同人かわら版No166 今週のエロ同人ゲームレビュー

今週のDLsite新作は51 35 47 53 45 73 94本で398本。ゲーム作品は少な目だったか。まだ6月下旬予定の同人エロゲたくさんあるんだが」
あと何故か今週はくすぐりRPGが豊作でくすぐりの怖さが身に染みた(扉は開かなかった)

エロ同人ゲームショートレビュー

【人気Lv】→→ ドットアニメ飼育機械姦 ドットボーン エッチSLG 700円

ドットアニメ飼育機械姦
簡単なドットアニメシミュレーションゲーム。画面上部に表示される7つのコマンドを選んでヒロインの快感度を上げ、100を超える毎にステージ(LV)が進み構図が変わる。全3LV。快感度が高い程ヒロインのリアクションも変化。任意でセーブ可能で、気に入った構図やコマンド、快感度状態の時にセーブすることでオカズギャラリーになるかと。ドットアニメに関してはグッド、強いて言えば複数個所同時責めできたらよりよかったかなぁと。あと機械姦だからか、なんか淡泊なんだよなぁ。CVとは言わないがせめてエロイSEがあるといいなぁと。更に言えば機械姦ならではのもっとエグイ攻めとかも欲しい様な(強いて言うことが多い DMMでもリリース。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ– システム7 没入感7 エロス7)

【人気Lv】→ 祈ればそこに ~女の子を捕まえて売るゲーム~ イクレシオ研究所 RPG 1,300円

祈ればそこに ~女の子を捕まえて売るゲーム~
全40階層のローグライクダンジョンを踏破するRPG。主人公とヒロイン以外の残りPT2人は拠点で自由に雇うことができる。こちらが動けば敵シンボルも動くターン制&ランダムダンジョン、アイテムは落ちておらず恒久アイテムでいつでも拠点に戻れる。また特徴的なのが戦闘が完全オートであること。Zキー押しで若干戦闘が早くなる。ただ本作は♀敵を犯して拠点に連れ帰り売ってお金にする、というコンセプトで、敵シンボルが♀だった場合♀敵が護衛を数体引き連れての戦闘になる。強さは大したはことは無いのだが、倒してしまうと犯せないのだ。味方はまず護衛から優先的に狙うが、護衛を全て倒したあとターンの余力でそのまま♀を倒してしまうこともある。その辺の調整はPT編成で調整。戦闘中うまく♀敵だけを残しターンが終われば次のターンからはPT全員でセクハラ攻撃を行い♀敵のMPを削っていく。ある程度減らすと主人公が挿入を始め、カス子3Dアニメシーンに。フィニッシュは無いがアニメはスムーズでPC負荷も非常に軽い。一度捕まえれば拠点でアニメを見られるようになり(構図が変わる3P・4Pも同時に登録される)捗る。オート戦闘をカスタマイズできれば面白かったかなぁと。DMMでもリリース。
【体験版評価】6.3/10点 (面白さ6 システム7 没入感6 エロス6)

【人気Lv】↑ 淫魔の贄 ~魅了されたら即逆レイプ~ 絵の無いゲーム 非戦闘RPG(ACT寄) 500円

淫魔の贄 ~魅了されたら即逆レイプ~
入院中の片想いの女の子の元に毎週通っているファンタジー世界観の学園生が主人公。今日もあのこのところにお見舞いに向かおうとするが、魔法使い風の淫魔お姉さんに気に入られてしまい、その道中で様々な誘惑を受けることになる。道中はいくつかのエリアに分かれており、体験版では森エリアを踏破。淫魔シンボルに接触してしまうとその時点で理性-10、若干のテキストエロ後、1d100(2個の10面ダイスを同時に振りそれそれの出目で00~99判定)のダイスロールで理性値を下回れば解放、上回ってしまうと追撃エロを受けて更に理性値が減少・❤+1。その他のシンボル(蝶含め)に接触すると即1d100ダイスロール、成功で解放、失敗で❤+1。要は理性が減るほど接触時のダイスロール判定が失敗しやすくなり、❤が4つ貯まると虜になってしまい、長めのエロテキスト+演出後にゲームオーバーとなる。(本作にCGシーンはや立ち絵は無い)まぁゲームオーバーになってもエリア途中からリトライ可であるし、虜になってからのBADENDシーンは淫魔と主人公が同棲して裸エプロンを着せられてエロられるとかなんか幸せそうである(笑 回復アイテムも採取していけるしな。ただエリア最後の淫魔戦(連続でダイスロールすることになる)はある程度運も絡むが厳しめかも。序盤余裕しゃくしゃくの淫魔が徐々に主人公の手強さを認め始め本気を出していく展開はこのテの淫魔から逃げる系ゲームでは珍しいし、エロシーンもM紳士向けながらラブを感じる描写だ。
【体験版評価】7.3/10点 (面白さ7 システム7 没入感8 エロス7)

【人気Lv】→→ こちょこちょ討滅記 たるたるホワイトチョコソース RPG 500円

こちょこちょ討滅記
なん…だと?くすぐりRPG、今週だけで3作目だぞ!?しかもどの作品も評価が高い。なんだ、同人ゲームにくすぐりRPGが一石投じる予兆なのか?まぁそれはさておき、本作は腕っぷしに自信があるカエデが主人公のウディタ製、平和だった村の周辺でくすぐりを目的とした魔物が増え始めカエデはそれらを解決する為奔走することになる。本作のゲームシステムの特徴はサポートスキルだろう。他人のスキルをサポートポイントの範囲内で「ターン消費無しで即使える」システムだ。ポイントは攻撃、被ダメ等で上昇、MAX5。ツクール製でのTPの簡易版といったところか。それとは別にレベルアップでカエデ固有のスキルも修得するが、こちらはSPとターンを消費する。序盤は親友であるシスター・セーラのサポートスキルを使用可、セーラ救出の段には道具屋の娘・ミリアのスキルを使える様になる。ターン消費無しというのがミソで、上手く使うことで1~2Tでザコ戦を終えられるし、ボス戦前にはMAXまでチャージしておきたい。エロ(くすぐり)に関しては、戦闘中にもあるが、立ち絵をつかったエロシーン的な感じでテキスト描写が長め。敵を倒せば回想回収できる故わざと受けたり負ける必要はない。ストーリーを進めることで主人公以外のヒロインのくすぐりもあり。くすぐりという点では今週発売された他2作よりもねっとり長いテキスト+命の危険を感じる拷問感(特にくすぐりに強いセーラの弱点を探り、そこを突破口として心を折った女盗賊団恐るべし。ヒールで回復しながらのくすぐりとか)があった。空気を読まないで書くと「水曜日のダ〇ンタ〇ン」の企画で「くすぐりも10分過ぎたらもう平気説」というのがあってだな…(信じるか信じないかはあなた次第
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ7 システム7 没入感7 エロス7(紳士による))

【人気Lv】→→ Divirtual! ノワール城エントランス くすぐりRPG 1,000円

Divirtual!
ゲームの世界に入り込めるデバイス「Divirtual!」を使い女学生二人がゲーム世界に旅立つが、そのゲームは姉の悪戯で差替えられたくすぐりRPGだった!現実世界に戻るには魔王を倒すしかない、ということで2人+序盤で仲間になる精霊の3人で冒険するRPG。戦士系+魔法系でそれぞれ2タイプの攻撃方法がある。レベルアップでスキルポイントを入手、一人につき3種のスキルツリーでアクティブ、パッシブスキルを修得していくなどかなり2人の成長幅は広い。UIやテキストフォントなどもそれなりに凝っている。3人目の仲間である精霊は一切攻撃能力を持たない回復、バフ専門キャラで他2人の強さに応じて成長、通常攻撃が全体軽回復+MP若干回復で非常に回復役として優秀で、あまり派手にMPスキルを使わなければMP含めた回復に憂いなく進められ、その塩梅が丁度エェ。また本作最大の特徴は、イベントでのくすぐりエロもあるものの戦闘DEくすぐりエロが豊富なことだ。敵にくすぐり攻撃された場合、5秒以内に特定の方向キーを押していくQTEになる。慌てなければ難しくは無いが失敗するほどに入力キーが増え難度が上がる。くすぐりスキーなら間違いなく楽しめる作品言えそうだ。最初の戦闘でどちゃっと覚えきれない程のチュートリアルがあるが、同人RPG慣れしてるなら見なくて良し。あとな、MV製RPGとしては非常に軽い。なんだこの軽さ!この作品もサンプル画像なんでこういうチョイス。余談だが徐々にくすぐりRPG増えてきてないか?
【体験版評価】7.3/10点 (面白さ7 システム8 没入感7 エロス7(紳士による))

【人気Lv】↑ 天空神殿の機械姦自壊オナニー生活。 zerobyteorbit 3Dアニメ+エッチSLG 1,800円

天空神殿の機械姦自壊オナニー生活。
廃墟の魔王城地下で魔王の残した遺産(機械姦システム)でお”ほぉぉぉおお!となった前作、その続編。魔王の最上階に更なる機械姦部屋があり、主人公・ナギは今度はそこでwktk、楽しむ3DエッチSLG。サンプルや紹介文からして前作よりパワーアップしているのは間違いなく、今作はVRにも対応している。前作で既にクソ重かった我輩のマシンで体験版を触るのはちょいと腰が引け、あえてスルーさせて頂く。まぁ期待を裏切らん機械姦なのだろうなぁ。ゲーム性もあるんだよな。余談だが、前作リリース同じ週に「妖精洗脳改造ファクトリー」もリリースされていた。若干趣向は異なるが3D機械姦という点では同じ。DMMでもリリース。

【人気Lv】→ 女神戦記フレア ぱいギル ACT 1,300円

女神戦記フレア
女神の名を継ぐ神官戦士フレアが、オーグと名乗る魔族を討伐しに向かうCF2.5製ステージクリア型横スクACT。1ステージは2つのエリアで構成され、ある程度進むと自動セーブ、HPゼロや即死穴に落ちても自動セーブポイントから間髪入れずにやり直すことができ、実質ゲームーオーバーがない。主人公の各アクションについてもモーションはカッコイイとは言い難いものの、初見から扱いやすく二段ジャンプ滞空中も割と思い通りに動ける。唯一ジャンプして頭が障害物に当った後そのまま下に落ちていくしかない仕様は微妙だが、扱いやすさは十分。故にそこそこな難易度なシーンでも即死穴アボーンやボス戦で敗北してもモチベが続きやすい。体験版最後の2-1なんかは浮島を渡っていくシーンで、あちらに渡る際天井にあたるとそのまま穴に落ちてしまうが、即リトライ可故に我慢できるシーンだ。ギミックや敵の動きなど全体的にレトロACTな雰囲気でそういうACTが好きなら結構楽しめるかと。ステージ幕間の横スク画面でのオートイベントはこういうACTでは珍しくイースⅢを思い出した。エロは敗北ではなくストーリーを進めることで発生、いわゆるテキストを進めるエロだが、CVあり、画面左に主人公フレアの快楽ゲージがテキストとリンク、ただの演出だがいいなぁと。対人メインで個人的に絵、特に表情が好みで高潔の女戦士が口手八丁で…というシチュも良くゴチになりました。ただ、Fで攻撃、Dでジャンプ、Sで武器切り替え、Aで必殺技と、一般的なACTでよく使われるZ・Xキー周りの操作が不可。またオートセーブ故に、2ステージ後に1ステージをやり直そうとするとまた長めのオープニングから始まりスキップできない。更にウィンドウ画面設定にしてもタイトル画面に戻る毎に全画面化してしまう。ユーザーフレンドリーという点では微妙。アプデでウィンドウ問題とジャンプ頭ぶつかり後の挙動は解決した様だ。更にイージーモード追加。DMMでもリリース。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ7 システム7 没入感7 エロス7)

【人気Lv】→→ 誘惑の夢 ~巨大の夢~ プロジェクトT 非戦闘RPG 1,000円

誘惑の夢 ~巨大の夢~
夢魔が寝ているショタを自分の夢にご招待、その夢の世界ではショタはマイクロサイズにされ(通常サイズの女性のハイヒール位の身長)、巨女の夢魔達から逃げて夢の世界から脱出するのが目的のウディタ製避けゲー。マップ上でのショタ主人公はFF3のミニマムキャラ的なサイズで、ショタを捕まえてエロイことをしようとする夢魔シンボルの索敵範囲を避けつつ進んでいく。夢魔シンボルには「…」「❤」の2種類がいて、前者は歩くことで索敵されにくく、後者はダッシュすることで逃げやすい。捕まってしまった場合は連打で脱出、抵抗度が3からゼロになってしまうとゲームオーバー。それとは別に誘惑イベントも多々あり、そこで少しでも誘惑にのる選択をしてしまうと(チュートリアルの時点から)巨女×ミニマムショタのエロを経てゲームオーバー。セーブは緑のクリスタル的な場所のみだ。マップ上を探索することで回復アイテムなども入手できる。見上げる様なCG構図、でっかい夢魔に捕まれ顔にぶちゅーっとキスされると画面に口紅キスマークが付く演出は相手がでっかいということを印象付ける。体験版はほぼチュートリアルでやや冗長、実戦さながらのミッションもあるが、それなら序盤を詰めて本編序盤を遊ばせてほしかったような。チュートリアルは本編とは違うしな。体験版をクリアして2周目をプレイ開始するといくつかの便利アイテムを入手でき、そのセーブデータは製品版に引き継げるようだ。サークルさんのこれまでの誘惑ゲーに巨女属性を乗せた作品。DMMでリリース。
【体験版評価】7.3/10点 (面白さ7 システム8 没入感7 エロス7(紳士による))

同人かわら版バックナンバー

前号(No165)を見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。