同人かわら版No192 エロ同人ゲームレビュー

今週のDLsite様新作は14 44 37 49 57 77 113=391本。ここのところ週始めと週末の差が顕著だな。14本と113本てなんだ。これからは年末シフトで増える一方、今月末に控えているエロ同人ゲームだけで相当数ある。

エロ同人ゲームショートレビュー

【人気Lv】→ 白猫伝~わしの淫術で鍛えてやろう! フェアリーキー SRPG 1,100円→880円(1/18迄)

白猫伝~わしの淫術で鍛えてやろう!
つい先日リリースされた「幻性淫魔伝シオネ」のスピンオフ的なSRPG。前作主人公である討魔師・シオネが使役する霊獣・白猫が、おねーさんの姿となって、討魔師としての潜在能力を秘めた少年(主人公)を鍛えるおねショタ物語。敗北すると白猫が犯される。ゲームシステム的には前作同様、前作の感想記事を参考にしてほしい。

【人気Lv】↑ ミラの祓魔師 睦月庵 RPG 1,400円

ミラの祓魔師
ミラの祓魔師感想
祓魔師のルリ♂が仲間と共に世界各地を襲う淫魔と戦っていくRPG。騎士ソニアがオープニングで仲間となり、仲間を増やしつつ世界の異変を追うストーリーで、寄り道的な賞金首(♀)討伐などがありつつも割とストーリー牽引型ではなかろうか。エロは仲間との和姦→純愛エロがありつつも敗北エロなどもあり、傾向的にはルリ受け身が多いソフトM紳士向けか。

RPGパートはワールドマップで拠点やダンジョンに移動、ダンジョンではシンボルエンカウントなのだが、紫系の敵は動きがやや早めで数も多くこちらを追跡してくるものの弱め(大概1撃で倒せる)、それ以外の敵はランダム移動だったり固定だったりで紫よりは強め。特に固定敵は強いが、逆にレベリング用の敵でもある。宝箱も結構配置されているのだが、素早く回収していかないと紫系が寄ってきて戦闘になったりと若干の緊張感があり、メリハリの効いたダンジョン探索だなぁ。

ただちょいと気になったのは、ダンジョン突入と同時に会話になり、その間に紫敵に取り囲まれるシーンが多いこと。この仕様は本作に限ったことではないが、会話中敵の動きが止まる作品もあるし、それが無理でも会話発生のタイミングを変えるとか敵の配置を変えるとかやり様はあるはず。会話中に敵が迫ってくると内容に集中できない。

もうひとつ、誤字・脱字や海外サークルさんの変な日本語のレベルとは違う意味でテキストに違和感を感じる。例えば「村で(私達の)装備を整えそうだ」。整えられそうだ、じゃないか?こういうのが多く使われていて気になり、誤字脱字が多い我輩がいうのもなんだが物語への没入感がイマイチだった。意味は通じなくはない故、意図的に使っているのだろうか?

エロシーンではCGとは別にメッセージウインドウの顔グラがフェラの口になったりの二段構えでエロに関してはかなり実用的でいい表現だなぁとも。褒めたり貶めたりですまんが、いいなぁと思うところと気になるところの明暗くっきりな作品だった。FANZAでもリリース。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ7 システム7 没入感6 エロス8)

【人気Lv】↑ ドミネーションクエスト-クロとエッチなモンスターガールズ 木陰の泉 RPG 2,700円

ドミネーションクエスト-クロとエッチなモンスターガールズ-
ドミネーションクエスト-クロとエッチなモンスターガールズ感想
モンスター娘を従える「ドミネーター」としての能力に覚醒した主人公・クロ♂が、白いサキュバス・シロと共に冒険するUnity製のRPG。キャラチップは2Dだがマップ描写は3Dっぽい。弱らせて「ドミネート」したモンスター娘を仲間に加え、最大4人PT+クロ(スキルで攻撃可能だが被ダメは受けない)で戦う。仲間達は戦闘ターン毎に「精力」を消費、クロは彼女達への精力補充役でもあり、戦闘中であっても彼女達に搾られエロで精力を提供する。敗北すればもちろん敵にエロられることもある。登場するモンスター娘は28種以上。エロ傾向でいえば完全にM紳士向けであり、コンセプト的にはもんむす・クエスト!シリーズっぽいか。

