やみの不思議な館 エロ同人ゲーム発の本格3Dホラー探索ADV

やみの不思議な館
おいもらんど リアルタイム3DADV+エッチSLG 男主人公 Unity製 バランス型
【体験版評価】9.0/10点 (面白さ8 システム9 没入感10 エロス–)

やみの不思議な館 感想・レビュー

うわこれはすごいわ!、が体験版プレイ後の第一声だったUnity製リアルタイム3D、探索ホラーADV+エッチSLG。本作は大まかに2部構成となっており、結構広い館内を探索するリアルタイム3D探索ADVがストーリー本編、クリア後にヒロインとの食事やお風呂、エッチなどが楽しめるエッチSLGパート(もちろんリアルタイム3D)がプレイ可能になる。

dh

ゲームは夜の町から開始となり視点は一人称、マウスを左右に動かすとそれぞれ視点が左、右へグリッと移動、手前に動かすとプレイヤーの足元が見える。正面に見える町はずれの「館(というか城の様な高さある建造物)に向かい移動していくと途中途中に「Shift…ダッシュ」など操作案内が出る仕組みで操作方法がスッと入ってくる。できればパッド推奨だが、WASDで移動、Ctrlでしゃがむ(+WASDでしゃがみ移動)、Escでメニュー、左クリックで各種アクション(ドアを開けたり)と若干慣れは必要なものの十分プレイ可能。また前述の様に一人称視点で最も重要な視点移動に対するマウス感度がとてもいい塩梅(変更可)でかなり扱いやすく好印象。このテのゲームとしては操作性良好だ。

本作では椅子やベッドなどオブジェクトも多数設置されているのに、直感的に移動しても若干引っ掛かりを感じるだけでスムーズに移動できる点も評価できる。

館近くまで移動すると音もなく後ろからヒロイン登場、館内に誘われる。鍵を渡され「階段を昇って左手の部屋で待ってて」と言われるゆえ、移動して鍵を使い(右クリックするだけだが)部屋内に入るとヒロインが入ってくる。この一連のイベントで本作のほぼ全ての仕様を自然と学べる流れ。その後会話イベントとなり「目を閉じて100数えたら私を探して、見つけてくれたらご褒美上げる」ということで「かくれんぼ」の鬼役に。

館内にはかなりの数の部屋があり、探索してロックされている扉の鍵を見つける、数字を入力するなどのギミックを解いていくことで探索範囲を拡げていくのだが…もうなぁ、コワイ、こええよこれ!元々暗い館内、光源は所々にあるランプのみ、1階に降りると「女の子のすすり泣く声」が流れ始め、「パパとママが死んで私一人この館に取り残された」という日記を発見したり、前触れなく本棚が倒れたり。棚をズラすといわくありげに出現する地下への階段とか雰囲気あり過ぎて「入りたくねぇ」。

また本作の特徴的なギミックとして、扉の前で「しゃがむ」と「カギ穴から中がちょっと覗ける」のだが、覗くと恐怖感が増す。覗かなきゃいいのだろうが、覗きたくなるだろう人間の性としてっ。

もっともゾッとしたのは、ある部屋に入ると机に突っ伏し亡くなったと思われる骸骨、手には紙が握られており調べると「赤いインクで塗りつぶされたなにか」、それ以外なにもなかったゆえ部屋の外に出ようと扉に移動すると「ロック」されている。なに!?と後方に視点を移すと「骸骨」がいなくなってる!い、いぃぃやぁぁぁ!これあれやろ、紙をもう一回調べる必要あるけど絶対不意打ちされるやつやん!とビビりまくったものの、本作はあくまでADVでそんなバ〇オの様な「ビクーン!」系の心臓に悪い演出は無いし、ゆとりある操作設計である。本棚が倒れるヤツもわりと距離がありそもそも下敷きになることもできないかと。

ただ一人称ということもあり非常に臨場感が高く「やけに心の臓の鼓動がうるさいな(ビビってる)」程度にコワイのである。いやー、2Dのホラーエロゲはそれなりに体験してきたが、これは雰囲気と演出でジワる怖さがある。ディスプレイを近づけてプレイするとVRに近い臨場感を味わえる。我輩は離れて遊びました、目、目に悪いからだからね!

チキショー、こえぇけどご褒美のため、やってやる、やってやんよでもコエェェ!そんな葛藤を味わいつつ館とヒロインの謎を紐解きたくなる、エロ同人初じゃないかという本格リアルタイム3DホラーADV。選択肢によるエンディングがいくつかあり、実績なんかもあるぞ。

dh

我輩の第二世代CPU内臓グラボ環境では画面サイズを最少にして描画をもっとも低くしてなんとか遊べたが、ヒロインとの会話シーンではちょいちょい変なグラになってしまい厳しかった。エロシーンは無理か、ということでエロに関しては評価は差し控えるが、エロ抜きにしてもホラーADVとして非常によくできた作品だ。販売ページの動画やサンプルを見る限りエロも期待できそうではある。見た感じ結構ローポリで頑張ってる感じであったし、ほとんどのPCで遊べると思うが体験版推奨。

夢子「販売サイト様です」
やみの不思議な館 1,900円→1,615円(15%OFF 7/19迄)
DLsite
やみの不思議な館

この作品以前に我輩をビビらせた同人エロゲといえば筆頭はこの二つだな。

バ〇オライクな怖さをお求めなら。やや難しいぞ。

Anthophobia 体験版感想
Terrarium  サバイバルホラーACT  1,800円(税抜) 【基本情報】♀主人公 その他製 ゲーム性重視 難易度:難しい 【体験版評価】8.8/10点 (面白さ8 システム9 没入感10 エロス7+1) 【ゲーム情報】 Ver1.5にアップデート! Z…攻撃 X…ジャンプ C…武器切替 Shift+⇔…ダッシュ ↓…しゃがみ ↓+⇔…四つん這い歩き ↓+Z…蹴り D…ガンリロード G…火炎瓶 E…調べる R...

超有名作品だがアルコールいれても怖かった。本家FC作品同様、ドット絵とBGMが怖さを助長する…!

腐界に眠る王女のアバドーン 体験版感想
さくらぷりん  レトロホラーRPG  1,800円(税抜き) 腐界に眠る王女のアバドーン 制作期間3年の時を経て、注目の大作レトロホラーRPGがお目見え! さくらぷりんさんといえば、同人RPGの人気を定着付けた「パロゴンクエスト」で有名なサークルさんである。その後リリースしたRPG「お師匠様と僕」も大ヒットとなったが、パロゴン~リリース時のインパクトは大き過ぎた。故にこのサークルさんには常に「パロゴンを超える作品を…」と期待...

コメント