竜姫ははらぺこなので 感想・レビュー

ARPG

竜姫ははらぺこなので(+蟹) 体験版

ショタ執事のプフェルが、主である竜族の姫・エーファのために美味しい食べ物を届けるだけでなく繁殖相手になるウディタ製のARPGである。人生で一度の繁殖期を迎えたエーファは竜族の見合い相手についての手紙を受け取るも「相手を勝手に決められるのはごめんだ」と、お気に入りのプフェルを連れてとある島へ。その島で採れる食材は美味で栄養も魔力も豊富、姫が妊娠するにはうってつけ。しかし強大な力を持つ姫とはいえ今は蓄えの時、食材を集めるのは執事である主人公・プフェルのお仕事。この島はオスに飢えたモンスター娘がたくさん、様々な種族に搾り取られながらも頑張って食材を集めるのだ。

【体験版評価】8.1/10点 (面白さ8 システム7.5 没入感8.5 エロス8.5)

姫とプフェルが島へ到着
▲繁殖のために主人公を連れて島に来たエーファ。まだこの時点では主人公はそんなことは知らないが、エロ後にイロイロ知らされる

エーファとプフェルのまぐわい1 エーファとプフェルでまぐわい2
▲本作のエロシーンは全てぬるぬるアニメーション


▲拠点を中心として姫様のために食材集めるのが目的


▲拠点から出ると全体マップ。最初に行けるのはしんしんフォレストのみ


▲最初のマップで獣人族が倒れている。最初のステージでは、人がいい主人公がコイツに振り回されることになる。左の魚アイコンのところでFキーを押すと魚ゲット、右のキノコアイコンではキノコゲット、画面下の「D-CAL」ゲージ上昇


▲画面右上の「MENU」をクリックするとメニュー画面へ(Xキーでもメニューを開ける)。立ち絵は微アニメ、なんかエモいのだよな


▲彼女は獣人のカロッテ。最近スーパースライムちゃんことスースラちゃんが食べ物を独占していて森に棲む種族皆がハラペコだと。ということでスースラちゃん討伐がステージ1の目的となる

ゲームの基本の流れとしては、各マップで敵を倒すと食材(というか食べ物)ドロップ、採取でも食材を入手でき、食材をゲットして時点で「姫様が食べた」という体(てい)で、画面下の「D-CAL(ドラゴンカロリー、かね)」のゲージが上がっていく。これがMAXになると主人公がレベルアップして「ご褒美ポイント」をゲット、拠点で姫様に話すとポイントと引き換えに様々なスキルをゲット(ランダムで選ばれた3種から1つ選ぶガチャ)、パワーアップさせることができる。拠点に戻るとHPと回復薬の数も回復する。全5ステージで各ステージではフラグを立てていき最後にボス撃破で次のステージへ。


▲主人公の序盤の武器は素手と羽手裏剣。素手はちょっと難しいゆえ手裏剣メインで戦った。ただ見ての通り正面には飛ばず2Way斜め攻撃のためクセがある

照準はマウスカーソルでとり左クリックで連打で攻撃、右クリックで無敵ダッシュ。攻撃するとスタミナ(主人公の黄色ゲージ)が減り、ゼロになると攻撃できなくなる。自然回復。また左クリック長押しで


▲チャージ攻撃。デカい手裏剣が正面に飛ぶ。正面の敵に当てたい場合はこちらが使いやすいかも。おしっぱの間もスタミナ回復するし。全攻撃チャージ攻撃あり


▲各マップ1画面程度でFCの無印ゼルダに近い仕様。敵を殲滅してもこのマップに入り直すと敵復活


▲敵も弾を撃ってくるやつが多く、操作に慣れないうちはちょっと難しいかもしれないな、敵の数も多いし

ゲームとしてはウディタ臭を感じさせないトップビューARPGで、WASDキー移動+マウスによる攻撃(左クリック)・無敵ダッシュ(右クリック)、システムもビジュアルもコンシューマーゲーライクに整っている。敵の方を向きつつ攻撃しながら後退できるタイプ、ただロックオン機能はない。

操作性に関して、WASDキー移動に慣れている紳士なら問題ないと思うが個人的にはちょっと快適とは言い難い。WASDキー移動、Fキーで調べる・決定、Qキーで回復薬使用と、やはり利き手でない左手でこれらをこなすのはしんどいのだよな。普通に方向キーで移動、Zキー周りで他機能でよかったのでは、と思ってしまった。この操作になったのはおそらく「敵の方を向きつつ攻撃しながら後退できる」を実現したかったからだと思うのだが、そんなに必要なんだろうか。まぁそんなことを言っても仕方ないな。


▲とりま敵を倒してレベルアップ(=姫様が満足する)しつつカロッテのお使いをこなしていく。HPが減ったらQキーで回復薬を使うべし。スキルを取得していくと回復薬の数や回復量も上がる


▲採取でもD-CALは上昇、どんどん敵を倒しつつ採取もこなすべし。ちなみに画面右下の「BONUS」というアイコンは「今、姫様が食べたい食べ物系統」で、それをゲットするほどD-CALにボーナスが入る。↑だと肉、ワイン、魚だな


▲川などの地形は右クリックの無敵ダッシュで渡れるのだが


▲この距離はギリギリ無理で落水、HPダメを受ける。落水後は元の位置に戻る

ステージ攻略中、ザコに敗北するとステージ最初のマップに戻るだけだが、ザコの中でもモンスター娘(ステージ1だと獣人族、ハーピー族、スライム族)に敗北すると敗北エロ(逆レ)された上にお持ち帰りまである。


▲敗北エロ中、Aキー長押しで敗北エロから脱出できる。画面のピンク帯の這いずる主人公が白い光に達すれば脱出、その前に後ろから迫るモンスター娘に捕まってしまうと敗北エロ最後まで、更に彼女たちの棲み処にお持ち帰りされてしまう。あ、このシーンもアニメだぞ


▲まぁ連打ではなくおしっぱなんでな、敗北エロからの脱出は簡単だ。つまりプレイヤーの任意、敗北エロを最後まで、お持ち帰りされても特にデメリットはない、むしろエロというメリットばかり


▲捕まってしまいフィニッシュ。この後更に同じエロシーンが続き捗る。Escキーで終了(画面が明るくなるとちょっとテキストが見辛いな)


▲巣にお持ち帰りされてしまった。この後獣人は↑の3つの家のどれかにランダムで入る。それが「3つのコップの1つボールを入れ、シャッフルする」的な演出でとてもユニークだった


▲獣人がいない家に入ると食べ物ゲット!獣人のいる家に入るとまた同じエロシーン(テキストは前回よりM紳士向けに変化)。もっとエロられたいならどうぞ、そうでないなら脱出は簡単(マップ外に出るだけ


▲レベルアップでご褒美ポイントがたまったら拠点に戻ろう(ちなみに体験版では「Hしたい」を選んでも普通に断られて涙)


▲ご褒美ポイント1消費してスキル取得。ある程度ランダムで選ばれるスキルから一つ選択

取得スキル一覧
▲スキルはほぼパッシブスキルかね、まだまだ種類があるようだ


▲スライム族を倒すために獣族とハーピー族の仲を取り持ち(獣族もハーピー族もザコは普通に襲ってくるけど)


▲とりま戦う前に主人公がスライム族と話すと「わかった、食べ物独り占めしない」と和解しかけるも。この一言で結局戦いになる


▲あい、わからせに行ってきます…


▲ボス手前にセーブクリスタルっぽいのがあり接触すると違うらしい。まぁセーブはメニューから任意できるしな。しかし復活ポイントではある(ボスに敗北するとここで即復活・再トライできる)


▲ボス・スースラちゃん。この娘決して悪い娘ではないのだが、食欲(性欲)が勝る感じ?わからせるしかないか…!


▲彼女はでっかい玉を3発飛ばした後、こちらのいる場所にダイブしてくる

ボス戦ではとにかくボスのHPが高く長期戦は必須。我輩がヘタクソだからというのもあるが。チャージ攻撃を当てるより連打攻撃を当てる方が効率がいいかと。


▲スースラちゃんのHPが2/3ほどになるとスライム娘2体が現れる。こいつらはゆっくり寄ってくるだけ、倒そうとしてもHPがクソ高い(なんならスースラちゃんより高い)ため、放っておこう。邪魔だけど


▲更にHPを減らすと本気になり巨大化、飛ばす弾が8個に!右クリックダッシュをうまく使うべし

5回くらい挑戦してやっとスースラちゃん撃破!


▲しかし彼女の食欲(性欲)は収まらない(かわいい


▲スースラちゃんに食べられる=死ぬと思っていた主人公だったが、ちょっと栄養分けてもらうだけ、と聞いて

スースラ搾りエッチ
▲勝ったのに搾られる(アニメ)。もちろん1回じゃ終わらない

ということで本作では勝っても負けてもボスには搾られる仕様だ。いいんじゃないかね、最初からボスに本気で挑めるし。挑んで何度も負けたけど。勝っても負けてもセリフを含め同じエロシーンゆえ、ちょっとしたセリフ変化すら見逃したくない紳士も安心だ。

スースラちゃんのお礼
▲勝利エッチ後はお礼にこれまで集めた食べ物をくれる

何者かが見てる
▲その様子を何者か達が観察していたようだ

という感じで、搾精アニメエロス成分がしっかりあれど、結局みんなハッピー(製品版でもそうなのかは知らんけども)な雰囲気が良き、ヌルくない難易度なのも個人的に好感触なARPGである。姫様とのエロをもうちょっと見たかったけども。弱気だけど優しいショタ主人公もいいじゃないか。モンスター娘とのエロは主人公が責められる側ばかりだが、つよ~い姫様とのエロは結構ショタおね気味(あくまでライト)になったりもするらしいぞ。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 2,300円(税抜)

FANZA 2,300円(税抜)
竜姫ははらぺこなので

コメント