エロRPG「元上級国民の私が肉奴隷にされちゃった件」  ピンクつちくれ

元上級国民の私が肉奴隷にされちゃった件 体験版感想・レビュー

復活を遂げた「ネオコウゾー」を倒すべく、元上級国民のミミが復讐の旅に出るMV製RPG。舞台は前作「ロリ巨乳の私が上級国民様に売られちゃった件」と同じ世界(探索する地方は別)のその後、つまり前作主人公・アキバが上級国民コウゾーを倒したことにより「元上級国民は全員国民の奴隷、逆らったら殺してヨシ」という新たな法律が定められた世界。そんな中を身分を隠しつつ主人公・ミミはサキュバスのネルと共に旅をしていく。

前作では「上級国民」=ろくでなし、そんなイメージだったが、主人公の家「フェラ―家」はノブレス・オブリージュを全うする良い上級国民(語彙力)だった。しかし前述の新たな法律により両親は殺され、兄は奴隷として売られ、かつては「フェラ―家の白ユリ」と呼ばれた主人公も地下に奴隷として監禁されているところからスタートする。

前作同様シリアスなシナリオだが登場する多彩なキャラたちのノリにより重すぎない程度、ところどころアツイ展開があり、犯されようとも貶められようと正義を貫く主人公が魅力的、見た目も個人的にしゅき。RPGとしては基本的に一本道、かなり頻繁に「ワンポイントアドバイス」が出て、それに従っていけばエロも回収していけるシステム。戦闘エロもあるがカットイン的な感じだ。行く先々の街だけでなくフィールドにも宝箱がたくさんあり、普通にゲットできるものもあれば何かが通せんぼしていてアイテムや要望を叶えることで通れるようになる。DQの鍵のように「後から」ではなく工夫すればその時点で回収できる。戦闘難易度も普通に敵を倒してレべリングしていけば苦労しないかなぁと。ただ本作はフィールドマップ上ではランダムエンカウントでやや戦闘頻度が高く、この辺はちょっと好みが分かれるか(フィールドマップ上での移動はそんなにないけども)

【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム8 没入感8 エロス8)


▲アキバがコウゾーを倒し、反乱軍を率いていたコダイが臨時の王に。この法律を制定したらしい


▲主人公は自らの屋敷の地下に監禁されており、そこに将軍のシュレッダーがやってくる。きゃつは超姑息な男で、コウゾーが倒された(クーデターが成功した)と知るやいなや、部下たちをぶっ殺し「逆賊を討った」とアピールして将軍に成り上がった。そして主人公の両親を殺し、高嶺の花だった彼女を肉奴隷にしようとしている


▲という選択になるのだが


▲その前にこういうワンポイントアドバイスが出る。本作ではこのようなワンポイントが随時出てナビゲーション・ネタバレしてくれるためメチャクチャ親切、エロ同人RPGに馴染みのない紳士も安心してプレイできる(当編集部を閲覧してくれる紳士に初心者おるんか?)


▲更には同じタイミングでセーブも自動で開く、まである


▲正しい選択肢は「肉奴隷になる」


▲ちなみに拒否した場合、犯されたうえに殺されてGAMEOVER。ただし正しい選択を選んでもエロは回収(回想に登録される)ため、わざわざこちらを選ぶ必要はない


▲「肉奴隷になる」を選択するとシュレッダーは時間をかけて彼女を犯そうとする


▲もうすぐ犯されちゃう~!というところで


▲背後からの一撃でシュレッダーを強襲、元メイドのポティが救出してくれる。彼女は幼いころに拾ってくれた主人公を尊敬しており「あなたに迷惑をかけられない」という主人公を粘り強く説得、一緒に脱出することになる


▲ここでもワンポイント。「屋敷の中に宝箱いっぱいあるからちゃんと回収してってね(意訳)」


▲屋敷内は結構広く、宝箱もかなりある。お金やら消費アイテムやらいろいろあるゆえちゃんと回収するべし


▲警備兵もそこそこ徘徊しており見つかると寄ってくるが、ポティが「ワンワンアタック」で自動でぶっ〇してくれるぞ


▲ありがてーなぁ


▲DQなど一般的なRPGと違うところ、本作では一度そのマップを踏破すると基本的に戻れないところかな。ステージクリア型のアクションっぽい感じ。もちろん都度確認が出る


▲屋敷から出ると、イーストキャピタルという街に舞台が移り今度は街からの脱出に。ここでも宝箱がいぱーい、探索しよう。↑のようにダメージ床の先に宝箱、ということも


▲メニュー画面


▲街の南区画に移動すると、突如巨大な炎があがる。街が襲撃されている…?


▲倒された、と聞いていたコウゾーが「ネオコウゾー」として復活、二人の部下と共に「超上級国民」を名乗り街を襲撃している様だ


▲住人たちは一目散に逃げだす


▲警備兵が駆けつけネオコウゾー達に挑むがあっさり倒されていく(ちょっと前の時事ネタを断末魔に)


▲「こいつらヤバイ!」と逃げようとしたところ捕まってしまい


▲戦力差があり過ぎる。まずポティがなすすべなく犯されたうえに致命傷を負い


▲主人公も犯されてしまう


▲二人を犯し、街でやりたい放題した彼奴らは「チャイルド島」へと向かった


▲ポティは天に召されてしまった…


▲ポティを殺したネオコウゾー達を絶対許さない…!でも私にはそんな力はない、誰か、誰かっ!命を捧げるから力を頂戴!


▲その願いに応えサキュバスの「ネル」が現れる。彼女は前作の主人公・アキバに力を与えたサキュバスの妹であり


▲主人公に寄生して力を与えるよ!と。ネルは姉のように「サキュバスとして歴史に名を残したい、箔をつけたい」という目的


▲理由は違えど目的は同じ、主人公は彼女を受け入れ戦う力を得る


▲ネオコウゾーがいるタックスヘブン城に向かうには5つの属性エンブレムが必要、それらを集めるべく主人公は各地を冒険する

自由に動けるシーンは多いがここまでがオープニングかな。「淫欲度」は戦闘エロ受けたりエロ本を読んだりで上昇するのだが、スタンダートなエロRPGでのエロフラグとはちょっと異なり、本作ではゲームを進めるために必要となるため積極的に上げていきたい数値でもある。ついでにいえば淫欲度と引き換えに能力値を上げることができる場面も多々あったり。


▲まずはネオコウゾー達に襲撃されたイーストキャピタルの街を探索しよう。これまで入手したお金で装備品を購入できるし、宝箱も多数ある


▲宝箱を通せんぼするさむしんぐちゃん(前作でも登場)、彼女は話しかける度に要望が変化するため、一度話しかけて要望をこなせなくても何度か話しかけてみよう。このように通せんぼを解消することでアイテムを入手していくのが本作の基本だったりする


▲燃え盛る炎が通せんぼしている場合は消費アイテム「消火剤」が必要。ここを通るには〇〇が必要、みたいな場合は大体そのマップ内に必要アイテムがあったりする


▲はい、最初の街なんですぐ近くにありましたな


▲H本関連は淫欲度を上げるためのアイテム。本作では淫欲度を上げた方が攻略が楽(上げたからといって主人公がエロくなる、というわけではない)ゆえ、どんどん上げていこう


▲魔物が通せんぼしているなら戦闘で倒そう


▲まぁスライム程度なら


▲楽勝ですわ


▲スイーツ系アイテムは戦闘中に使用するとTP回復効果、それとは別に各地にいるスイーツを集めているNPCに渡すと能力値アップアイテムをくれたりもする


▲本作の通せんぼバリエーションはほんと豊富。これは淫欲度を与えると能力値をアップしてくれて消えるクリスタル。能力値のアップは主にレベリングだが、これによる影響も結構大きい(割と頻繁にある)


▲宿屋。とにかくいろんなところに宝箱があるゆえ、くまなく探索していくことをおすすめする


▲街を出るとフィールドマップへ。ここにも宝箱が設置されている


▲フィールドマップではランダムエンカ、結構エンカ率高め&敵複数なことが多い


▲本作ではザコ含めすべての敵が50%くらいの確率でエロ攻撃をしてくる。受けると(回避不可)


▲淫欲度とTPが貯まる。レベリングと共に淫欲度稼ぎもしておくと攻略が楽になるかな


▲戦闘中エロ攻撃カットインはいろいろな種類がある。ちなみにコマンド入力時にShift押しでオートバトル(適切なスキルも使用する)に、Zキーおしっぱでやや高速戦闘になる


▲最初の街でしっかり装備を整えておく(ここまでの宝箱を全回収してお金をゲット、そのお金で武器屋で装備を整える)とザコからの被ダメはゼロだったりする


▲ちゃんと探索すればこれくらいの装備は整えられるかと


▲ん?何だこれピラミッド?


▲入ってみると例の「淫欲度と引き換えに能力値アップクリスタル」がたくさん!エロ本を読んだり戦闘エロで淫欲度を貯め、能力値底上げが可能だ


▲フィールド上にも通せんぼが。このオークはキスを経験してみたい、と。淫欲度を15消費する。足りないと「残念だけど君じゃ魅力が足りないよ」とか言われてしまう。こんな感じで淫欲度はとても必要なのである


▲オークにキスして排除すると港町にいけるように


▲ここにもクリスタルとか炎とか通せんぼがいくつか。どう回収していくか、都度トライしていくのが楽しいな、主人公の成長にもつながるし


▲ほい、回収回収~


▲ここでもワンポイント。イベントを起こすと新たなステージへ、ここにはもどってこれないよ、やるべきことやった?という。コンシューマーRPGとかでは省かれていることが多く「やってくれたな!」とプレイヤーが地団駄を踏むことがない親切設計


▲船長に「チャイルド島まで乗せてくれますか、もちろんお金は払います」とお願いすると、きゃつは主人公は元上級国民のミミであると気付き


▲「通報されたくなければフェラしろ」と物陰に連れていかれ奉仕させられる。ネルは「こんな奴ぶっ飛ばしちゃえ!」と提案するが、主人公は「今の法律では私は国民の奴隷だから」と甘んじて受け入れる


▲奉仕後、いざ船に…というところでシュレッダーが兵を率いてやってきて船長は逃走


▲謎の男が「助けてやろうか?」と。ここでは「必要ない」を選んでも繰り返されるだけで助けを求めるしか選べない


▲謎の男たちは兵を率いたシュレッダー達を倒してしまう


▲彼らは海賊団、主人公たちを目的地まで運んでくれるという

▲もちろん対価として主人公を抱くことを要求してくる


▲船上、船内にも宝箱や通せんぼ複数あり


▲船内、恩はしっかり返さなければ、とシーゲスに抱かれる


▲その後船上で水夫たちに輪姦される


▲更にその後。航海中にクラーケンが船を襲う。総力戦でも敵わなずこのままでは沈没…というところで、主人公が散々中出しされた精液を力に変換する「精力ドレイン」を使い


▲クラーケンと戦闘


▲こいつも例にもれずエロ攻撃してくるけど


▲倒すと「お嬢ちゃんそんなに強かったんか…」と野郎どもが主人公を担ぐ


▲闇のエンブレムの在り処を教えてくれる


▲シーゲス達にチャイルド島に送り届けてもらう。さぁ私たちの冒険はこれからだ!


▲ほほう、まぁ基本的には一本道だが、寄り道も多数あるらしいぞ


▲店長チャレンジというミニゲーム


▲「90秒間アイテムゲットし放題」という


▲ザコ敵も変化、まぁじっくりレベリングと探索を行って来たため苦戦はいっさいしなかったな


▲エロ攻撃されます


▲10000Gはまだちょっと無理ですな…


▲この先にネオコウゾーがいる。その前にチャイルド島を巡りエンブレムを集めなければ


▲まずはシーゲスに聞いた闇のエンブレムを求めゴブリンの村へ


▲ゴブリンの村を統治しているのがゴブリンエンペラー。闇のエンブレムはこの村の大切な宝だとか


▲ゴブリン達は人間のメス大好き、ちょっと前にも巨乳のメスガキが来たとかw


▲ゴブリンの村も探索し甲斐がある、全宝箱を回収すべし。これくらいの強さになればボス戦1回目で勝てたりする


▲エンペラーゴブリン。淫欲度30を消費して「闇のエンブレム」ゲットすべく戦闘に


▲このボス戦は1回目の戦闘で敗北してエロられ、精液ドレインで能力値アップ状態で再戦→勝利、というのが正史(それくらい強い、まぁ1回目で勝利しても回想登録されるゆえ勝っても問題ない)


▲エンペラーゴブリン戦1回目、確かに強いのだが


▲ここまでしっかり準備していて、バフ・デバフを適宜使うと普通に勝てちゃう


▲敗北するとエロシーンを経て、弱体化したエンペラーゴブリンと再戦となる

闇のエンブレムをゲットすると体験版終了。ここまでプレイ時間は2時間ちょいとけっこうなボリューム。製品版はかなーりボリュームがありそうだ。RPGとしてはオーソドックスタイプではあるが、エロRPGとしてはスタンダードではないものの、こういうのも個人的には嫌いじゃないなぁ。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 1,800円(税抜)

FANZA 1,800円(税抜)

元上級国民の私が肉奴●にされちゃった件

前作「ロリ巨乳の私が上級国民様に売られちゃった件」

エロRPG「ロリ巨乳の私が上級国民様に売られちゃった件」 ピンクつちくれ
ピンクつちくれさんのエロRPG「ロリ巨乳の私が上級国民様に売られちゃった件」の感想・レビューです。全年齢ゲーとして大ヒットホラーゲーなどをリリースしてきたサークル「土塊」さんの初の、手堅いエロゲです。 

コメント