耐出-妊婦エルフと森の館- 体験版感想・レビュー

耐出-妊婦エルフと森の館-
URURUC  RPG  700円(税抜)
【基本情報】♀主人公 ツクールVXAce製 バランス型 難易度:易しい(やり応えあり)
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ9 システム7 没入感8 エロス8)
【ゲーム情報】シンボルエンカウント ターン制コマンドバトル 1vs1~4(?)
逃走コマンド100% キラキラポイント多数(←以外にもアイテムあり) Shiftダッシュ
メッセスキップあり セーブはいつでも 戦闘DEエロ:なし エロステ:なし
UI独創性:普通 バトル独創性:普通

ボテ腹エルフRPG? いやいや、かなり高いゲーム性

突如魔物の襲撃に遭うエルフの村。妊婦、それも臨月に近い身重のフィナは
なんとかひとり村の外に逃れる。この先の転送陣へ…と向かうも転送陣への道には
魔物達が。ならば…と村外れの館へと向かう。以前は何かの研究所として機能していた
廃屋で、おそらくここにも転送陣かそれに準ずる脱出口があるはずだと。
いざ侵入してみると、館内には研究の産物であろう触手や異形の化物が徘徊していた。
お腹の子を守らなきゃ…かくしてフィナは館内を探索することになる。

最初からボテ腹のエルフが主人公?ほほぅ、まぁ出産がメインのライトRPGなんだろう、
とタカをくくって遊び始めたが。Oh、おおぅ、なんやこれ、めっちゃゲーム性高いわ。
確かにエロに出産はつきまとうものの、別にそれだけがウリの出産スキー専用RPGでは、
断じてないっ!これでこの価格か、ぬぅぅ、侮りがたし。

耐出-妊婦エルフと森の館-01
耐出-妊婦エルフと森の館-02
当初は装備品もなく、使える魔法も風攻撃魔法1種のみ

「耐出-妊婦エルフと森の館-」体験版では

館内1F、2Fは途中まで遊べる。B1もちょっと遊べたな。おそらく製品版の1/3
程度は遊べるんじゃないかと。プレイ時間にして1時間半位だったか。
1周目より2周目(周回プレイがあるかは不明)の方が明らかに効率よく遊べる
ゲーム設計。どういう事かと言うと、どこにどんなアイテムがあるのか、アイテムを
いつ取るべきか、どういう順番で敵を倒していけばいいのかなど、知っているのと
知らないのでは大きくプレイ効率に差がでる設計なのだ。エロは1種だけだったかな、
我輩がプレイした限りでは。多分もうちょっとありそうな;(ヘタクソ

本作独自ルール 身重で探索するのは大変

先に本作の独自ルールを説明しておこう。
・10歩移動毎にHP-1 身重ダカラッ 妊婦はじわじわ体力を削られる
・HPゼロでの敗北時、MPがMAXの半分以上あればゲームオーバーにはならない
(MP半分になるけど) MP半分以下だとエロ後に出産(CGあり)GAMEOVER

敗北云々はともかく、適当に探索しているだけで気付けば結構HPが減少していて
戦闘時にビックリする故、常に残りHPに気を配る位が丁度エェかと。

耐出-妊婦エルフと森の館-03
耐出-妊婦エルフと森の館-05

多数のキラキラポイント 固定敵をどの順番で倒していくか

館内の内周に廊下が伸び、その内側にはいくつもの部屋があって廊下の扉から
入れるものの、デフォではほとんどの扉に鍵がかかっている。フロアは3F、または
4F位までありそうな。廃屋故に床も所々抜けている。そんなマップ上には多数の
キラキラポイントあり、数体の敵シンボルが徘徊し、「Lv〇」と表示された
固定の敵シンボルも。どうやら序盤の敵は触手オンリーの様だが、その触手にも
様々な形態がいて強さもマチマチだ。

キラキラからはポーションやエーテルなどの回復アイテム、装備品や
キーアイテムをゲットすることもある。キラキラは一度ゲットすると再ポップ
しない。本作の回復はアイテムオンリー、つまり回復リソースには限りがあり、
キラキラはなるべくゲットしていきたいところ。

ということを踏まえ。徘徊する敵シンボルは大した脅威ではない。何故なら
100%逃走可能だからだ。逃走後は消滅、マップ切り替えで再ポップするものの
絶対逃走可能なのだからどうとでもなる。
問題は固定のLv〇触手の方。わんさかいるこいつらの後方にはほぼキラキラ
があり、装備品やキーアイテムである確率が高い。

耐出-妊婦エルフと森の館-04

固定敵シンボルはLv〇と表記されている通りの強さ。
そのレベルに達していて且つ装備もそこそこ揃っていないと苦戦、被害は
甚大で消費したHPやMP分回復にアイテムを消費する。ついでに言えば
「服耐久」要素もあり、被ダメにより減少、中破→まっぱと立ち絵が変化し
防御力も下がっていく。そして服耐久もキラキラから入手できるアイテムで
回復することになる。ここが本作の一番のキモ、どの程度強くなってから
どのレベルの
固定敵に挑むのか。
この点が本作の一番の悩み
どころで、回復リソース有限の本作では重要な要素となるワケだ。

固定敵を楽に倒す為に徘徊するザコでレベリングした方が効率がいいのか、
それとも被害甚大を承知でギリギリのレベルで固定敵を倒しに行くか。
回復や攻撃に相当量のアイテムをつぎ込んだ固定敵を倒した先のキラキラから
得られるのはポーション1つ、なんてこともある

どこの固定敵にどれだけのリソースをつぎ込むべきかが攻略効率に大きく影響、
故に冒頭の「知っているのと知らないのでは大きくプレイ効率に差がでる設計」
ということになる。プレイスタイルとしては、まず固定敵を無視して探索可能
範囲でゲットできるキラキラからアイテムを回収、次に固定敵を倒していく、
という感じになる。が、進んだ先でいきなり強敵と強制戦闘、ということも
ある故油断ならない。ぬぅぅ、面白いわぁ。

耐出-妊婦エルフと森の館-07
耐出-妊婦エルフと森の館-06
体験版終盤あたりの強さ 基本は魔法が強いが、装備やバフ魔法によっては
物理寄りの戦い方も可能

固定敵をどういう順番で倒していくか、というあたりは「魔界洞ルル・ファレア」的なWWAゲームに似てるかも。まぁそちらほどカッチリと攻略順が
決まっているワケではないけども。

回復リソース有限といいつつ回復アイテム買えます

一応敵を倒して得られるお金でところどころに点在する友好的な触手から買い物が
できるものの、序盤は戦闘被ダメ&コス破壊に対しコストが割にあわない。
故にじっくりザコ触手と戦ってレベルアップという手は使えないワケだ。
体験版終盤位になると最序盤の触手なら楽に倒せるようになるが、得られるお金は
微々たるもの、腰を据えて作業すればまぁお金は貯められるかもしれんが、そういう
ゲームではないのだ。

実は…救済措置で全回復できちゃう←ライトゲーマー用

そうは言ってもクリアするだけなら実は簡単である。アイテム「大事なもの」から
「救済措置」を使用すればHPもMPも服耐久も全回復するのだ。しかも回数制限なし。
メニュー画面でしか使えないが、これを使えば好きなだけレベリングも可能で簡単に
クリアできるだろう。救済措置を使った回数は記録されるもののペナルティはない。
クリア時のスコアに影響が出る様だが、それによるエンディングの変化はない様だ。

エロ優先のライトゲーマーなら敵との戦闘でスキル「降伏」でエロ回収、
厳しくなったら救済措置を使えばいい。敗北エロオンリーの本作では
それで全エロが拝見できるはず。(残りMPによる差分はあるけども←後述)
まぁわざと負けなくても救済措置を使えばクリア後エロ全開放であるし。

が、ゲーマーを自負するなら「救済措置」などに頼るな!またスコア要素があるだけに
ゲーマーなら高スコアを目指せ!一度も使わずに進める覚悟なら、初回プレイは結構
厳しいものになると思われるが、救済措置を使わないことでええ塩梅のバランスを
楽しめる、そんなゲームなのである。

耐出-妊婦エルフと森の館-08
ここまでが通常の敗北エロ
耐出-妊婦エルフと森の館-09
MP半分以下だった場合、そのまま出産シーンに…(この後スポーンと)

エロは敗北エロオンリー 常に出産を伴う

ほぼ前述したが、本作のエロは全てHPゼロでの敗北エロだ。序盤は敵が触手オンリーで
触手エロばっかり。その際MPがMAX半分以下だとフィニッシュ後にそのまま出産シーン
となり、産まれた子供を守りながらの戦うのは無理…GAMEOVERとなる。
逆に言えばMPを常にMAXの半分以上維持すればGAMEOVERは避けられる。
有限のMP回復アイテムをホイホイ使えるゲームではないけども。

体験版総合的に

その他アイテム合成要素もあり、合成した方がより回復効率がいいアイテムが
できたり、効率は悪いが一度の回復量が高いアイテムができたり。この辺りも
試行錯誤してみるとより効率よくクリアできるだろう。

パッと見、ボテ腹・出産特化みたいなイメージの作品だが、リソースを割くべき
ところはどこなのかを探りながら探索するのが非常に面白いRPGだ。
ちなみにエロCGに関しては基本12枚と価格相応だが、練られたバランスを感じ取れる
ゲーム性を考えればコスパはかなりいい。

余談だが、本作の雰囲気やセンスの良さ、絵に「侵胎迷宮を抜けて」のハソユアさん
っぽく感じたんだが… ふーむ。気のせいかな。

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード

撫子「こんな記事も読まれています~」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *