同人かわら版No73 今週のエロ同人ゲームレビュー

DLsite.comで今週発売の同人エロゲから当編集部注目作品のまとめとレビュー。新作リリース少な目だったが、毎日最低でも50本程度はある。

エロ同人ゲームショートレビュー

滅びの街の奴隷ハーレム スタジオ白い羽根 ADVRPG 1,800円

滅びの街の奴隷ハーレム
現代から中世ファンタジー世界のとある軍事国家大統領に転生(?)してしまった主人公が紡ぐ、敗戦国の女達を狩るRPG。本作のウリはターン制の戦闘中にひっぱたく(実際にはボコボコに殴る)で敵が武器を落としたり、エロ攻撃で敵が怯んだ隙に押し倒すことで敵を拘束、そのままエロ拷問・尋問できることだ。HPを減らすほど拘束確率は上がる。戦闘画面のままエロ尋問することで、画面右上に表示されている敵の各種ステータス(HP、攻撃力、従順度など)がゴリゴリ増減するのがシステマチックエロスキーには垂涎の仕様、更に画面中央では犯される敵のアニメーションが表示され、アニメはかなり滑らか。そのまま捕虜にすることも可能で、後にじっくり拷問エロ・尋問も可能。体験版では不可だが、製品版では拷問エロ中にエロコマンドを任意で実行できる。大統領という肩書ながら主人公自らダンジョンに潜り女達を狩るのは徒手空拳でも圧倒的に強いからだ。ただ、ぶっちゃけ体験版は制限が多過ぎ、短すぎてそれ以上の面エロさは伝わってこなかった。戦闘&拷問はメインヒロインっぽい王女とのみ、押し倒した後のエロは自動で進んでしまいよくわからないまま終了。また、3Dダンジョン風の画面に表示される矢印をクリックしての移動もマップ描写がざっくり(階段を降りて右を向くと数メートル先に降りてきた階段が表示されるとか)でわかり辛く「隠し扉」と表示される部屋に入っても特に何もないことも多い。移動時画面に逃げ遅れ犯されている女がたまに描写されるのは良かった。あとは描写の甘いテキストやセリフ回し、展開に「はい?」となることも多い。最序盤だから?だろうか。総じて注力された戦闘からそのまま拷問エロはオモエロいんだが他は粗い印象。おそらく過去作「誘拐ロリ~居なくなったりこちゃん~」の調教エロとRPG戦闘の融合を狙ったゲームなんだろうな…戦闘中のエロは特に珍しくないが、調教SLGぽいシステムを戦闘に付与した試みは新しいと思う。体験版範囲ではどんなゲームかわかり辛いがなんとなくwktkエロの予感は感じられる。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ7 システム7 没入感6 エロス8)

淫夢の国のアリス 栗田空 ACT 1,200円

淫夢の国のアリス
アリスを操作して夢の国を進むステージクリア型横スクACT。Zでトランプ投げ攻撃、↑キージャンプとシンプル操作、体験版では1ステージのみ遊べる。動きはややもっさり系、即死穴はあるもののジャンプ力が充分でそれほど脅威ではない。1ステージも短めで敵の動きもウロウロ移動するのみ、ボスも突進してくるのみで簡単なんだが、裏を返せばどこに面白さを見出せばいいのか… 体力が尽きたり即死穴で即ゲームオーバー、アンノウンな堕天使みたいなのが迎え?に来てエロされる。任意で段階を進められるアニメーションでそこそこ滑らか。各ステージに3種のエロ、全4ステージでエロアニメは12種。うーん、このボリュームでこの価格はちょいと高く感じるかなぁ。
【体験版評価】6.0/10点 (面白さ5 システム7 没入感6 エロス6)

ふぇら☆ぷり アトリエくりまみ リズムゲー+育成SLG 1,300円

ふぇら☆ぷり
マウス操作のみで遊べる、プリパラオマージュのリズムゲー+地下アイドル育成ゲーである。原作はWikiでちょいと調べた程度にしか知識がない我輩だが、遊んでみると洗練された各種UI、原作っぽいCGクオリティ、よくできたリズゲーにビックリした。おそらく原作を嗜む紳士であればニヤニヤしちゃうのでは。基本はライブを行い「エロイいね」ポイントを稼ぎ、ランクアップすることでストーリーを進める。ライブを行うとガチャコインをゲット、ガチャでコーデ(コスチューム)や梅干しとか日記とかよくわからんアイテムが手に入る。ダブりアイテムは自動でエロイいねポイントに交換される仕様。また、ランクアップでアイドルが増えて育成可能になる様だ。ライブでは最初にコーデと曲を選ぶのだが、コーデ選択では魔法少女変身の様な演出がある。ライブ自体は曲のリズムに合わせてクリックするリズムゲーで、成功するほどエロイいねポイント増加。同時に背景CGのフェラ(VS複数チ○コ)でたくさん射精させることができる。背景CGは射精時のみ簡易アニメ、ゲーム中見ているヒマはないが。しかしAVシアターではリプレイを鑑賞でき、ギャラリーでCGを拝見できる。ストーリーでもエロを拝見できるが、短いテキストとCGのみでかなり淡泊な印象だ。過去作のガルパンやダンまちオーマージュ作品と同じく、CGやゲーム性はそれなりに高いがエロはCGメインな作品。エロだけでいえば「LolitaChannel」さんの雰囲気に近い。よく出来ていてもそもそもこのテのジャンルの需要は低い様な…デラエロイならまた別なんだろうけども。ちなみにインストール必須。アンインストールがコンパネからしかできないのが不親切。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ7 システム8 没入感7 エロス6)

森とエルフと仲間たち whiteapple RPG 500円

森とエルフと仲間たち
幼馴染の人間のお姉さんと同棲しているエルフ娘が「なんでも屋」を始めると共に、お姉さんと性的な意味で仲を深めていく短編百合RPG。村のNPC達から依頼を受け、森で必要なものを集めたりしてストーリーを進めると、お姉さんとの百合エロも進展していく。敗北エロはなし。主人公以外のNPC♀と男のエロもあり、シーン数は百合6、NPC×男4。戦闘バランスは優しめで、少しレベリングすればZキー押しっぱで殴るだけで充分。1秒で1ターンが終わるほど戦闘スピードがめっさ早く、与ダメ・被ダメ時の効果音がちょっと変わっていて気持ちいい戦闘だった。またドーピングアイテムも200で売っており、ちょっと戦えば1000程度すぐ稼げる。サクッと遊べるRPGかね。
【体験版評価】6.5/10点 (面白さ6 システム7 没入感6 エロス7)

ドットエロ赤ずきん アルビノゲームズ 鬼ごっこACT 800円


トップビュータイプのツクールVXAce製の鬼ごっこACT。赤ずきんちゃんを操作し、頼まれたアイテムを森で採取して自宅に戻るなど、基本は自宅と森の往復となる。が、森では赤ずきんを性的に喰おうとするオオカミが出没し、マップ切り替え時に「ワォーン」と遠吠えが聞こえると(キタ!と当初は結構ビビる)、赤ずきんが入ってきたマップ入口から1~2秒遅れてオオカミが出現、捕まれば性的に喰われ自宅送りに。振り切るには、①数マップ逃げ続ける、②所々にある空き家のクローゼットなどに隠れる、③事前におしっこしたマップに誘い込む、といった方法がある。①は数マップ切り替えが必要で、マップ切り替え時のスタートで木などに引っ掛かると即捕まるリスクがあり緊張感が高い。が、スタートさえミスらなければ、オオカミ自身も木などにひっかかりやすくまず捕まることはない故無難だ。②は高確率で振り切れるが、運が悪い(?)と見つかる可能性がある。ドキドキw ③は一番確実な方法で、事前におしっこをしたマップ(利尿剤を使っておしっこするドットアニメシーンあり)に誘い込めば、次のマップ切り替えで100%振り切れる。ただ、おしっこポイントは複数あり、どこでするかがミソか。まぁ森マップ自体グルグルと周回できる構成故、①でほぼ逃げられるだろう。その他、自宅横の村?マップなどでサブイベントもあり、酔っぱらったおっさんを起こすハーブを採取してきて→起きたおっさんを家まで連れて行く→おっさん宅で犯される、とか。オオカミも含め、エロは全てドットアニメ、アニメ自体はそれほどヌルヌルではないものの、表示がデカく結構実用的(要ロリ嗜好)だった。サブイベントありなのが意外で、思ったよりゲーム性が高くそこそこ緊張感があり楽しめた作品。
【体験版評価】6.8/10点 (面白さ7 システム7 没入感6 エロス7)

見習いエンジェルなぎさ ゆきマンゴー RPG 1,300円

見習いエンジェルなぎさ
性犯罪抑止の為に性欲減退薬が推奨され、アダルトサイトも取り締まり対象の世界が舞台。アホか!それじゃ人類滅びるじゃろ!と危惧した色欲の神様が女学生・なぎさの下に降臨、高宮くんに片想いしてオナっていることをネタに強請り、なぎさは色欲天使として性欲を溜めこんだ男性の精を解放する為に奔走するRPG。基本は自宅を拠点とし気配を感じる方へと出向く。溜めこんだ男性を特定したら性欲の具現化した魔物(?)と戦闘、勝てばエロして精を発散させてめでたし。その後仲間になってくれるヤツも。ザコ戦とボス戦の難易度バランスがええ塩梅で、サクサク過ぎず面倒過ぎず。ボス戦なんかは「ギリギリ勝てないかも」位で戦うと面白味が感じられた。なぎさはストレスが溜まりすぎると悪堕ちしてしまう様で、エンディングも変化。ヨガチカ系サークルさんの作品だが全然クセがなく遊びやすい。逆に言えば悪堕ち以外は割と普通のMV製エロRPG。
【体験版評価】6.5/10点 (面白さ6 システム7 没入感6 エロス7)

ももこ、見参! 地図から消えた村 ACT 600円

ももこ、見参!
FCライクなトップビューレトロACT。BGMや効果音などもレトロ仕様だ。1画面ずつスクールさせて進む無印ゼルダタイプで、武器攻撃で敵を倒しながらステージ奥へと進み、ボスを倒せば次ステージへ。そんなシンプルなゲームなんだが、変わっているのが操作方法である。←or→で上下左右に方向転換、↑で進行方向に進み、↓で後ずさる、という変則的な移動方法なのだ。↑を押し続けると徐々に移動速度が速くなり止まる際も慣性が付く。Zで180度方向転換(しつつ背後を攻撃)、Xで武器攻撃、スペースキーで覇王翔吼拳!(笑 覇王翔吼拳は進行方向3×3マス程度に攻撃可能と強力、ただ左下のマーク点灯時しか撃てない。移動自体にACT性が求められる為か、敵は少な目でボスも覇王翔吼拳連発で倒せた。一定時間ごとにチャルメラBGMに乗って画面左から出現し画面を横切っていく敵はスペランカーを彷彿とさせる。体力がなくなるとゲームオーバー、ステージ毎にドットエロCGが表示、1ステージ目は壁尻だった。シュールな雰囲気の、製品版でも4ステージ目までの短編ACTだ。最初は移動もままならず敵を前にするとわちゃわちゃするがそれが楽しく、思った通りに動ける様になるとじわっと上達を感じられる、そこにリソースを割いたゲームかなぁ。先日販売された「おさけリース」の制作にも大きく関わったサークルさん。
【体験版評価】6.5/10点 (面白さ7 システム7 没入感7 エロス5)

魔砲銃士アーニャ cypher ACTRPG 900円

魔砲銃士アーニャ
帰ってこない後輩を探しに天空を貫くが如くそびえ建つ「血を啜る塔」を踏破していくトップビュータイプのACTRPG。塔内は1フロア毎に自動生成マップ(と言っても構成はほとんど変わらず、アイテムや敵の配置が異なるのみ)で、いきなり目の前に敵がいると焦る。また低確率ででっかい敵がウジャウジャいるモンスターハウス的なマップに突入してしまうなど、フロア開始時に緊張感がある。範囲攻撃である爆炎の魔法を武器に戦っていくが、10フロアごとの安全地帯であるバー(ショップ)で購入できる装備品で連射速度や攻撃力、射程範囲などをカスタマイズ可能。その他、フロアで拾える魔法アイテムなどでも攻撃可。爆炎の魔法を連射してMPゲージがオレンジゾーンまで低下すると一定時間魔法を撃てなくなりピンチ。まぁMPは結構な速度で自動回復する故、余程長時間連射しない限りまずそうなることはない。細い通路や拾い部屋にいる敵は様々な攻撃をしかけてくるが、遠距離攻撃してくる敵はほぼおらず、壁越しに連射しているだけでまとめて倒せて、ACTとしての難度は低く、攻略性もイマイチ。ただ前述の通り、フロア開始時にいきなり目の前に敵が出現すると危険。被ダメがデカく、攻撃を受けるとノックバックで後ろを向いてしまい反撃し辛い。フロアで拾えるアイテムは効果がわからないものもあり、かといって鑑定システムも無い様で、店売りでの売却価格で判断するしかないか。見た目やプレイ感覚的にはFCゲーのACTを遊んでいる様な、モーションや敵の動きも大雑把であるし。エロは特定の敵に接触でアクションDEエロ、敗北で敵毎にCGあり。ローグライクなACTといえるが、当時のFCにありそうなゲームだった。
【体験版評価】6.5/10点 (面白さ6 システム7 没入感7 エロス6)

・記事を書いたエロ同人ゲーム

おっぱいダンジョン つくだにの里 RPG 1,600円(期間限定)
おっぱいダンジョン
おっぱいをでっかくしたいエルフ娘・ルーシーが幼馴染のユウを連れて「おっぱいタワー」に挑むRPG。無知で天然なくのいち見習いも序盤から仲間に、ラブコメ漫画風味のサクッとライトなRPG。
おっぱいダンジョン感想記事

なのれ!○丸 GGG ACT 1,400円
なのれ!○丸
姫に仕える天才忍者が姫を魔の手から守る為戦う横スクACT。FCやSFCライクな硬派ACTでとっつきやすいが、即死穴や空中床を渡っていくなど難易度はやや高め。
なのれ!○丸感想記事

ダークアミュレット びすます SRPG 2,600円→1,300円(期間限定)
ダークアミュレット
SRPG Studi製のFEライクSRPG。前作「シャイニングアミュレット」の続編で前作キャラも多数登場。全52マップ+α、ルートは3つとボリュームたっぷり。ゲーム性やシステム面でも前作より進化。
ダークアミュレット感想記事

■同人よもやま キタ!お気に入り登録数4500弱の大作!

長らく頓挫していたアイリスフィールドさんの「正しい性奴隷の使い方」が遂に9/16(金)発売決定!体験版も内容が一新されたものがアップされている。キリンさんになっていた紳士は早速新体験版を遊んでみるべし!
価格は当初の予定通り1,800円(税抜)、20日(火)までは1,400円に割引され販売される様だ。いやぁ、以前の体験版の内容でも充分面白かったが、更に洗練にされた様で。こりゃあ新体験版遊ばないとなぁ!
夢子「元気になられた様で良かったです」
撫子「楽しみだねェ♪」

コメント