本作の特徴としては主人公セリフ無し、しかしサークルさんの前作シリーズ「魔天使サクラの冒険」の主人公・サクラ同様にエモーション吹き出し+エモいSEで主張する。ぶっちゃけすげぇ可愛い。もうひとつ、センセーショナルなのが、ドミネートする際の描写が見ものでこんな感じなことである。

ドミネーションクエスト01

四つん這いになっているのは主人公のクロ。敵を弱らせ「ドミネート」を使うと、敵がみるみる小さくなり、クロから生えたぱっくんフラワーもどきにパクッとされるのだ。これでドミネート完了。この構図、すごいな(笑) 敵を仲間にする演出でこれを思いつく発想がまさにエロ同人。エロければセオリーなど知らぬ!な構えはグッド。オープニングであるこの戦闘のあと、クロが「精通」しドミネーターとして覚醒した際の回想になるのだが、その演出で我輩のPCはフリーズ。再度試したが同じところでまたフリーズ、1時間近く待っても応答なし。ということで残念ながらほんの序盤しか遊べなかった。PC環境さえよければちゃんと遊べそうでエロそう(絵師複数)故、良作っぽいなぁ。点数は付けられない。
<追記>
我輩がフリーズしたシーン、解消したそうだ。

【人気Lv】→ ニナとHな獣魔快ダンジョン キツネマフラー RPG 2,600円(FANZA 2,700円)

ニナとHな獣魔快ダンジョン
ニナが聖域を中心とした4つのダンジョンと付随する町を冒険するUnity製RPG。戦闘はリアルタイムバトルでペルソナ風のビジュアルとUIなのはいいしアニメする戦闘エロも興味をそそられるのだが。パッドでは遊びやすいのかもしれないが、キーボードだとWASD移動+Fでメニュー、マウスで決定、キャンセルと少々遊び辛い。そもそもその操作方法でさえどこにも書かれていないしレドメもない。これだけならさほど問題ないが、移動に微妙な慣性(キーを離してもすぐには止まらない)が付いているとか、わらわら寄ってくる敵シンボルを避け辛い見た目以上に狭い通路(通行判定が見た目よりかなり狭い)など、RPGを遊ぶ上での最低限の遊びやすさが備わっているとは言い難い様な。序盤まったく情報がないことや町に着くまで回復手段に乏しくて満足に戦えない等は個人的には問題ないしむしろバッチコイなのだが、移動周りの遊びにくさがモチベ減退に。ある程度遊んで面白くなったとしてもRPGで思う様に動けないのは根本的にキツイ。
【体験版評価】6.3/10点 (面白さ7 システム5 没入感6 エロス7)

【人気Lv】→→ さきゅばす・ばとる! ~ボクの使命は逆レイプ~ ANKA RPG 1,300円

さきゅばす・ばとる! ~ボクの使命は逆レイプ~
男性が絶滅、サキュバスの血を引く女性だけの世界、主人公は女神により唯一の男性として世界に送り込まれる。100日という日数制限アリのBFRPG。主人公には「逆レイプされる才能」があり、出会う女性は皆彼を犯したがるのだ。故にBFとはいえ逆レイプシチュ。「空腹度」「清潔度」という値を管理しつつ冒険するようだが、体験版では2人の女性とBFできるものの自由に移動できる前の序盤部分で終了。BFに関してはアニメーション仕様でありつつ相手をイカせる。セリフも多めで結構実用的じゃなかろうか。ただイマイチ基本仕様がわからん故、点数は付けられない。

【人気Lv】→ 性なる夜に~大人達へのえっちなプレゼント~ MoonGlow 非戦闘RPG 1,200円→840円

性なる夜に~大人達へのえっちなプレゼント~
アニメのブルーレイ全巻セットを買ってしまったが故に金欠、このままではコミケに行けない!というオタクレイヤーのノエルが、クリスマスまでの1週間大人向けサンタの仕事(と言う名のデリヘル)をするMV製非戦闘RPG。ノエルというキャラはSNS上のオタク婦女子発言のカタマリでできており、個性的な男達もノリがよくセリフ回しが軽快でウィットに富んでいて楽しい。動きのあるメッセウインドゥと相まって賑やか。舞台となる町マップは個性的なオブジェクトがありつつも整然としており、広すぎず狭すぎずいい塩梅。「~トリックオアトリート~犯してくれなきゃイタズラするぞ!!」の時も感じたがMoonGlowさんは時季モノの表現が上手い、クリスマス前の季節感がよく出ている。

肝心のゲーム部分は、デリヘルに申し込んだ野郎共の家に行ってお仕事、事務所に戻れば1日終了となる。町には十人以上の野郎共の家(〇〇の家と書かれている)があるが、1日目は2軒しか入れない。日が進む毎に入れる家が増えていく寸法だ。同時にコスプレ用衣装も増えていく。それぞれの野郎に段階エロか、と思ったのだが違うな。各野郎ごとにプレイ構図は1種、ただコスチュームを変更するとエロに衣装が反映、テキストも変化するという。つまり野郎の数だけプレイがあり×衣装差分というエロ仕様だ。体験版で遊べる2日目まではソフト(クンニ)系エロのみだ。1日1回でも仕事をすれば任意で次の日に。エロのノリは軽め故、単純に絵の良さと、変人視されがちだが見た目は可愛いオタク女子の普段とのギャップがいい。その他、マップ上で電球アイコンが出ているNPC等と話すとサブイベント(ちょっとしたエロもある)が発生する。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ6 システム7 没入感7 エロス8)

【人気Lv】→→ 彼女たちは痴漢から逃げられない 勇敢マダム 痴漢SLG 500円

彼女たちは痴漢から逃げられない
絵のタッチが全く異なる故遊んでみるまで気付かなかったが、ジャンプで連載中の「ぼくたちは勉〇ができない」ネタ痴漢SLGである。ティラノビルダー製ADVパートのUIは商業エロゲの様に整っている。影が薄くなる固有結界を持ち、悪戯することでターゲットをその気にさせてしまう「痴漢師」が主人公、攻略ヒロインは小麦色水泳部員、うどん屋の小柄巨乳、最近父親と和解した黒髪薄胸、そしてゴミアパート女教師。

痴漢できるのは1日1人、駅前で張り込みターゲットを見つけたら「今日はこの女にするか?」、見送れば別のヒロインを見つけるかもしれない。痴漢パートでは触る、揉む、舐めるのいずれかを選択、続いてそれを実行する箇所を選ぶ。ターゲットのグラから指定、口、耳、乳、尻の4か所の様だ。実行すると数字が2種ポップアップ、ピンクが快感値、青が不快値、なるべく不快値を上げない様に快楽値を上げていく。各種ゲージや数値の表示は無い為「あとこれだけ快楽値を上げれば成功」などの指標が無い、若干アナログ感覚だ。キャラによってそれぞれの数値が上がりやすい場所、性感帯は異なる。体験版では明らかに不快値が先行したが成功、体験版仕様?成功するとエロシーン、成功させるごとにシーン内容がエスカレートする。痴漢パートは比較的シンプルな内容なもののそれなりの臨場感あり。FANZA
【体験版評価】6.8/10点 (面白さ6 システム7 没入感7 エロス7)

【人気Lv】→ Yuki’s Tale AzureZero ACT 1,600円

Yuki's Tale
Yuki’s Tale感想
「青い髪のキツネ、ユキは、世界を探索したがった罪で村の地下にあるダンジョンへ落とされてしまう」ということでユキがダンジョンから脱出を目指すメトロヴァニアACT。短いオープニングを見る限り、ユキは大人の青髪キツネがなんらかの術を唱えた後、自ら深いダンジョンの底へと飛び降りた様に思える。それとも落とされた?そもそも世界を探索したがった罪とはなんだ?といきなり気になる展開だ。

ダンジョンの底に落ちたところからゲーム開始、当初はXキーでのジャンプしかできないが、開始直後アイテムをゲットしCキーでショットを撃てる様になる。撃つごとに「にゃっにゃっ!」というCVに萌え、粗めのドットでチマチマ動くユキが可愛くてしょうがない。ダンジョン内のBGMはRPG等で「悲しい過去の回想」場面で使われそうな悲哀系BGMで、ユキが小さい身体で深淵のダンジョンに挑む感を際立て、余計に健気で悲哀を感じてしまう。ユキぃぃ、我輩がお外に出してやるからな!

さて、ゲーム的には進めることで、Vキーで氷の壁破壊ショット、Zキーで前方ダッシュ回避などを修得していき、新たなアクションが増えることで探索範囲が拡がっていく。同じ場所を行ったり来たりする辺りメトロヴァニア度が高いと言える。行く先々でアイテムをゲットすることでHP上限が5上がったり、攻撃力があがったり能力成長要素もある。メニュー画面は無い。

要所ではボスが待ち構える、操作に慣れ敵の攻撃パターンを見極めるまではトライアル&エラー必須位に強い。セーブポイントは各所にあるものの、ボスから若干離れた場所にある為ちょっと面倒さは感じる。道中のザコ敵は結構クセのある動きをする奴が多く、併せて岩が転がってくるなどのギミックもあり難易度はヌルくはない。体験版範囲で最も難度が高いと感じたのは、レバーをONするとゲートが開き、制限時間内にゲートを潜らないと閉じてしまうギミック。特にZキー前方ダッシュを修得してからはこのギミックが多く、ジャンプ+前方ダッシュに慣れないと難しい。おそらく操作に慣れたサークルさん的には若干余裕を持った時間制限にしていると思うが、我輩の腕前ではそれでもギリギリ、降りてきたゲートに何度か潰されてアボーン(直前のセーブポイントに戻る)となった。割と精度が求められるキーがZ・X・Cと3種ある故、キーボードよりパッド推奨だがキーボードでも遊べるだろう。

エロに関しては特定の敵に接触されるとアクションDEエロとなるが、キャラのドットが粗め&小さい故にエロスはあまり感じられない。敗北した場合もアクションDEエロがいくつか並べられたエロ画面になるものの、こちらも前者と変わりなく。探索感や徐々にアクションが増えていくメトロヴァニアとしては面白い作品だがエロ度は紳士によるか。海外サークルさん製で作中は英語オンリーなものの、テキストはどれも短文で支障はないかと。
【体験版評価】6.8/10点 (面白さ8 システム7 没入感7 エロス5)

■今週予告開始されたエロゲピックアップ

えっち大好き勇者さま
魔王復活を阻止するべくエロイ勇者・リノンが主人公のハーレムSRPG。音声作品を2作品ほど出しているサークルさんで、習作として既にSRPGを1作完成(全年齢フリゲ)させている様だ。やはりイラストがキレイだととりあえずお気に入りぽちっ、としたくなるな。ゲーム性に拘りつつもサクサクモードも用意、物語を進めることで仲間が増えエロも発生する一本道の様だ。本編20章+外伝6章、仲間30ユニット以上、エロ40シーン以上の長編。主人公の顔つきがランスっぽく見える。Ci-enに何人かのキャラ紹介があるぞ。発売は来年2月下旬を予定。

特警シグナルフォース
アンコクマリモカンさんの戦隊ヒロイン敗北陵辱RPG。敗北すると仲間が敵に捕まってしまい監禁、救出に向かう。過去作「鉄刃少女ブレイザーRPG」系でありつつ、本作は1画面マップ内をどう進んで被害を最小限に抑え、ボス戦に挑めるかという、若干WWA形式的な側面もある様だ。価格は未定、発売は2019年3月上旬を予定。Ci-en記事によると若干余裕を持ったスケジュール故に前倒しの可能性もあるとか。

■同人よもやま

DLsite無料作品追加

ラインナップにya-ho-gamesさんの新作音声作品が追加されている。

・今週のでぃーえる農場結果
(日)ハズレ (月)ハズレ (火)1p (水)1p (木)1p (金)ハズレ (土)ハズレ
一瞬で結果を表示してくれないかな、別にドキドキとかもしてないから。

同人かわら版バックナンバー

前号(No191)を見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。