ゴブリンウォーカー 体験版感想・レビュー

ゴブリンウォーカー
るしまる堂  ベルトACT  1,200円(税抜) ※ショートレビューです
【体験版評価】7.8/10点 (面白さ7 システム8 没入感8 エロス8)

人間に復讐心を燃やしゴブリンとなった主人公が、ゴブリン王の魂と共に人間の町に攻め入るステージクリア型ベルトACT。横スクで奥行きのあるタイプだが、一定距離進むとスクロールが止まって敵を殲滅しないと次に進めないファイナルファイト系とは違い、攻撃対象(=敵ではない)はそこら中を歩き回っている。1ステージは数エリアで構成されており、成人男性数種、ロリ、女学生、街娘、母娘の親子連れなどの一般市民が行き交っている。こちらが近づくと「!」となり逃げ出す。

ゴブリンウォーカー
ゴブリンウォーカー

目的はステージ毎に設定された♀生贄をノルマ数捕えることである。その手順は、♀市民の内生贄にれる♀を見つけるまで攻撃(生贄になりうる♀はその場でダウン、そうでない♀はお金を出して消滅)し、ダウンしたら接触しZキー連打でアクションDEエロによるレイプ、ゲージMAXでマインドブレイク(洗脳?)完了、最後にその♀をVキーで担いでステージスタート地点まで戻る必要がある。

ゴブリンウォーカー001
拠点メニュー

拠点に戻って初めて経験値を得られレベルアップ、HPゼロで拠点に戻った場合はその探索で得たお金をロスト。ステージからはメニューで「ゴブリング」(1人用)を使えば任意で戻れる。これをステージでの生贄ノルマ分繰り返す。ノルマが3人なら最低でも3回+ボス分同じステージに赴くワケだ。まぁ簡単に戻れるし生贄運び中にちんじゃってもペナルティは軽い、何度も行き来してレベルやお金を稼げば簡単だ。敷居が低く、誰でもクリアできるゲームだろう。ステージ自体も長くは無く、道中に大量にあるタルを壊せば回復アイテムを得たり、Vキーで担いで投げて攻撃も可。

ひとつ特徴的なのは、ステージスタート地点が画面右端で左に侵攻していくことだ。右から左へ進むベルトACTはかなり珍しい。以下は勝手な想像だが、ゴブリンとなった元人間混血の主人公が人間に仇名す行為を行う、また「復讐」という意味も込めて「逆行」するという描写なのかなぁと。そう考えると逃げ惑う市民たちをヌッ殺す指にも力が入る…かも。(そんな意図はないかもしれんがw

ゴブリンウォーカー

方針としては♂は無視してひたすら♀を倒していけばいい。ただ市民を一定数倒すと町の警戒レベルが上昇→タフな騎士が出現、警戒レベル上昇毎に騎士出現数が増える。更にクワなどを持ったNPCも攻撃してくる様に。生贄を担いで拠点に戻る道中は攻撃不可&移動力低下、かつ普段は攻撃してこない市民が瓦礫を投げてきたり。被ダメを受けると担いでいた生贄を落としてしまうが、Vキーで担ぎなおし可。担ぐ前に周辺のNPCを排除するのもいいだろう。Xキーメニューで回復アイテムを選択し、Cキーでいつでも使える状態にしておこう。

ステージの生贄ノルマを達成するとステージ最奥で騎士を伴った♀ボスが出現、ボスを倒し拠点に担いで持ち帰ればマップクリアとなる。ボスはある程度HPを削るとダメのデカい遠距離攻撃を放ってきたり、ザコ騎士を倒しても一定時間で再ポップするなど強く、エリアチェンジしても追ってくる。タックル(→→ダッシュ+z)で騎士をダウンさせつつ、ボスは上下から近づきZ連打でHPを削るべし。ダウン中は追撃可能故ガンガン攻撃しよう。

ゴブリンウォーカー

クリア後はボスとのCGアニメエロシーン、おっぱいがブルンブルン揺れる手描きアニメだ。アクションDEエロは生贄ごとに一度しか拝見できず連打が必要で実用的とは言えず、こちらがメインエロかも。また拠点で利用できる店のゴブリン姉妹(店主)にはおさわりもできるのが特徴的でもある。購入するほど好感度が上昇するらしい。

ゴブリンウォーカー
!? こんなボスもいるのか… てかどうやって倒すんじゃ;

生贄を一人ずつ拠点に運ぶ設計故、一度のアタックでステージをクリアするのではなく何度も同じステージに挑むことになる。その過程でお金で武器を強化したり、弓などの遠距離サブウエポン(Xで使用)も購入可能。左右から挟まれない様に立ち回るベルトACTの定石を守ればそう難しくはないだろう。無力な市民達を追いまわして邪魔なヤツはヌッ殺し、生贄を持ち帰るという魔物無双感覚は横スクACTでは珍しい。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
レイプ アニメあり 女騎士 戦士

夢子「お取扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *