東方鉄飛船 ~the Bloody Princesses. 体験版感想・レビュー

東方鉄飛船 ~the Bloody Princesses.
とり飯  RPG  1,900円→1,330円(3/31迄)(税抜)
【基本情報】♀主人公(名前変更可) ツクールVXAce製 エロ重視 難易度:普通
【体験版評価】7.8/10点 (面白さ8 システム8 没入感8 エロス7)
【ゲーム情報】シンボルエンカウント ターン制コマンドバトル 複数vs複数
逃走コマンドレベル依存 タルやタンスアイテムあり デフォルトダッシュ
メッセスキップあり 戦闘高速化あり セーブはいつでも Ctrlでオート戦闘
戦闘DEエロ:なし エロステ:若干あり UI独創性:やや高い バトル独創性:やや高い

東方キャラの個性を活かしつつ非常によく出来たRPG

レミリア達が博霊神社で宴会をしている間にフランが異世界の
ゲートに吸い込まれてしまう。レミリア、パチュリー、紅美鈴、十六夜咲夜はフランの
後を追い異世界「モッコリランド」へ向かう。そこはエクソダス率いる軍勢が人間達を
脅かす世界。4つのクリスタルを守護する国があり、笑い声「ファファファ」の
エクソダスは自身を封印したクリスタルの破壊を狙っている。
幻想郷から召喚された彼女達はその野望を阻止するべく人間達の召喚術で
呼びこまれた様だ。こんな感じの東方+FF5的なRPGである。

健全同人ゲーム等にはかなり人気の高い作品があるものの、R18における東方ネタ
ゲームで人気の高い作品はほぼない(何となく失礼;)。故に、ハードル低めで
遊んでみたのだが、ところがどっこい。東方に詳しくなくても面白く、むしろ
この作品を遊んだが故にズップリと東方にハマってしまうのではないかと危惧(?)
するほどデキがいい。その辺りを具体的に紹介していこう。

東方鉄飛船 ~the Bloody Princesses.
ワールドマップ 順序を経て攻略しないと各拠点には入れない

まず一つめ。東方と言えばキャラの外見を含め個性が際立ったシリーズであり、
二次創作作品では最初からそのキャラ全開で展開することが多い。故に東方に浸かった
紳士であれば楽しいワケだが、逆に疎い紳士であれば序盤からおいてけぼりを食らう。
その点、本作はDQ4ライクな「それぞれのキャラが主人公となる章仕立て」を採用
しており、それぞれの章を遊んでいけば自然と彼女達のキャラや東方における
立ち位置が理解できるようになっている。

モッコリランドに召還された幻想郷の住人達は各地に散り散りに召喚される。
1章では咲夜が主人公だ。この世界への転移前に決めた「ゲートの先で散り散りに
なったら一番高い塔の下で落ち合おう」という言葉に従い、塔のあるサッポロッペに
向かうことになる。体験版では1章クリアまでだが、おそらく他3人の章も同じ目的で
サッポロッペを目指すことになるだろう。こんな感じで、キャラ1人1人を順番に
理解して進められる。まぁ東方シリーズ全体のキャラからすればほんの一握りの
4人だが、二次創作作品でも良く目にするメインキャラ達だ。

また、異世界では「異世界酔い」により、元の世界での能力が使えず、咲夜は
サッポロッペに向かうため名うての傭兵を雇うことになる。この世界の通貨を僅かしか
所持していない咲夜が傭兵を雇う代償は身体… 体験版での1章は咲夜が傭兵に初めてを
捧げつつも2人で雪山を越えていくお話で、半ば強制的に犯されてしまうが、
どうやら咲夜は傭兵の元パートナーに生き写しの様で…?1章だけでもそんな物語が
盛り込まれており、気になる後々の伏線になっている。ドラマチックなのである。

東方鉄飛船 ~the Bloody Princesses.01
1章終盤でのメニュー画面

加えて言えば、最初に「一晩泊めてほしい」という咲夜の願いを聞いてくれる爺、
これ絶対悪戯されるだろ、と、同人エロRPGを嗜む紳士なら誰もがそう思うであろう
展開後のシーンで、指一本触れず「ゆっくりお休み…」。なんだか心が洗われたw
いや、これが健全RPGならそう感じることはなかったろうが、エロありきのRPGで
お約束な展開後でエロなしというのは新鮮に感じたのと同時に、「キレイなRPG」を
遊んでいる様な錯覚に陥ったのだ。キレイなRPGってなんだよ!と思う紳士は体験版を
遊んでみれ。言葉にすると我輩の語彙力では陳腐になってしまう。
まぁ前述の通りちゃんとエロはあるワケだが、故にギャップが際立つ。

こんな感じで物語の展開や演出のひとつひとつが非常に丁寧に作られている。
また、ちょっとだけ離れた向こう側にはジャンプできたり、その場にあるオブジェクトの
中で明らかに違和感のあるオブジェクトを調べると小さなメダルをゲットできるなど、
「遊び」要素も高め。特に「違和感あるオブジェクト」というクダリは、キラキラ
ポイントや総当たりで調べる系とは趣が違い面白い。ついでに言えばUIやSE、BGMなども
洗練された印象だ。いま述べてきたのが冒頭の二つ目の理由。

東方鉄飛船 ~the Bloody Princesses.

三つ目は戦闘の戦術性の高さだ。
戦闘では「通常攻撃」コマンドがなく、防御・アイテム使用以外の行動は全てSPを消費、
敵も味方も「SP:15」から戦闘開始となる。強力なスキルや奥義程より高いSPを消費し、
SPを貯めるには「防御」が必須となる。戦闘開始時のSPで最初からある程度の攻撃が
可能だが、敵を殲滅するには防御ターンも必ず必要になる。
敵も攻撃の為のSPが足りなくなると同じく防御する故、大ダメージを与えるなら
敵防御ターン以外を狙う。

また、戦闘が始まると「敵にもっとも狙われやすい味方」に★印が付き、その戦闘では
そのキャラが優先的に狙われる。狙われやすいキャラはレベルや攻撃力が高いキャラ?
っぽいが詳しくは不明。★付きキャラは防御に徹し、他キャラが攻撃等を行うのが
基本となるが、ボス戦などでは全体攻撃もあり、バフ・デバフ(重ねがけ)も重要になる。
繊細なバランスの戦闘で、DQシリーズを彷彿とさせる面白さだったし、ボス毎に攻略が
変わるのも楽しくやり応えがあった。

東方鉄飛船 ~the Bloody Princesses.

更に製品版、おそらく第5章以降は、ジョブチェンジが可能となり、
しかも戦闘中にジョブチェンジ可能というシステムもウリの様だ。

体験版総合的に

前述の小さなメダルはメニューで消費して特別なスキル(幻想郷での魔法)を修得できたり。
幻想郷キャラはSTG出身(東方は元々STG)+我輩程度の浅い東方知識でも結構ニヤリと
できるんだよなぁ。東方を題材にする有料同人RPGではかなりの良作じゃなかろうか。
FFなどメジャーRPGネタも多く、何より全員が集まってから使えるであろう
「戦闘中にジョブチェンジ」が面白そうだなぁ。

ジョブチェンジ要素自体同人RPGではそれほど多くは無いし、戦闘中に装備変更可能な
作品はあっても、戦闘中ジョブチェンジ可能作品は稀である。
ちなみにエロはストーリー上発生するエロが殆どで、敗北陵辱や百合もあり。
その他、特定の敵に特定アイテムを使うことで拝見できるものも。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
東方 商業的な展開のキレイな王道RPG 陵辱 百合

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *