ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~ 体験版感想・レビュー

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~
Xi  3Dアニメ+横スク探索ACT  1,300円(税抜)
【基本情報】♀主人公 Unity製 バランス型 難易度:やり応えあり CV:大山チロル
【体験版評価】9.0/10点 (面白さ9 システム10 没入感9 エロス8(嗜好による))
【ゲーム情報】操作方法
Z…ジャンプ(二段可) X…ショット(押しっぱで連射) C…近接攻撃(3連)
⇔+C…チャージ攻撃 ↓+Z…ローリング V…メニュー その他ACTもあり
セーブはいつでも UI独創性:高い

お手本様な秀逸横スクACT!ユーザビリティに感銘を受ける

丸呑みモンスターが繁殖・跋扈するヴェリア島の地下牢に監禁されてしまった
シェリル姫。その島は地図にも載っておらず、救出の見込みはない。
ならば自らの力で牢を破り、この島から脱出しなくては!
かくしてシェリル姫の丸吞まれ大冒険が幕を開ける。
なぜ姫がこんな島に囚われたのか?そんなこたぁどうでもいいのだよ。
「純白のドレスを身に纏ったお姫様が丸呑みモンスターに丸呑みにされるのは
丸呑みカワイイ」というコンセプトこそジャスティス。

Xiさんと言えばDL同人丸呑み(ACT)の先駆者とも言えるサークルさん、
2008年の「Vore Action RPG」を皮切りに丸呑みにシフト、2010年の
Viocide ~Vore Side Action RPG~」を最後にDL同人の舞台から姿を消した。
本作のリリースは約6年振り、突然の復活に驚くと共に嬉しさ100倍!
相変わらずの丸呑み愛に特化した作品の様で、DLsite.Blogでの制作報告から
5か月、ファンは首を長くして待っていたであろう作品だ。
先に言っておくとエロはほぼ丸呑みオンリー。でも丸呑みの扉が開いちゃう、かも。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~01ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~02
しくしく泣いている囚われの姫 フンスフンスと自力で牢をこじ開ける!

用意された舞台はごっつい広大

シェリル姫を操作し広大な島マップを探索する横スク探索ACTである。
旧くはザナドゥ、ドラスレIV、ロマンシア、ガリウスの迷宮タイプ。
同人で言えば「楽園魔城リピュアリア」、「【異種姦ACT】セイナルモノヘ【ドットアニメ】」「Kurovadis」と云ったタイプである。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~03

かなり広大なマップが用意されており、火山地帯や氷地帯、古城など複数の
エリアに分かれている。ワールドマップはなく各エリア毎に隣接、キーアイテムを
入手し探索範囲を拡げていく。踏破済みエリアに戻って探索することもあるが、
一定のエリアごとにテレポートが設けられており便利。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~04

各エリアは大小複数の空間で構成され、敗北してもその空間入口から
リスタート可能と、よくある「死んだら戻され過ぎて萎えた問題」に対応済み。
広大なマップを行き来するACTゲーから極力ストレス要素を排除し、
攻略に没頭できる様配慮されている。グッジョブ!
ちなみにセーブは1つのスロットに上書きしていくタイプ。

ゲームの流れ 遊びやすさこの上なし

未踏マップを探索しつつ敵を倒しレベルアップ&クリスタル入手、
新たなエリアでは背景や雰囲気がガラッと変化し、wktk感をいい具合に煽ってくれる。
BGMもいいなぁ。YSっぽい光る演出。2段ジャンプやローリングもそうだが、
ゲームを進めることで可能になる新たなアクションも。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~05

レベルアップの他、各所にあるマナ工房ではクリスタルを消費して装備品を錬成、
装備品には「空きスロット」があり、スロットに「エレメント」をはめ込むことで
能力値が上昇したり。またスキルポイントをスキルツリーにつぎ込み能力底上げ、
移動力スピードアップ、粘液ダメ減、クリティカルアップ、EXPアップなどなど
育成の自由度もバリエーションもかなり豊富。この点については後で掘り下げる。

一見何もない壁を攻撃すると、能力値上昇アイテムがある隠し部屋やショートカット
を発見でき、画面右上のマップで「ここなんかありそう」という場所を見逃すな!
こんな感じで道中やれることの多さがハンパない。更に特定の行動を行うと
解放される実績要素も能力アップに反映。体験版範囲でもやり込めそうな
臭いとやり込みに値する面白さを感じ取ることができる筈だ。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~06ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~07
隠し通路含め様々なギミックを搭載

全くクセのない操作性!開始5分で思い通りに動ける

ACTゲーにおいて操作性、レスポンス要素はゲーム性に大きく影響し、作品の
「色」とも言える要素だと思う。クセが強い操作性である程、プレイヤーはゲームを
円滑に進められる様になるまで時間を要する。その「慣れるまでの時間」が
ACTの味とも言えるが、クセが強く即死穴多数などギミックが多いと
難しいとされがちである。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~

我輩が本作を遊んでみて真っ先に思ったことは、操作性がすこぶるいい、
いや、メチャメチャ洗練されている!ということだ。
ACTで使うキーがZ・X・C+方向キーとシンプルなのも勿論だが、特筆すべきは
「ジャンプ挙動」である。ジャンプは特に作品毎の色が出るが、本作の
ジャンプ挙動は妙な慣性がなく、着地の寸前まで左右に滞空移動可能で
ゲーム開始時から「想定通りに着地」できたのだ。

