D e p r a v i A ~戦乙女アンジェリカが酷い目にあう横スクロールハードコアリョナアクション~ 体験版感想

D e p r a v i A ~戦乙女アンジェリカが酷い目にあう横スクロールハードコアリョナアクション~
青色ハッキョウダイオード  ACT  1,600円(税抜)  CV:綾奈まりあ 他
D e p r a v i A01

■殺伐とした雰囲気は魔界村以上 難易度高めのリョナグロ優良ACT

悪魔が人間界に侵攻して占拠、戦乙女アンジェリカが悪の根源を断つために進軍するACTである。各ステージには人間界を守ろうとした天使達のなれのはての姿が背景モブとしてたっくさん描写されており、初っ端からリョナグロ感満載だ。

ゲームとしてはホバリングやキッククライムといった特殊なACTを使いこなす必要があるものの、操作自体はシンプルでキーボードでも充分遊べる。難易度はそれなりにやり応えのあるレベルだが、ステージ途中の絶妙な位置のリトライポイントのおかげで面倒なくリトライ可能。

ACTゲーとしてツボを得ているゲーム作品でありギミックも多彩。ACTゲースキーであれば間違いなく面白いと感じるハズ。特にギミック関係のデキは素晴らしい。ACTシーンを「こうだったら面白い」とプレイヤー目線で構築し、且つちょっと意地悪なギミック配置をした、そんな丁寧な仕事が伺える。作り手のオナニー目線ではなくきちんとプレイヤー目線で作られていると感じた。

グロレベルでいえばキャラがドットだけに割とライト描写だが、ヒロインの身体がバラバラになったり、斬首されたり丸呑みされたりとそっちの趣向も豊富。前述の背景モブな天使達や人間(どちらも♀限定)は四肢の内いくつか欠損しているのが殆どで、磔にされ風でユラユラ。目が開いているのがコワい(涙目 まぁあくまでゲーム中の背景に過ぎず、ゲームに没頭しているとただの背景に。それほどよくできたゲームである。即死穴もあるが特殊ACTに馴れれば大した脅威ではない。

■「D e p r a v i A ~戦乙女アンジェリカが酷い目にあう横スクロールハードコアリョナアクション~」体験版では

2ステージ目まで遊べる。製品版は全8ステージ。操作性は良好だが、ACT性がやや特殊でそれに馴れて面白くなるまで少し時間がかかる。そこまでいけばあとはステージギミックと敵配置を覚えて攻略に没頭。ACT得意な紳士なら1時間、そうでない紳士は2時間くらい試行錯誤で遊べるのでは。エロは裸状態で被ダメを受けた場合のグロorエロのパターンが結構あり、残機がなくなったゲームオーバーエロも2種ある。体験版だけで十二分に本作を味わえるいい体験版である。

余談だが、サークルさんブログを拝見するに「アンコクマリモカン」さんのリョナグロゲーに対抗(笑 している様で、そう言われれば確かに雰囲気は「スプラッタースクール ~横スクロールエログロリョナアクション~」等に似ていないでもないか。ゲームの方向性はちょいと異なるがな。

■武器は魔界村方式でパワーアップあり 被ダメ脱衣は2段階、3回目でアボーン

デフォの装備武器はヤリ。魔界村のそれと同じくまっすぐ飛び、2連射可能。道中様々な場所で宝箱がボコッと地中からせりあがってきて、壊すと武器や服が出る。武器は数種あり、体験版で確認できたのはヤリ、短剣、長剣(近接攻撃)、3wayダガー(?)、斧、聖水だったか。長距離武器は描く放物線や連射性能が異なる魔界村仕様。斧ならやや上方から下へ飛んでいくし、短剣はヤリ同様の一直線に飛び威力は低いが連射性アップ。それぞれのシーンで攻略に適した武器がある故、トライ&エラーで試そう。基本はヤリが使いやすい気がする。

被ダメは1度目で鎧破壊、二度目で下着?破壊で裸に。裸の状態で敵に接触されるとアクションDEエロになり1ミス。よくできたアクションDEエロだが、グロの種類の方が豊富orz

■まずはホバリングとキッククライムに馴れよう 拠点でパワーアップ

本作の特殊ACTとして、ホバリングとキッククライムがある。硬派というほど高い難易度ではないが、この二つのACTに馴れるのは絶対条件。どちらも大して難しくない。ホバリングは滞空中にZを押すと長押している間高度を保って空中移動できる。ホバリング可能な時間はホバリングゲージに依存し、これは拠点でレベルアップ可能。拠点では、攻撃力、投擲連射力、投擲速度もあげることも。敵を倒すと出現する「ソウル」と引き換えだ。

キッククライムは滞空中に壁に接触してZを押すと壁を蹴ってジャンプ可能。何度でも可能故、高い絶壁も昇れる。メトロイドにも似たようなACTがあるが、操作として本作のそれは非常に簡単。「楽園魔城リピュアリア」でも似たようなシステムで簡単に壁を昇れた。これは単純にクールなプレイに見えて気持ちいい。

この2つのACTを冷静に使いこなせば即死穴はほぼ回避できる。その他ステージギミックでこれらを上手く使うとラクに攻略可能な箇所も多数あり。2ステージの進行方向逆のベルトコンベアは低空ホバリングで攻撃しながら進もう。ただし、ホバリングはキーを離した後も1秒程度滞空したままになる。ここに敵が突っ込んでくると大変危険。慣れるべし。

D e p r a v i A ~戦乙女アンジェリカが酷い目にあう横スクロールハードコアリョナアクション~

■堕天でパワーアップ 時間制限あり リスクもありそう?

shiftキーでいつでも堕天することができる。デフォでは1プレイに付き5回可能で堕天のメリットは二つ。ひとつは特定武器が貫通になる。すべて試したわけではないが、少なくともヤリと短剣は貫通になった。もうひとつ、堕天中は無敵。ただ、被ダメノックバックはある。制限時間中に敵を無視してどんどん進むべし。ステージ上で「ここは苦手だなぁ」という箇所で使うといいかも。なるべくステージ最後のボス戦にとっておくのが理想。体感的にはあまり感じなかったが、移動も早くなる様だ。

ただ、堕天を重ねるとなんらかのリスクがありそうな?ことを上司の天使が言っていた。堕天は悪魔の力を借りることになる。エロ関係に影響がありそうな?

D e p r a v i A ~戦乙女アンジェリカが酷い目にあう横スクロールハードコアリョナアクション~

■アクションDEエロはリョナグロ半分以上 ゲームオーバー時はアニメ

体験版範囲で遊んだ限りでは、アクションDEエロは通常エロ4・リョナグロ6程度に感じた。いやもっとリョナグロ寄りか?よって、エロに関してはリョナグロスキーなS紳士向きだろうな。前述の背景モブからしてリョナグロ度満載であるし、ギミック系で倒された際はほぼグロであるしorz

ゲームオーバー時は画面全体を使ったアニメーションあり。敵にやられた場合はエロ系、ギミックの場合はグロ系?だろうか。体験版ではグロ系に黒塗り修正がかかっていた。それがまたグロを連想させる(笑

■体験版総合的に

操作性はシンプルで特殊ACTの存在もステージ攻略に大きくかかわっており残機制と、古き良きACTスメルがぷんぷん。リトライポイントの配置の良さで、ちょっと難しめな攻略難度を苦に思わせない。逆に「くっそー!ぜってークリアしちゃる!」という闘志が沸くバランスが見事。特にギミックは配置含めブラボー級で、それこそ魔界村やロックマン、スーパーマリオ的ないやらしさとリトライを促す何かがある。この感覚は久々に味わったなぁ。単純に面白かった。

進むほどに新しい背景モブのグロイ姿が出てくるが、それが目に入らん程ゲームに集中していた我輩がいる。ミスした場合のグロもキーを押せばすぐリトライになり、逆にエロだった場合は眺めていることも可能。ACTゲーとしてギミックも敵配置も◎だ。ものすごく何度もテストプレイして調整したんだろうな… 超良作。グロ苦手な紳士でも一度は体験版を試して欲しい逸品だ。グロ表現はタイトル画面でOFFにもできるぞ。エロに関してはほぼリョナグロスキー向け。そっちはほんと豊富だ。

ひとつだけ難を言わせてもらうなら、残機がなくなってゲームオーバーになった際は、ステージ最初からではなく、リトライポイントから開始できたら… いや、我輩が未熟だっただけの愚痴だなorz

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *