同人かわら版No155 今週のエロ同人ゲームレビュー

今週のDLsite初物は322本。

エロ同人ゲームショートレビュー

【人気Lv】→→ 公園露出ゲーム 田中一族 非戦闘露出RPG 400円

公園露出ゲーム
ロリのクセに「露出」という性癖に目覚め、裸パーカーに超ミニスカトートという出で立ちで公園を舞台に露出を行う少女が主人公。まずは彼女の名前を決めよう、デフォ名は無い故ちゃんと名前をつけるところから始まる。この公園にいるNPCは何故かほとんどがおじさん(まれにショタなどもいる)で、ほぼ全てのNPCが露出ターゲットである。ゲームとしてはNPCに話しかけて選択肢での露出、またはマップ上の〇で示されたイベントポイントでの露出が基本、マップを回り露出(当初はパンチラ程度)していくと「達成度」が上昇、一定まで上がるとレベルアップする。レベルアップすると着せ替えが可能になり、まずはパンツを白(デフォ)・水玉・縞パンから選べるようになり、次のレベルアップではパーカー半脱ぎ(チャック前開き)が可能になる。またレベルがあがると同じNPCに対しての露出選択肢が増える。ちなみに達成度は同じNPCに同じ選択肢露出をしても初回しかあがらないが、パンツなど着せ替えをすると上がったりする故、着せ替えして達成度を地道に稼いでいこう。体験版ではランニングコースのベンチでパンチラ→ちょっと股を拡げる→大股開きや、茂みに隠れてパーカー前開き→オナニーしちゃう、おしさんが座っているベンチの横に座り、前かがみになって胸チラなどなど。製品版でも本番は無く、下着やちっぱい、おま〇こチラリズムやオナニーまでで、おじさん達に触られることも無い。しかし露出初心者の少女がドキドキしながら徐々に露出エスカレートしていく様をきちんと描いており、ロリは守備範囲外だぜ!という紳士でも露出スキーであればハマる要素はあるかと。露出してターゲットのおじさんがチラチラとこちらを見てくわーっ!となる際のズーム演出とかグッジョブ。
【体験版評価】7.3/10点 (面白さ7 システム7 没入感8 エロス7)

【人気Lv】→→ 白銀のイクシア ゆきの工房 RPG 1,500円

白銀のイクシア
超越者(イクシード)と呼ばれるニュータイプ的な主人公達が、エミニオンという巨大組織に立ち向かう王道的なRPG。当初はエミニオンに属するマッドサイエンティスト的な博士・オグマに囚われた妹を救出する為、その兄である主人公と、主人公を助けたサヤの2人旅。オグマを倒し妹を救出するところまでが体験版範囲で、じっくり遊んで2時間程はプレイしたか。ストーリー的には魔王と勇者ではないけども少数精鋭で巨大組織と戦うシリアス王道、エロはイクシードとなった主人公が発情しやすくなりそれを鎮める的なヒロイン達とのエロ、各ボスでの敗北エロがメイン。ボス戦直前では親切にセーブ・アイテム画面選択肢が出る仕様で「あー強制ボスだったのか、セーブしてない!」という事態にはならない。最近はあまり見なくなったが敗北用アイテムありでボス敗北エロは簡単に拝見できる。まぁ作品によって「勝っても敗北エロ回想登録」とか「事前に敗北エロを拝見できるシステム」とかいろいろやり様があるが、まぁ本作は若干手間はかかるもののオーソドックスと言える。ゲーム的にはかなりレベルが上がりにくい部類で、逃げるもレベルや敏捷に関係なく確率、ランダムエンカウント(遭遇率はほどほど)など、じっくり腰を据えて遊ぶタイプ。ザコ戦は1~2体(ストーリーが進みPT人数が増えると増えるかと)で、1~3Tでケリがつく。体感的にはザコ戦は1度逃げられなかったら戦う(効率は良くないが)位でボスを倒せるレベルになるんじゃないかと。装備品は程よく宝箱から得られ、購入は主にアクセサリと消費アイテムか。敵を倒すごとに経験値とは別にSPゲット、SPを消費してスキルツリーから様々なスキル(イクシード)を修得できる。フラグ的にキーアイテムを入手して前のマップに戻るなどの展開が多く、我輩的にはRPGとして至極真っ当で戦闘もかなりよく出来たバランスだなぁと。サクサクエロ回収とはいかないが、RPGとしてじっくり楽しみながらエロはたまにあればいいよ、という紳士には結構オススメできる作品。ひとつだけ言わせてもらうなら、女の子の絵は描き慣れてるが、おじさん絵(前述のオグマとか)は厳しい…という位か。ゲーム的な不満点は特にない。行ったり来たりが前提故、DQ的なRPGを遊びたい紳士向け。DMMでもリリース。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ8 システム7 没入感7 エロス6)

【人気Lv】→ セーラー服少女を押さえつけて【Live2DインタラクティブHアニメ】 動イラゲーム制作部 2Dアニメ+エッチSLG 100円→90円(4/12迄)

セーラー服少女を押さえつけて【Live2DインタラクティブHアニメ】
単一構図のLive2Dシリーズ第5弾。3/15から5~7日のスパンで1作リリースされている驚異的なリリース速度で、体験版では前作同様表情を変えられるのみ、ピストン不可。今回は「セーラ服少女」を「押さえつけて」な構図が個人的に結構スキ。97円のワンナイトオカズとして需要がありそうな。前作で飽きると酷評しといてアレだが、構図とキャラとコスが気に入ればありですな。滑らかアニメはジャスティス(手の平返し ただどうしても頻繁なリリース故の「飽き」は回避できないと思うが、できればフェラとかパイズリとか丸呑みとかいろいろな嗜好も見てみたいなぁと。
【体験版評価】6.7/10点 (面白さ– システム7 没入感6 エロス7)

【人気Lv】→ フェリの魔法試験~災難な1日~ EBANUJ ステルスRPG 1,000円

フェリの魔法試験~災難な1日~
魔法試験(主人公は戦士だけど)の課題である薬草を何とか採取し帰路の過程、その薬草を独占していたとある領主の雇うゴロツキ達に捕まってしまう主人公・フェリ。地下に投獄されてしまうもののなんとか牢から脱出、ここから脱出するステルスRPG。敵シンボルは2種おり、「!」シンボルの視界(向いている方向10マス程度?)に入ると即捕まり、当初はご奉仕フェラor逃げようとしてバックから挿入のいずれかを経て特定の部屋に戻される。見つかってのエロは進む程に増えそうな。豆電球吹き出しのシンボルは無害で、何度も話かけることで複数の情報を引き出せる。基本的には敵に見つからない様に探索しアイテムをゲットしてフラグを立てて進める。たまに選択肢や、突発的な隠れるイベント(時間制限アリ)などがあり、失敗するとエロシーン無しで即ゲームオーバー。セーブは細めに。この地下牢には同じく試験で調査の為に潜りこんでいる同級生のルナがおり、序盤では彼女に危ないところを助けられるが基本的には別行動、彼女のエロもありそうな?敵にの視認範囲が結構広く油断するとスグ捕まってしまうものの、慣れれば難しくはないだろう。ステータス画面で見る限りフェリの能力は結構高く(装備も一通り最初からある)、キャラ説明でもゴロツキ相手なら余裕で勝てそうな感じがするんだが、見つかった際に戦う選択肢が無いことにちょっと不満。まぁ設定はともかくステルスRPGであるし仕方ないな。製品版では戦う機会はあるのだろうか。
【体験版評価】6.0/10点 (面白さ6 システム6 没入感6 エロス6)

【人気Lv】→→ 黒雪とHな依頼 トカゲ森 RPG 700円

黒雪とHな依頼
所属ギルドのリーダーに「討伐依頼」とだけ聞かされ依頼主であるショタ族が住む村にやってきた黒雪。本来の依頼内容はポイズンホーネット討伐、のみだったのだが、それを知らない黒雪は「それだけじゃないよ?他にも依頼内容は沢山」とショタ族に騙され、討伐後も長期滞在を余儀なくされる。ショタ族の目的はエロい身体をした黒雪にできるだけエッチなイタズラをすること。「それも依頼内容に含まれてるよ」と言われると黒雪も拒否できないという。そんなワケで討伐やら採取やら様々な依頼をこなしつつその合間合間にショタ族からエロされてしまうRPGである。最初は胸揉み、次は生足にチ〇ポ擦りつけ射精、体験版はここまで。おそらく敗北エロはなく、ショタ族からのエロオンリーかと。エロは強制もありつつ、サブイベントもあり。ゲームとしては使役獣(?)であるウサギと共に戦い、ザコ戦は1~2T。装備品は買うこともできるが、各ダンジョンにある採取ポイントで得られる素材、敵を倒してドロップする素材で無料で合成可。お金で買える装備やアイテムもあるが合成で大概まかなえるかと。ひとつ不満点を挙げるなら、NPCから「スライムは物理が効かないよ」と言われ序盤物理しか攻撃方法がない中、最初のダンジョンに行くとスライムシンボルオンリー。えぇ?どうすればええのん;と思わせておいて戦ってみると中身はホーネットやコウモリとかスライム以外の敵のみ。何故スライムシンボルにした…?っていう。まぁ大したことでもないんだが、細かい所まで気になるのが僕の悪い癖でしてねぇ(はぃ?
【体験版評価】6.5/10点 (面白さ6 システム7 没入感6 エロス7)

【人気Lv】→ Slave Matrix Auto Eden 人外調教SLG 1,500円

Slave Matrix
借金返済の為に人外娘を調教していく調教SLG。調教SLGはいくつも遊んできたが、人外娘、それも見た目がかなり人外寄りな娘さんばかりをが対象のコアな作品も珍しい。調教はアイテムや直接タッチなどのおさわり系の様だ。お金を貯めアイテムを購入したり借金を返済した額により様々な要素が開放されていくタイプらしい。見た感じエロフラっぽいアニメもしそうだが、体験版が無く詳細は不明。DMMでもリリース。

【人気Lv】↑↑ 格闘令嬢カレン JSK工房 バトル&エッチSLG 1,000円

 
格闘令嬢カレン
格闘家の主人公♂の道場に堂々と道場破りに来たお嬢様格闘家と戦いつつ陵辱に持ちこんだりするエロフラゲーム。ブラウザ上で起動してプレイ可。やり応えあるヒロインとの戦闘とおさわりゲー並みに作りこまれたエロシーン、この2点に凝縮されたJSK工房さんの十八番作品。RPGとかSLGなどいわゆるゲーム性を大事にした作品が好きな我輩ではあるが、2010年当初からJSK工房さんの作品は「これ正しいエロゲだなぁ」と感じさせられたものだ。当時の作品はバトルパートとエロパートが完全に分かれていたものの、サクッと戦えるのに面白く、勝てば一品として通用するボリュームエロ、余計なストーリーや設定は無くそれでいてエロ結果によりラブ含むエンドに分かれたり。ゲーム内時間にしてごく短時間のシーンを切り取っているにドラマチック(プレイヤーの妄想補完含む)。上手し!本作含む最近の作品ではゲーム性やエロで進化しつつも、その根幹となるゲーム設計は変わっていない。本作の基本はトライ&エラーだが、バトル自体かなりスピーディで戦闘中にエロに持ちこむ交差法(カウンター)がある。本作はまたヒロインがかなり高性能で、何度も戦い、能力値やスキルレベルをアップしていかないと勝てないが、勝てないにしてもエロに持ちめる。戦闘はRTB、序盤は瞬発力(素早さ)と、防御コマンドが重要かなぁと。体験版ではある程度被ダメを受けるとエロシーンになる仕様で、エロパートがまたエロイこと!アニメーションのクオリティは勿論だが、脱衣は任意であるし、ピストン速度や射精、体位など内容が濃い。最初はボコボコにされるが、クソ自信家のお嬢様を陵辱したり、その上でラブイチャな関係になったりと満足度が高い作品だろう。スリリングな戦いとエロ、確かにこれだけでエロゲは成立する。体験版ではゲーム部分が短すぎて面白さに関して評価不可なのが残念。DMMでもリリース。
【体験版評価】8.3/10点 (面白さ– システム8 没入感8 エロス9)

【人気Lv】→ Battle of otherworldly Beauties! パズル 1,200円

Battle of otherworldly Beauties!
我輩、ぷよぷよ以降の落ちモノパズルに明るくないが、おそらくオリジナルルールであろう落ちモノ対戦パズル。横に2つ並んだブロックを↓に落としていくのだが、Zキーで行えるのは左右のブロック入れ替えのみで、あとは方向キーでどこに落とすかの選択。徐々にブロックが落ちていくタイプではなくブロックは画面上部に表示、一定時間経つと勝手に落ちるがその前に↓キーで任意で落とせる。ブロックは火、水、土、雷の4種あり、水<火<雷<土<水、という関係にある。例えば水ブロックは火以外のブロックの上に落ちても重なるだけだが、火ブロックであれば火ブロックを貫通して(すべて消える)下に落ちる。火ブロックが4つ縦に重なっているところに水ブロックを落とすと火ブロック4つが消え、相手にお邪魔ブロックが降ることになる。この繰り返して相手のブロックが積み上がると勝利。4種のブロックそれぞれで消せる属性を頭に叩き込まないと咄嗟に「どこを消せるか」が判断できない。逆にいえばそれさえ頭に入れれば楽勝なルールで、ぷよぷよの様な先の展開を読んでの連鎖も無い。いくつかのモードがあるが、他プレイヤーとのバーサスモードはないっぽく、もしあったとしても対戦テトリスの様な瞬発力勝負になるか。オリジナルっぽいR18落ちモノは大変珍しいが奥深さは微妙かも。ブロックを消す際も地味なSEであるしブロックが消える演出も地味で爽快感も薄い。ゲーム開始時キャラを複数から選べる。体験版では2人から選べるが使い勝手は同じような?エロに関しても体験版では無いが、おそらく勝てばエロシーンでは。あ、ちなみに海外サークルさん製でオールイングリッシュだ。体験版では敵が弱過ぎてあっという間に終わってしまい色々試せなんだ;だがこういうチャレンジ精神は評価したいし、落ちモノパズルはまだ可能性があるんじゃないかと個人的に。同人発のワールドスタンダードな落ちモノとか見てみたいな。
【体験版評価】6.6/10点 (面白さ6 システム7 没入感6 エロス6 チャレンジ精神8)

今週予告エロ同人ゲーム

「コン狐との日常」は音声サークル・めがみそふとさんの初SLG。遂にゲームにも「癒らし」ジャンルが…「アスモディウスの召喚」はイラストといい日本語が若干変なところといいアリバイさん関連の新サークルか。でも面白そう。そして池袋DPCさん初RPG「戦乱のヘキサ」は「ノード侵攻」というシリーズ漫画をベースとした戦火・オムニバスRPG、世界観・設定・キャラ背景などが商業並みに深く、wktk感ハンパナス。

戦乱のヘキサ 池袋DPC オムニバスRPG 1,700円 4月中旬

アスモディウスの召喚 PinkPeach ACT 価格未定 4月下旬

コン狐との日常 ~ぼっちでかわいくてほっとけない妖狐~ めがみそふと SLG 2,500円 5月中旬

■同人よもやま N蔵司ヶ谷さん/DLsiteの支援サイト、他 でおじゃる

・あのサークルさんは今 N蔵司ヶ谷さん「PHANTOM GATE」

白の従士と闇の従者 ver1.5」のリリースから3年。N蔵司ヶ谷さんは現在「PHANTOM GATE(ファントムゲイト)」というホラーRPGを制作中。これに関しては白の従士と~の作品紹介ページに掲載されており、知っている紳士も少なくないだろう。まぁとりわけ新しい情報はないのだがざっと作品紹介をば。

白の従士と~がリリースされた当時から既に並行して制作されていた作品で、病院(異界?)を舞台として、異形と戦いつつ探索範囲を拡げていくRPG。戦闘システムとしての特徴は防御力の概念が無く、属性防御が重要なこと、敗北エロの代わりに戦闘DEエロが充実(抵抗に失敗する程にエスカレート)していることだろうか。UIなんかもかなりオリジナリティが高い。

今となっては似た様な雰囲気の作品は珍しくないが、2015年当時まだホラーRPGは多くは無かった。増えたのはアバドーン以降だろう。
注目すべきは既に3年以上かけて丁寧に制作されていること。制作に着手できてないとかそういうことではなく、体験版(白の従士と~に同梱)がシェアされてから既に何度もVerUPを繰り返し現在はVer t2.04。ユーザーの意見を聞いたりバグフィックスを行いつつ進められていて、ユーザーと一体となって作り上げられているなぁと。
こりゃあ相当期待値高そうだ。

・日本戦争ゲーム開発さんサークル名変更
四国志すぺしゃる ~酒池肉うどん戦記~」が最新作の日本戦争ゲーム開発さんがサークル名を「ふらいんぐパンジャンドラム」に変更。

同人かわら版バックナンバー

同人から版前号(No154)を読む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。