敵を前にしての咄嗟の近接攻撃・ショットの切り替えなんかはそこそこ慣れが
必要なんだが、ジャンプに関しては全くクセがないというか、すぐに想定通りに
操作ができる様になる。本作のギミックはかなり多様で、序盤から
「うわぁ、空中移動床ばっかやなぁ;」とたじろくシーンもままあるが、
ジャンプ挙動が想定通り過ぎて他ACTなら苦戦するであろうシーンも
スイスイ進めて「オレうめぇ!」と悦に浸れる。
それが自信となり、もっと難しいギミックカモーン!と思う程だ。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~08
普通なら「うわぁ」と思うようなシーン ホイホイっと

それほどに直感的に、自然にジャンプ&着地できる操作性を搭載している、と思う。
ただ我輩にたまたま「合っている」ジャンプ挙動なのかもしれんし、
「コイツなんでジャンプだけでこんなに熱く語ってんの」と思うだろう。

でもな、本作はジャンプ、二段ジャンプ、ハイジャンプを多用するギミック満載
であるし、そこを「思ったより全然簡単に進めた!」という感動が我輩の中に
確かに生まれたんだもの!だもの!(強調
ちなみに本作のギミックはかなり豊富だが、穴に関しては下のマップに落ちる、
針のムシロで大ダメージ位で即死穴はない。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~09

ACT戦闘の攻略性・爽快感

連射ショットで中距離からドドドッ!とダメを与えつつ、敵の弾を避ける遠距離戦、
敵がジャンプなどで近付いて来たら距離をとって遠距離戦を継続orCキー近接に
持ち込むか。攻撃力は近接の方が強いが、育て方次第では遠距離スペシャリスト
にもできるし、逆に近接に特化し軽快なフットワークで敵に近づく近接
スペシャリストにするのもいい。ただ敵に近づくということは丸呑み攻撃を
受けるリスクが高まる。バランス型や防御特化にするのもいいだろう。
育成の幅がRPG並に広いのも特徴と言える。

⇔+C押下時間でチャージ、離せば貯めた分だけ攻撃力と攻撃範囲がデカい
一撃必殺の攻撃を繰り出せる。チャージ量は加減できる。
攻撃エフェクトはどれも派手で爽快、特に最大チャージはほぼ画面全体に及ぶ。
終盤になるとチャージで1万超のダメも!ACTで万単位とかなかなか見ない数値だ。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~10

敵の粘液弾を受けると一定時間移動やジャンプが低下、丸呑み攻撃を受けるとその場で
半丸呑みされ継続ダメ。Cキー連打で抜け出せるが、一定時間抜け出せないorHPゼロで
敗北だ。左手の薬指をZ、中指をX、人差し指をC、キーボード操作ならこんな指位置に
なると思うが、どのキー連打でも脱出できるようにして欲しかった、というのが
本作の唯一の不満かな…

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~11
ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~11

豊富な装備品・エレメント・育成要素

レベルアップ時には毎回、近接攻撃重視や遠距離重視、防御重視など5パターンから
能力上昇を選べると共に、スキルポイントを得ることができる。スキルポイントを
消費することで3つのスキルツリーからパッシブスキルを習得可能。

レベルは結構上がりやすい故、毎回のレベルアップでどのタイプを選ぶかで
かなり能力値が変わる。クリティカル要素はACTでは珍しいが遠距離にしても
近距離にしても攻撃回数が多い本作ではクリティカル率は結構重要。
レベルアップでのスキルポイント上昇値を高めるタイプもあり、スキルを優先的に
覚えたい場合は重宝する。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~12

弱点を補完する、または長所を伸ばすことができるのが、装備品と装備品スロットに
はめ込むエレメント、更に言えばパッシブスキルと実績解放。ぶっちゃけて言えば
適当に育てても補完次第でどうとでもなるし、長所につぎ込めばクソ強くなれそうな
バランス。

ちなみにゲーム開始時に4つの難易度が選べ、ノーマル(2段階目)とベリーハード
(4段階目)を遊んでみたが、ベリーハードはノーマルに比べると敵が固い、敵の
攻撃種類が増えるなど、単純に敵が強くなるだけっぽくギミックには影響しない。
デスペナはエロシーン以外特にない故、戦闘にやり応えを求める紳士はベリハで。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~13ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~14

エロはほぼほぼ丸呑み

冒頭にも紹介したがエロはほぼ丸呑みオンリー。基本はゲーム画面で丸呑み攻撃を
受けると半丸呑みドットアニメ、脱出に失敗すると敗北となり、3Dアニメに遷移、
敵に捕食され、丸吞まれる→敵胎内描写→フェードアウトという流れ。

ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~15ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~16ViotoXica ~Vore Exploring Action RPG~

一連での流れで30~40秒位か?スキップも可能。敵によっては胎内では膣内に挿入、
ピストンもあるが、フィニッシュは無く丸呑みを楽しみたい紳士向け。
ボス含め全ての敵にエロがあり、3Dアニメの質もかなり高い。グロさは全くない。

体験版総合的に

ゲーム部分の丁寧な仕事に加え、数十に及ぶ一連の敵の3D丸呑みエロ。
この作品にはどれだけ途方もない制作時間が注力されているのか…
少なくとも体験版を遊ばないとホントに勿体ない大作であり、
R18同人ACTとして名を残しそうな逸品!

撫子「このPVを見て下さいな。Wktkが詰まってますよ~!」

夢子「お取扱いサイト様です」

夢子「Xi様の過去作です」
Viocide ~Vore Side Action RPG~Vore Action RPG 2nd

撫子「こんな記事も読まれています~」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *