プリンセスディフェンダー ~精霊姫エルトリーゼの物語~ 体験版感想・レビュー

プリンセスディフェンダー ~精霊姫エルトリーゼの物語~
NineBirdHouse  タワーディフェンスACT  1,300円(税抜) CV:紅月ことね
【基本情報】♀主人公 Unity製 バランス型 難易度:やり応えあり
【体験版評価】8.8/10点 (面白さ8 システム9 没入感9 エロス9)
【ゲーム情報】ステージ選択型 操作はマウス+キーボードorキーボードオンリー
バックログ:なし メッセスキップ:Ctrl ウィンドウ消去:右クリック
セーブはインターバル画面で UI独創性:高い
【マウス+キーボード操作】

A・Dキー…左右移動(二度押しでダッシュ) WorSpaceキー…ジャンプ(2段可)
左クリック…斬撃(3連可) ホイール…ズームIN・OUT 画面下クリック…スキル使用
【キーボードオンリー操作】
←・→キー…左右移動(二度押しでダッシュ) ↑キー…ジャンプ(2段可)
Zキー…斬撃(3連可) C・Vキー…ズームIN・OUT 1~8キー…スキル使用

ゲーム・エロ要素共に高水準なラインディフェンス

平和なエルフの国に突如攻め入ってきたオーク軍。
エルフの姫騎士・エルトリーゼはエルフ軍を率い、自ら前線に立ちオーク軍を迎え撃つ。

このテのサイドビューACTタワー(ライン)ディフェンス作品で人気が高いのは
最近であれば「Womens Defence」続いて「ラズベリルキャッスル!
魔術師フウラの一人で防衛できるもん」あたりが上げられる。

サイドビューの左右のどちらか、または両方から人海戦術で押し寄せる敵を迎撃し
一定のラインを死守したり敵陣のコアを破壊するゲーム、同人におけるこの分野の
パイオニアは「淫獣と魔女とその娘」だろうか。
本作は画面右から侵攻してくる敵を迎撃しつつ敵陣奥深くまで侵攻、コア(クリスタル)を
破壊することでステージクリアとなる。

プリンセスディフェンダー ~精霊姫エルトリーゼの物語~

プリンセスディフェンダー ~精霊姫エルトリーゼの物語~

「プリンセスディフェンダー」体験版では

体験版ではステージ1(1-1~1-3)+おまけステージを遊べる。
製品版では全7ステージ。1ステージ目はあっけなくクリアできるが、
おまけステージを遊んでみることで本作の面白さがよくわかるだろう。
おまけクリアまでで1時間弱位かと。5段階の内、3段階目の難易度ノーマルで
遊んだ感想だ。

プリンセスディフェンダー001

基本の流れ

ワールドマップ的なインターバル画面から各ステージを選択してストーリーを
進めていく。1-1をクリアすれば1-2が開放され、クリア済みステージに挑んで
経験値を稼ぐこともできる故詰むことはない。
「STORY」と表示されるステージでは何かしらストーリーに関わるイベントが発生。

プリンセスディフェンダー002

メニューを開けばエルトリーゼの各種能力・スキルレベルアップやエルフ兵達・精霊達の
強化、編成(後述)等々が行える。各ステージクリア毎に得られる経験値、お金を消費して
強化→新たなステージに挑戦、難しいならクリア済みステージで経験値を稼ごう。

故に全体的な難易度は高くはない。が、順調に進めていくと必ず難所にぶち当たり、
敵が湧くクリスタルが1ステージ内にいくつも配置されていたりと「なんじゃこりゃあ!」
と楽しませてくれるレベルデザインだ。

プリンセスディフェンダー005
緑ゲージがHP 黄色ゲージがスタミナ(ダッシュで減少、自然回復)

ステージ攻略

冒頭で述べた通り、各ステージでは左からエルフ軍、右からオーク軍が進行、
オーク軍はリアルタイムで結構な物量で攻め入ってくる。オーク軍兵士はデフォルトで
ある程度配置されているが、時間と共に敵陣クリスタルから新たに湧く。
エルフ軍陣地、画面左奥のクリスタルが破壊されるか、エルトリーゼのHPが3回ゼロ
になると敗北扱いとなる。残機3、みたいなものだ。

プリンセスディフェンダー004

ダウンする毎にアクションDEエロ発生、レバガチャ(結構な連打力が必要)で中田氏を
回避できるが、中田氏されるとエルトリーゼの「H進行度」がより多く上昇する。
敗北後はエロアニメ+テキストシーンを挟んでインターバル画面へ。

プレイヤーが操作するエルトリーゼは、このテのゲームとしてはACT性が高くACTゲーム
に近い仕様。実際最初のステージなんかはエルトリーゼだけでクリアできちゃう
もんだから「お、主人公だけで結構いけるゲー?」と思うが、ステージを進めると
敵の物量・火力が増し一人じゃ無理ゲーだと気付く(遅い

エルフ兵と精霊 クールタイム

エルフナイト、エルフアーチャー、エルフメイジ、彼らエルフ兵は基本的に画面下から
彼らのアイコンをクリック、または対応テンキーで召喚。
イチイチ召喚する手間が面倒であればクールタイム終了次第召喚される様に
オート設定も可能だ。基本オート召喚にしておくと便利かと。

エルフナイトは前衛ユニットの盾役で特に重要、アーチャーは放物線を描く矢を放ち、
メイジは直線的な魔法を放つ後衛ユニットだ。彼らは自陣クリスタルから現れ歩いて
移動する故、前線で戦うまでには移動時間分のタイムラグがある。

次に精霊について。風・火・水の精霊はオート召喚不可だが、召喚すると
エルフ兵とは異なりエルトリーゼの頭上に出現、即前線に投入できる。
風は攻撃間隔短めのショット、火は広範囲攻撃、水は敵の移動を鈍くする。
単純な火力なら火が強いが、召喚数なら風、敵の侵攻を送らせたいなら水と
使い分けよう。精霊は敵からの被ダメ以外にリアルタイムでHPが減少し、
HPゼロで消滅してしまう。また空中に浮遊している為盾役にはならない。

エルフ兵にしても精霊にしても1体召喚するごとにクールタイムが発生、
アイコンに秒数が表示される。経験値でユニット強化していけば
クールタイム短縮、召喚可能ユニット数も増加する。
クールタイムはエルトリーゼのスキル使用でも発生。

エルトリーゼを活かす基本戦術

エルトリーゼの基本攻撃は3連の斬撃、攻撃後の硬直時間がデカく、且つ被ダメ時
の仰け反り硬直時間も長い。連続して被ダメを受けやすく防御面で不安がある。
彼女が3回ダウンしたらゲームオーバーであるし。因みに敵ノックバック・仰け反り無。
攻撃面ではそこそこ長いリーチ、連続攻撃、更に「エアスラッシュ」「エリアルエッジ」
等の広範囲多段攻撃スキルが強く、敵の密集しているところでぶっぱなせば戦況を覆す
ダメージを与えられる。

プリンセスディフェンダー006
プリンセスディフェンダー007
エリアルエッジ一閃

彼女の火力を活かす為に有用な戦術は、前衛ユニットである「エルフナイト」を矢面に
立たせその後ろから攻撃、またはダッシュで敵陣に斬りこみスキルをぶっ放し、
直後ダッシュで離脱するヒット&アウェイ、とか。回復スキルはスキがデカい故、
敵から離れて使うべし。

アーチャーやメイジの後方支援、精霊の前線サポートがあればより短時間で敵兵站を
崩せる様になりめっちゃ楽しい。敵味方共に数が増えるほどに物量や弾幕が増し
ヒャッハー!とアドレナリンが分泌される。拮抗した戦況をエルトリーゼの強力な
スキル攻撃で打破していくのが気持ちいい!本作のゲームとしての最大の醍醐味と
言っていいだろう。

スタイルに合わせて強化 悩むスキル枠

↑で述べた通りエルトリーゼの使い方、ひいてはプレイヤーの腕が攻略に影響する
度合いは小さくない。敵の攻撃モーションを見て攻撃を1撃目or2連で止める→
ダッシュ・2段ジャンプで回避できれば、より前線に留まり活躍できるだろう。
小技で言えば、敵の物理飛び道具(矢など)は斬撃で相殺、ジャンプ攻撃から
3連撃に繋げれば実質4連撃にできたり。まぁ全体的に動きがモッサリ気味
(ラインディフェンスだからこそあえての仕様だと思われる)故、そんなに
難しくはないんだがな。慣れてきたらゲームスピードを変更してスピーディに
攻略も可能だ。

プリンセスディフェンダー003

腕に自信がある紳士ならエルトリーゼをメインで強化すれば攻略が捗るだろう。
腕に自信がなくてもエルフ兵や精霊達を優先的に強化していけばいい。
万遍なく強化してくのもいいし、若干エルトリーゼ強化に偏るのもいい。
プレイスタイルに合わせ遊べる懐の深さが、攻略幅が本作には備わっている。
エルトリーゼだけで攻略、逆にエルフ兵だけで攻略なんかもできそうな。

プリンセスディフェンダー009

で、問題なのが画面下の8つのアイコン枠に編成できるユニットやスキル。
ここに使いたいエルフ兵・精霊ユニットやエルトリーゼのスキルをセット、
戦闘中はクリックや対応テンキーで使うワケだが。
体験版ではエルフ兵3種、精霊3種、スキル4種、製品版では更に増える様で。
その中から8つ、どれを選ぶかで戦況は変わるし、まぁその辺を考慮に
いれて強化を行う必要があるだろう。

プリンセスディフェンダー ~精霊姫エルトリーゼの物語~

エロはアクションDEエロとLive2D敗北アニメ

エロのメインはエルトリーゼ。HPゼロでダウンした際のアクションDEエロは
敵毎にあり、3回ダウンで敗北時の全画面アニメシーン(ステージ毎)だ。
敗北アニメシーンは「H進行度」により反応が3段階に変化し、これはACTゲー含め
ちょっと珍しいし、なにより画力が高くアニメもブラボー級である。

プリンセスディフェンダー008

加えていうなら、敵軍にサキュバス等♀ユニットがいる場合、エルフナイト等
味方♂ユニットが接触すると逆レイプアクションDEエロとなる。搾られて
♂ユニット消滅。攻略的jには敵♀ユニットはさっさと倒した方がいい。
激戦の中で逆レイプするサキュバス、滾るシチュであり正しいサキュバスだなぁ。

プリンセスディフェンダー010

体験版総合的に

素晴らしいクオリティである。ACT性の高さとユニット召喚による戦術性を両立
しており、サンプルから期待するエロも期待通りで間違いなく一級品。
これが処女作ってどういうこと?とサークルさんに問い正したいほどだ。
操作についてはマウス+キーボードを推奨。ユニット召喚やスキル使用は
マウス操作の方が使いやすい。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
姫騎士 エルフ 異種姦 陵辱 アクションDEエロ アニメ

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード

撫子「こんな記事も読まれています~」


プリンセスディフェンダー ~精霊姫エルトリーゼの物語~ 体験版感想・レビュー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: プリンセスディフェンダー ~精霊姫エルトリーゼの物語~ 体験版感想・レビュー | アダルトゲーム エロゲー レビュー&攻略法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *