UnHolY DisAsTeR -Complete Edition- 体験版感想・レビュー

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-
アンホリクリエイション メトロヴァニアACT 1,800円(税抜)
CV:暁鞠子 涼貴涼 奥川久美子
【基本情報】♀主人公 その他製 バランス型 難易度:やり応えあり(難易度変更無し)
【体験版評価】9.3/10点 (面白さ9 システム9 没入感10 エロス9)
【ゲーム情報】残機制(セーブポイントで残機も回復) Lv概念無し
能力値は常時振り直し可 Space…メニュー
Z…ストール攻撃(単発) X…ジャンプ ↓…しゃがむ(しゃがみ攻撃可)
A…魔法(↑・↓・⇔キー組み合わせで4種登録可) S…アーツ(魔法同様)
shift…バックステップ ↓+X…スライディング Tab…拡大・縮小 F9…リセット
隠しパラメータ「汚染値」MAXでHPの一割ダメ
(HPゼロでダウン時)Z…残機を消費して即復帰 被ダメ時数秒の無敵時間あり
メッセスキップあり(Z+X) セーブは各所の光で

「避け」プレイが気持ちいい超秀逸ACT エロも期待を裏切らない

クオリティの高い横スクACTをリリースしてきたアンホリさんの横スクACT。
アンホリさんを知らない紳士であれば「アンホリクリエイション」さんの
処女作みたいな感じに映るだろうが、「アンホリ☆プロダクション」さんの
作品で相違ない。

アンホリさんの過去作「UnHolY SaNctuaRy」寄りな横スクACTなのだが、
~SaNctuaRyは一応RO2次創作だったのに対し、本作はオリジナル。
ちなみに続編の「UnHolY JaiL -Complete Edition-」はクロックタワー的な
逃げゲーだった。

水の精霊の加護を受ける為試練に挑んだクレメンティーネは、魔法少女に付き物の
マスコット的な姿の水の精霊に導かれ、数百年ぶりに現れた悪魔達と戦って
いくことになる。きゃつらに攫われた、先生を救う為に。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-001

「UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-」体験版では

3つのエリア、3種のボスを撃破するところまで遊べる。ACTでありながら
初見プレイで1時間以上はプレイできる程のプレイボリュームと、
一度倒したボスの強化版と再戦したり、体験版範囲ではまだ難しいルートに
敢えて挑戦したくなる面白味を十分感じられるだろう。
エロは各ザコ敵のアクションDEエロ+ボスアクションDEエロ、
更に各エリアでのゲームオーバー時のCGエロ(若干アニメ)と、一部ボスでの
敗北時のCGエロと結構な数がある。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-002
プロローグからエロありでこれはその直後のシーン

ステージ構成と本作の面白さ

ダンジョンを進みボスを倒すステージクリア型ではあるが、ステージ最奥には
ワープポイントがあり、利用することでクリア済みステージ間を自由に移動できる。
各ステージには初見の時点ではゲットできないアイテムや、特定のACTを習得して
いないと難易度が跳ね上がるルートなどがあり、ひと続きの広大なダンジョンでは
ないものの、ワープを利用してステージ間を行ったりきたりで探索する要素は確かに
メトロイドヴァニアと言える。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-003
随所でチュートリアルあり 左上の赤ゲージがHP、青がSP、緑の葉が残機
移動中は「はぁ ふぅ」な息遣いCVありで乳が揺れることもありエロイ
UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-004
セーブポイント 触れると残機含め全回復 ↑キーでセーブ

壁を攻撃することで見つかる隠し部屋なども多数あり、後から余裕を持って探索すると
初見で気付かなかった部屋を発見したり。
セーブポイントは各ステージの途中、ボス前など複数あり、ボスを倒した後は
未知のエリアに逸る心を押さえちょっと戻ってセーブすることをオススメする。
ちなみのセーブはゲーム開始時に選択したスロットに上書きされていくタイプ。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-005
最弱の敵タールマン 移動速度も遅くHPも低い

本作のザコ敵は敵毎に攻撃方法が異なり、対処法も全然違う。
新たな敵と遭遇する毎に既存の敵とは異なる動きや攻撃をしてくる故、試行錯誤
している内に残機が減っていく。また既知の敵でもシチュエーションによっては
思わぬ苦戦を強いられることもある。故にこまめなセーブは必須なのだ。

そういう意味では、本作のザコ敵達は実に優秀。敵全てに個性がある。
そんな奴らが数種類徒党を組んで出現した時、基本問題に対し応用問題を
解くような攻略が必要になる。場面場面で対処法を自分なりに編み出してくのが
本作の醍醐味であり、それを顕著に実現しているACTゲームは希少である。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-016
ステージを進めるに連れ足場が狭い場面も多くなる 一撃死穴は無い

また、残機制だけに、そう簡単にゲームオーバーになることはない。
被ダメ時、残機消費で復活時には無敵時間もある。残機もセーブポイントで
「3」に戻る。難易度的には難し過ぎず、決して簡単ではないレベルだが、
このシステムはそれをうまくオブラートで包んで難易度緩和に成功している。

各アクションのモーション、使い勝手、操作性も優良。
ACTゲームとはこういう作品だ!と声を大にしてネットの端っこで叫びたい。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-011
SP10消費で撃てるアクアバレット ステをSPに多めに振れば連射できる

操作についての補足 バックステップを使いこなせ

基本となる操作は冒頭の【ゲーム情報】に記載しているが、
補足を含めもういちど紹介しよう。

Z…ストール攻撃 単発攻撃だがリーチが長くZ押しっぱでそこそこ連射が効く
X…ジャンプ 押下時間で高さが変化 ゲームを進めれば2段ジャンプも可
↓…しゃがむ) ↓+Z…しゃがみストール攻撃 被ダメ面積を減らせる
↓+X…前方スライディング 攻撃判定あり ジャンプする敵を避けるのに有効
shift…バックステップ(無敵時間あり) これの使い方がキモ
A…魔法(↑・↓・⇔キー組み合わせで4種登録可) S…アーツ(魔法同様)

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-013
自画自賛のスライディング

ゲーム開始当初はバックステップ、スライディングは不可で、魔法やアーツも
もっていないが、ゲームを進めることで可能になり、魔法は3種入手できた。
アーツは一つのみ入手。製品版では更に基本ACTとして踏みつけ攻撃、二段ジャンプ
なども習得していく。

特に重要なのがバックステップだ。これをどう使うで本作の攻略難度が変わる。
ボクシングの金言「左を制する者は世界を制す」位に大事である。
バックステップはその名の通り、一定距離後方にクルクル回りながら
ダッシュで移動。この時、出掛かりから1秒程度の無敵時間が発生する。

理論上はバックステップの距離以上の広範囲攻撃で且つ、無敵時間以上の
攻撃判定時間が持続する攻撃でなければ、全てこれで回避可能なのだ。
少なくとも体験版範囲ではバックステップで回避できない攻撃は無いし、
敵方向とは逆を向いてバックステップすると一気に間合いを詰めることも可。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-014
体験版最後のボスの闇の槍を
UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-015
バックステップで華麗に躱す

また、敵の攻撃モーションを見てからバックステップで躱すと、
SP+10のボーナスが得られる。これを上手く使うと、敵の攻撃をひらひら
躱しつつ遠距離から魔法攻撃をぶち込むことができる。
特にボス戦で有効だが、詳細は後述。

能力値はステータスポイント内でいつでも自由に振り分け可

本作にはレベル概念がない。故に、敵を倒して得られるのはたまにドロップする
回復アイテム位で、なんならボス以外は全ての敵を躱していってもいい。
まぁ少なからず敵を倒さないと進めないシーンもあるけども。

そんな敵やボスと相対する際は主人公の能力値を弄ってやるのがいい。
本作ではステータスポイント内でいつでも自由に以下の能力値に振り分け可能だ。

・HP   ステータスポイント1につきHP10上昇
・SP   ステータスポイント1につきSP10上昇
・攻撃力 ステータスポイント1につき攻撃力1上昇

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-006

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-007

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-008

初期ステはHP50、SP50、攻撃力5。ステータスポイント15の状態だ。
序盤SPは50もいらない。SPを10か20位に下げ、残りを攻撃力に回すのがいい。
ACTの腕に自信(=被ダメを機会を限りなくゼロにする自信)があるなら、
HPも20~30位に減らし、攻撃力に極振りするという手もある。

ただ、例えば最もザコであるタールマンはHP12、攻撃力を6にあげれば
2撃で倒せる故、ザコ戦含む探索中は攻撃力極振りよりリスクを考えた
ステータス振りがいいだろう。個人的な感想で言えば、SPは特定の魔法を
特定のシチュで使う方が楽なシーン以外、10~20程度でいい様な気がする。
SPはバックステップでの回避ボーナス以外でも、時間で自然回復するし。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-009

ステータスポイントは黒い玉をゲットすると1ずつ増える。
前述した、その時点ではいけない場所、隠し部屋に多く隠されている。
ボスが強い、倒せないと感じたら、一度クリア済みステージに戻って
探してみるのもいいだろう。

ちなみにゲームオーバー後、セーブからやり直す度にステータス
ポイントが1増える仕様。いわゆる救済措置なんだが、うーん、この要素だけ
個人的には気に食わん。隠し部屋などを探索して得られるステポイントが
こんな安易な方法得られるのはなぁ。上書きセーブ故に、ステポイントを
貰いたくなくても勝手にプラスされちゃうし。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-012
最初のボス 魔法陣攻撃をバックステップで躱してSPボーナス

ボス戦 攻撃方法から最適な攻略法を考えステ振り

耐久の高いボス戦では、特にバックステップの上手い使い方が求められ、
上手く使えればHPステ振りを減らし、高い物理で殴る短期決戦攻略が
可能になる。バックステップでの回避SPボーナスを利用した魔法攻撃も
ダメージリソースとなり、魔法攻撃オンリーで倒すこともできるだろう。
近接戦よりリスクが低くなるのがメリットだ。

ボス戦は近接にせよ遠距離にせよ攻撃の合間を縫ってチクチク攻撃するのが
基本。ゴリ押しで倒せる様な安易な存在ではない。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-010
ピンクのモヤに浸っていると隠しステータス「汚染値」が上昇、MAXでHPの
1割ダメを受ける 敵の攻撃で受けるバッドステ「粘液」なども同じ効果

エロと実績コレクション

敵を100体倒した等の実績や回復アイテムコレクション要素あり。
これらはタイトル画面のギャラリーから拝見できる。
もちろんアクションDEエロなどのエロシーンもギャラリーに登録されるが、
サークルさんの意向でエロはサンプルCG以外NG故、掲載できん。
実績などのコレクション要素もあるよ、ということだ。
エロもいいものだぞ~、アクションDEエロも敗北エロCGアニメも
期待を下回ることはあるまい。

UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-

体験版総合的に

いやぁ、久々に素晴らしいACTゲームに出会って感激した。
Damned, Kill me!!〜くっ、殺せ! オークと女騎士の物語〜」「D e p r a v i A ~戦乙女アンジェリカが酷い目にあう横スクロールハードコアリョナアクション~」「Eroico」と肩を並べる純粋なACTゲーとして殿堂入りじゃないかと。

余談だが、「ドゥエリスト」ってご存じか?踏みつけ攻撃からの高速移動等
の連続で常軌を逸した機動力により敵を無視して攻略するプレイヤーの総称。
まぁググればわかると思うが、本作はそんなプレイも可能にする程
アクション性に優れている、とも言える。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
やり応え満点のメトロイドヴァニア 異種姦 陵辱 アクションDEエロ アニメあり

夢子「お取扱いサイト様です」

撫子「こんな記事も読まれています~」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *