Marionette Memory 体験版感想・レビュー

Marionette Memory
ALICE EGG ACTRPG 1,300円
【基本情報】♀主人公 ツクールVXAce製 バランス型 難易度:普通
【体験版評価】9.0/10点 (面白さ9 システム9 没入感10 エロス8)
【ゲーム情報】ツボにアイテムあり デフォルトダッシュ メッセスキップあり
セーブはいつでも UIオリジナリティ:高

丁寧な仕事が作り出す穏やかながらシリアスな世界 これぞ冒険だ!

体験版をプレイした後、思わず「ほぁぁぁ…」と感嘆してしまったACTRPGである。
いやはや、よくもまぁここまで世界を作りこんだものだ…。相当な労力が対価だろう。
文字にしたいことが多すぎてなにから書き出していいのやら…orz
ここは敢えて簡潔にまとめる様に心がけて筆をとろうと思う。

Marionette Memory01Marionette Memory02

まずね、緻密な描き込みと動きのあるマップが素晴らしい。陽光が射し込む森を鳥の群れが
横切り、草花は風にたなびく。蝉の声や水の流れを感じる効果音の数々との合わせ技が
醸し出す臨場感は、作品世界にいつの間にかどっぷりと浸らせるだろう。
フリー素材が充実したツクールVXAceならでは、とも言え、それこそ最近の作品で言えば
Rune’sPharmacy~ティアラ島のお薬屋さん~」の美麗マップ、音演出にも
驚かされたばかり。気に入った作品はべた褒めする傾向にある我輩でもそれだけで
褒めしたりしない。

Marionette Memory03

それでもこう書かざるを得んのは、ピチャン、と水滴音が耳につくダンジョンから
出口を抜け地上に出た直後の眩ゆい白光、画面に浮かび上がる柔らかな射光の森、
あぁ、地上に戻ってきたんだ…と安堵を覚えたからだ。
「やられた!」と思ったな。ダンジョンから地上に出るだけで安堵感を覚えるゲームが
一体どれだけあるというのか。こんなシーンにも注力しているサークルさんに
感服である。これこそ我輩がRPGに求めるwktk感そのものだ。
素晴らしい仕事に惜しみない拍手を送りたい。ブラボー!

Marionette Memory

名作をオマージュした確かなアクションフィーリング

本作のアクション性は聖剣伝説オマージュ、と言える雰囲気とシステムである。
武器にはいくつかの種類があり、短剣は攻撃力が低いが攻撃間隔が短く、大剣は
前方3マスを攻撃できるが攻撃間隔が長い。攻撃間隔は右下に武器アイコンゲージ
として表示され、ゲージがゼロになれば再攻撃可能だ。
短剣の様な攻撃間隔の短い武器は攻撃範囲が狭くリスキーだが手数で押し、
大剣の様なリーチや攻撃範囲に優れた武器はほぼ先制できるが再攻撃可能になるまで
逃げ、再度攻撃を当て…というヒット&ウェイ、攻撃を外すとやはりリスキーだ。

聖剣伝説2というと、8種の個性的な武器からプレイヤーが好きな武器をチョイスして
戦っていく、というのが醍醐味だった。オレはオーソドックスに剣が好きだ!
いやいや、男なら拳で!バカめ、遠距離からムチか弓が合理的だろ、とか。
RPGというと「その時点で最強の武器を装備」というセオリーがあるが、聖剣には
自分のスタイルを貫いて戦える引出しがあったものだ。
本作に登場する武器達にも似たような匂いを感じた。体験版範囲はほんの序盤で
あくまで憶測に過ぎんが、入手したダガー、ロングソード、サイズ、いずれも
戦い方、立ち回りが異なるだけでボス戦でも通用するポテンシャルがあった。
製品版では杖、弓、機械弓、銃なども存在し、プレイヤーのスタイルで攻略できそうな
匂いがプンプンする。そういう「武器」への拘りは攻撃エフェクトからも感じられる。

武器攻撃以外では魔法と「エロル」と呼ばれるスキルがあり、どちらも
装備画面でセットし、Aキーで魔法、Sキーでスキルを放つ。武器攻撃はZキーだ。
魔法はマナゲージを、スキルはエロルゲージを消費する。マナゲージは画面左下に、
エロルゲージは画面右下に表示される為混同することはない。見た目のわかりやすさ、
UIへの配慮は大事なんだなぁと改めて思う。
基本はこちらを認識すると近寄ってくるザコを蹴散らしながら進むことになるが、
宝箱やツボなど虫眼鏡マークが出るオブジェクトはZキー長押しで破壊→中身ゲット!
特にダンジョンでは薄暗く見落としやすい故、じっくりきっちり探索する必要がある。

Marionette Memory05

森とダンジョンを抜け、草原フィールドを駆けぬけた先にある遺跡、そこに主人公ナナカの
姉が捕われ、当初は姉の救出が目的となる。オープニングではナナカ自身も遺跡の牢に
捕われの身。姉と共に脱出を図るものの、姉の機転により1人脱出、しかし追いつめられ
海に滑落したのだった。丁寧に作られた自動イベントはドラマチックでハラハラ!
そもそもタイトル画面からして、項目を選ぶ毎にスクロールする背景画面に目を奪われる。

うーん、本作をひとえに「聖剣オマージュ」と言い放ってしまうのはあまりに乱暴か。
入口がそこだったとしてもここまでシステムを再現し、しかもそれがゲームとして
しっかり面白い。自然豊かで柔らかな世界観もそれっぽく、この世界の雰囲気イイなぁ…
と感じる紳士はきっと少なくない。
本作がツクール製であると一発で見抜く紳士は余程訓練された豚だっ!それほど
ツクール臭がない。武器を振るってザコと戦う、遠距離から魔法を放つだけでも楽しく、
暗く見通しの悪い未知のダンジョンではビクビクしながら進め。

唯一、当たり判定に不満は残る。例えば目の前の敵が右のマスに移動し始めた際、
敵のグラに攻撃を当ててもスカる。敵の当たり判定は既に右のマスに移っているからだ。
故に見た目通りに攻撃してもスカることがしばしば、そこを見極めて攻撃する必要がある。
ただこれに関しては全ツクール製ACT共通仕様なんだな、それだけにここにまで
手が入っていたら…流石に無茶か;

序盤の攻略と所感など

当初は森の入口付近でレベリング、宿で回復。イベントを進めつつお金を貯めよう。
魔法は村の魔術学院で習得するんだが、結構お高めの価格設定でなかなか手が
出せない。とりあえずヒールで(笑 ヒールが使えれば探索がだいぶ楽になる。
ファイアーボールにアクロスアイス、サンダーランスなど画面効果が結構派手な魔法は
全8種、もちろん射程や攻撃範囲がそれぞれ違う。
スキルに関してはLvUPで選られるポイントで修得、序盤のオススメは「ステルス」。
数秒間敵に気付かれなくなり、背後にまわってクリティカル!という立ち回りが
可能になるぞ。ただ5.6回使うとエロルゲージが尽きる故、後述のオナニーで回復しつつ、
でもそればっかりに頼り過ぎると「淫乱」へまっしぐら、ほどほどに、だ。
スキルは攻撃アップなどのパッシブやエロ関係含め全20種。

Marionette Memory04Marionette Memory06

宝箱から「サイズ(鎌)」をゲットすれば水平方向3マスと攻撃範囲が広くなり、
敵の攻撃を躱しつつ斜め方向から攻撃を当てる等、ザコ戦がぐっとラクに。
しかしボス戦は息をつく暇もない; ザコを次々放ってくる上に近づくと一定間隔で
強力な電撃と、間断なく攻撃してくる。セーブを忘れずに。そうそう、セーブは
F7キー、ロードはF8キーでしかできん故、当初は若干戸惑うかもしれん。

森のボス撃破後はいよいよ遺跡に、ファイアボールを使うなど敵がワンランク強く。
経験値もかなり多い故入口付近でレベリング、クリスタルがあれば一度村に戻って
回復するのもいい。遺跡までは歩きだが、マップの隅々まで散策しながら進めば
また新たな発見もあるかも。遺跡奥への炎で閉ざされた扉は、4つの台座に
遺跡地下で入手できるアイテムを使うべし。

Marionette Memory

エロもしっかり作り込まれとるよ

特徴的なのがオナニーシステム。メニューからオナニーを選択、ダンジョンや家屋など
人気のない場所で実行可能で、エロルを回復し淫乱度がアップする。
各地にいるエロ商人から電マやディルドを購入する毎に新たなオナニーシーン追加、
またスキル次第で人前でもオナニーしたり、露出行動、アヘ顔晒しも可能に!
更に淫乱度が高くなると様々な場所でエロイベントが発生するようになる。
オナニー中は、ナナカに憑りついている悪魔娘が茶々をいれてくる(笑
ボス敗北陵辱も、もちろんあり。容赦ない敗者への責めが待ち受ける。

体験版総合的に

たくさんの紳士に、見て、聴いて、触って、この世界を感じてほしい逸品。
冒険のwktk感に身を委ねたい、ツクール製ACTRPG屈指レベル。
結局文章長ぇ!

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
オナニー 売春 露出 陵辱

夢子「お取扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *