トレジャーハンタークゥと古の王

トレジャーハンタークゥと古の王
トレジャーハンタークゥと古の王  二条たゆん@やらかし団
女主人公 ツクールMV製 バランス型

トレジャーハンターのクゥが最近発掘された「ニクキュウ遺跡」にお宝を求めて挑む戦闘なしの探索RPG。この作品、ちょっと面白いゲーム設計してるなぁ。王国が公募しているだけあって、ニクキュウ遺跡の外や内部にはトレジャーハンターや王国兵士、彼らを相手に商売するキャラバンなどが大勢おり、遺跡入口はちょっとした街の様な拠点が形成されている。

てっきり拠点と遺跡を行き来して少しずつ探索範囲を拡げていくタイプだと思っていたのだがそうではない。遺跡をある程度進むと対岸にお宝らしきものが見えるが、誰もそこに行く方法がわからない、というところで遺跡の調査は止まっている。その謎の解き方はRPGギミックとしては割とベタなもので、ちょっと付近を調査してみれば「ピーン」とくるだろう。

誰も解けなかった謎を解きお宝にありつくクゥ、すると地震がおきて床に穴があいて地下に落ちてしまう。ここからはもう拠点に引き返せすことはできず、残るお宝と脱出口を求めて探索することになる。いやそれだけなら「要はよくある脱出ゲームでしょ」となるが、拠点で事前準備をどれだけしておくかでこの先の探索での攻略難易度が変わるのだ。まぁなんの準備もしていなくても一応クリアは可能らしいんだが。拠点に引き返せなくなるシーンの前にはちゃんと「この先に進むと街には戻れなくなります」というメッセージが出る故、不意打ちということはない。

メニュー画面
▲メニューを開くと左側に探索に使うアイテム類やイベント情報などが一覧で出る。立ち絵がぼやけるのも芸が細かい。

ではどんな準備をしておくかというと、例えば遺跡内の通路を塞ぐ邪魔な草はマッチを消費して燃やせるが、ライター(油の入ってないライター+万能油)を用意しておけばマッチを消費せず何度でも使える。そういったアイテムは拠点でNPCのお使いイベントをクリアしたり物々交換で、現物をもらったり物品交換券(拠点で使えるお金みたいなもの)をもらって店で購入したりで揃えていけるのだ。

また物品交換券は拠点の隅っこで営業している「ストリップ劇場」で働けば(エロシーンあり)もらえるなど、時間をかければ拠点でいろいろ準備できる。空き瓶なんかはいろいろな液体を詰めることができ、いくらあっても困らないしな。ついでにいえばクリア時に「クリアランク」があり、事前準備をできるだけした方が高ランクを狙える。大方必要そうなモノはメニューを開くとアイテム一覧が書いてある故わかるはず。

時間制限イベント
▲時間制限イベント中。素手だと10回殴らないと岩を壊せないがピッケルなら一撃。事前準備大事。

エロに関しては主に地下に落ちてからストーリーを進めることで拝見できる(毒ガスが蔓延し、制限時間内に万能薬となる蜜を吐きだすペニス型植物まで辿りつきチューチューする等)が、前述の拠点でのストリップやマッサージイベントエロもある。

トレジャーハンタークゥと古の王

ちなみに彼女達ケモミミは裸になることに抵抗がなく(むしろファッションとして流行っている)いつでも裸になれるものの、遺跡探索中は飛んでくる矢・飛び出す床トゲなどに裸の状態で触れるとGAMEOVERだ。探検服、水着、ぐるぐる包帯などコスチュームを着ていればアーマーブレイク(カットインCGあり)で済む。ゲームとしては難しくはないが若干アクション要素もある故、セーブは細目にするべし。コスチュームもいろいろ準備しておいた方がエロが捗るぞ。

エロシーン

謎解きやトラップギミックも整っておりゲームとして楽しめるし、事前準備したアイテムと頭脳を駆使し未知と窮地を潜り抜けていく展開は冒険家っぽさがよく出ており、大学教授が冒険する某映画を彷彿とさせた。ムッチムチなケモミミ娘ボディ(モフモフはしてない)が好みならオカズとしても十分使えるのでは。

トレジャーハンタークゥと古の王  1,000円→700円(4/30迄)
トレジャーハンタークゥと古の王

アクション要素のある戦闘なしRPGはこんな作品もある。


Succubus × Saint ~淫魔の宴と聖女の法悦~(感想・レビュー記事)
避けゲーだが装備品を駆使することが攻略に繋がる有名なエロエロ戦闘なしRPG。


性義の怪盗セリアーヌ~エロトラップダンジョンの先のお宝を奪え!~(感想・レビュー記事)
敵シンボルやトラップを避けて進む、あせろらさん初のエロトラップダンジョンRPG。


Praetorium(感想・レビュー記事)
逃げながらギミックを解いていくややホラーな雰囲気の戦闘なしRPG。

コメント