エロRPG「淫界人柱アラカ~JK退魔師ホラー探索RPG~」 I’m moralist

淫界人柱アラカ~JK退魔師ホラー探索RPG~ 体験版感想・レビュー

男性主人公と女性主人公のパートを交互にプレイしていくMV製エロホラーRPG。男性主人公はいわゆる「サイコメトリー」の能力者で、廃ビルへ任務に向かったきり帰ってこない恋人・伊早瀬アラカの行方を能力で追いつつ探索していくホラー&エロのパート。女性主人公は退魔師である伊早瀬アラカ、まさに男性主人公の目的の人物であり、同じ場所にいながら彼女のいるところは「異界」であり「淫界」、決して二人が交わることはない、壮絶な戦闘&エロパートとなっている。男主人公はアラカを探す、アラカは男主人公を異界の魔の手から助け、脱出するのが目的だ。

アラカが「いつものゴミ掃除」といいつつ任務に向かったあの時からすでに2か月が経過、男主人公が件の廃ビルに突入するところから物語が始まる。ぶっちゃけるとアラカは既に散々淫界の者たちに犯されまくっておりもはや抵抗すらできない状態、彼らの道具としての末路を迎えるだけだった。しかし恋人である男主人公が自分を追ってこの廃ビルに突入してきたの感じ取り、「あの人にだけは絶対手を出させない…!」と、精神力と体力の残滓を振り絞り奮い立つ。

もうね、この設定の時点でムネアツ過ぎて泣ける。退魔師とはいえ華の女子校生が、恋人の気概を知り彼のために、自らの命すら厭わず既にボロボロの身体を張って奮闘するのだ。かわいそうなのはヌケない紳士には全く向かないが、そうでなければ息子もアツイ。そんな彼女の想いを能力で読み取っていく男主人公とか設定勝ち過ぎだろこれ。

ちなみに↑の紹介画像はあんまりいいとは感じないなぁ。体験版をプレイしてからなら「ナルホド」と思うが、初見だと「…何?スルー」とならんかねこれ。

【体験版評価】8.5/10点 (面白さ8 システム8 没入感9 エロス9)


▲オープニング。アラカは退魔師の中でもかなりの手練れだ。彼女がゴミ掃除感覚で任務に向かったこの廃ビル、そこから彼女は帰ってこず2か月が経つ


▲自分の彼女が2か月も行方不明なのにほっといた?のではなく、男主人公もサイコメトリーとはいえ普通の男子学生。退魔師協会などから「彼女はどこに向かい、どんな状況なのか」を能力で読み取り、ここまでたどり着くのに2か月かかった、というのが正しいかと。こんな状況なのに退魔師協会もこの件に関してはかなり消極的なのだ


▲男主人公は能力者とはいえ、退魔師の様に戦う力はない。体験版での男主人公パートでは探索のみで戦闘はなかったな


▲アラカにもらった護符から残留思念を読み取る。サイコメトリー発動時はこんな感じのノイズアニメが流れる


▲護符をもらった時のアラカの思念と記憶が流れ込んでくる。そう、この時はアラカが戦いに向かう「異界」について聞いたのだった(ちなみに口パクアニメ)


▲「私は強いから全然大丈夫よ」と男主人公にいうがずっと心配そうで。だからアラカは男主人公に護符を渡す。しかしこの後、任務に向かったアラカは戻ってこなかった…


▲この能力を使いアラカの行方を追うのだ。男主人公の名前は特にないし決める場面もないが個人的には「エイジ」と


▲ここで最初の分岐。入るのを止めると


▲ビルは取り壊され、クラスメイトも彼女の存在を徐々に忘れ。男主人公も彼女の顛末を知ることなくその後の人生を過ごす。時折「アラカは未だに異界に囚われているんじゃないか」と思いながら。知らない方が幸せなこともある… そんな物語なんだぞ!


▲さあ踏み入ってしまったな、絶望的な廃ビルディングに。ビルとしては4階建てと小さい部類だが、異界とリンクしているここの密度は異常に濃い


▲サイコメトリー能力以外に、残留思念が残っている個所が見える「霊視(見よう見まね)」のON・OFFが可能だ。まぁONにしといた方がサクっと進めるだろう


▲いきなり「何か」に襲われそうになるが


▲「何か」は勝手にダメージを食らって消滅する。この時は全く意味がわからんが、後からアラカの愛だとわかる


▲アラカの所持品を見つけることもあり


▲アラカが男主人公のサイコメトリー能力を不憫に思い、能力を封印する手袋をプレゼントしたエピソードなど、過去の思い出を読み取ったり


▲↑の記憶を読み取ったのはアラカのハイカットスニーカーだった


▲男性主人公パートでは基本的に探索でサイコメトリーできる場所を見つけて読み取っていく


▲読み取れたのは「とある心霊ブロガーが噂の廃ビルに行ってみた」的なノリで消息を絶った女の残留思念。このように、一般人やアラカ以外の退魔師のエロ残留思念も多数ある(尺も結構長く差分CGも多い)


▲突如さらわれた女学生の記憶。この後ヒドイことになる。まぁ読み取る記憶は大概ヒドイことになっているのだが


▲↑の女学生の残留思念はいくつかの個所に分かれており、選択肢でその続きを見ていくことになる


▲必ずしも長尺のエロシーンとは限らない。↑のようなカットを一瞬見て終了となることも…


▲アラカより先か後なのかは不明だが、この廃ビル調査に向かって帰ってこなかった退魔師は他にも何人かいる。そんな記憶を読み取ることもある。ちなみこの退魔師は「ヨミ」といい、アラカと同じく結構腕利きだったようだ(エピソードの掘り下げも結構ある)


▲ヨミはこんな感じで彼奴らに囚われた

この廃ビルの何がヤバイのか、それはここが「異界」であると共に「淫界」であるためだ。異界は退魔師が戦うステージとしては当たり前の場所、ゆえにアルカやヨミにとっては「いつものゴミ掃除」という話だった。しかし彼女たちにとって誤算だったのは「淫界」だったこと、淫界は女性退魔師の天敵でそんなことは彼女たちは重々承知していたが、気づくのが遅かったことだ。


▲アラカの手袋を発見、記憶を読み取ると、彼女が「ここは淫界、ヤバイ」と感じた記憶が


▲そう、男主人公ができることは記憶を読み取りアラカの軌跡を追うことのみなのだ…


▲ある程度進むと、アラカっぽい女性が犯されている残留思念を読み取ることになる。しかし思念体(?)のアラカが「帰って!ここから出て!私はここにはいない、別の任務に行ってる。これは幻想だから!」と語りかけてくる


▲その思念体もボロボロで造形が崩れる。これは彼女の精一杯のウソだな、自分をここから逃すための、と感じ取れる演出。彼女は今も苦しんでいるだろうと。しかし彼女もまた、男主人公をここから逃すために力を尽くしているのだ


▲サイコメトリーを進めていくと、アラカではない第三者の視点でのモノローグエロシーンを見ることに。コイツは一体誰だ…?


▲男主人公パートでは基本的にホラーっぽい雰囲気の中探索のみだが、たまにこういった選択肢があり


▲間違うと男主人公は死ぬ。その際、彼の死を感じ取った現在のアラカのエロシーン後にGAMEOVERとなる


▲GAMEOVER時も結構尺は長い


▲こちらは一般人、休日にホラー映画を見ながら飲んでいた女性、気づけばこんなことになっていた、そんな記憶


▲エロシーンを書いているシナリオライターも複数いるっぽいのだが、印象に残る特徴的で異物感のある擬音を放り込んでくるシーンもある。「沙耶の唄」あたりを思い出す


▲たまにこのような「誰かの記憶」を入手できるが、メニューから記憶名は確認できるものの、シーンは拝見できなかった。何か条件がありそうな


▲更に進むと、アラカの思念体(?)から新たな「護符」を入手、開かなかったビル入口から脱出できるようになる


▲脱出すると、後日男主人公あてに妙に艶めかしいオナホが送られてくる。そのオナホから記憶を読み取ると、アラカがオナホ化していく経過を見ていき


▲そのトラウマから男主人公はアラカに関するすべてを処分、忘れることにしたEND


▲ビル3Fのゲーセンでは多数の残留思念を見ることになる


▲誰からも必要とされていない少女。ここにさらわれてきて悪霊さんに「必要とされている」と感じ幸福を感じ…


▲パンチングマシーンが如く腹パンを受け続けた少女の記憶


▲その中にアラカの陵辱の記憶もある。彼女はクレーンゲームで犯されていた…


▲ハードコア、という以上にリョナ・グロ(あくまでテキスト上の表現のみ)もあり

という男主人公の探索を追えると一瞬アラカパートになり、そこで終了だ。アラカパートでは製品版では戦闘などもあるっぽいのだが、体験版ではメニューから彼女のエロステを拝見できるだけだ。


▲アラカパート。↑の入口に入ると終了


▲メニューから


▲アラカのエロステを拝見できる。なんかものすごい数値になっていてピンとはこないが


▲→キーで切り替え。現実時間では55日(2か月)だが、アラカの主観時間ではすでに3年以上経過しているようだ。異界は現実世界より時間の流れが早いっぽいな


▲前述の「誰かわからない視点」はおそらくこの「カーラ」とかいう女の視点なのだろう。

こんな作品である。当初は導入がおざなりで「なんかよくわからんな~」と感じたが、体験版を最後まで遊び、且つPVを拝見したら「アラカの健気さがヤバイ」RPGだった。男主人公視点としてはどうしても彼女がエロられる様を見ているだけ、何もできないというもどかしさ、若干のNTR感があるが、アルカの身になってみるともう愛以外のなにものでもないなぁと。それでいて多分、彼氏を助けるために墜ちるとこまで墜ちたら快楽に染まってしまうのだろう。

サークルさんが本作を作るコンセプトとして「シナリオがエロければヌける」と語っていたがそれを体現するRPGだなぁと。シナリオもそうだが設定が素晴らしすぎ!

夢子「お取り扱いサイトです」
DLsite 2,700円→2,430円(10%OFF 6/17迄)

コメント