Muddled World Orchestra FragmentIII「はぐれ悪魔と欲望の街」

Muddled World Orchestra FragmentIII「はぐれ悪魔と欲望の街」
M.W.O.史書編纂所  RPG  300円(税抜)
【基本情報】♀主人公 ツクールVX製 エロ重視 難易度:普通
【ゲーム情報】デフォHP538 MP62(Lv1)
シンボルエンカウント WTB 複数vs複数 逃走コマンドレベル依存
タルやタンスアイテムなし shiftダッシュ(変更可) メッセスキップあり
難易度変更3択(イージーは経験値2倍 ハードは理不尽) セーブはいつでも

元淫魔の女戦士がお金を10万を貯める為に奔走するRPG

前々作、前作と世界観と時代を同じくするRPGシリーズの第三弾。
1.2作目は人物相関が近いキャラがヒロインで続編感が強かったが、本作主人公での
女戦士は新ヒロイン。女戦士サックスがある錬金術師を追う長い旅、
その一コマを切り出したようなストーリーのRPGの様だ。

錬金術師を追って港町まで来たはいいもの、船賃が10万!(勘違いなのだが)
淫魔から人間になってまだ浅い彼女は人間の世俗に疎く、じゃあこの港町で稼いで
10万貯めてやんよ!そんな感じで始まる体験版をプレイ。

体験版では

5日目まで遊べる。具体的に言えば5回宿で寝たら終了だが、様々な要素が試せて
遊び方次第で1時間以上は遊べるのでは。ソフトエロ含めエロも結構あった。

女戦士サックスのサッパリしたキャラがいい

サックスは元々悪魔の地に住む強力な淫魔だった。ある錬金術師を追う為に人間の
姿となった彼女はもう元の姿に戻る魔力も無い。彼女は人間の生活を気に入っており、
後悔はないようだ。元淫魔ということもありエロには抵抗がなく、手管に長けている。
それを強みにお金を稼ぎ、節約もできたりする。
サキュバスの心得「どう思ってもとりあえずほめておけ」という熟練のエロスは
時に娼婦の様で、時に優しい童貞食い展開を見せる。
ポジティブで竹を割った様な性格の気持ちのいいヒロインが印象的だった。
角と褐色肌、ビキニアーマーもな!

Muddled World Orchestra FragmentIII「はぐれ悪魔と欲望の街」

町のあちこちに稼げるイベントが 移動はオーブで楽々

ほぼ港町が舞台。街の外にも行けるが、行ける範囲は狭く敵は段違いに強力。
攻略は装備を整えた後々に…ということで体験版ではあまり縁がない。
町は中心街、南に港、西に歓楽街、東に住宅街、北は牧場を通って外へ、という作り。
体験版では町の西側、歓楽街が封鎖。稼ぎとエロイベントがたっぷりありそうなのに…
それでも、ギルドの依頼、荷物運びや接客の仕事、NPCからの依頼など稼ぐ方法は
いくつかある。

中心街は結構広いが、武器屋、道具屋、ギルドなど良くお世話になる場所には
オーブ(?)的な玉が置かれており、各所に一瞬で移動可能。

毎日コツコツ稼ぐ エロも積極的に!

あっちこっちにある稼ぎイベントを掘り起こしていくと、1日はこんな流れに。

ha02ha09

まずは畑でおしっこ肥料イベント(CGあり)で報酬500ゲット、ギルド斡旋の荷物運びか
接客業で報酬ゲット。接客は客のオーダーを覚える簡単なミニゲームになっている。
これらは1日1回可能なイベントだ。

次はギルドの依頼を。体験版仕様で1つしか受けられないが、牧場で暴れる
リスの群れを駆除する。報酬は2000、受ければギルドからいくつかの
アイテムを支給される。これも節約して売ればお金になるのだ。

ギルドには報酬を払えば力を貸してくれる老魔術師、忍者、僧侶がいる。
体験版で唯一雇える僧侶を雇い牧場へ。数分で全部倒しクリア、報酬2000ゲット。
ギルドの依頼をこなすと夜。おつかれさまでした、と僧侶が報酬の1000を
求めてくるが、誘惑すると報酬を身体で払える。ギルドの地下倉庫でこっそり
僧侶の筆おろしエロに。(CGエロシーン)簡易アニメするぞ!

ha13

その後は夜の街を散策できるが、住宅街や外への道は封鎖されている。
製品版では夜の歓楽街がアツそうだが、体験版では特にやれることもない故、宿に。
ギルドではお金100と格安で休めるが、MPが殆ど回復しない故オススメしない。
町の宿は結構豪華な宿で、普通に泊まるにはお金が500必要。しかしここでも
フェラチオ(CGエロシーン)すればタダで泊まれる。ベッドもふかふかでMPも全快!

というのが1日の流れ。箱庭的RPGのルーチン作業っぽい感覚でエロを挟みつつ稼ぐ。
移動オーブを上手く利用して時間短縮。稼げるところで稼いで、支払いはエロで!
この他、画家のモデルイベントで3000もらえるが一度受けると期間が空く様だ。

何をするかは自由だが、ギルドの依頼クリアで夜になるのがミソ。
同様にギルドの宿で半日休むと夜になる。夜イベントは製品版でね、な体験版だな。
期限があるわけでもなし、好きな方法でお金を稼げる。

Muddled World Orchestra FragmentIII「はぐれ悪魔と欲望の街」

ちなみに宿屋や僧侶イベントは回数をこなすと若干テキストは変わるものの、
エスカレートしていく感はなく。お金稼ぎ優先でエロもどんどん見ていけばいいかと。
淫乱度があがってイベント解放はあっても戦闘で不利になることはなさそうな気配。

ha14

戦闘は戦術的なWTB搭載!スキルを上手く使い被ダメを抑える

バトルシステムは戦術的な戦いを楽しめるWTBとこちらも抜かりがない。
相手との速度差が行動回数に大きく影響するバトル。攻撃後のスキが小さい
スキルで敵の行動迄に何度も攻撃したり、敵が技の溜めに入ったら
潰しにいくスキルでインターセプトしたりと工夫の余地がある。
その為にMPは全快にしておきたい。僧侶がいればゴリ押しできて楽。

ha04ha05

戦闘中一部の敵が行うセクハラ攻撃は数種あり、脱衣攻撃含めそれぞれ
カットインCGが違う。転倒シーンもCGあり。脱衣されるごとに防御が低下する故留意。

戦って得た素材アイテムを武器屋のおっちゃんに売ると、販売装備が充実していく。

体験版では縁がない町の外 体験版最強装備で特攻してみる

町の外は行ける範囲が非常に狭く、これも体験版仕様なんだろうか。
外の敵はどいつも素早く強い。転倒させられたりすると何もできないまま
敗北することも。リスは倒せたが、オオカミと触手は無理ゲー。

ha21ha22

特定の敵に敗北すると輪姦され、裸にされた上に白濁にorz その場で復活するが
ダッシュが遅くなり、結局他の敵に捕まり敗北、救出費用10000をとられるという、
負の連鎖に。捕まらん様に移動するのはスリルがあった。
敵シンボルごとに動きが違い、触手の驚異的なエンカウント範囲(半径4マス)にフイタ。
レアエネミーとのエンカウントもあったりする。

体験版総合的に

完成された世界観と、まだまだ先に物語があるだろうと容易に想像できる伏線の数々は
本作が大きな物語の一端に過ぎないと感じる。そういう意味で300円なんだろうなぁ。
単行本の第3巻、読めば1.2巻も気になるんじゃなかろうか。

しかし遊んでみた感覚はやっぱり300円のRPGとは思えない仕上がり。イベントの数、
、簡易アニメ、ミニゲーム、戦闘システム、セクハラと脱衣、敗北での裸白濁徘徊、
敵シンボルの動き、装備制限などなど、手が行き届いている感がハンパなかった。
前作からのシステムを踏襲しているのだろうが、単行本の1冊にしては分厚く
紙もインクも上質。

【体験版評価】7.8/10点 (面白さ7 システム9 没入感8 エロス7)

夢子「お取扱いサイト様です」

撫子「本作を含むシリーズのエッチな立ち絵ビューワーが100円です!」
Muddled World Orchestra 立ち絵ビューワー

夢子「M.W.O.史書編纂所様の過去作です」
Muddled World Orchestra FragmentII「牙持つ賢者と家出王女」Muddled World Orchestra FragmentI 「オカリナ・オデッサと呪いの魔術」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *