エロACT「Guns of Succubus2 ~夢魔とメイドとマスケット~」 ラクライ

Guns of Succubus2 ~夢魔とメイドとマスケット~ 体験版感想・レビュー

ほとんど記憶が無いショタっこ・カインが主人公。「夢魔を殺す銃」であるグレナディアと契約、「天使殺すべし」という断片的な記憶に基づき天使の情報を求めて各地へ、その度に夢魔と戦うことになってしまうACTである。基本的にゲームパートは1画面内で敵と1VS1で戦う形式、敵が放つ弾幕などの攻撃を避けつつこちらの弾をぶち込んでいく。ある程度敵のHPを削ると接触セクハラ攻撃を行ってきて、食らってしまったらレバガチャ連打で脱出すべし。

主人公やヒロインは異なるものの、前作「Guns of Succubus -ガンズオブサキュバス-」と同じ世界観で一部キャラは本作にも登場したり名前が出たりと、前作を遊んでおくとニヤリとできるシーンが。本作は「8人の敵の内、誰からでも攻略可能」「先に特定の敵を倒し固有の弾丸を入手しておくと攻略が楽になる敵がいる」など、ロックマンっぽいゲームデザイン(ステージ選択画面もそれっぽいし)。操作は前作同様キーボード+マウス。基本的にWASDキーで移動、マウスで照準、左クリックで射撃、右クリックでドッジ(回避行動)、左Shiftでバースト(弾を消したり敵のセクハラ攻撃をカウンターしたり)。割とシンプルだ。

難易度にもよるがACTパートは前作同様かなりやり応え・歯応えがあり、何度も敗北・再戦してやっと勝ったら「よぉぉぉし!」と達成感に浸れるタイプ。まぁエロは負けてナンボだけども。そうそう、エロも前作より倍増、各敵キャラごとに2シーンの敗北エロ、そしてメインヒロインのグレナディアはたくさん、敵を倒すごとに幕間にエロがある。

【体験版評価】8.4/10点 (面白さ8 システム8.5 没入感8 エロス9)

オープニング


▲タイトル画面


▲オプションで好みの画面サイズにすべし。我輩は1280*720に。シーン移行ごとにそこそこLoad時間が長かったが画面サイズは関係ないかね


▲ゲームを始めると最初に難易度選択、我輩はノーマルで。おそらくイージーでもめちゃくちゃ簡単、ってわけではなさそうだが


▲あたたかくて気持ちいい、これは夢…? 女性「ご主人様、お迎えに上がりました」


▲よく思い出せない、でも天使を殺さなければ。そして家に帰らなきゃ、アルが待ってる。ということだけ覚えていたが、その記憶も薄れていく…


▲アル…?どこに行くんだ、いやだ、置いてかないで…


▲主人公が気づくと暖かい小屋の中。グレナディアと名乗る女性が「ご主人様をお助けして、契約しました。今後身の回りのお世話を焼かせていただくメイドです」と。疲れてそのまま眠りにつく主人公


▲翌日目覚めた主人公は、マスケットらしき銃を見つける


▲グレナディア曰く「その銃は夢魔はもちろん、天使でさえ殺せる銃です」と


▲そしてこの銃がグレナディア本体で且つ夢魔。要するにはグレナディアは夢魔であると共に夢魔を殺せる銃であると。そして彼女は天使と因果関係を持つ主人公に興味を持ち馳せ参じたとか。人間に仇なす夢魔を粛正するのが彼女の使命らしい


▲ボクいつグレナディアと契約したの?という問いに対し「セックスしました」と。どうやら序盤の「あたたかく気持ちいい夢」で契約したようだ。

ステージでのACTパート以外、ステージ選択後のステージ前ストーリー・ステージクリア後ストーリーなどは、このようなADV形式の会話シーンで構成されている。各キャラのセリフと共にキラーン、とか!?とかハートやアセアセ、などなど、エフェクト演出がかなりエモく楽しいぞ。


▲このセリフいいな。「私の弾頭」て、ち、ちくびのことか?く、クリト(自主規制

まぁこんな感じで共に天使の行方と情報を求め、夢魔たちと戦うことになる。夢魔たちとは特に敵対しているワケではないのだが、何故か経緯上戦うことになってしまう(少なくとも体験版では)


▲スクナクトモ コレダケハ オボエテネー

うーむ、何度もバーストカウンター試したんだが一度も成功しなかったんだよな、なんでだ!


▲オープニング終了するとステージ選択画面へ

体験版で選択できるのはダークエルフ(左上)、ニーズヘッグ(左)、キョンシー(左下)の3人。最初に選ぶべきはダークエルフかキョンシーかな。理由は後述。


▲ダークエルフを選択(テレッテレーレー テレッテレーレー テレレ テレレ テッテレー


▲ステージタイトルがこんな感じ


▲夢魔・レイミィと出会い。ACTパートまでは結構長めの会話シーンが続く(Shiftキーで会話シーン丸ごとスキップ可能)


▲レイミィ「私のおねーちゃんの方が詳しく知ってるかも?」グレナディア「では聞いてまいります」のスキに、レイミィが主人公を路地裏に連れ込む事案が発生


▲グレナディア「そこまでです!お姉さまが仰ってました『妹の狂言には気をつけろ』と」


▲こんな感じでグレナディアは「粛清しましょう。今すぐしましょう、そうしましょう」と

そしてACTパートへ。


▲気を解放しろ―ー!!(画面右のオレンジゲージが敵のHP


▲戦闘前に各敵ごとにこんな前演出があり、ここにもぜひ注目すべし

ダークエルフのレイミィは王道の弾幕系。なんだが弾速がユルく遠目にいると弾はそこまで密集しないゆえ、思いのほか避けやすい。更に本人は中央から移動しないため、マウスカーソルで中央に照準したまま弾を撃てば必ず当たる(左クリックおしっぱで可)。その状態で避けることのみに注意すればいい。ゆえに比較的簡単なのだ。なんならドッジ(右クリック)なしでも全然イケる。Shiftキーのバーストで弾消しも可能だ。


▲ある程度敵HPを減らすたびに画面右上に「WARNING!」が出る


▲その直後レイミィが接触攻撃を行ってくる(ドッジで回避可)。

回避に失敗するとセクハラというかエロされてしまい、制限時間内にレバガチャ(WASDキー連打)なQTEに。連打というほど連打は必要なく、まず失敗はしないが、あえて失敗すると


▲イってしまい、そのままエロシーンに突入。主人公のHPに関係なくこの時点で敗北となる


▲何度も絶頂させられてしまう。結構長尺シーンだ


▲その後ダークエルフの村にお持ち帰りされ精液タンクとしての生活BADEND。敵が強くて無理!ならステージセレクトへ、倒せるわい!ならリトライで


▲1回攻撃を受けるとハートが半分減るぞ

主人公のHP(画面左上のハート)がゼロになった場合も敗北。なのだが、この場合はの敗北エロは別のものになる。


▲先ほどとは違い、エロ前にリトライするかの画面に。QTEはまず失敗しないが、HPゼロでの敗北はままあるからな


▲騎乗位本番


▲このエロシーン結構な長尺。本作のエロシーンは1発射精で終わることはまずない。最低2発~というところ。ちなみにスペースキーでウィンドウ消し


▲エロ後の結末、可能な選択も同じ


▲敵に勝利すると

トドメを刺す・刺さないの選択になる。これはどの敵勝利後も同じ。敵とはいえ、カワイイヒロイン達を〇しちゃうのは忍びない、ほとんどの紳士は「刺さない」を選択するだろう。


▲グレナディアはヤル気まんまんだが「射精はいいけど射殺はダメだよ!」(※そんなこといってません


▲天使に繋がるのかどうかわからないがそれっぽい情報を聞ける「私だってスジぐらいあるんだから!」


▲家に戻り


▲グレナディアに搾精される


▲グレナディアは主人公から搾精することで主人公が失った記憶を見ていくことができる

ステージを選択しACTパートクリア、そしてグレナディアとエッチして記憶を少しずつ見ていく、ここまでがワンセット。そしてまたステージ選択へ、本作はこんな流れを繰り返していくぞ。


▲レイミィにトドメを刺さなかったため、レイミィの弾丸「ディストーション・エロティカ」をゲット!

敵にトドメを刺さないことで各敵固有の弾丸を入手できる。ACTパートでTABキーを押して切り替え可能、各ステージで弾丸ゲージがゼロになるまで使用できる。


▲ちなみにトドメを刺した場合


▲ステージ選択で彼女のアイコンがノイズになり(生かした場合とは別演出)主人公の記憶からも抹消される。もちろん弾丸も入手できないが


▲SHOPでの購入に必要な「KP」を多く入手できる(生かした場合は1)。SHOPの各アイテムは主人公のHPやバースト使用回数を増やしたり、弾速(最初はめっちゃ遅い)や連射数(最初は3連射)を伸ばしたりと育成要素だ


▲キョンシーのロン・ランのステージを選択


▲情報屋の彼女にはただただ話を聞きに行っただけだが「情報の見返りに手合わせしてほしい」との願いから戦うことに。戦闘前演出として、BGMのリズムに合わせてジャンプ&最後は舞うようにローリング、かなり印象に残ったキャラ 。「一度死んでるけど」


▲画面内の上→左→下→右に移動しつつ弾幕(レイミィに比べれば全然少ないが弾速は早め)。そうそう、画面右上(敵の体力ゲージの真上)のカクテルの数=バースト回数だぞ


▲画面上で止まりおもむろに両手のすそから刃物が伸びる(この間弾をぶちこめる)。左・右・左右両方と3度斬撃してくるが全てドッジで回避可で予備動作があるゆえ避けやすい(ドッジの練習にもなるかね)。攻撃後もスキがデカくぶち込める


▲その後ブワッと回転しての全画面攻撃!「うわこれどうやって避けんの!?当たり判定時間長くてドッジじゃ回避しきれんし」と思ったが、よく見ると画面四角は安全地帯だったorz この3種を繰り返す


▲ある程度ダメを与えるとWARNING!ロン・ランのWARNING!は


▲振り子の要領で画面左から右に素早い接触攻撃を行ってくる。しかしカインは避けた!(華麗なドッジ


▲回避に失敗→レバガチャに失敗すると(レバガチャ難度は初戦と変わらん)やはりエロシーン(69の体勢でパイズリ)、そのまま敗北だ


▲HPゼロで敗北した場合。騎乗位でめっちゃ搾られる(↑こんなものではない)


▲体験版でもっとも手ごわいと思われるニーズヘッグ戦。このステージはトップビューではなくサイドビュー!画面奥行きがなく、高さの概念を利用できるのは翼をもつニーズヘッグのみ(ズルい


▲「にぱぁ」 むぅ、あきらかに明らかに!この娘の戦闘前演出は凝っている!優遇されている!


▲別にこの娘とも敵対はしてないのだが。「どこへでもひとっ飛び」な運び屋の彼女に「ボクの家に連れてって」と頼んだところ「あらら、おにいさん生きてます?私の背には夢魔か魂しか載せられないのです」と


▲彼女はWARING含め多彩な攻撃を行ってくる。攻撃を避けるのも大変だが、一番しんどいのは彼女の動きが素早くなかなか弾を当てられないこと。ロン・ランのようにスキがデカくない(スキはあるけども)ゆえ、弾速の遅さもあってなかなかダメを与えられない。レイミィからもらえる弾丸が結構当てやすいかな


▲このほぼ全画面を覆うトンデモ攻撃は、彼女の下のみが安全地帯だ。効果時間が長くドッジでの回避は無理ー(使えば多少被ダメを押さえられるけども)

ニーズヘッグのエロに関しては是非体験版でどうぞ。フェラと騎乗位だ。あとグレナディアとのステージクリア後エッチもか。

こんな感じのACT・STGで、体験版範囲からやり応えガッツリな感じだった。縦横無尽に移動するゲーゆえ、個人的にWASD移動に慣れきっていなかったのもあって難しい部類だったものの、前作よりは難易度下がってる(?)気もするし、弾幕メインだった前作に比べると敵ごとの攻撃バリエーションが増えており攻略しがいがあった。エロに関してはどのCGも超高クオリティでシーン尺も長く1発では終わらない、とても捗るかと。


▲グレナディアはエロい。エロいわぁ

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 1,300円(税抜)

FANZA 1,300円(税抜)

Guns of Succubus2 〜夢魔とメイドとマスケット〜

前作「Guns of Succubus -ガンズオブサキュバス-」

エロACT「Guns of Succubus -ガンズオブサキュバス-」 ラクライ 
ラクライの「Guns of Succubus -ガンズオブサキュバス-」レビュー。とあるサキュバスを倒したいショタがサキュバスを倒せる銃「ミルフィヨンカ」と共にサキュバスと戦う一画面固定Wave制ACTSTGです。弾幕を避けつつ敵を殲滅、敗北で搾られます。

コメント