エルフとゴブリン 体験版感想・レビュー

エルフとゴブリン
犬コロハウス  ローグライクRPG  1,000円(税抜)
【基本情報】♀主人公 ウディタ製 ゲーム性重視 難易度:普通
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム9 没入感8 エロス7)
【ゲーム情報】Z…決定・Vキー攻撃のレンジ表示・敵のHPゲージ表示
X…キャンセル・メニュー V…ショートカットキー(任意の魔法等を登録)
スペース…待機(HP・MP回復) Z+方向キー…その場で向きを変える
メッセスキップあり セーブはいつでも
戦闘DEエロ:若干あり エロステ:なし UI独創性:高い バトル独創性:やや高い

コンパクトながらUIや戦闘が練りこまれたステルスローグライク

魔法使い見習いのエルフが抵抗虚しく捕まり、ゴブリンのアジトから脱出するウディタ製ローグライクRPG。主人公は魔法攻撃がメイン(一応打撃も可能)、敗北すると最下層のB5の牢に戻されお仕置きエロされるものの、レベルは下がらず一旦ロストしたアイテムも唯一の味方(?)の商人ゴブリンからエロを代償として全アイテム回収可。また、本作にはローグライクには珍しい「時間制限」概念がある!

エルフとゴブリン001
見張りのゴブリンを殴り倒し、精霊の指輪を取り戻すと魔法が使える様に※クリック→別窓で大きい画像
エルフとゴブリン002
UIや操作系はとても使いやすい

基本仕様

時間制限に関しては後で説明するとして。まずは基本仕様からつらつらと。

こちらが動けば敵も動くターン制仕様で、1画面マップ切り替えタイプ。魔法という遠距離攻撃メリットを活かしうまく立ち回る。マップや敵の配置は固定で、上の階層(スタート時B5)に上がると敗北しない限り下には戻れない。マップを切り替えれば敵は初期位置に戻り、倒した敵も再ポップする故レベリングも可能。

敵には「視野」がありその範囲に入らなければ敵が戦闘態勢をとることはない。敵シンボルがいるマップでは倒すにしろスルーにしろ慎重に行動せねばならない。理想は敵の視野範囲外から攻撃して倒す事。敵にはルートを巡回するタイプと固定の2種おり、前者を相手にする場合は「待機」などで攻撃するタイミングを図る。ステルス+ローグライクな感覚である。

主人公は最初から5種の魔法を操る。

・火球(消費MP6)  射程3 大ダメージを与える
・烈風(消費MP5)  射程2 攻撃範囲内の敵に小ダメを与えつつ2マスノックバック
・氷結(消費MP12) 射程1 小ダメを与えつつ敵を凍結(5T行動不可)
・落雷(消費MP16) 射程3 攻撃範囲内の敵に中ダメを与えつつ麻痺(3T行動不可)
・解錠(消費MP75) 射程1 鍵のかかった扉・宝箱を解錠する

LvUPではHPやMPなどの能力値が上昇、新たな魔法を修得することはない。一応打撃も可能ではあるが特殊な武器を持っている場合以外魔法がメインになるだろう。魔法はメニューから選択して使用するが、良く使う魔法はVキーにショートカット登録も可能。攻撃の要となる火球が妥当か。

エルフとゴブリン003
エルフとゴブリン004
主人公の位置で戦闘ログ表示が↑になったり↓になったり※クリック→別窓で大きい画像

近接系の敵なら「烈風」吹き飛ばし近づいてくる間に「火球」、または近接されるまで「待機」でHP・MPを自然回復しつつ「氷結」で行動不能にして火球でヌッ殺すなど。敵が複数であってもMP切れにさえ注意すれば、射程の長いこちらに対し近接系は大した脅威ではない(ノックバックしない敵や状態異常が効かない敵は別として)

やっかいなのが弓系・魔法系の遠距離ゴブ、「2回行動」するエリート系ゴブだ。体験版範囲でいえば前者はまだ被ダメが小さ目で同じ土俵で戦ってもまぁ勝てる。が、後者は近接も遠距離もこなし、且つ二回行動+セクハラ攻撃をしてくる強敵。ストーリーに関わる部分や重要な宝箱を守る敵として登場するボス的な輩だ。

エルフとゴブリン005
序盤は❤が2個しかなくセクハラされるとヤヴァイ※クリック→別窓で大きい画像

セクハラ攻撃を受ける(一瞬CGあり)と主人公の❤が減り、❤がゼロになると「パニクる」(状態異常)となり、一定ターン魔法が使えなくなってしまう。鎮静剤を使えば即復帰可能だがエリート系のセクハラには要注意。この辺は運次第なところもある。しかもコイツ、たまに仲間を呼んだりする故挑むなら準備は万端に。

「パニクる」主人公に対し敵は容赦なく行動、ガーッとログが流れ、なすすべなくセクハラされる感じは「MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~」を彷彿とさせるがまぁあちらほどヒドくはないか。

エルフとゴブリン006
赤い箱には火薬が詰まっており火球を放つと…
エルフとゴブリン007
エルフとゴブリン008
エルフとゴブリン009
ドカーン!定番だがこんなギミックが他にもある

時間要素とMP管理 「待機」を使いこなそう

本作の目的はゴブリンボスが戻るまでの8時間以内に全5階層のアジトからの脱出。ボスが戻った上で敗北するゲームオーバーとなる。一歩進む、魔法を詠唱する、その場で待機で10秒経過、つまり1T=10秒となる。アイテム使用は時間もターンも消費しない。ベッドで「ちょっと寝る」(全回復)、敗北お仕置きエロで1時間経過。

ローグライクで時間制限ありというと敷居が高い感じがするが、そこはある程度無駄な行動をしても大丈夫なゆとりがある設計。

我輩でも体験版のゲーム内時間制限2hでB5→B4の山場まで行けたし、もう一度最初からプレイすればもっと切りつめて1度目より先に進める自信はある。その根拠は序盤に細々と入るチュートリアルはちょっと憶えられないと感じるものの、遊べば敵の特徴やバッドステなどが直感的にわかりやすく、次はもっと楽に立ち回れる設計故。

コツさえ掴めれば難しい難易度ではないものの、レベリングにしても移動にしても「効率よく」を心がけず無暗に行動できるほど時間制限は甘くない、そんな感覚。魔法は勿論、所持アイテム、マップギミックなど利用できるものはどんどん利用すべし。

ローグライク定番の「満腹度」概念はないが魔法がメインだけに「MP」管理が重要になる。特に「解錠」使用後や激戦の後はMPの消耗が激しく、効率よく回復するならスペースキーでの「待機」を使う。移動でも数T毎に回復するが、待機の方が断然回復効率がいい。ベッドで寝る、よりもコスパが良く、寝る選択肢は制限時間オーバーでのエロ回収の為?(そこまで試してないけど)

エルフとゴブリン010
敗北して牢に戻された時のおしおきゴブ(1回目)
エルフとゴブリン011
商人ゴブリンに服を返してもらう代わりにオナニー(1回目)
エルフとゴブリン012
戦闘中セクハラ

体験版総合的に

エロに関してまとめると前述の敗北お仕置きエロ、商人ゴブリン相手のアイテム入手エロ(お金概念が無い故代償は身体で)、エリートゴブリンなど一部の敵の戦闘中のセクハラ。セクハラはともかく、エロシーンは結構な尺で差分もそれなりだ。

1階層毎に結構な広さがある全5階層、やや短編ではあるが、コンパクト設計でありつつも光るセンスが随所で感じられ遊びやすさやUIも高水準。ウディタ製ということもあり動作も軽く。オリジナリティが高くとっつきやすいローグライクだ。このクオリティならばもっと価格を上げてももうちょっとボリュームが欲しかった様な。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
エルフ 魔法使い 快楽陵辱 羞恥 異種姦

夢子「お取扱いサイト様です」
DLsite     FANZA
エルフとゴブリン 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *