同人かわら版No136 今週のエロ同人ゲームレビュー

DLsite.comで今週リリースされた新作は418本。平均60本近くと多いがエロゲの比率も高い。

■INDEX

エロ同人ゲームショートレビュー

【人気Lv】↑↑↑↑ 民間正義会社2 クリメニア RPG 1,500円

民間正義会社2
民間正義会社~正義のためなら陵辱も枕営業も耐える!」の続編。前作から数年、悪の組織「邪光」は戦闘員による反社会行動から、二足歩行ロボットによる反社会行動に。それに対抗すべく民間警備会社も二束方向ロボ「FUW]で対抗、なんとか社会の秩序を維持してた。そして現在、突出した能力を持つ第三世代FUW「タケフツ」が完成、そのパイロットとしてヒロイン・ハルカが選ばれた。選ばれた理由は「美人で世間受けがよさそうだし、復讐の為ならなんでもするという動機から」。ということで悪の組織の戦闘員と戦っていく前作に対し今作はロボバトルモノになっている。市街戦が主でフロントミッションっぽい気もするが、マヴラブオルタに近い「戦術機」の方がより近い様な。ロボCGに関してはそれ専門の絵師が書いた様なクオリティでザコ敵一つとっても素晴らしい。外注かもしれんが本作にそれが備わっていることが重要で、これだけでロボスキーな紳士の心を掴める程の画力かと。基本の流れは作戦室で受けられる任務をこなし、クリアするとそれに付随した広報活動(テレビ出演)を行うことができ、その繰り返しで進める。本作には能力値を含めた様々なステータスがあるが、重要なのは「貢献度」「知名度」。貢献度は任務中に敵を倒す、任務クリアで得られる。一定の貢献度に達した状態で自室で寝ると、翌朝タケフツの新たな装備品を得られるのだ。敵を倒してタケフツをレベルアップすることでも強くなれるが、貢献度を稼いで新たな装備品を得た方が強化値は高い。この他、敵を倒して得られる緑・青・赤のコアを消費して攻撃力・防御力アップ、回復アイテム作成、スキル使用回数増、地雷や救助を必要とする人を認識できるアイテムを作成できる。特に踏むとダメを受ける地雷を認識できるアイテムは優先して作っておきたい。任務は「マップ上の敵殲滅」「特定の敵が逃走エリアに到達するまでに破壊せよ」「ボスを倒せ」などが内容は様々だが、地雷目視可否で任務達成率は相当上がるハズだ。要約すると、レベリングは特に必要ないが結局能力アップやアイテム作成の為のコア集めは必要になる。赤コアは特に集めにくいが、赤コアを集めやすいマップに何度か挑めばいい。そうこうしている内に貢献度もレベルも上がっていることだろう。特にスゴイと感じたのは各種マップの戦闘バランスだ。戦闘は至ってシンプルなターン制コマンドバトルだが、過剰な貢献度稼ぎをしていない限り、出現する敵を倒す順番やここぞで使うスキルが明白で、セオリー通りに戦えばギリギリHPを保ちクリアできるが、適当に戦っているとHPが持たず任務失敗(作戦室に戻るだけで特にデメリットは無い)になる、緻密なバランスは職人技。本作のセオリーは攻撃力の高い敵から倒す(敵のHPにもよる)、敵のHP(表示されてない)を戦闘で見極め効率よくスキルを使って倒すことだ。攻撃力の高い敵程スキルを使い短いターンで倒すのを心がければ難しくないハズ。どうしても厳しいなら貢献度を稼いで装備を強くする、コアで各種能力アップ。さて、貢献度をより多く得る為には知名度を上げる必要があり、知名度は広報活動(テレビ出演)を行うことで上昇する。この広報活動がメインエロだ。テレビ出演は任務を達成する毎い増えていくが初回は健全、2回目からは裏テレビ出演となりエロ前提内容の出演になる。前作ではスポンサーへの枕営業的なエロからの発展が多かったが、本作ではAVチャンネル的な裏テレビに出演するとより高い知名度を得られる。まぁ出演するのはプレイヤーの任意だが、知名度を上げれば得られる貢献度も高くなり強くなれる設計の本作でエロは必須だろう。固いヒロインも徐々に快楽に身を任せる様になる。裏テレビ出演なしでの攻略は相当作業になるものの可能っぽいか。面白いとは思うしエロイが、戦闘システムが簡素すぎるのが個人的には微妙。FANZAでもリリースされた。
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ7 システム8 没入感8 エロス9)

【人気Lv】→ 下町の叔母さんのお家にあずけられた僕のエッチな一ヶ月 今日もずる休み 非戦闘RPG 1,200円

下町の叔母さんのお家にあずけられた僕のエッチな一ヶ月
海外出張中の父が入院し看護の為に母は海外へ。30日間の間主人公は下町に住む叔母の下で暮らすことになる。が、その町は主人公が育った都会の街とは全くことなる風習の町だった!という性活系非戦闘RPG。ヒロインは叔母さん、叔母さんの娘二人、近所の女の子。あとは近所のガキ大将に叔母さんの旦那のおじさん!?ヨガチカ系とは異なる例のいろんなサークル名で作品連発なサークルさんの作品ぽい。いつも通り体験版無し。DMMでもリリース。

【人気Lv】↑↑↑ LAB2-UndeR GrounD- ねこのめめっ 横スク探索ACT 1,500円

LAB2-UndeR GrounD-
前作続編で正当進化した作品。ドットアニメもゲーム性も前作を凌ぐデキで特に操作性の良さは特筆すべき。
体験版感想記事

【人気Lv】↑ 女戦士マンカースの冒険 トロルと繋がれし姫君 ねこふぐり ベルトスクロールARPG 1,900円→1,500円(期間限定)

女戦士マンカースの冒険 トロルと繋がれし姫君
攫われた姫を救出に向かう女戦士マン・カースが主人公のDQ風味ベルトスクロールARPG。ゲームとしてかなり面白いのだが、エロが薄めで価格もそこそこするわで埋もれそうな一品。ゲーマーには是非お勧めしたいんだが。
■体験版感想記事
【体験版評価】7.8/10点 (面白さ8 システム8 没入感8 エロス7)

【人気Lv】↑ おにいちゃんのためのSEX講座2 ごません(3D) 3Dアニメ 1,500円

おにいちゃんのためのSEX講座2
実に6年ぶりとなるごませんさんの3Dアニメである。当時は3Dアニメ全盛期であったがその中でもごません(3D)さんと言えばかなりの人気サークルさんだった。「おにいちゃんのためのSEX講座」の続編となる本作、6年経過した今どれだけ進化したかはヒロインが前作と同じ妹ちゃんということで一目瞭然。体験版はデモ動画となっておりwktkして拝見したこところ… むぅ!顔はデフォルメながらボディは今風の3Dモデリング、物理的な動きも質感の柔かさも期待通り!シーンは全48種で自由に編集して見ていくモードも過去作同様搭載している。ただ期待通りではあったが期待以上ではなかったかな。停滞気味の同人3Dアニメの現状を打破する勢いがもしかしたらあるかも…と勝手に思っていたんだが。だが3Dアニメ最前線といったクオリティで間違いはない。うーん、今後3Dアニメはどこを目指すべきなのか、リアルを追及してAVではできないことをするとか、トゥーン系を更なる極みへとか、一つの指針だと思うが、創作物ならではの何かはないのか…新たな表現法、みたいな。ぶっちゃけ我輩的には2010年前後のあんまりリアルでない3Dアニメに未だにエレクトするんだが。「あなたは私の味を忘れられないはずよ2」とか。ドットアニメにエレクトするのと同じ理屈なんだろうか。アニメーションはよりナチュラルかつ滑らかで、モデリングはやや粗めだけど質感はしっかり柔かい、そんな3Dアニメはどうなんだろう。とWEBの隅っこでド素人が考えてみる。

【人気Lv】→ 鉄○女子機械姦 1000yenPlayer エッチSLG 900円

鉄○女子機械姦
鉄拳シリーズのアスカを玩具責めでイカせまくることができる大き目ドットアニメなエッチSLG。特に快感度などのゲージはないが、アスカはイク度に股を濡らし最終的には潮を吹くことになる。感じて股を濡らしていくプロセスが結構細かく、例えば逆さづりで電マを股に固定されているシーンでは当初は水気が全然ないが、処女に股あたりのホットパンツが濡れだし、絶頂させるごとに足れた愛液(潮?)が身体をつたい重力で身体も濡れ濡れになっていき、最終的には頭あたりまで濡れ濡れでアスカが絶頂して頭を激しく振る毎に液がほとばしる。選択可能なコマンドは7種あり、ホットパンツVerと制服Verの2タイプあり。制服の場合は逆さづりシーンでスカートがめくれてパンティに直に電マがあたり、濡れ方も激しい様な?またそれぞれのコマンドに弱、強、止のボタンがあり、弱よりも強の方が強い快感を与え、連打すればすイキまくり状態になる。その状態で他コマンドに持ち越すこともできるし一旦快感をリセットすることもできる。ゲーム性は低いがオカズとしてはアスカのビクビク具合とか濡れ具合が琴線に触れてご馳走様でした!CVもグッジョブ。
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ– システム7 没入感6 エロス8)

【人気Lv】↑ プリメラの好奇心 スタジオ名瀬 非戦闘RPG 1,300円

プリメラの好奇心
教会の神父を父に持つ娘さんが精霊を自称するヘンテコ(魔法少女相棒マスコット的な)に憑りつかれ、街を舞台に精霊復活の為に魔力を集める非戦闘MV製RPG。魔力は人が欲望を叶えた時に発生し、主人公・プリメラは特に願い事はないのだが、教会の手伝いばかりの彼女には「好奇心」という欲望があり彼女自身自覚はしてないが新しい体験に飢えているのだ。憑りついた精霊はてっとり早くエロイ方向性に彼女を導きプリメラは徐々に淫乱になっていく様を描く。このテの作品は適当に遊んでもエロイベントが起きて淫乱度が上昇、ガンガンエロくなる展開が多いが、本作はきっちりフラグ立てしていく必要があって、特に序盤は「一本道RPG?」と思う程淫乱度を上げるイベントが限られている。また、淫乱度をあげるイベントを解放していくにはお金も必要となり、序盤は1日1回拾える真珠の欠片を売る、酒場でバイトしかお金を得る方法はない。ギルドで焔の剣をくれ!という理不尽な要求をしていくる冒険者の為にお金を稼ぎ武器屋に行くと「うちは冒険者以外には売れない。でもおっぱいを見せてくれたら割引して売る」ともちかけられ、ある程度の淫乱度があればおっぱいをみせてて焔の剣購入。それを冒険者に渡すと今度はプレートメイルが必要だ!とか言い、またお金を貯めて武器屋でパイズリをするハメになる。エロすれば淫乱度があがっていき、当初は酒場でのアルバイトでもお金稼ぎ兼セクハラで淫乱度が上げる。こんな感じで淫乱度をあげていけば徐々にエロイベントが加俸されていき、行けるマップも増え、清純だった神父の娘がエロエロになっていく。
プリメラの好奇心
▲左上に常にボディと股を表示するUI ぶっかけられると白濁になったり中田氏ドロリとか
単純に淫乱度を上げるだけでなくお金稼ぎも必要なのが本作の特徴で、借金返済系RPGのお金稼ぎの為にエロするのとは異なる。本作では昼・夜・深夜の時間帯があり、NPCと話すなど移動以外の行動をするごとに(時間は表示されていないが)時間が進む。昼と夜では開いている店やNPC配置が異なりイベントも異なる。深夜になると強制的におやすみだ。ふぅむ、非戦闘エロ探索RPGの中ではかなりゲーム性の高いRPGと言えるだろう。通常時のUIもかなりエロイ。一般MV製よりもキャラが小さ目でその分マップが広く見渡せてMVの重さはなし。DMMでもリリース。
【体験版評価】7.8/10点 (面白さ7 システム8 没入感8 エロス8)

【人気Lv】→→ コアノイド ~組換え自在の鋼鉄乙女~ マシーナリー メカ娘育成RPG 1,600円

コアノイド ~組換え自在の鋼鉄乙女~
女性型人型ロボット「コアノイド」が普及している世界。貧乏でコアノイドが欲しくても買えない主人公♂(名前変更可)はある日コアノイドの核となる人工知能「CORE」を拾い、コアノイドに詳しい教師から各種パーツを譲り受けてコアノイド(名前変更可)を入手する。主人公が拾った「CORE」は世に数ロットしかない試作型の優れたCOREだったものの、マスターである主人公に非服従で主人公を呼び捨てにするなんか生意気なコアノイドだった。幼馴染のナタネの提案で主人公はコアノイドと共にコアノイド対戦競技である「コアバトル」に身を投じていくウディタ製RPG。闘技大会的なRPGではなく、まずは学園内でNPCとコアバトルしてレベルアップ・お金を稼ぎ、依頼をこなしてよい強力なパーツを集めて学園のボスを倒す。パーツは顔、腕、身体、足などがあり、パーツごとに見た目も性能も異なる。つまりパーツを変えていくことでコアノイドのビジュアルも変化するのだ。例えばデフォの頭パーツは白顔ポニテだが、次に入手する頭パーツはガングロロングだったり。パーツの組み合わせによるビジュアルバリエーションは相当ある。且つ保健室に行けばいつでもコアノイドとエロ可能(コアノイドはエロして性能を維持する)で、好みのパーツに変えてエロできるのがウリ。更に各パーツを特定のシリーズで揃えると特定のエロイベントが発生。パーツ名に特定のワードがある故すぐわかるだろう。ただ戦闘時はビジュアルより能力を考慮した方がいいだろう。本作の戦闘は与ダメ・被ダメ共にデカめ&命中と回避が大きく影響し、故に割りと運要素も大きい。運が良ければ3・4Tで勝利するし逆も然り。攻撃には遠距離・近距離と物理系・ビーム系があり、前者に関しては近距離攻撃に対しては常に遠距離攻撃が先に発動するというルール。後者に関しては防御との兼ね合いが大きく、対物理・対ビーム防御にダメが左右される。またビーム系は常にエネルギー(MPみたいなもの)を消費するが、物理系は近接ではなにも消費せず、遠距離は弾丸(つまるところお金)を消費するという違いがある。序盤はこちらの性能の方が高い故そんなに苦戦はしないだろうが当たらない時は当たらない。ボス戦は大概相手のオーナーが♀で、学園ボスのスケバン擁するコアノイドを倒すと主人公とスケバンエロ、に続いて主人公とナタネがエロ。学園制覇後は舞台が町になり、町最強のコアノイドマスターを倒しに行く流れ。こんな感じで運動部の大会みたいな舞台の拡がりをみせるロボ娘カスタマイズRPGだ。ウディタなのにメッセスキップと戦闘高速化がないのが痛い。DMMでもリリース。
【体験版評価】7.3/10点 (面白さ7 システム6 没入感8 エロス8)

【人気Lv】→ 要と先生と伝説のキノコ おぼんじゅーる TS・ADVRPG 1,300円→910円(12/19迄)

要と先生と伝説のキノコ
漫画だった「要がツンデレだからって体躯まで同じなわけないでしょ?」「先生の言う事は絶対だから何でもするの要が女の子になっても先生愛してくれるよね?」の続編でRPGになった作品。元々ショタだが男の娘っぽい感じだった「要」が前作で飲んだ薬のせいで定期的に女体化し、先生♂にエロしてもらうことでショタに戻っていたが、今回は戻らず女体化したまま。ということで元の姿に戻る為「幻のキノコ」を求め先生と共に旅する。ティラノスクリプト(ADVに適したゲーム制作ツール)製で方向キーでの移動シーンがないADVRPG。基本はトレーニング(ただ先に進むだけのダンジョンで進む毎に要のHPか攻撃力アップ、敵と戦って勝てば大幅にアップなど)で鍛え、「ストーリー進める」で戦闘やストーリーをこなしていく。戦闘は要だけが戦い攻撃力×ダイス出目=与ダメ、敵からの被ダメ計算式も同じで運の要素がデカい。ぶっちゃけ1撃で倒すか倒されるかの戦闘ともいえる。拠点では先生といつでもエロ可能で先生はただのエロ要員だろうか。エロ絵はロリプニっとしており要はでるとこはでたエロイ身体をしていてなかなか使える。過去作を見てなくてもTSRPGとしては問題ないかと。ただなんか全体的にフェードアウトとか、UI表示の演出とか画面遷移がゆっくりとしており(重いのではなくそういう演出)、テキストスキップもなく昨今のサクサクゲーに馴れた紳士にはお勧めできない。実際我輩もゆったりすぎる進行にやきもきし、ああこれはそういもんだと割り切ってじっくり遊ぶ系のゲームか、と悟った。かといってじっくり世界観やテキストを反芻する様な作品でもなく、正直なんでこんなゆっくり演出にしたのかは疑問。これはツール云々の問題ではなくサークルさんが狙っての演出のハズで、作風と合ってない気がする。
【体験版評価】6.0/10点 (面白さ6 システム5 没入感6 エロス7)

【人気Lv】→ ドブネズミは人間の少女に恋をした しのへる堂 SLG 1,200円

ドブネズミは人間の少女に恋をした
人間の女性に恋をしたドブネズミが屋根裏から彼女が幸せになっていく様を覗く作品。シミュレーションと謳っているが実質Live Maker製のADVである。主人公であるドブネズミは自身がドブネズミであることを良く知っている。故に彼女に対してどうこうするつもりもなくただの傍観者である。ドブネズミの願いはひとつ、自分が彼女を幸せにできないのはわかっている、だからせめて彼女には幸せになって欲しい。両親を事故で早くに亡くし、育ての親である祖父母も亡くなった今、彼女は高校を卒業して大学生になった。両親と共に住んでいたいい思い出もない実家に一人暮らし。が、彼女の事を想い真摯に向き合う幼馴染と結ばれ、グラドルの良き親友にも恵まれ。ドブネズミは薄幸だった彼女が幸せ担っていく姿を覗いていき(何度も長馴染とのエロあり、結婚しようというところまで見ることになる)、彼女が幸せになる場面を目の当たりにできてオレは幸せだ、とその短い寿命を終えようとしたその矢先。震度6以上はあるかと思われる地震が発生、天井が崩れドブネズミは彼女達が寝ているベッドに落下。自分の存在は彼女達の迷惑になる…と一切姿を見せなかったドブネズミは…人間の姿になっていた!?そもそも人間の様な思考を持つネズミはまぁ文学としてはありの設定だったが突如人間化というファンタジーの領域に入ったところで体験版は終了。むむぅ!面白いジャマイカ!この先の展開は寝取りか!?それとも彼女の幸せをそのまま願うのか!?ルートは4種あるとか。一つ言わせてもらえばこのサークルさんのテキスト力は素晴らしい。読み手をグッと引き寄せる引力があるし、久々の佐野絵も魅力的だった。あと幼馴染の彼氏が男として真っ直ぐすぎるイイヤツなのも◎。この男から寝取りたいような寝取りたくない様な…まぁADVだけど。エロでは選択肢が多くいろいろなバリエーションがあるし、エロ以外のCGでは佐野絵じゃないのも混じってるな。
【体験版評価】7.3/10点 (面白さ7 システム7 没入感8 エロス7)

【人気Lv】↑ SHRIFT デビルズオフィス 状態異常RPG 600円

SHRIFT
5年のコールドスリープから目覚めた主人公が人外娘が闊歩するエリアから脱出するRPG。圧倒的な力をもつ人外相手に主人公は戦って道を切り開かねばならない。人外娘達は主人公をエサにしようと性的な誘惑や攻撃をしてきてものっそい数のデバフをつけてくるのだ。難易度的にもM紳士向けの半BFRPG。
■体験版感想記事

【人気Lv】↑ HYPNOS FUCK ケイゾクAppend.1 ベルゼブブ 追加パッチ 100円

HYPNOS FUCK ケイゾクAppend.1
【特価】HYPNOS FUCK-ヒュプノスファック」のキャラ追加パッチ第5弾。今回は是乃ユイコ・タカノという姉妹キャラを追加可。ただサイコマーキングによるエロのみでメンタルダイブは無い様だ。それでも100円はお値打ちと言えるし、サークルさんのファンであれば延期になった「真・痴漢の極み」の繋ぎ的なアイテムになるか。DMMでも同時リリース。

【人気Lv】→→FEJコード アレプロ ACT 800円

FEJコード
女怪盗がとある目的の為美術館やコレクターの家に忍びこみ「絵」を盗むサイドビューACT。絵にはどこかに数字が記されており、その数字は彼女が手に入れた「金庫」の暗証番号。暗証番号は7桁、全ての数字を揃えて金庫を開けるのが目的。ACTといっても基本はジャンプとダッシュ程度のシンプルな操作性、本作には「下見フェーズ」と「盗みフェーズ」がある。下見フェーズでは実際盗みに入る美術館などに客として入り、絵の所在を確認しておくのは勿論、防犯セキュリティの場所確認(プレイヤーが覚える)したり目印を付けたり、警備員には媚薬香水を仕込んで無効化するなど事前準備を行う。あらかた終わったら任意で盗みフェーズへ、夜の薄暗い中、赤外線や事前に目印を付けておいた床(見えないこともないが目印を付けておかないと気付きにくい)をジャンプで躱し、警備ロボもジャンプ、媚薬で発情した警備員はエロ(CG+アクションDEエロ)で気絶させる。前述の通り→→ダッシュ、↑ジャンプとシンプルな操作性で激しいACTシーンもなく簡単な部類かと。首尾よく絵を盗んだら事前に確認しておいた出口へ。絵をアジトに持ち帰ったら絵とじっくりご対面(絵自体がエロCG)、絵の中の数字をらしき場所をクリックして数字がわかったらステージ終了。この繰返しで何ステージか。初出のサークルさんの様だが、ゲームの雰囲気や若干日本語テキストが変な辺り「アリバイ」さんっぽく、キャラの挙動は「アルプスと危険な森」っぽさを感じたが… すくなくともアリバイさん絡みのサークルさんか?ゲームとしては女怪盗感が良く出ていてシンプルなACTも悪くないが、エロ要素が薄いなぁと。アクションDEエロ自体はいいんだが1段階しかなくフィニッシュシーンも無く。CGも画力は高いがフィニッシュを描くCGなし。まぁ価格相応ともいえるが…体験版だからか?DMMでもリリース。
【体験版評価】7.3/10点 (面白さ7 システム8 没入感7 エロス7)

【人気Lv】→ 【アニメ】サキュバスさんは僕の嫁! 青色ラボ エッチSLG 1,300円 CV:佐月ユーリ

【アニメ】サキュバスさんは僕の嫁!
シミュレーションとあるが、実質2Dアニメ作品といえる作品。よってゲームとしては評価不可。嫁サキュバスにイチャイチャ搾られる36分の内容。前後編に分かれており、後編は結婚記念日に24時間耐久セクロスを迫られる。滑らかアニメーションでスマホでも閲覧できるのはいいんだが、レイヤー処理が若干荒目で騎乗位のシーンでチ〇ポがマ〇コからズレているような場面も。まぁ重箱の隅をつつくような話だけだけども。DMMでもリリース。

【人気Lv】↑↑ 討魔の乙女 吹溜 RPG 1,500円

討魔の乙女
討魔師見習いの乙女が主人公のVXAce製RPG。現代世界は「蝕獣」の存在に脅かされていた。奴らには銃火器の類は効かず、前触れなく公園や図書館など人の集まる場所に現れ「巣」を形成する。巣が形成された場所にいた人達は徐々にアニムスを奪われ死に至る。その巣に飛び込み蝕獣を殲滅できるのは優れたアニムスを持つ討魔師のみ。火守学園生徒会長で討魔部部員の乙女は同じく部員であるメイと蝕獣と戦う日々を過ごしている。こんな感じで次々と現れる巣に赴き巣のボスを倒して物語を進めていくのだが、このメインストーリーと並行して「付き合い始めたばかりの恋人・守(生徒会副会長)とのイベント」と「乙女の弱みを握り徐々に欲望がエスカレートする用務員のおっさんイベント」が進行していくのだ。これらは「任務」としてメニューから確認でき、ダンジョンに潜るメインストーリーだけを進めていくこともできるが、まぁその前に恋人&用務員イベントを見ていくことになるだろう。任務確認画面で予め「エロイベント」とわかる様になっているし。用務員に握られる弱みとは「乙女が校内のいろんな場所でオナニーしていてスマホで撮られていた」こと。乙女は「討魔師としての力を蓄える」という体裁でオナニーしまくっているんだが、本音は守との関係が清いまま進展しないが故のオナニー。というわけで用務員のおっさんエロは寝取られっぽい要素で、最初は陥没乳首を吸われる位だがどんどんエスカレートしていくだろう。エロする度に淫乱度が上昇し、淫乱度に応じたエロが街(学園、駅前、病院、公園、スラム街などなど)で解放されていく。街各所への移動は転移の術が便利だ。そのうち売春もできるようになりそうだった。ゲームシステムとしては、潜る度に構造と宝箱の位置が変わるランダムダンジョン、こちらが動けば敵シンボルも動くローグライクでルさんちまんさんの「行け!! 鳴神学園オカルト研究部」などと同じ仕様。空腹度は無いが、敵シンボル接触で戦闘。ザコ戦は1・2Tで終わりCTRLで超高速戦闘可、レベルアップ頻度はボチボチ。最大の特徴はスキルを習得するのに経験値を消費すること。つまり消費した経験値分レベルが下がってしまうのだ。レベルを高めに維持しつつスキルもなるべく覚えたい、そんなジレンマ的な仕様なのだ。まぁクリア済みのダンジョンにも挑めるし、じっくり時間をかけてスキル習得&レベルアップしていく根気があるなら問題ない。戦闘DEエロは無い様だ。総じて一般的なサクサクエロRPGよりは腰を据えて遊ぶタイプだが手間はない設計、やはり画力は◎。個人的にはムッツリスケベな乙女も魅力的だが、ガサツで男勝りなメイのエロに期待大。乙女、メイ以外のエロもあるぞ。DMMでもリリース。
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ7 システム8 没入感8 エロス9)

【人気Lv】→ バトルファックでホラーで謎解きで! 洋館からの脱出! パンタレイ BFホラーRPG 1,200円

バトルファックでホラーで謎解きで! 洋館からの脱出!
気が付くと全裸で古びた館にいた少女が主人公。何故ここにいるのか前後の記憶が全くなく、とりあえず館から脱出する為に動くMV製RPG。その階の謎を解いて下の階への扉を開ける暗証番号を入手、10階(ゲーム中に階層表示はない)から下へと降りていく。館内には動きの遅い敵シンボルが徘徊しており接触するとBF戦闘(与ダメ時も・被ダメ時共に戦闘画面がカス子3Dアニメに変わり2秒程)。最初はフェラのみしか使えないがレベルアップと共により強いエロテクを覚えていく。体験版の10F・9F範囲だけでもBFでのエロアニメは6種程(おっぱいを揉むなどソフトも含め)あってエロバリエーションんは多そうだった。できれば敵のHPをゼロにした際には射精フィニッシュしてほしかったかなぁと。エロい戦闘はなかなかのものなんだが、かつての住人ホラー的な謎解きメインの本作において敵はただのお邪魔な存在でしかなく、逃走は100%可能なもののマップ切り替えで再ポップ、テキストを読んでいる内に近づいてきてテキスト終わりで戦闘仕様とか非常に面倒。謎解きに集中できない。またその謎解きも例えば9階の謎解きで「オルゴールを鳴らして出た音をとある場所の楽器で再現する」というのがあるんだが、BGMがガンガンなっている中でそんな音は聞き取れないしそもそもオルゴールから音が出ていることも認識できなかった。同梱されている攻略メモを見ても納得いかん。オプションでBGM音量0%にして初めて「音出てたのか」とわかる位。且つ、謎を解いていく過程でいかにもな情報なのに実は不要な情報だったというのもあり(9階での『私は赤が好き』という情報は無用)、最初に「ひとつだけ不要な情報もある」とか提示されていれば納得できるんだが。BFでのエロさはあるが、謎解きとは完全に別物でゲームを進める上でのBFは邪魔な要素でしかない仕様が残念。雰囲気はホラーという程ではないにしろいいと思うんだが。おそらく製品版にも謎解き回答が同梱されていると思う故、それを見ながら攻略するならサクッとエロイBFRPGかも。あと戦闘勝利後に正常位中田氏フィニッシュアニメが流れるのは仕様なのか?敗北して流れるならわかるが…DMMでも同時リリース。
【体験版評価】6.3/10点 (面白さ6 システム6 没入感6 エロス7)

【人気Lv】↑ 進撃の巨大娘 ~World Defence Force~ スカンクス RPG 1,300円

進撃の巨大娘 ~World Defence Force~
突如人類を襲撃してきた「巨大娘」達をWDF(ワールド・ディフェンス・フォース)の隊員であるルゥナ♀とクリス♂のコンビが頑張って追い払うVXAce製RPG。基本は任務を選択しての巨大娘戦がメインで、探索要素は特になくそもそもダンジョンがない。任務を受けたら即巨大娘戦だ。ただ巨大娘との一戦一戦がボス戦であり、且つ敵との「距離」で与ダメ・被ダメが変化、攻撃が届く範囲も異なる故なかなか奥深い戦闘になっている。まず戦闘での巨大娘との距離は1~9の9段階あり、1~3は近、4~6は中、7~9が遠レンジ。巨大娘は遠距離から瓦礫を投げての攻撃もしてくるがフォトン(重力)使いのWDF隊員には微々たるダメしか与えられない故、彼女達の真骨頂である近レンジまで近づこうとしてくる。中レンジと近レンジの被ダメは2倍程度違うのだ。対してルゥナは中・近レンジでしか攻撃が当たらない近接攻撃系、クリスはライフルを装備しどのレンジでも安定した攻撃力を発揮する遠距離攻撃系。ルゥナは毎ターンMPを消費する「ブースト化」で全能力がアップし、この状態でないと使えないスキルもある。且つスキル「ブーストエンド」はブースト解除と共に相手に与ダメ、その攻撃力はブースト維持ターン数に比例するメインダメージソースとなるスキル。敵との距離が「近」にならないようにスキル攻撃で相手との距離を適度に離しつつ、ルゥナのブースト(MP)の維持とクリスの回復残数やライフル弾数を如何に補給(MP消費)するかの駆け引きが面白い戦闘だ。また巨大娘達はエロ攻撃(人間を掴んでま〇こに擦りつけたりパイズリしたり)を頻繁に行うが、近レンジでなければまず当たらない。中には中レンジでも当たるエロ攻撃を持つ巨大娘もいる様だ。エロ攻撃の効果は様々だが、(衣服の上から)ま〇こに擦りつけて全身ヌルヌル状態にされ数ターン全能力ダウン、股に挟まれ行動不能→動ける方が一定ダメを与えるまで解放されないとか。エロ攻撃時には戦闘画面が専用CGに変化する。サークルさんの過去作でもそうだったがダイレクトなエロ描写は期待しない方がいい。テキストはともかくCGはソフトエロの範囲だろう。しかし巨大娘に身体ごと玩具として使われるエロはそのテの紳士にはタマランだろうし、♂だけでなく♀主人公もその対象になるは巨大娘モノとしては珍しいか。過去作のオナラフェチからどう転んでこうなったのかw 距離を測れる「レンジスカウター」を装備(相手との距離表示)しなくても敵グラの大きさでレンジを目視でき様になればマスタークラスか。進撃の巨女的なシチュだが、彼女達の目的は別に侵略・人類滅亡ではなさそうな?キャラもユルくゲームの雰囲気的にもライト、一度倒した巨大娘にも挑んで敢えて負けることも可能。
【体験版評価】7.3/10点 (面白さ7 システム8 没入感8 エロス6(紳士による))

【人気Lv】→→ ERODE3 -伝説のドラゴン- 7センチ RPG 1,000円

ERODE3 -伝説のドラゴン-
世界中の美女とエロしたいエロ脳主人公・ドレイクが強い、某ランスシリーズ的なノリのシリーズ第4弾で、シリーズ完結編となるVAAce製作品。ストーリー的には2作目、3作目と続くストーリーとなっており、いきなり本作から遊んでもストーリーを理解することはできないだろう。ましてやこのシリーズはRPG的の育成の楽しみをほぼ排除し、ゲーム性よりストーリーを重視している故、少なくとも2作目から遊ぶことをオススメする。漫画を読む様な感覚の作品なのだ。前作で助けを求めて人間界に来た「ロゼ」の願いを聞き、マンドレイク一行は魔族勢力ひしめく南の大陸に渡ることになる。ゲームシステムとしては従来通りほぼ一本道、レベルは最初から20程度ありHPもMPも4桁超え、しかも最初から8人PT(戦闘に参加できるのは4人)と盤石の体制。ランダムエンカウントのザコ、いやボス含め格下であり、ドレイクの全体ドラゴンブレスと他の仲間の全体攻撃を使えば1Tキルは楽勝。逃げるも100%成功するが、まぁ程々に戦い宝箱は全回収していけば後々苦労することもないだろう。ボスが♀魔物の場合ドレイクがいつも通りお仕置き、シチュ的には陵辱だが魔物娘もすぐ気持ち良くなって❤いっぱい、とぉー!であり、陵辱感はない。同人としては淡泊かな。また本作から全体ワールドマップ的なマップが追加され、店のあるマスや宿のあるマス、情報を聞けるマスなどに移動できて若干の自由度がある。ダンジョンに行くタイミングも任意、またお金を貯めればサキュバス風俗店の会員になれるぞ。物語の序盤でプラント防衛の為強制的に4人が残り、ドレイク含めた4人はまずはハーピー勢力を討伐に行くことになる。マンドレイク傭兵団一行とその仲間達は世界に和平を成すことができるのだろうか。登場キャラが非常に多く、「ERODE -滅ぶ国と吸血鬼-」の頃(2作目)に比べると話しの展開の仕方やゲームシステムも洗練された感がある。
【体験版評価】7.5/10点 (面白さ7 システム8 没入感8 エロス7)

【人気Lv】↑↑ (全年齢)東方少女綺想譚 第N本舗 RPG 1,900円

東方少女綺想譚
この作品先週リリースされてたんだが、メキメキとDL数を伸ばしているRPGだ。どうやらSFC後期に発売された「スーパーマリオRPG」のオマージュらしく、再現率がすごぉぉい!らしい。東方ネタでありながらスーパーマリオRPGってか。移動も戦闘もクォータービューでどっちも好きな紳士にはタマランのだろうなぁ。我輩はスーパーマリオRPG未プレイであるし、体験版もない。そもそもこのサークルさん、東方エロCGで人気のサークルさんなのになんで全年齢RPG?ブログを拝見するに、大好きなRPGへの配慮、なんだろうか。まぁともかく紹介しておきたかった一品だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。