公の幼馴染で生徒会長で理事長の娘であるエリザ(お嬢様)、アルネの親友サクラ(セクシー系)にその妹のコウメ(厨二)。それぞれのキャラもまさにエロゲテンプレの如く、その中でもアルネとクーデリカ、コウメは主人公ラブ度が高かった。魔法が普通に存在する世界で学園生活を送っていく。見た目は頼りないが肝心な時に頼りになる主人公は物理部に所属、物理部とは名ばかりでヒロイン達と主人公の6人で遊ぶだけの部活。

ゲームの流れとしてはアル姉とクーと一緒に登校、他ヒロインと絡み、午前授業後は物理部メンツと昼休み(自由行動)、午後授業後部室へ(自由行動)、下校して自宅パート(家の中のみ自由行動)。各自由行動パートで特にやることはなくNPCと会話するくらい、目的地に行くのみの一本道。物語を進めるとアルネとの仲が深まっていき(体験版範囲ではパイズリ)、製品版では学園祭近くまでキャッキャウフフ生活が続くらしいが、そんな中「魔法とは根本的に異なる特殊能力」の噂が学園内で流れるようになり、実際ダブル(分身)の能力が使える生徒にも遭遇。主人公には「トラブル」の特殊能力がある様で… この特殊能力騒動が起因し、後半はアルネが主人公となり様々な困難に立ち向かう戦闘ありのパートになる様だ。

敵に敗北すれば容赦なく犯され…そんな感じで↑の画像の様になるかと。体験版でも一部戦闘パートを遊べて(オークとアルネの戦闘)、敗北すると処女を散らされメチャクチャに犯される。勝つとその他のエロシーンのダイジェストを拝見できた。戦闘はHPもダメも数値が低め、バフ効果や敵へのデバフ効果も重要そうで面白そうだった。体験版範囲だけでは本質がわからず評価できない作品。FANZAでもリリース。

【人気Lv】→→ (DLC)追加えっちキャラ『ピピカ』 BouSoft 追加パッチ 500円

(DLC)追加えっちキャラ『ピピカ』
勇者と魔法使いと不思議な島」「勇者と魔法使いとおとぎの絵本」どちらでもヒロイン「ピピカ」とのエロが可能になるDLC。単体起動不可、どちらかを所持していて初めて意味がある。DLC、アペンド、追加パッチとかこのテの追加要素作品はいろいろ呼び方があるな…

【人気Lv】→ 見習い魔女アプリコット~迷い込んだのは淫魔の館?!~ 花実ガ咲ク 非戦闘RPG 500円

見習い魔女アプリコット~迷い込んだのは淫魔の館?!~
マゾ、もとい魔女アプリコットはAランク魔女になるべく試験会場に入るも玄関に鍵がかかり出られなくなってしまう。これがAランクの試験?と探索していくもどうやら違うっぽい。そんな感じで進めていく非戦闘謎解きなMV製RPG。ヒントを元にナンバーロックを開ける、椅子を特定の場所に押していくなど謎の難度はごく普通。フェイクに引っ掛かると魔物に襲われてエロ、BADENDになってしまう故、こまめなセーブ推奨。お手頃価格で気楽にプレイできるエロゲというところ。
【体験版評価】6.5/10点 (面白さ6 システム6 没入感7 エロス7)

【人気Lv】↑↑ ドラゴンアカデミー3 SPLUSH WAVE 3Dダンジョン+SLG 2,300円

ドラゴンアカデミー3
システムは概ね前作を踏襲しつつ、DQ11ヒロインやダイの大〇険ヒロインが加わったり、施設拡張要素が加わっている様だ。前作感想記事も参考になるかも。FANZAでもリリース。

【人気Lv】↑↑↑ 鬼と刀のメリトクラシーAppend ONEONE1 追加パッチ 100円

鬼と刀のメリトクラシーAppend
鬼と刀のメリトクラシー」アペンドディスク。基本CG16枚(内エロ基本13枚)を追加する。シナリオやダンジョンなど新たな要素を追加するというよりは、演出強化の為のCG追加らしい。まぁエロシーン追加であることに変わりはないが。単体起動は不可。ちゃんと追加できるとタイトル画面が差し替わる様だ。追加の仕方についてはONEONE1HPに詳しく掲載されている。FANZAでもリリース。

【人気Lv】→→ イシュカンダンジョン! うにとなすび RPG 200円

イシュカンダンジョン!
ダンジョンで迷った♀主人公が脱出を目指すRPG。いつもの如く(すんなりいけば)10分程度でクリア可能な短編だが、ダイスロール戦闘以外にもなにかヒトクセありそうな。このサークルさんに限って「割とスタンダート」ということはあるまい。エロは基本5枚で差分17枚、立ち絵は基本1枚に差分5枚。体験版もいつも通り無し。

【人気Lv】→ 百合の館 hanameme ADV 400円

百合の館
百合の館感想
ジャンルがADVだと読み物と認識してしまいがちで、我輩も一度はスルーしてしまった作品。タイトルの「百合の館」なんて如何にも読み物ADVっぽいのだもの。本作はUnity製、記憶の無い少女が研究所っぽい建物から脱出するのが目的だが、操作は⇔移動とEnterまたはクリックによる決定のみ。全10ステージで各ステージで異形の化物が襲ってきて捕まるとアクションエロされてGAMEOVERというシンプルなゲーム。重さは全くない。

体験版はステージ1のみ、ステージ半ば迄は歩いていくと後方の培養ケースが割れ、下半身のみの女性(ガーターベルト着用)が追いかけてきて、ひたらすら右へ逃げる。が、ゴール間際でメッセージが出てストップ、クリックかEnterでスグ対処しないと捕まってしまう、ゲーム的にそのギミックはどうなのか(笑) ジャンプなどのアクションがない分、どうやってイジワルしてやろうかという意図を感じる。ただアクションエロに関しては裸に剥かれたヒロインが、ディルドとガーターベルト着用の女性下半身に犯されスゴイ使えたっ(何に)

ゆっくり突く、深く小刻みに突く、大きなストロークでゆっくりor早めに突くなど緩急織り交ぜたループで1ループがかなり長め。フィニッシュは無いが、滑らかに女体同士が絡み合う様は(だいぶ個人的な趣味だが)良かった。あ、ただな、下半身女性は背骨だけ首辺りまで伸びていて、ヒモのような靭帯?で腕も付いている。グロくはないが猟奇的というか「おもちゃと家」ライク故、苦手な紳士は留意。サイドビューな鬼ごっこゲー、ACTジャンルでいいんじゃないかなぁ。DLsiteの評価は低めで製品版部分は微妙なのか、バグがあるのか。
【体験版評価】6.8/10点 (面白さ6 システム7 没入感6 エロス8)

【人気Lv】↑ 淫魔島のエクスプローラー3 24ぺーじ BFRPG 1,300円

淫魔島のエクスプローラー3
淫魔島のエクスプローラー3感想
冒険者である♂主人公が名を上げるべく淫魔の島で戦うエロRPG。基本的には過去シリーズ同様、拠点を中心としてワールドマップから各ダンジョンへ向かい採取や戦闘(一応BF)で素材を集め装備品を合成、レベルアップで得られるスキルポイントを各ステータスに振り分け強くなっていく。スキルは全てパッシブスキルで各種能力値が一定に達する毎に修得する。

戦闘はシームレスで淫魔シンボルと接触すると敏捷度が高い方が先攻となりお互い1回ずつ攻撃(1T)するが、1Tごとに敵が僅かな時間透明になりその場から離脱することも可能になっている故、ARPGに近いサクサク仕様でテンポ良し。敵シンボルは一定範囲に近づかないと姿が見えず敵に気付かれるとしつこく追ってきたりそうでも無かったり。戦闘ログでのセリフも敵によって違い、敵ごとに個性を感じる。

また、体力の他理性が下がるとより深刻なバッドステータスを受けやすくなり、理性回復スキルが一定時間使えなくなったり、攻撃できなくなったりする。いっぱい搾られてしまう敗北描写は、淫魔の大きめ戦闘立ち絵が若干変化+ほぼテキスト描写+やらしいSEでの演出で専用CGは無い。BF戦闘描写も同じ。スキルポイントは何度でも振り直しが可能な為、最初は採取重視でポイントを振って装備品を作り、強敵と戦う際は戦闘ステに振るなど、ポイント振り直しで効率よくプレイできる設計だ。アイテム図鑑、淫魔図鑑もあるぞ。VerUPでクリア後回想部屋が追加された。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ7 システム7 没入感7 エロス7)

【人気Lv】→ 荒野の雷鳴少女(Windows版) 兎散 ACT(早撃ち) 900円

荒野の雷鳴少女(Windows版)
エロゲでは珍しい「早撃ち」がメインのノンフィールドゲーム。ADVと言えばそうなんだが、1発の射撃(クリック)に反射神経を研ぎ澄ますゲーム性はACTとも言えるし、特に成長要素はないが主人公・キャロルとして進めるロールプレイ&ノンフィールドということでADVRPGとも言える。まぁジャンルはともかくなかなか凝った演出の、一瞬のガンマン早撃ち対決は楽しいぞ!
荒野の雷鳴少女の感想記事へ

【人気Lv】→ ルーンと百合サキュバスの塔 山月亭 RPG 400円

ルーンと百合サキュバスの塔
ルーンと百合サキュバスの塔感想
兵士の両親を亡くし兵舎で育てられ兵士になるしかなかった主人公・ルーンと、物理的に恵まれてはいるけれども姫というレールを敷かれ心を許せる友達もいないエルマシア姫。「言われたことをするだけの毎日、私の人生はなんなのか」立場は違えど雨の日のバルコニーで偶然出会った二人は近しいものを感じ友達になった。毎日の様に夜のバルコニーで話しこみ親睦を深めていくも、「一兵士と姫が仲良くしている?」と噂になりあまり会えなくなるルーンと姫様。そんなある日、姫様がサキュバスに攫われたと王様から聞かされたルーンは、サキュバス達が棲む「百合サキュバスの塔」へと向かう。

まず先に言いたいのは絵がゴニョゴニョだからとスルーして欲しくないエロゲだということ。ルーンと姫様の出会いの導入から2人に感情移入してしまい「よし、姫様を助けるぞ!」と思わされる丁寧な演出。5階ごとにサキュバスが立ちはだかる全15階の塔を攻略していきいざ5階のサキュバス・サテラと相対すると、彼女はまだ誰にも勝ったことがない初心者サキュバス、水晶から師匠サキュバスのアドバイスを受けている。ルーンが負けた場合の百合エッチも水晶師匠からアドバイスを受けながらのエッチになり、勝った場合は彼女の生い立ちなどを聞くことができ、彼女らサキュバスが単なる悪ではないことがよくわかる。

実際、塔の麓の村では女性達がサキュバスに襲われる被害がありつつも性力を奪われるだけで命に別状はなく、襲われた女性は「気持ち良かった❤」とファンになっている。サキュバス達は適度に女性と百合エッチしたいだけなのだ。姫様を攫った百合サキュバス許すまじ!と意気込んで昇ってきたルーンとプレイヤーは5階でその勢いを削がれ、なんとなくほっこりしてしまうのだった(笑) 我輩百合エロはふたなりでない限りストライクゾーンではないのだが、この作品の百合雰囲気はのほほんとしており悪くないなぁと。

ゲームとしてはきっちりレベリングしつつ装備を整えていくタイプ、各階はかなり広めなものの階段がある場所はマップ四隅or中央と決まっており、迷いやすい構造でもない。向かった先がハズレでもお宝が設置してあり、そうこうしている内にレベルもいい具合に。敵はほぼ必ず回復系アイテムをドロップ、昇る毎に強い敵が出てくるがちょっと戦えばその階の敵の弱点を突く全体魔法を覚えたりとバランスバッチリ、しっかりテストプレイしてあるなぁと感じる。

戦闘はほぼツクールデフォ(決定キー押しっぱで若干高速化)で逃げるも100%だが、そのバランスのおかげで戦闘を楽しめた。帰還アイテム激安、塔内各階へのワープ機能も備わっている。百合エロに関しては絵がゴニョゴニョで差分も少ないが、各サキュバスごとに3段階の敗北エロテキストあり、しかし必ずしも勝利したサキュバス側が主導権を得るエロではない、というのも意外性があった。ギャラリーは宿2階に最初から設置、エロ全12シーン。サクッと進めたい紳士向けにチートアイテム(レドメに記載)も用意されてるぞ。百合エロ?興味ないな…という紳士にでもちょっと遊んでみてほしいRPGだ。
【体験版評価】6.8/10点 (面白さ7 システム7 没入感8 エロス6)

【人気Lv】↑↑ うちの牧場は300エーカー! 四畳半都市 RPG 1,400円

うちの牧場は300エーカー!
旅のガンマン少女が借金を返済しつつ牧場を経営する生産系RPG。野菜を作ったりミルクを搾ったりで得たアイテムは露店で売ろう。イイモノを作って評判をあげるのだ。ダンジョンで良い肥料を採取、セクハラやエロで淫猥度が上昇。
体験版感想記事へ

同人かわら版バックナンバー

前号(No177)を見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。