Re:D 体験版感想・レビュー

Re:D
チェーンライド  調教SLG  1,000円(税抜) ※ショートレビューです
【基本情報】♀主人公 その他製 エロ重視 難易度:普通
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム8 没入感8 エロス8)

往年の本格派調教SLG キメ細かいテキストが没入感を高める

知る人ぞ知る「DEEP」「DEEP/ZERO」という商業調教SLGのシナリオを手掛けた
矢獲(やえ)氏が手掛ける調教SLGである。本作は最近の調教SLGの主流であるアニメや
派手なUIを敢えて良しとせず、地味に変化していくパラメーター変化に対し細かい
差分CGや更に細かいテキスト差分などが大量に用意され、まさにシンプル且つレトロな
システムを踏襲した往年の本格派と言える調教SLGとなっている。

Re:D001
基本調教画面とデフォパラメータ セーブ・ロードはいつでも可

その特徴はなんといっても、各調教コマンドごとに用意されたCG差分枚数と膨大な
テキストの恩恵による「反抗的なヒロインが徐々に堕ちていく過程」の綿密な
描写にある。これはRPGなどジャンルを問わず求めらるエロスであり、徐々に堕ちる
ヒロインの描写は細かい程いいだろう?

Re:D

テキスト描写に注力できる調教SLGはまさにそこにスポットを当てることのできる
ゲームジャンルであり、最近はそういった調教SLG作品は少ない。era系調教SLGは
ある意味その部類ではあるのだが、絵が無いのを含めあれはあれで独特な雰囲気。
絵は欲しいのだよ絵は!

Re:D

別にアニメや高解像度CG、派手な演出描写の調教SLGはそれはそれでいいのだ。
ただ、往年の調教SLGはヒロインの心や身体の機微をできるだけ細かく描写し、
シンプルなUIやシステムが醸し出す雰囲気は「調教」というドス黒い嗜好にマッチ
していた。調教SLGの在り方について言及するつもりはないが、レトロな名作調教SLGを
嗜んだ経験がある我輩としてはソレを求めている。いや、求めていたことを思い出した。

ネガティブギャング」さんの調教SLGは美麗ビジュアルであり新たなシステムを
取り入れつつも、繊細な描写の流れをある程度汲んでおり、未だ人気は衰えていない。
つまり調教SLG作品自体の数はめっきり減っているが、その需要の火が消えたわけでは
ないのだ(と思いたい)。おっさ…ゲフンゲフン、一部のナイスミドルは渇望している。
そして本作はその需要にドンピシャな作品である。それはそうだ、名作を生み出した氏、
本人が制作した作品なのだから。

Re:D002
7日目調教終了時 ちょっとやり過ぎて青ざめている;

あとな、本作にはスキップが3種類もある。

「skip1」 全てのテキストスキップ
「skip2」 既読のみテキストスキップ
「skip3」 既読テキストの途中、初出のパターンでスキップを停止

差分CGが同じでもテキストが異なる、既読テキストかと思ったら途中から変化、
などある故、それらのスキップを上手く使うことでかなり快適に調教を進められる。
繰り返し遊ぶタイプ故、これ重要。

ゲームとしてはヒロインの体力の続く限り調教コマンドを実行、残り体力に応じ
翌日の体力・抵抗心が回復。制限日数は体験版は7日、製品版では20日間。シンプルだ。
調教コマンドは羞恥系、痛み、快楽系、アナル系コマンドなど。まずは抵抗心を下げ、
従順度を上げるのが基本。抵抗心が高いまま快楽を高めて「悔しいけど感じちゃうぅ」
なども可。反抗的なヒロインを自分の手で従順にしていく過程をじっくり楽しめる。
BGMも実にマッチしている。

翌日回復する体力と抵抗心を考慮しどこまで体力と抵抗心を削るか、
奉仕技術を上げるにはあれとあれを先にあげた方が…遊んでいく内に様々なコツを
得られるだろう。敢えて抵抗心を少し残し反抗的リアクションを見つつ
サディスティックに…など、楽しみ方もいろいろある。

難しい場合は同梱のレドメ、若しくはタイトル画面から行ける
攻略情報(HP)を参照すればとっかかりが理解できるぞ。

Re:D

ちなみにDEEP関連のエピソードはサークルさんHPからいけるブログで拝見できるぞ。攻略情報にもここからいける。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
調教 陵辱 ソフトリョナ 羞恥 屈辱 堕ちていく描写

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *