霧の刹那のワルキューレ 体験版感想・レビュー

霧の刹那のワルキューレ
BLACK PANDA  ACTRPG  1,000円(税抜)
【基本情報】♀主人公 ツクールVXAce製 バランス型 難易度:やり応えあり
【体験版評価】8.5/10点 (面白さ9 システム8 没入感9 エロス8)
【ゲーム情報】以下操作キー
Z…攻撃(押しっぱで連続攻撃) X…メニュー Alt…ヒール Shift…スキル
Ctrl…指輪切り替え(攻撃属性チェンジ)
タルやタンスアイテムなし デフォルトダッシュ メッセスキップあり
セーブはクリスタルで エロステ:なし UI独創性:やや高い バトル独創性:やや高い

親友を救う為夢の世界の謎の塔を踏破せよ! 正当進化

夢の終わりのワルキューレ」の続編となるARPG。
主人公は前作の凜子から亜利子(ありす)に変わったものの、ストーリー的にも前作の
続編、亜利子は凜子と同じくワルキューレとなり夢の世界の「欲望の塔」を探索する。
凜子はでっかいハンマーを武器にしていたが、亜利子はでっかいカマを武器とする。
この世界に来たばかりで右も左もわからない彼女にいろいろ教えてくれたラービィが、
「エデンの書」を見つければ亜利子の友達を救ってくれると約束してくれた。

ARPGとしては特殊で独特な攻撃方法と仕様となっておりナルホド、ツクール製でも
こういう仕様にすることで違和感ないARPGを作れるのだなぁと感心した以上に、
「いや、これめっちゃ面白いわ!」と。相当な水準のARPGになっていると感じた。

霧の刹那のワルキューレ
霧の刹那のワルキューレ02
エデンの書をもってくれば親友を助けてやるというラービィ エデンの書とは?

「霧の刹那のワルキューレ」体験版では

2階層のボスを撃破するところまで。エロはボスQTE+αで結構あるが、
QTE中のエロはQTEに集中してしまいちゃんと見れなかった;
プレイ時間にして1時間強、ARPGとしての面白さは存分に味わえる。

霧の刹那のワルキューレ01
トムソーヤみたいな家で全回復可 右下のドット立ち絵は常時アニメ
霧の刹那のワルキューレ03
たまにキラキラポイントで先人(?)のメモを発見できる
霧の刹那のワルキューレ04
メニューにエロステ搭載

基本的なゲームの進め方と序盤攻略

戦いの舞台は「塔」、拠点は塔の外の森。森の大樹の上にある家では寝て全回復、
破れたコスチュームの修復(アイテム必要なし)、光る宝箱でチート開放が可能。
サクサク進めたい紳士はチートを使えばいい。
物語を進めると救出したキャラが拠点に滞在するようになり、強化素材を消費して
装備品アップグレードなどが可能。

霧の刹那のワルキューレ05

塔内での各階層には入口とボス直前にクリスタルが設置してあり、触れることで
起動し、拠点のクリスタルにワープできる。拠点クリスタルからは塔内の起動済み
クリスタルに移動できる。ちなみにクリスタルに触れると全回復。

塔内各所に宝箱が設置され、一度ゲットしても塔から出ると復活し何度もゲット可。
敵は一度倒せば階層間移動しても再ポップしないが、塔から出ると再ポップする。
故にレベリングやアイテム集め(敵はかなりの確率で強化素材や売却専用アイテムを
ドロップ)は任意。レベルアップ時は前作同様天からパァァと光が射す演出。

霧の刹那のワルキューレ07

また各層のどこかに商人がおり、彼に「売却専用アイテム」を売ることで
結構なお金を得られ、売却した分だけ商人が普通に売る回復アイテムよりも
強力な回復アイテムを購入できる。

売却専用アイテムは優先的に売り、強化素材は装備品強化が可能になるまでは
とり置き、強化した後に不要なアイテムが出たら売ればいいだろう。
HP回復アイテムはヒールが使えるようになるまでは沢山所持しておこう。
本作の仕様と敵の攻撃パターンを見極めまでは結構被ダメ機会が多いハズで、
普通に進めるとお金が枯渇気味になりがち。

霧の刹那のワルキューレ06
攻撃すると右下ドットアニメも連動するのは前作同様

ARPGとしての攻撃方法が独特且つ緊張感あり

前作は体当たりバトルだったが、本作ではZキーでの攻撃に変更されている。
本作のバトル仕様の特徴を上げてみると。

①Z攻撃は正面方向1マスに当たり判定がある(武器によっては左右にも当たり判定?)
②敵に隣接されると若干間をおいてから攻撃してくる
こちらから敵にぶつかる(隣接はOK)と一方的に被ダメ→ノックバック
④一部の敵以外はこちらの攻撃が当たると短時間硬直し連続攻撃チャンス
⑤❤付の敵、ボスは確率でエロ攻撃してきてQTEに突入

これらを鑑みて、まずはこちらから敵にぶつからないこと。隣接はOK。
おりゃーと攻撃しようと勢い余って敵にぶつかると一方的にダメをもらう。
基本的に敵の動きは遅い。慎重にいくなら1マスあけて敵が攻撃範囲に入るのを
待つのも有効。隣接したら攻撃される前にZキー押しっぱで連続攻撃。逆に言えば
Zキー押しっぱの状態で敵に隣接すれば自動的に連続攻撃してくれる
(敵が攻撃範囲に入らないとZを押しても攻撃モーションが出ない仕様を利用する)

霧の刹那のワルキューレ08
調子に乗ってるとorz スタミナは顔横一番上の細いゲージ

ただし連続攻撃時はスタミナに留意。攻撃する度にスタミナゲージが減少し、
ゼロになると攻撃できなくなる。割と短時間で自然回復するが。
序盤は4・5回攻撃するとゼロになってしまうが、レベルアップしていくことで
スタミナも強化される。

左右・後方から隣接された状態で敵のいる方向を向こうと方向キーを入れると
接触判定になり被ダメをもらう。常に敵を正面に捉え、1VS1を心がけ退路も視野に
いれて立ち回ることが重要。敵の種類によっては遠距離攻撃してきたり、毒などを
付与してくることも。

問題なのは移動が素早い敵と④に該当しない硬直無しの敵。どちらもヒット&アウェイ
必須。1~2撃程当てたら即間合いをとらないと高確率で被弾する。

霧の刹那のワルキューレ09

ボスはしばらく動き回ってから停止→大技を放つ。停止してから大技を放つまでの
間に攻撃し間合いをあける。ボスによってはどこに当たり判定があるのか
わかり辛い見た目のヤツもいる。むむぅ、レトロゲーっぽくてイイ。
ある程度HPを削ると移動が早くなり近接攻撃パターンに。

霧の刹那のワルキューレ
霧の刹那のワルキューレ10
QTE中はリョナもある

エロ攻撃QTE 3段階あるドットアニメエロ

⑤に関して。❤付の敵やボスからの攻撃では確率でエロ攻撃、前作同様QTEが発生。
QTE中はドットエロアニメーション(あんまり見てるヒマはないが)、制限時間ゲージが
無くなる前に表示されたキーを入力、3回連続成功すれば抜け出せる
が、失敗する毎にドットエロはエスカレート&絶頂ゲージ上昇、MAXで大幅にHP減。
この状態でHPがセロになると敗北ドットアニメに移行。相手がボスの場合は
経験値をドレインされる。倒せばドレインされた分+ボス経験値を得られる。

霧の刹那のワルキューレ
霧の刹那のワルキューレ11

敗北ドットアニメではスキル「夢現」を使用すれば途中任意で抜け出し拠点に戻れる。
わざと抜け出さずに最後までエロを見ると、更なるエロの舞台「絶望輪舞曲」マップに。
ここでは苗床になるなど絶望的なエロになり、一応QTE仕様なものの制限時間が極端に
短く且つ入力キーも多く無理仕様。つまりこのマップに入るとゲームオーバーである。

霧の刹那のワルキューレ

発電目的なら絶望輪舞曲のエロまでみればいいし、攻略的目的なら敗北ドットアニメの
時点で拠点に戻ればいいだろう。

霧の刹那のワルキューレ

体験版総合的に

ARPGとしては微妙な仕様のツクール(移動中の敵の見た目と当たり判定がズレる)で、
上手いルールを設けてしっかりARPGに仕上げてるなぁという印象で、期待値以上に
面白かった。アクションDEエロではなく、しっかり大き目に表示されてヌルヌル動く
ドットアニメもグッド。武器や防具の強化なども含め前作よりも格段に面白味が
増していると感じた一品。FC音源的なBGM(SEは本格派)もマッチしていて盛り上がる。
あと何気に立ち絵の表情バリエーションがかなり豊富で感情表現豊か。
キーボードでも操作性◎。ただQTE連続三回成功はややテンポを悪くしている様な…

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
ロリ 陵辱 異種姦 ボテ腹 ドットアニメ

夢子「お取扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *