Island 体験版感想・レビュー

Island
Lizard  非戦闘RPG  900円(税抜)
【基本情報】♂主人公 ツクールMV製 シナリオ・エロ重視 難易度:普通
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム7 没入感9 エロス8(紳士による))
【ゲーム情報】デフォルトダッシュ(オプションで変更可)
メッセスキップあり セーブは拠点かチェックポイント エロステ:なし
UI独創性:普通 選択肢がかなり多い

無人島で11人の男女各々の思惑が交錯するミステリーホラー(?)

前作同様全くCGがなくツクールのドットキャラ(アニメしない)とテキスト、SEで
エロを表現する作品。ホラーRPGとのことだが、体験版範囲では良質なミステリーを
読んでいる様な感覚だった。

海に囲まれた無人の孤島に渡った男女11人と島に潜む何か(?)が織りなすストーリーと
なっており、各々が探索を開始して間もなくトラブルが発生する。
探索に出たうちの1人の姿が見当たらないのだ。主人公はパートナーを1人選び捜索。
他のメンバーも数人で捜索する…というのが序盤のストーリー。

「Island」体験版では

探索と捜索をある程度進めるところまで。選択肢を変えてプレイしてみたりで
1時間ちょい位だろうか。我輩が確認できたエロは3つ。

Island

ゲームの基本と流れ

拠点となるベースを中心に探索し、ある程度進むとチェックポイントを設置可、そこから
拠点に戻れたり、ベースからチェックポイントへ移動したりで探索範囲を拡げていく。
ただし探索マップでは歩くだけでみるみるHPが減少し、3つしかない水で回復しながらの
探索となる。チェックポイントまでは割とギリギリでウロウロ探索しているとあっという
間にHPが尽きる。フラグやアイテムはキラキラポイントになっており、
それ以外は何もない故、何かないかな~と探索しても意味は無い(←散々探したクチ
次のキラキラポイントを目指し道なりに真っ直めばいい様だ。

ただ、特定のパートナーでないとキラキラが現れなかったりと特定のシーンでは
特定のパートナーを選ぶ必要がある。例えば岩が行く手を阻むなら岩を
動かせる力持ちのパートナーを連れていけばいい。このケースはわかりやすいのだが、
誰を連れていけばいいのかノーヒントな事もあり、ある程度は総当たりが必要かも。
もしどこへ行けばいいのかわかない場合は直属の先輩である「クラセ」を連れていこう。
万が一HPが尽きてベースに戻されても、信頼度低下を防いでくれる。
拠点に戻るとHP全回復、自動で水を3つストックする。

Island

テキストとSEだけのエロなのに…悔しい感じちゃう!(ビクンビクン

ベースで女性キャラに話しかけたり、パートナーとして連れていくことでエロが発生。
エロイベントは52シーンとかなりの数が散りばめられており1周で全回収は無理らしいぞ。
エロに入ると画面がピンクになり、CGが無いのにテキストとSEで結構コウフンさせられた!
ちなみにほぼ主人公受けのM嗜好、ゴチになりました。
なんだろう、探索時とのギャップにやられるというか、コイツそういう女だったのか!的な。
NTRPG」シリーズや「Spiral Legend」シリーズでエレクトした!
という紳士は適性が高いハズ。
Island

体験版範囲では明かされないイロイロな事情

でだ、前述した「ミステリー」要素なんだが、個人的にはこれに惹きこまれグイグイ
進めたくなった。まず、11人の集団が何をしに来たのか体験版ではわからない。
金持ちの依頼で何かを調査に来た、ということは読み取れる。一体何を…?

また、この11人の集団がどの様な集まりなのかの説明もない。体験版を進めるとなんとなく
「3つ」の別々の組織から来た人間の集まりのかなぁ、と推測できる。依頼主である
金持ち側から派遣された数人、大学か何かの教授?研究者?と助手。
一番謎なのが主人公や先輩であるクラセが所属する集団。先輩や後輩などの上下関係が
あることから会社の様な組織だと思われるが、主人公とクラセの2人で手際よくベースを
設営するなど、ただの会社組織だとは思えないのだ。

Island

更に、行方不明者の捜索を進めていくと大量の血痕が発見され、集団に緊張感が奔る。
ここは無人島のはずだが何者かが潜んでいるのか?という憶測を呼び、
プレイヤー的には素性のよくわからない11人の集団の誰かが犯人?複数犯?
それとも行方不明のアイツはまだ生きていて何かを狙っている?とか、否が応にも
いろいろ推測させられるストーリー展開。お互いを敵視する者達も出始め…

エロ以外での大きな特徴は、頻繁に選択肢があることだろう。
白文字選択肢は相手の反応が変わるだけ、緑は信頼度変化あり、黄色はその後の
ストーリー展開に影響する。RPGという形態をとりHPを気にしながらの探索要素は
あるものの、名作「かまいたちの夜」(のピンクの栞込み)のプレイ感覚を
彷彿とさせた。周回プレイ前提の様であるし、もしかすると2周目は全然違う
展開になったりもするんだろうか…?

体験版総合的に

もうちょっとだけ新しいので言えば「やるドラ」がキャッチコピーのダブルキャストとか。
まぁサークルさんはホラーと紹介しているし、結末的にはファンタジーホラーだった、
なんてことも無いとは言えないが。少なくとも体験版範囲はミステリー要素が強く、
個人的には時間を忘れるほどオモエロかった。MV製だが重さを感じることはほぼないのも
グッド。

前作「Relived」も含め、グッドルッキングサークルさんかもなぁ(イミフ
そのセンスを紹介画像にも活かしたらいいのに…

撫子「こんな紳士にオススメかなぁ?」
ミステリーホラー(?) 女性上位 シナリオ重視 ピンクの栞(しおり)

夢子「お取扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *