Lust Grimm 体験版感想・レビュー

Lust Grimm
Lust Grimm  むに工房  BFRPG  1,500円(税抜)
【基本情報】男主人公(名前変更可) ツクールVXAce製 バランス型 難易度:やり応え
【体験版評価】8.3/10点 (面白さ8 システム9 没入感8 エロス8)
【ゲーム情報】シンボルエンカウント ターン制コマンドバトル 1vs1
逃走コマンド100%(LG上昇) タルやタンスアイテムめっちゃあり
Shiftダッシュ(オプションでデフォ変更可) メッセスキップあり
セーブは所々にいる妖精で 戦闘DEエロ:あり エロステ:あり
UI独創性:普通 バトル独創性:やや高い

淫魔世界から脱出するBFRPG 弱点属性の熟練度を上げろ!

「来て…」という声に導かれ主人公は本の中の世界、夢と現実の狭間の世界に召喚される。その世界は淫魔によって支配されており、同じ様に召喚された男達や動物がたんまりいる。脱出しようにも蔓延る淫魔達に阻まれ半ば諦めて住みついている者、果敢にもダンジョンに挑む者、快楽の虜になっている者。彼らは行く先々で行き倒れていたり情報やアイテムをくれたりする。

主人公は淫魔達(もん娘っぽい)をBFで倒しながら、世界からの脱出を目指す。この世界にはどうやら「赤ずきん」が関係している様だが、体験版範囲ではどう関わってくるのかは定かではない。ちなみに主人公はしゃべらないタイプ。

Lust Grimm

一筋縄ではいかないゲームシステム 色欲値の管理がキモ

目的としてはこの世界を支配する淫魔を倒すことで、基本はダンジョンの淫魔達とBFでレベルアップしつつダンジョンのボスを倒していく。ボスを撃破すると更に奥のダンジョンに進めるようになる。アイテムでダンジョン毎にワープポイントを設置できるんだが、各ダンジョン内にもいくつかのワープポイント候補があり、アイテムも有限故にどこに設置するか結構悩むのだよなぁ。こんなところからひと捻りあるのだ。

また、レベルアップしてボスを倒していくというRPGのセオリー通りでありながらプレイ感覚はちょっと違うのも特徴だろう。というのも本作は淫魔から攻撃を受けると精力(HP)が減ると同時に色欲値(Lust、移動画面ではハートで表示)が上昇する。色欲値が上がるほど敵から追撃を受けやすく、頻繁に使ってくる拘束攻撃から「もがく」で脱出しにくくなってしまう。要はBFで不利になるのだ。

色欲値の回復は、回復アイテムか敗北のいずれかしかなく、前者はアイテムが有限で回復値も僅かである故、色欲値の主な回復方法は後者ということになる。敗北すると逆レイプエロシーンを経て色欲値が0に戻るが「依存度」が上昇。依存度が100になるとゲームオーバーになる。

レベリングは色欲値の上昇、ひいては依存度の上昇のリスクを常に伴うがレベリングしないわけにはいかず。この辺りのバランスが絶妙。色欲値があがりすぎると普通に勝てるはずの敵にも苦戦し、かといって安易に敗北して依存度をあげるわけにもいかず。当初はどうずれば安定してBFができるかの取っ掛かりがわからずジレンマを覚えるかもしれない。

が、そうこうしている内にある程度レベルがあがると敵を一撃で倒せて色欲値上昇のリスクを排除できたり、なんとなく立ち回り方がわかり楽しくなってくる。ついでに言えば一度敗北した敵との再BF時はマイナス補正がかかってしまうというリスクもある。特にボスに敗北すると再戦が厳しくなる故、なるべく一度目のBFで倒したいところだ。でも敗北しないとエロシーン回収できんしな… 敗北でのBFマイナス補正はとあるアイテムでまっさらにできるが、これも有限なのだ。

属性熟練度が重要なBFシステム

BFでの攻撃には、キス、胸、尻、女性器などの属性あり、敵毎に弱点がある。ダンジョン毎に弱点傾向が偏っていると言ってもいいかもしれない。それぞれの属性のスキルを使うことで熟練度があがり攻撃力も上昇していく仕様で、最初のダンジョンであれば胸熟練度をメインにあげるといいだろう。

弱点の属性熟練度を中心に上げていけば前述の通り1撃で敵を倒せるようになるのも早まる。熟練度は弱い敵相手でも同じように上がるぞ。

最初のダンジョンのボスは強力な必殺技を持っており、その必殺技を封じないとまず勝てないだろう。その為にはお金を稼ぎ(アイテムを売ることも必要)とあるアクセサリを買わねばならない。結構高額でお金稼ぎに苦労したんだが…もしかすると他にも攻略法があるのかもしれないなぁ。

Lust Grimm

BF中のエロはちょっとしたカットインとエロいログ位でダイレクトエロス度は低めだが、敗北エロシーンはがっつりエロい。無論敵毎に異なるエロシーン、且つ2回目の敗北エロはテキストが変化する。

Lust Grimm

体験版総合的に

BFRPGというとサークルさん毎に独自のルールを設け「これ」といった決定版的な仕様はないが、本作のBFは難しすぎずそれでいて面白く、いい仕様だなぁと。敵シンボルに付いている数字(1がそのMAPにおけるノーマル、2は強い)で強さを判別できるのも面白く便利。

前述のボスのエロ回収に関しては「ボス回想アイテム入手イベント」追加など、VerUPでごんごん追加・調整・修正がなされている。
サークルHP

個人的にはシリーズ化、若しくは次作以降もシステムを継承してほしいと思う作品。

<追記>
Ver1.10でTRUEルート実装!新規淫魔4体、新規シーン2種追加、更にTRUEクリア後にはサキュバスハウス特殊部屋が解放される。
Ver1.14で5キャラ分の個別END追加(サキュバス・ラミア・ハーピー・ゴースト・ねこまた)、敵味方共に新スキル実装、TrueEND後「ゾンネ迷宮」解放。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
女性上位 BF 淫魔 モンスター娘

夢子「お取扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。