Mゲイム 体験版感想

Mゲイム(1.02)
黒竜騎ナギ  BFシミュレーター  700円(税抜)
Mゲイム-imp

RPGかと思いきやひたすらBFのみを楽しむBFシミュレーター M紳士必見

最近は専らバトルファック(以下BF)に傾倒しているサークルさんの作品である。前作からの流れ、作品紹介でBFRPGと明言してされている故、そういうゲームなんだろうと体験版遊んでみると…!?なんやコレ、BFのみに特化したゲームやないか!RPGの土台であるマップが存在せずストーリー性も皆無。メニュー選択画面とBFのみと、BFに特化した作品である。メニュー画面では相手を選択するとBFに突入、その他負け前提のBF「Mモード」、CG・シーンーギャラリーを見たり、Mランクを調整したり。マップを移動して敵と戦いレベリングするといったRPG要素はまったくないのだ。RPGというよりは、M紳士向けのBFシミュレーターだろう。

そんな仕様の作品だけに、BFでのM紳士向けエロ攻撃や責められっぱなしの敗北エロにビクンビクンする紳士にとっては、これ以上ない程のオカズになりえるポテンシャルがある。BFRPGは数あれど、BFのみに特化し敵に負けることで強くなるゲームデザインはちょっと新しい。勝っても強くなれるが、負けた方が(エロ含めた)メリットが大きいという(笑 とにかくM効率の高い一品といえる。

「Mゲイム」体験版では

全4体いるもんすたー娘の内、1体目の「ガンマン」とのBFのみ遊べる。BF自体がCG多用でエロく、ガンマンのエロは大概拝見できるだろう。本作においてプレイ時間とかは関係ないな。製品版でプレイ時間は1時間程と紹介されているが、要はM紳士がどこまでプレイして納得・満足するかのゲーム。CG・シーンを全解放するにはとても1時間では足りないはず。が、製品版では裏技を使うことで全解放可能なのである。

Mゲイム(1.02)

主人公も敵もHPが高くBFは長引きがち エロ攻撃CGが出る度にギャラリーが埋まる

本作のBFは前作「反逆の妖狐」のシステムをほぼ踏襲している。BFはセミRTB、バトル開始と共に行動ゲージが上昇、MAXで行動選択可。強力な性技は更にチャージタイムが発生する。敵も同じだ。チャージタイム中にキャンセル効果のある性技を繰り出せば相手の行動をキャンセルできる。

敵の性技を受けると射精カウントが始まる。カウントは敵の性技を受ける、オニンニンを使った主人公の性技攻撃で減少。敵の性技を受けてゼロになると射精して主人公が追加で大ダメージを受け、主人公の攻撃でゼロになった場合は敵に射精して大ダメージを与える。勝ちたいのであれば、こちらの攻撃で射精するのが重要となる。勝つ意識で戦うなら本作のBFは充分面白い。キャンセル等の駆け引きがあるしな。ただ、本作では勝つ意味もあまりないのだが(笑

BFで重要なのは、敵にどれだけバリエーション豊富なエロ攻撃をさせるか、では。BFで繰り出されたエロ攻撃はギャラリーに登録されるからな。そもそも本作は敵に勝って攻略することが目的ではなく、BFでCGや敗北シーンのギャラリーを埋めていくことが本質なのでは。敗北シーンは4体の敵毎に8シーンもあるらしいぞ。BF中のエロ攻撃も多数あり、挿入系では断面図アニメしたりもするのだ。

Mゲイム(1.02)

主人公の成長要素はHPのみ

RPGといえばレベルアップで各種ステータスがあがり、新しいスキルを覚えたりするのが定番。しかし本作にはレベル要素は無く、唯一成長するのはHP。敗北するとHPMAX値が100増えるのだ。上げ続ければ勿論勝てる様になる。が、M紳士のM度合を計る「Mランク」ではあえてHPを減らすことでMポイント増やしランクをあげることができる。逆にHPを増加しMポイントを減らすことも可能。Mランクをあげることでの具体的なメリットはよくわからなかったorz MランクはSS~MMまである。SSは本作では不名誉(笑 なランクであり、MMこそがM紳士の目指すべきMマスターなのである。敵に勝つ目的ならSSになるまでHPを上げればいい。不名誉だけどな!

いじめてくれる4体のもんすたー娘 それぞれ絵師が異なる

ぶっちゃけて言おう。最初のガンマンの絵師さんの画力は微妙。CG集だったらまぁ売れないだろうな。しかし本作のBFには見事にハマっており、なんかエロイのだ。ガンマン以降のもんすたー娘さんはどんどん画力が高くなっている、と思われる。わざとそういう配置にしているのかはわからんが、プレイヤーとしてはモチベーションになるのも確か。このことを明言していいのか迷ったが(苦笑 だが実際そういう要素があるのだから言っておかねば。

体験版総合的に

RPGではないが、作品紹介の通りまさにM紳士の為のBFシミュレーターである。BFでCGやシーンを解放しただけ「Mモード」で好きなエロ攻撃を選択し、主人公は一切動かない一方的に責められるBFを味わえる。このバリエーションを増やす為に通常BFを繰り返すといっても過言ではない。基本勝てなくてもいい負けたい紳士向けだが、不利な状態で勝つこともできる故、Mの仮面を被ったS紳士も楽しめるかも。

夢子「お取扱いサイト様です」

夢子「黒竜騎ナギ様の過去作です」
フォクシーブレイド(ver1.03)反逆の妖狐


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *