ぱんぷとりっく! 体験版感想・レビュー

ぱんぷとりっく!
木工用ノスタルジィ  フリーBFRPG  1,300円(税抜)
【基本情報】♂主人公(名前任意) ウディタ製 エロ重視 難易度:普通
【体験版評価】8.3/10点 (面白さ7 システム10 没入感8 エロス8)
【ゲーム情報】1vs1の任意BF BFに勝敗無し 主人公成長要素無し
RPGというよりADVやSLGに近い 基本は方向キーのみorWASDキーのみで操作可能
Shiftでマップ画面・ヒロインの居場所表示 メッセスキップあり セーブはいつでも
戦闘DEエロ:これがすべて エロステ:無し UI独創性:高 バトル独創性:高

前作より更にプレイヤーの自由度が高くなったフリーBFRPG

サークルさんの処女作「もんすとらっく!」のシステムを踏襲した、サイドビュー画面のフリーBFRPGである。

森で迷ってしまった主人公♂は、夜も更けた頃に大きな建物を発見、助けを求めるべく中に入り込む。出迎えたジャック・オー・ランタンという女性に話を聞くと、そこは魔の属性の者達が宿泊するホテルで彼女は管理人、人間が迷いこ…、訪れたのは久しいという。

ここに居を構えるゲストだけでなく従業員共々あなたの来訪を悦んでいる。そして貴方はここで心ゆくまで彼女達(ホテル内にいるキャラは全員♀)と逢瀬を楽しみ、魂を癒していけばいい、と。主人公は101号室をあてがわれ、そこを拠点としてホテル内を探索、様々なヒロイン達とコミュニケーションという名のBFをしていくことになる。

BFといっても勝ち負けはなく、ほぼプレイヤー任意でコントロールできる為、ある意味BFシミュレーター的な側面もある。設定や舞台は
「グレゴリーホラーショー」という一昔前のアニメ作品が元となっている。

ぱんぷとりっく!001
自室である101号室 ベッドで翌日に

「ぱんぷとりっく!」体験版では

探索できるエリアは限られており、BF可能ヒロインは3人。特殊BF可能なのは一人のみ…か?(やり込めてないだけかも;

まず何より、片手で操作可能!

前作でもこれを大いに評価したが、片手のみのキーボード操作でプレイ可能。左手をフリーにしたいなら方向キー+右Shiftキーで、
右手をフリーにしたいならWASDキー+左Shiftですべての操作OK。様々なコマンドがあるゲームだが、それをすべて片手操作可能にしている
設計はグレイトユーザビリティ。BFエロがメインである以上、片手フリープレイアブルの恩恵はデカい。

ぱんぷとりっく!002
ゲーム開始早々、ジャック・オー・ランタンからBFの誘い

どのヒロインとも即BF可能 制約がほぼない

前作同様、ゲーム開始早々ほとんどのヒロイン達とBF可能。ヒロインと話し部屋に誘う、または部屋に誘われれば二人きり、ヒャッハー!BFだぁ!BF可能なヒロインは全8人。このシリーズにおいてBFはコミュニケーションであり、冒頭の通りヒロイン達は全員主人公に好意をもっている、そんな設定や世界観が嬉し楽しいシリーズでもある。

ぱんぷとりっく!003
もっとボーイッシュかと思ったらカワイイやないか

BF仕様を説明していこう。BFではまず「責め」「受け」を選択する。その上でどこを責めるか、責められたいかを4つから選択するとコマンドが実行され、以下の様にセリフとエロイ演出効果が流れる。まぁ↑キーでいきなり脱がしたり、↓キーでいきなり射精も可能なワケだが、その辺は好みで。

ぱんぷとりっく!004
責めるを選択するとどう責めるかのコマンド
ぱんぷとりっく!005
キスを選択 画面右のイニシアチブゲージが主人公側に移動 右下KISSゲージ上昇

責める場合は画面右の「イニシアチブゲージ」が↓(主人公側)に動き、責められた場合は↑(ヒロイン側)に動き、イニシアチブが偏る程に
ヒロインのセリフも受け、責め方向に変化していく。ヒロイン毎に責めや受けの好みがあり、同じ行為でもゲージの変化量は異なる様だ。そうそう、セリフがあるのはヒロインのみ、主人公は一切喋らない。

ぱんぷとりっく!006
秘所愛撫を続けPUSSYゲージ満タンでヒロイン絶頂寸前 ↓キーで焦らし可

服を着た状態では前戯的なモードとなっており、責めも受けも愛撫的な感じになる。それぞれのコマンドに対応した画面右下のハートゲージが一杯になると「責めの場合」はヒロイン絶頂、「受けの場合」は主人公射精。ただ、どちらの絶頂の場合でも任意で「焦らす」こともできる。うむぅ、痒いところに手が届くなぁと唸らざるを得ない!

ぱんぷとりっく!007
脱がせるとこんなこと言ってくる くはぁ
ぱんぷとりっく!008
▲責める→焦らすを繰り返すとこんな感じに 絶頂させてもプレイは続行する
ぱんぷとりっく!009
更に焦らすとこんな風に セリフ多っ! …この娘M気質だなw

こんな前戯を経なくても前述の通りいきなり脱がせて即挿入も可能。ただそれでヒロインは満足するかな…?とかムードを大事にするのも一興。いつでも射精できる故BF突入後即挿入→即射精してもいいだろう。実にフリーダムというか、任意性が高いBFシステムであり、S・Mの選択すら自由自在なのだ。

ぱんぷとりっく!010
↑キー長押しでいざ挿入 挿入後も責め・受け任意でイニシアチブも変化
大事なところがコマンドで隠れて見えないが、コマンド実行すれば見えるぞ❤

ぱんぷとりっく!011
他ヒロインではこんなずっぷり構図もある(似てるけど別ヒロイン)

挿入するとヒロインCGの構図が変化する。ずっぷり挿入部分が見える構図もあり、前作より随分エロくなったなぁと。前作はCGはあくまでエロの補助的なもので、エロの本質は多彩で豊富なヒロインのセリフテキストや特有の雰囲気にあった。故にズップリ構図は単純に嬉しい。ちなみに、各ヒロインのBF中のセリフは400種オーバー。

閑話休題。挿入後は弱くピストン、強くピストンが基本となるが、前戯モード同様「責め」「受け」も選択可能。責めの場合は挿入しながらキスしたり、秘部を弄ったり、受けの場合はヒロインに行動を任せることになる。挿入モード中は画面右下が「Burst」という大きな❤ゲージになり、コマンドを実行する毎にゲージが貯まり、MAXになると責めの場合はヒロイン、受けなら主人公が絶頂する。この際も「焦らし」は可能だ。同時絶頂ももちろん可能。

ぱんぷとりっく!012
BURSTゲージ一杯になったら↑キー長押しで同時イキ可能

絶頂後は続けてプレイできるが、イベントBFなどではできないこともある。主人公に体力とか射精回数制限はない故、連続プレイに制約はない。各ヒロインの居場所は時間帯で変わり、夜が更けると自分の部屋で就寝してしまう。人外なのに夜寝るんだなw

こんな感じで本作のBFはほとんどゲーム的制約が無く、いろんな人外娘とBFという名のエロ、それもほぼ全てプレイヤーの思惑通りのプレイが可能な、シミュレーターに近いゲームだ。

ぱんぷとりっく!013
トークした場合、質問されて二択選択肢で答える場面も

た・だ・し。各ヒロインは会っていきなりエロ可能な位主人公に好意的ではあるが、彼女達にはそれぞれ主人公に対する「好感度」が設定されている。好感度は2人きりになった時、BF以外に選択できる「トーク」「ドリンク(酒を飲む)」「プレゼント」などでも変化、BF回数、BFの内容でも変化するかと。好感度はマスクパラメーターで確認はできないが、一定に達すると特殊なBFイベント(後述)が発生する様になる。

また、ドリンクを選んでからBFに入ればヒロインは酔った状態で普段とは違うBFセリフになったり、酔い状態も数段階ある…?特殊BFイベント発生後も好感度を上げ続ければ更に新たな一面をみせてくれるかもしれない。何しろ、1ヒロインにつき400以上のセリフがあるのだから、どれだけ彼女達のセリフを引き出せるか、いろいろ試してみるのも本作の楽しみだろう。

ぱんぷとりっく!014
初日にほぼ全ヒロインとダイニングで面通しできる この場ではBFに誘えないが

BF以外の基本仕様

BF以外の基本的な仕様をいくつか。ホテル内を自由に探索し、ヒロインを見つけたら任意で部屋に誘う、またはヒロインのいる部屋の前を通ると独り言が聞こえて中に入る、そんな繰返しで進めていくのだが。ホテル内での1日はPM6:00から始まり、移動やBFをするごとに時間が進む。何時まで行動可能なのかはわからなかったが、体験版範囲では時間が足りなくなるようなことはなく、むしろやることがなくなって寝る、という感じだった。製品版ではヒロインは8人もいる故、もっと忙しくなるのかもしれない。

ぱんぷとりっく!015

ヒロインの居場所はShiftキーでいつでも確認できる。特に日数制限も無い。延々とホテル内で各ヒロインとのBFを楽しむのもひとつの遊び方なんだが、一応目的もあり、エンディングを迎えることもできる。

ぱんぷとりっく!016

ヒロイン達から魂を分けてもらう特殊BF

ある程度ヒロイン達とのBFを進めると、以下の様な話を聞ける(ややネタバレ故、読む場合は反転してどうぞ)

このホテルは人外娘を癒す為の施設で、時折迷い込んでくる人間♂を囲い、ゲスト達にあてがう。人間♂自身も彼女達とエッチで癒され(強要されるわけではないし)、ここから出ようとは思わないだろうが、万が一ここから出ようと思っても決して出られない。ホテルから出るには人間程度の魂の濃度では足りないから。だから、もし貴方がここから出たいと思うなら、彼女達からBFで魂を奪うしかない。

ぱんぷとりっく!017

つまりだ、ホテルから出るという目的で進めるなら、それなりにゲーム性が出てくる。ヒロイン達の主人公に対する好感度が一定まで貯まると、「特殊BFイベント」が発生する様に。

この特殊BFでは勝ち負けがある。勝てばヒロインから魂の一部を分けてもらえ、負けても特にデメリットは無い。ヒロインの魂を分けてもらうことでエンディングに近づくワケだ。また、負けたヒロインは主人公を愛してしまい、これまで以上にベタ惚れに。ヒロインに魂を分けてもらう程ハーレム(元々ハーレムだが)色が強くなるのだ。

彼女達の気持ちを考えるとなんかこう、胸の奥がキュンッとするな…(乙女か

ぱんぷとりっく!018
コマンドが通常BFとは異なる 画面上部メッセージがヒント

この特殊BFではヒロインが次のターンでしてきそうな行為より強い行為を選択していけば優位に進められるだろう。例えば愛撫してきそうだったらピストンを選択すれば優位になる。愛撫<ピストン<我慢、という三竦みで、特定ターン数を優位に進めれば勝利できる。ヒロインが次のターンにしてきそうなことはヒントが出る故難しくはないかと。

アイテム集めも重要

特定イベントのフラグとしてアイテム集めも重要。ガラクタを集めて持っていくと、様々なアイテムと交換してくれるヒロインがおり、また特定のアイテムを持っていれば彼女に探索してもらいアイテムを集めてもらうこともできる。

体験版総合的に

自由度の高いBFだった前作と比較しても更に自由度が高くなっており、ここまで自由奔放にハメ可能でBF内容も任意な作品は見当たらない。
そして若干のホラー感と、ユルさと癒し要素はサークルさん独特なものだなぁと。

ヒロインも全員個性的且つ魅力的でイイ。↑で紹介してきた画像は「責め」ばかりだが、それ以上の「受け」のボリュームもある。責めも受けも自在なだけに、自分がそもそもSなのかMなのか、改めて認識できるかも?

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
主人公セリフ無し ラブイチャ モンスター娘 男性主導 女性主導

夢子「お取り扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *