BFRPG「MilkyQuestII」 はくだくソフト

MilkyQuestII 体験版感想・レビュー

気付けば見知らぬ場所、記憶もなく自分の名前すら思い出せない少年(?)が主人公のウディタ製BFRPG。彼を助けてくれた女の子によると、主人公のように記憶のない男の子がしょっちゅう現れては魔物娘に性的に搾られ野垂れ死んでいくらしい。しかしながら主人公はかなりの絶倫、魔物娘達に対抗しうる力があると見込まれ、彼女と共にBFの冒険へ出る。ちなみに彼女の名は不明、なぜ主人公に協力してくれるのかも不明。

本作でのBF表現は前作同様真っ向からの本番であり、これぞまさしくバトルファックである。己のチ〇ポで魔物娘をイカせるか、おま〇こにイカされるか、BFの度にムチプニっとしたドットアニメが躍動するのが最大の特徴といえる。捗る。

一方ゲームとしては、プレイし始めは割と自由に進められそうに見えて、実は最適解がその都度決まっている感覚だった。例えば最初のエリアで最初に出会う強敵はウンディーネとはちみつガーディアンで、戦ってみると負けはするもののちょっとレベリング(本作では主人公のレベルではなくスキルのレベルを上げていく)すれば倒せるかな?と錯覚するも、実はかなりガッツリレベリングしないと倒せず、最初に倒すべき(最適解)はその奥にいる別の強敵だったりする。その時点で倒せない敵がいたらさっさと別のところへ行ってみるべき。

なんか当たり前のことを言ってるようだが、それに加えて敵シンボルの多さと昔の名作RPGを彷彿とさせるレベリングの大変(上がりづらい)さ、全体的に敵が強いことで、最適解を見つけることが難しくなっているのもある。今日日エロRPGでこんな硬派なレベルデザインの作品も珍しかろう。まぁサークルさん的には前作で「ドットアニメだけ、ゲーム性皆無」とか言われて「がっつりゲームにしたろうやないか!」という意気ごみだった様だ(笑

ということでドットアニメえろ~い!というだけで飛びつくと火傷するが、BFの戦闘システムも独特で、理解するとかなり戦術的に深く面白い。エロいだけじゃない、理詰めで最適な行動をとれば倒せなかった敵が倒せる、そんなSLG的な側面もある気がした。

【体験版評価】8.5/10点 (面白さ8.5 システム8.5 没入感8 エロス9)


▲ゲームを開始すると2つほど質問されるが、これがどう影響するのかはわからなかった


▲森の中で目覚め記憶がない主人公は青い髪の女の子に性的に襲われ10発ほど搾られてしまう


▲ドットアニメに合わせた擬音アニメも効果バツグン


▲気を失いかけたところに女の子が現れ助けてくれる


▲彼女曰く「魔物娘に射精してしまうと死ぬまで搾り取られる」らしい


▲ということで本作のBFは基本的に「射精(右下のHPがゼロ)しないように相手をイカせる(左上の敵HPをゼロにする)ことで勝利となる。つまり主人公的にはエッチしまくるけど射精はNGでとてもツライ


▲ゆえに家(のトイレ)でオナニーするとHPが全回復する(女の子は一切性処理してくれない、が、そのうち…?)


▲メニュー画面。ちょっと進めると「家に戻る(一瞬で)」も可能になる。ザコ戦なんかは「常時高速化」をONにしておくといい(BFアニメ高速化)

選択したスキルごとに攻撃・防御などが変化するBF

敵シンボルに接触してBFに入るとまず最初に使用スキルを選択する。本作ではスキルごとに攻撃・防御・行動という能力値が設定されており、例えば最初に覚える基本スキル「ファック」は攻撃20・防御11・行動10だ。敵も同じように所持スキルから使用スキルを選択する。

するとそれぞれで選んだスキルの「行動」がカウントダウンされていき、先に「ゼロ」になった方のスキルが発動する。


▲ダメージはわかりやすく「攻撃-相手の防御」。この攻撃では20-3で敵に17ダメージ

行動が完了したら再度使うスキルを選択する。するとまた「行動」がカウントダウンしていき


▲クイックスタブが発動、敵に11ダメージ

そしてまたスキルを選択…という流れで進む。↑の間に敵が全然行動してこないのは、敵の行動「おま〇こ」が攻撃16、防御3、行動22と、行動の数値がデカいからだ。その間にこちらは行動10の「ファック」と行動6「クイックスタブ」をぶち込んでやったわけだ。クイックスタブは威力こそ低めなものの、発動までが早い。という感じでRTB(ATB)やCTBぽくもありつつ「スキルを選んでから時間が経過する」というシステム。

またこのBFで特に注目してほしいのがスキルごとに「攻撃」だけでなく「防御」が設定されていることだ。↑でいえばファックは防御11、クイック~は防御0。つまりそれらの行動を選び、発動までの間に相手が攻撃してきた場合、被ダメに大きな差が出る。相手の選んだスキルの「行動」の値を見つつ相手にダメージを与えながら、相手行動時の被ダメは最小限に抑えるように立ち回るのがベスト。


▲防御に特化したスキル「耐える」


▲相手のスキル「おま〇こ」が発動するも、防御23で被ダメゼロ

ザックリだが本作のBFシステムをなんとなくわかってもらえただろうか。相手の選択スキルや状況に対し最適なスキルをきっちり選んでいけば「無理~」と思っていた強敵も倒せたりする。ただコツをつかむのにちょっと時間がかかるかもしれんし、どのスキルを優先的にレベルアップしていくかでも進め方は変わってくるかもしれない。体験版範囲での攻略なら「クイックスタブ」と「耐える」を優先的にレべルアップしていくのがいいのかなぁと。


▲相手のHPをゼロにしたらスパートをかけて絶頂させて勝利!(射精できないけど

モンスターピルを使用して捕獲すべし

序盤の途中でモンスターピルというアイテムを入手して以降、例の女の子からモンスターピルを購入できるようになる。このアイテムをBFで使用すると「種付けモード」となり、種付けに成功すれば「捕獲」して拠点でいつでも中田氏ファックやBFが可能になる。


▲フェアリーとのBFで使ってみる(余談だが、序盤のボスはフェアリーを複数捕獲すると出現する)


▲すると種付けモード専用のでっかいドットアニメに変化


▲種付け発動(中田氏)までの行動は「40」と長め。その間相手は「振りほどく」で逃れようとしてくる

敵の「振りほどく」の成功率は敵のHPに依存する。なるべく先に減らしておくほど成功率は下がり、捕獲しやすくなる。ポ〇モンと同じだ(同じ?)。


▲オラァ!中田氏キメたったで!普通のBFで射精できないがピル使用はええのぉ!


▲捕獲。オメーは今からオラんちの娘だぁぁ!


▲捕獲した娘は拠点の地下に。「戦いたい」で任意BF可、「犯したい」ではドットアニメのみ拝見できるギャラリーみたいな


▲それぞれで数段階のピストン可変可能。種付けは先ほどの種付けアニメモードだな


▲敵シンボル多いんだぜぇ~(襲ってくるヤツと襲ってこないヤツがいる)。どの魔物娘も特徴(デバフとか)があって油断できんのよな


▲レベリングしても詰まったらさっさと未開の地を探索すべし。新たなスキルが増えるほど戦術の幅が広がる


▲このスキルは発動は遅いし防御の紙、だが防御無視の諸刃の剣か。使い方難しそうだなぁ


▲オープニング搾られた青い髪の女の子こと、ウンディーネ。拠点から出てすぐの泉にいると再戦できるがかなり強い

という感じのドットアニメもゲーム性にも力が入ったBFRPG。まだまだ説明したりないところもあるが、本作の特徴的な部分だけにフォーカスしてみた。ガッツリ時間をとってプレイするのが吉。職人のドットアニメはやはり素晴らしい。

夢子「お取り扱いサイト様です」
DLsite 1,400円(税抜)

FANZA 1,400円(税抜)

MilkyQuestII

コメント